前に島袋和幸さんから、「飛び安里」を全国に紹介した宮里良保の後輩、佐久川恵一氏のことを聞いたことがある。弟が茨木憲(恵輝)である。

1956年11月ー茨木憲『昭和の新劇』淡路書房
1989年3月ー佐久川恵一『裸足社晩春』
1991年6月ー佐久川恵一『幾山河』

7月16日ー『沖縄の軌跡』発行人で沖縄(のろし)ネットワーク連絡会の島袋和幸さんと共に首里城での烽火実験に参加した。東アジア域の黄砂と硫酸ゾルの分布もあってか烽火は見えなかった。『沖縄の軌跡』第69号は渡名喜島の遠見台に触れていて夏至風(カーチーベー)を9月としているが、これは6月23日のことである。芒種(ボーシュ旧5月)、寒露の節(旧9月)も若干混乱が交じっている。

島袋さんはこれに懲りず、来年も渡嘉敷村前島復興住民の会会長の中村文雄氏(渡嘉敷村字前島76番地 携帯090-8290-6361)と共催で「烽火上げ実験」をやるという。中村氏は20年来『前島誌』を纏める計画をもっていた。タイミング良く島袋さんは聞き書きボランティアである。本を纏めるのは得意分野で、早速に中村さんに協力を申し出た。

渡名喜や渡嘉敷が出たところで我が故郷・粟国には仲里正雄さん(まさお塾出版 〒900-0022那覇市樋川2-2-39 携帯090-9781-0089)の『御孵化果報』がある。これは仲里さんの母チヨを取巻く粟国風物詩と言えるもので、母チヨさんへの追慕録ともなっている。