□1893年7月『歌舞伎新報』「琉球芝居ー沖縄県琉球には昔より音楽師と称えて一種の歌舞を演奏するもの士族の間に伝えられ居たるところ去る明治22年中いづれも俳優の鑑札を受けて我が役者の如きものとなり其の組5組もあるよしにてこのたび其の一組が大阪角の芝居へ乗り込むことに決定し既に去る2日を以って那覇港を解覧し本日ごろは遅くも到着したる手筈なるがー」


「琉球国演劇」の横断幕があるのが角座。下が角座で配られたもの nullnull
□沖縄芝居ー明治26年に大阪・京都・名古屋で公演
1991年1月、池宮正治琉大教授と電話での話で大阪の新聞で沖縄関係を調べているとの話をすると、それなら芸能、特に渡嘉敷守良の芝居も心がけて見てくれと示唆された。それで見当をつけて中之島図書館で大阪朝日新聞、大阪毎日新聞を、京都府総合資料館で日出新聞、名古屋では扶桑新聞をめくると次々と沖縄芝居の記事が出てきた。国会図書館にも行き雑誌も見た。



1982年1月3版 那覇市『写真集・那覇百年のあゆみ』(琉球処分百年記念出版)

1919年ー京都都踊りで琉球太鼓踊り
null
(略)沖縄の歴史を研究している新城栄徳氏(琉文手帖主宰)が、京都府立総合資料館で発見した大正8年の日出新聞(現在の京都新聞)に掲載されているもの。




上ー1995年1月19日『琉球新報』「人気あった琉球の太鼓踊りー大正8年 京都の都おどりで」/下はその時の絵葉書、左が巴紋の幕の前で万国旗をかざす踊子たち。右が太鼓踊り
□1919年3月12日『日出新聞』「都踊ー『今紫四季栄』平和踊・御越わん、里前御扶齎したぼれエイヤヨヌ平和の日(ひゃるがひー)ー」


1919年9月14日ー『沖縄時事新報』


1920年5月 『地方行政』小林次郎「沖縄の特殊行政」



1925年11月『沖縄タイムス』

1932年
●山里永吉の戯曲「那覇四町昔気質」が琉球新報に掲載されたのは昭和7年3月で、山里はその後記で「この戯曲は多分13日から大正劇場で上演されると思うが、考えて見ると大正劇場に拙作『首里城明け渡し』が上演されたのが一昨年の今頃、ちょうど衆議院の選挙が終わった当座だったと覚えている。それから昨年の正月が『宜湾朝保の死』、今度の『那覇四町昔気質』と共に尚泰王三戯曲がここに完成した」と述べている。

1929年11月 那覇の平和館で「先駆者時代」上映□原題: The Pioneer Scout 製作国: アメリカ 製作年: 1928 配給: パラマウント支社


1930年10月『沖縄朝日新聞』
1930年11月 那覇の平和館で①「百年後の世界(原名メトロポリス)」/「江戸城総攻メ」上映
①『メトロポリス』(Metropolis)は、フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。
製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与え、世界初のSF映画とされる『月世界旅行』が示した「映画におけるサイエンス・フィクション」の可能性を飛躍的に向上させたSF映画黎明期の傑作とされている。SF映画に必要な要素が全てちりばめられており「SF映画の原点にして頂点」と称される。→ウィキペディア
□1985年2月 那覇の国映館で「メトロポリス」上映


1930年11月『沖縄朝日新聞』

1935年

旭館


平和館


1936年11月


1937年6月 那覇の旭館で「世界の終り」上映


1937年9月 『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社「久高長秀」



1938年2月 那覇の旭館で「巨人コーレム」上映□『巨人ゴーレム』(きょじんゴーレム、Le Golem)は、1936年にチェコで制作されたモンスター・ホラー映画。→ウィキペディア

1938年3月、那覇の旭館で漫画祭、パラマウント映画「ポパイの快投手」「ポパイの動物園荒らし」上映
1938年3月 那覇の平和館で「禁男の家」上映□『禁男の家』( きんだんのいえ、原題: Club de femmes )は、1936年に製作されたフランス映画。1956年に『乙女の館』という作品で再映画化されている。→ウィキペディア

1938年5月 那覇の平和館で「プラーグの大学生」上映□1937, プラーグの大学生, 独(アルツール・ロビンソン/アドルフ・ウォールブリュック、ドロテア・ウイーク).
1939年6月『沖縄日報』 『透明人間』(THE INVISIBLE MAN:1933年、ジェイムズ・ホエール①)
①ジェイムズ・ホエール(James Whale, 1889年7月22日 - 1957年5月29日)は、イギリス出身の映画監督。ホラー映画の制作でよく知られており、代表作は『透明人間』、『フランケンシュタイン』、『フランケンシュタインの花嫁』など。→ウィキペディア
映画 [編集])→ウィキペディア
『透明人間現わる』(1949年、大映、安達伸生・円谷英二特撮)
『透明人間』(1954年、東宝、小田基義・円谷英二特撮)
『透明人間と蝿男』(1957年、大映、村山三男・的場徹特撮


1939年8月21日『沖縄日報』


テニアンの朝日劇場ー1940年 この年、儀間比呂志が南洋群島へ渡り、テニアンに落ち着き、芝居小屋「朝日劇場」の球陽座で大道具などの仕事をしながら生活する。



1940年1月


1940年2月 那覇の旭館で「ロイドのエジプト博士」上映
○ハロルド・クレイトン・ロイド・シニア(Harold Clayton Lloyd, Sr., 1893年4月20日 - 1971年3月8日)は、アメリカ合衆国のコメディアン。1920年代を主に活躍したサイレント映画の大スターで、日本ではチャーリー・チャップリンやバスター・キートンと並ぶ「世界の三大喜劇王」と呼ぶことが多い。→ウィキペディア


1941年 大阪えびす座で護佐丸を演ずる大宜見朝良、大宜見小太郎、宇根伸三郎