null

1982年4月13日 「啄木忌」「沖縄啄木同好会」発足
null
1977年10月16日 真教寺境内「石川啄木歌碑除幕式」
啄木歌碑の前列左、藤田嗣治画の山城正忠像を手にしているのが國吉眞哲、左に宮里栄輝、その後が末吉安久、右が正忠の息子の山城守一。歌碑の右側前列、真教寺住職の田原惟信。その後が喜納勝代、右へ4人目が真喜志康徳、屋部公子。

藤田嗣治画「山城正忠」


1982年9月9日ー『河北新報』南条範男(仙台啄木会会長)「沖縄の啄木歌碑ー県民の”共通の心”に密着ー」
□沖縄の歌人と歓談ー沖縄県那覇市在住の真教寺境内に啄木歌碑が建立され、その除幕式が行われたのは、昭和52年10月16日だった。東北、北海道には、たくさんの啄木文学碑がある。それらは、ほとんど啄木と何らかのかかわりがあり、それに基づいて建立されている。
しかし沖縄は、啄木にとって未踏の地である。私は建立されたころから訪ねたいと思っていたが機会がなく、やっと今年の3月、碑を訪ねることができたのである。
雪がちらつく仙台から3時間余りで那覇市に着いた。地元の歌人、國吉眞哲氏をはじめ屋部公子さんら数人と真教寺でお会いした後、席を移して歓談の機会を得たことは誠に幸いであった。そもそも啄木歌碑を建てたのは、國吉氏である。國吉氏は、明星の歌人、山城正忠氏を歌の師とする方なのである。
山城正忠氏は那覇の生まれで、明治40年ごろ、東京で歯科修学中、新詩社に入門して与謝野鉄幹、晶子夫妻に師事、啄木との交流もこのころだった。啄木日記に山城氏のことが書かれている。啄木は、山城は感情家すぎて、歌にも感情が入りすぎると言っていたようである。(略)

写真左から山城正忠、国吉真哲、糸数祥運、宮城長順/扁額「護国寺」は汪楫(1621頃~1689尚貞の冊封正使。字は舟次。安徽省休寧県の人。冊封時の官は翰林院検討。1683年に林麟とともに来琉した。『中山沿革志』『使琉球雑録』『冊封疏鈔』を著す)の書

null



坂西志保の先駆的仕事によって石川啄木の作品が初めて英訳されたのは1934年であった。

1947年12月 坂西志保・譯者『詩集 一握の砂』讀書展望社(新城良一氏所蔵)〇坂西志保 1896年東京生まれ。教職を経て1922年渡米、ミシガン大大学院卒。米議会図書館日本部長などをつとめ、1942年帰国。戦後は参議院外務専門調査員等を歴任。評論家としても活動した。おもな著書に『狂言の研究』『時の足音』、訳書に『一握の砂』(英訳)『カーネギー自伝』など多数。1976年歿(みすず書房)。→古書の森日記 by Hisako「2005年11月01日 石川啄木、坂西志保訳『A Handful of Sand』」


1985年4月17日 琉球新報社・沖縄啄木同好会主催 「’85啄木忌 記念講演会」講師・渡辺喜恵子
わたなべ‐きえこ〔‐キヱこ〕【渡辺喜恵子】
[1914~1997]小説家。秋田の生まれ。本姓、木下。郷土に根ざした作風の歴史小説などを執筆。南部藩の御用商人の家族を描いた大河小説「馬淵川」で直木賞受賞。他に「啄木の妻」「原生花園」など。→コトバンク

釧路市


「港文館」ここをクリック
(撮影・渡部貴子)







石川啄木

1964年12月 金田一京助『思い出の人々 金田一京助随筆選集2』三省堂


1996年7月 太田愛人『石川啄木と朝日新聞』恒文社

 初詣で沖縄県仏教会発行「れんげ」第85号をもらった。真教寺の田原大興副住職が「現代社会を末法五濁の世であると断言はできませんが、多少なりとも当てはまる部分はあると思います。近代の人類の活動によって土壌や大気は汚染され、自然環境はバランスを失い、たくさんの生物が絶滅しています。竟には戦争や温暖化、放射能汚染に至って私たち人類が害を受けることになりました。仏教はこのような人類の未来に、遠い昔から警鐘を鳴らし続けていたのです。(略)私たちは、今どんな時代を生きているのかを再確認し、そして一人ひとりが自身(正報)の生き方を見つめながら、自然環境(依報)との関係回復を考えることが大切ではないでしょうか。」と説いている。
(撮影・渡部貴子)
□写真右が屋部公子さん

1973年1月 沖縄の雑誌『青い海』20号 瀬良垣宏明「沖縄の歌人 山城正忠の人と歌」

1961年3月18日 那覇市波上宮「山城正忠歌碑除幕式」



null
山城正忠歌碑「朱の瓦屋根の糸遊(かげろう)春の日にものみなよろしわが住める那覇」


昭和8年3月『冬柏』第4巻第4号




2017-7-18 那覇市若狭の朱の瓦屋根


2017-7-27 那覇市若狭の朱の瓦屋根