私は1984年4月発行の『琉文手帖』1号の金城安太郎特集で東恩納を紹介した。うるま市にある石川歴史民俗資料館は戦後沖縄行政の出発点、沖縄諮詢会、沖縄県立博物館の前身の東恩納博物館、戦後初の小学校、終戦直後の松竹梅劇団、米軍服、HBTの更生衣料、2×4の材木でつくった規格住宅、カンカラ三線などを資料、写真で展示している。

 1972年11月発行の『青い海』に園山精助(日本郵趣協会理事)が「琉球切手は語りつづける」と題し「沖縄切手のアルバムをひろげてみると、動物、魚、植物、風景、民俗、古文化財とよくもこれだけそろえられたものだと思う。こうしてみると、沖縄の歴史、文化の、ミニ百科事典ではないか」と記している。切手、古銭はコレクターの定番である。2000年の10月、切手のコレクターとしても著名な真栄城勇氏の「勇のがらくた展」が佐敷町のちゃんくすばガーデンで開かれた。


1989年10月 中島紀久雄『マイクで見たこと逢った人ー沖縄放送走馬燈』アドバイザー(西江弘孝)

左から神村孝栄、真栄城勇、稲福健蔵、中島紀久雄、石垣正夫

眞栄城勇(琉球郵趣理事)ー南城市佐敷字伊原162-2 ℡946-6101



2001年8月ー眞栄城勇『がらくた文化ー品々が伝える、あの時、その頃』沖縄マリン出版/この本が切っ掛けで沖縄コレクター友の会が発足した。

 2001年4月、前回と同じ場所で真栄城氏は「真栄城勇コレクション新聞号外展」を開いた。8月には沖縄マリン出版から真栄城勇著『沖縄がらくた文化ー品々が伝える、あの時、その頃』が出版された。私は、『沖縄タイムス』にその書評を書いたのが切っ掛けで2001年11月の佐敷町ちゃんくすばでのコレクター友の会発足に何となく参加した。

新城栄徳(左)、真栄城勇氏


新城栄徳、真栄城勇氏、鳥山やよいさん




2001年11月ー「沖縄コレクター友の会発足」佐敷町ちゃんくすば中央が真栄城勇会長



2010年9月25日、沖縄コレクター友の会副会長の翁長良明さんから電話があった。オキナワグラフのО氏からの紹介でТBSのО氏から若泉敬氏の書斎にあった写真について問い合わせがあったということである。早速に県立図書館などで調べてみたが雲をつかむようで始末におえなかった。本日、餅は餅屋で昼宜野湾の古本屋じのんの天久店長を訪ねて聞くといとも簡単に目前の書棚から沖縄解放祖国復帰促進懇談会編『沖縄ーその解放は日本の独立を完成するー』(刀江書院/昭和38年4月)を取り出した。その写真のタイトルは「南の端のお正月」で石垣島で撮られたものであった。若泉氏はこの写真を「沖縄返還を願う老女」として書斎に飾ってあったのだ。早速、那覇市歴史博物館で調べると沖縄県立図書館にも所蔵され「日本の古本屋」にも多数あることが分かった。そして志村絵利奈さんを煩わしてブログに写真を取り込んでもらった。