(翁長良明コレクション)
1973年12月ー又吉眞三『琉球歴史・文化史総合年表』琉球文化社
この年表は一級建築士の著者より署名入りで贈られた。首里城復元に関わった人で、崎間麗進氏や大阪の沖縄関係資料室主宰の西平守晴、琉球文化社の大城精徳社長とは親交があった。私も色々とお世話になった。 →□ 郷土史年表

null


写真左から、又吉眞三氏、新城栄徳、伊敷勝美さん、武石和実氏

 私は大分前から龍柱とは縁がある。首里城復元に関わっていた又吉眞三氏から、「新城君、君の提供した資料で寸足らずの龍柱が本来の高さに復元出来そうだ」と喜んで居られ、かつ話された、その資料を『首里城復元期成会会報』第7号で紹介してほしいと。同誌に載せたのが比嘉朝健「琉球の石彫刻龍柱」である。
nullnull
□本稿は1927年(昭和2)3月発行の『アトリエ』第4巻第3号の同氏(1899~1945)論文から転載したもので、新城栄徳氏から資料の提供を受けた。




null
null
又吉眞三氏を囲んでー右から3人目が又吉眞三氏、左奥から西村貞雄氏、新城栄徳 


1982年8月 又吉真三『住吉神社並垣花各拝所合同神殿復興工事報告書』那覇市垣花奉頌会


9月4日 浦添市美術館「ここから始まる!日本近代洋画への道」 
 午前中、久しぶりに浦添に行く。美術館で「ここから始まる!日本近代洋画への道 高橋由一から藤島武二まで」を見る。山岡コレクション①を中心としたものだ。元『新生美術』編集人の星雅彦氏も夫人同伴で見えていた。会場を見て浦崎永錫氏の著『日本近代美術発達史ー明治編』(1974年7月東京美術)の世界だと思った。会場の出展者の画家たちから連想した事柄を記す。

 ①山岡コレクションは、日動美術財団が運営する笠間日動美術館の所蔵になる、山岡孫吉氏が収集された日本洋画の一大コレクションです。山岡孫吉氏は、明治21年3月に、当地の滋賀県伊香郡高月町に生まれ、明治45年に山岡発動機工作所を創業、小型ディーゼルエンジンの実用化に成功、後にヤンマーディーゼル株式会社を設立された実業家です。一方で、氏は、江戸時代から特に明治時代の洋画に強い関心を抱かれ、早くよりこの種の作品の収集につとめられ、優れたコレクションを形成されました。山岡氏は、滋賀県の農業の機械化に大きく寄与されるとともに、その文化活動にも私財を提供され、滋賀県立琵琶湖文化館の創設時などにも大きな貢献を果たされたのです。→近代日本洋画への道(山岡コレクション) 2005/11/05滋賀県立近代美術館

山本芳翠と琉球コーナーには芳翠「琉球風景」が2点。
 私は、首里城復元に情熱を注いだ又吉眞三氏とは懇意にしてもらっていた。又吉氏は沖縄県建築士会会長、沖縄県文化財保護審議会会長もつとめ琉球の建築文化史にも詳しい。私は宮内庁三の丸尚蔵館の山本芳翠①「琉球中城之東門」の門は又吉氏と検討し「美福門」と断定、沖縄美術全集の年表にその旨を記した。また首里城北殿の階段の問題②も相談に乗ってもらい新聞に発表した。
①山本芳翠

1887年(明治20)11月21日 伊藤博文総理大臣、大山巌陸軍大臣、仁礼海軍大臣ら軍事視察のため軍艦で、画家の山本芳翠、漢詩人の森槐南③を同行して来沖。山本芳翠、首里城美福門、崇元寺などを描く(参照1989年11月 『沖縄美術全集』6巻 新城栄徳「沖縄美術・工芸年表」)
③森 槐南(もり かいなん、文久3年11月16日(1863年12月26日) - 明治44年(1911年)3月7日)は、明治期日本の漢詩人、官僚。名古屋生まれ。父森春濤も漢詩人で、母の森清子(春濤の後妻)は女流歌人。名は公泰、字は大来(たいらい)。別号を秋波禅侶、菊如澹人。通称は泰二郎(泰次郎/泰治郎)で、詩壇以外では森泰二郎の名で呼ばれた。鷲津毅堂、三島中洲に師事。枢密院属、図書寮編集官、式部官などを歴任。帝国大学では文科大学講師として中国文学を教えた。随鴎詩社を主宰。明治漢文学の中心的存在であった。三条実美、伊藤博文など明治政府の要人とも親しくして、1909年10月、ハルビンでの安重根による暗殺事件の際に秘書官として同行し被弾したが、軽傷だった。約1年半後に49歳の若さで他界。→ウィキペディア


①「琉球中城之東門」/北連蔵画「山本芳翠像」

1887年12月9日『郵便報知新聞』○伊藤、大山両大臣沖縄県滞在中の記事ー沖縄県那覇港よりの通信に拠る伊藤、大山両大臣の一行は浪速艦に乗り込み葛城、海門の二艦之を警衛し去月21日正午12時當港に到着せり伊藤大臣は第一号官舎へ、大山大臣は汽船問屋池畑方へ、仁禮中将、伊東少将は建築組山川宅へ、東園侍従は第百四十七国立銀行支店へ夫々投宿せり此日は何れも船中の疲れなりしや投宿の儘何事もなかりしが翌日22日午前中両大臣の一行は沖縄県庁、警察本署、県立医院、高等小学校、裁判所、監獄署の諸所を巡視し午後は首里へ登り尋常師範学校、中学校を巡視せり尤も・・・

翌23日は早天より那覇を距る八里余にして中城間切なる琉球第一の勤王家護佐丸王の古城を巡視し帰りて首里なる中城尚典氏の館に赴き・・・

芳翠作「琉球東城旧跡之眺望」/写真「中城城内ヨリ遠望の景」(宮内庁書陵部所蔵)

②首里城北殿の階段 大龍柱は正面を向いている。
null


2012年7月『沖縄の軌跡』86号 発行人・島袋和幸(〒124-0011 葛飾区四ツ木4-18-10 携帯090-4920-6952)


五姓田芳柳とその一門のコーナーに五姓田芳柳「美人吹笛図」があった。山田真山は1942年10月の月刊『文化沖縄』「天日を拝す」で五姓田芳柳「藩使東上の図」について感想を述べている。


1942年10月 月刊『文化沖縄』山田真山「天日を拝す」


富安 路葭