最近友人たちが何とかネットワークというて下記のようなメールを送ってくる。紹介する。

 ヘリパッドいらない住民の会と高江現地行動連絡会、基地の県内移設に反対する県民会議は21日午後2時から、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場N1地区ゲート前で「オスプレイパッド建設阻止緊急集会」を開く。1000人規模を目指している。 主催3団体の代表あいさつのほか、沖縄県選出国会議員や県議会の会派代表らが登壇予定。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「ゲートを開けさせず工事作業を阻止するため、多くの県民に結集してほしい」と参加を呼び掛けている。『沖縄タイムス』


米日は世界へ恥を知れ!!
【東・国頭】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に関し、7月17日午前8時ごろ、N1地区ゲート前で市民らと県警機動隊のもみ合いがあり、女性(58)があおむけに倒れ、頭部と腰を強く打った。女性は救急車で名護市内の病院に運ばれた。今月からのヘリパッド建設を巡る抗議行動で救急車による搬送されるけが人が出たのは初めて。
 同日午前10時半時点で沖縄防衛局が6日連続で行ったメインゲートへの資機材の搬入は確認されていない。新たなヘリパッドが建設されるN1地区に16日夕から沖縄防衛局の職員ら約15人が待機しているため、市民らもN1地区に移っている。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「いよいよN1地区での排除が始まった。徹底した非暴力で行動し、作業をさせない。機動隊の暴力も許さない」と力を込めた。【琉球新報電子版】

政府はヘリパッド工事再開に向け16日から、全国各地の機動隊員を県内に派遣。派遣された機動隊員は17日、北部地域に続々と集結している。抗議行動をしている市民らからの目撃情報によると、警視庁、大阪、福岡、千葉、愛知などの各機動隊車両が北部方面に走行していたり、北部地域のホテルの敷地内に駐車していたりするのが確認された。【琉球新報】2016年7月18日


【東・国頭】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に関し、19日午前、警察は米軍北部訓練場の各ゲート前を通る県道70号の東村側の少なくとも2カ所で検問を行った。東村で検問しているのが確認されたのは、高江区内の新川ダム付近と高江区より南側の宮城区で、福岡県警、北海道警、沖縄県警の警察官が担当している様子。米軍北部訓練場のN1地区ゲート前で座り込みを行っている沖縄平和運動センターの山城博治議長と市民らは午前11時すぎ、検問開始の情報を受け、新川ダム付近の検問所に駆け付け、警察官に抗議を始めた。その際、米軍車両は止めずにそのまま通過させようとした。これに反発した市民らが米軍車両の前に座り込んで抗議行動を開始したが、機動隊が排除した。検問で止められたヘリパッド建設に反対する市民は「なぜ、免許証を見せる必要があるのか。抗議をしている人物かどうか判別するために確認をしようとしているのではないか」と憤っていた。【琉球新報電子版】7月19日□米黒人大統領、いや暴言王に臣下の礼をとるアベ政権、このクソ熱い最中の沖縄に警官を奴隷の如く送り込む無神経さ。少しは恥を知れ!