2008年2月9日~2月11日『琉球新報』新城栄徳「沖縄研究の先駆者・東恩納寛惇の足跡をたどる」


2018年3月16日~28日 那覇市歴史博物館「『門中・清明・お墓』展」/寛惇ノートに貼り付けられた「清明祭」の新聞告知(右上に下記の曹氏清明祭の記事)
1953年4月5日に慶福翁が門中総代として神御清明祭で次のように祭文を読み上げている。「曹氏第11代 島袋慶福 謹んで墓前に於いて呈します。(略)平敷慶隆様が検地のため粟国島に御出張になり同地御滞在中(約半ケ年)に粟国にも御子供が出来て現在でも大へん子孫繁昌してをるように聞きます。・・・」
null

1953年  東恩納寛惇編纂『向姓金武家系図』漢那朝常発行

『向姓金武家家譜』(原本複写)六世朝祐のところに、1726年9月、呉師虔筆猫の絵一幅拝領とある。この猫の絵は下記のように、尚順所蔵になった。

 美術館開館記念展図録『沖縄文化の軌跡1872-2007』新城栄徳「麦門冬の果たした役割」〇・・呉師虔の神猫図は那覇市歴史博物館に所蔵されているが、戦前は尚順男爵(本人は殷元良としている)も所蔵していた。入手の経緯は尚順自身が1942年の『文化沖縄』に書いている。それに「金武朝芳波上宮司から奈良原知事、知事から尚順に贈られた」とある。


尚順所蔵/那覇市所蔵


山入端つるー13歳のとき、姉たちが行っている辻に売られていった。



〇三木健「解題・近代沖縄おんなの生きざま」
関東で琉球芸能を普及ー疎開先での生活を切りあげ、東京に出ることにした。そのとき、つるの頭にひらめいたのは、やはり芸能のことであった。千葉から東京墨田区の平川橋に一戸を求めて住んだが、芸能の打ち合わせなどで川崎に出向くことが多くなり、居を同地に移す。1948年(昭和23)頃のことだ。
川崎や鶴見には戦前沖縄から工場労働者として出稼ぎに来た2,3千人がそのまま住みつき、一つの集落をなしていた。そこでは沖縄芸能も盛んだった。川崎における琉球芸能の歴史は、昭和2年に、阿波連本啓が「阿波連郷土舞踊同好会」の看板を掲げ、県出身者を集めてはじめたのが嚆矢といわれている。
戦後になって米須清仁らが中心となり、それに鹿児島に疎開していた野村流師範の池宮喜輝、舞踊の大家渡嘉敷守良らが加わり隆盛をみる。つるも渡嘉敷守良や池宮喜輝の両師範から古典を仕込まれた。つるは乞われて地方をつとめた。川崎沖縄芸能研究会が結成されたのもそのころのことである。
1948年3月、読売ホールで平良リエ子、児玉清子のコンビによる芸能公演が3日間にわたって開かれたときも、つるは地方をつとめた。(略)マッカーサー夫人の主催する会に招かれて、児玉清子の踊りの地方をつとめたことも忘れられない。また西崎流舞踊家元の西崎緑は渡嘉敷守良に弟子入りしていたが、琉舞を歌舞伎座で舞ったときも、つるが地方をつとめた。西崎はまたつるのよき理解者であった。
とにかくそのころは地方はほとんどおらず、つるは西へ東へと多忙な日々をおくる。こうした活動が認められ、つるは川崎市文化協会から感謝状をもらっている。沖縄芸能は全国でもめずらしく、1952年(昭和27)に川崎沖縄芸能研究会が川崎市の無形文化財に指定され、1954年には神奈川県が県の無形文化財に指定した。つるたちの活動が大きな支えとなっていた。


1957年ー山入端つる 東京新橋に琉球料理「颱風」開店

1996年12月 山入端つる著/東恩納寛惇校閲『三味線放浪記』ニライ社
寛惇はつるの「三味線放浪記」を書いたあと、「このつぎは萬栄兄さんのことを書こうね。そして二つまとめて本にしようね」と話していたが、萬栄のことを少し書きかけたころに亡くなったのである。

□東恩納寛惇は1950年に、真栄田勝朗『琉球芝居物語』に序文を書いている。□さきに渡嘉敷唯錦君の辻情話が出た時に私は依頼によってひと通りその原稿に目を通した。ことごとく吾々の知見の及ばざる世界の噺ではあったが、吾々の同時代の社会生活の一面である以上、よかれあしかれ、誰かが引受けて記録しておかねばならないであろうと考えながら、せめては表題だけでも『青芝巷談』として見てはと提案したが、遂に採用されなかった。但し、序文だけは畠ちがいという理由で御免蒙りたい意中を先方で察して遠慮して呉れた。今度、真栄田君が芝居噺を書くと聞かされて、大方辻情話の姉妹篇であろうと考えていた。廻って来た原稿を一読すると、姉妹らしき処もあり、従姉妹らしき処もあり、血のつながりのある事だけは争えないが、それにしても、何処か知らぬ気質の違った点が見受けられた。(略)すべて臭い物には蓋をするがよい。蓋さえしっかりしておけば自然に消滅する。(略)然るに最後の結語に沖縄芸能の保存が古典劇と代表的舞踊とに重点を置くべき事、役者の教養を高むるべき事などを提唱した見識にすべてを見直し得難い風俗史料として江湖に推薦する。

□2014年1月25日昼ー高槻の平良リヱ子さん宅から息子が電話をしてきた。あけみと息子が遊びに行ったようである。平良さんも電話で「あけみさん、児玉清子さんに似ている」と言われた。帰りに、お土産(舞扇など)いっぱい貰ったという。あけみは山入端つるさんも訪問看護で会ったことがある。 



1954年1月 雑誌『おきなわ』長谷健「沖縄の友達」

写真左からー川平朝申、山之口貘、火野葦平、平良リヱ子、三ツ木幹人、長谷健
長谷健 はせ-けん
1904-1957 昭和時代の小説家,児童文学者。
明治37年10月17日生まれ。小学校教員をつとめながら小説をかき,昭和14年「あさくさの子供」で芥川賞受賞。また児童文学「春の童謡」などをかく。戦後,北原白秋をモデルにした「からたちの花」を発表。交通事故によるけががもとで昭和32年12月21日死去。53歳。福岡県出身。福岡師範卒。本名は藤田正俊。旧姓は堤。(コトバンク)



2013年1月11日『琉球新報』仲村顕「眠れる先人たちー東恩納寛惇」