『九年母』第1号 会員住所録 呉我春男ー真和志市安里2区1班/兼城弘ー与那城村照間区7班/名渡山兼一-北谷村謝苅劇場前/嘉陽安男ー那覇商業高校/知念良秀ー真和志市松尾区3班/阿波根昌輔ー那覇市2区14組

『九年母』照屋寛善「琉球大学の方々へ」〇お贈り下されし琉大文学、有難く拝見。左に感想を述べます。琉大文学は羊頭狗肉の文学です。クサムニー集とでもした方が良いでしょう。七号一冊しか見ていませんが、恐らく初号より今日まで、創作に於いて、小説、戯曲、コント、エッセイ等は全巻の十分の一にも足らないでしょう。そして見るべきものは一つも無いでしょう。徒にクサムニーばかり繰り返している様だが他人批判より自己批判が先決です。評論必ずしも否定する理でありません。批評精神の無い沖縄では活発化さるべきでしょうが、琉大文学のあり方も反省して良いでしょう。
 新川明の編集では然うなるのも当然です。彼は良い感覚と、文学への情熱をもっている男の様ですが、惜しむらくは文学をする態度が全然なっていません。疑は批判に通ずべきで、いきなり否定に直結するのは愚者のすることです。短歌否定は琉球芸能否定を意味し、東洋文化の抹殺に通じます。日本文学や琉球芸能の中から短歌を除いたら一体何が残ると言うのです。

照屋寛善
1920年1月沖縄県首里に生まれる。1942年九州医専(現久留米大学)卒業。内科の軍医になり南洋のナンボン島などに駐留。1946年復員、九州医専で勉強、後沖縄に帰る。宜野座の松田診療所勤務。沖縄には医師が少なく過労気味であったので1950年にそのことを訴えた。この反響は大きかった。既に始まっていた医学部留学制度は、50年には2回も募集があり、また、本土で勉強している沖縄出身の医師も帰還した人もいる[1]。真和志診療所勤務。1951年2月結核発病。コザ病院に入院。治癒。1956年琉球衛生研究所所長。同年11月宮古島でソテツ中毒が発生。報告する。1960年2月訪問中の日本医師会武見太郎会長に直訴し、日本の厚生省や医師会からの医療援助を取りつける[2]。1960年3月30日学位論文「琉球列島におけるハブ咬症の疫学的研究 」東京大学に受理。1961年琉球政府厚生局次長。1963年政府立那覇看護学校校長。1973年沖縄県公害衛生研究所医監。1978年琉球大学保健学部教授。1979年同学部長。1981年琉球大学医学部教授。1985年同退官。琉球大学名誉教授。1990年老人保健施設オリブ園施設長。2004年没。→ウィキペディア

写真左から平山良明氏、照屋寛善氏

沖縄の古典芸能研究[編集]『<民俗芸能資料>「くていぶし」について』まつり通信 88. 1968
『しゅんだう考――その解釈と鑑賞』 沖縄芸能歴研究 1, 1976
『琉球古典舞踊打組踊「しゅんだう」について』 沖縄タイムス 1977年11月29日
『琉歌と唱謡法―その間投詞を中心に』沖縄芸能史研究 6, 1982
『【特集】沖縄の芸能・批判と提言《提言》一藝能史研究者の発言』 新沖縄文学 第58号 1983
『十七八節について』青い海 136 October 1984.
『続・琉球古典舞踊、打組踊「しゅんどう」について』 掲載 窪徳忠先生沖縄調査二十年記念論文集 沖縄の宗教と民俗 1988
照屋寛善著『沖縄の古典芸能』 南島文化叢書 9 1989
『組踊所感』 小野重朗先生傘寿記念論文集 南西日本の歴史と民俗 1990



1953年7月 『琉大文学』創刊


2002年7月25日『琉大ジャーナル』第53号□撮影・新城栄徳/写真左から真久田正氏、中里友豪氏、川満信一氏、新川明氏