1967年12月 古川成美『太平洋戦記・沖縄の最後』河出書房
□沖縄戦に戦って、まったくふしぎな生命をえた私にとって、祖国の人びとになにをおいても告げねばならぬことが三つあった。第一は、私が身をもって体験した戦いの真相を本土の人びとに伝え、戦友の最後を遺族のかたがたに報告すること。第二は、本土の身代わりとなってくれた沖縄、10万の将兵がそこで戦った沖縄のことを本土の人びとに理解してもらうこと。第三に、アメリカ人に関することで、死屍にひとしい私を救出し、ていねいな処遇と治療を加えてくれた米国第七師団の兵士たちをはじめとして、私の接した米国人は、いずれも人間的で親切で、公正であり、私はその心の豊かさに頭がさがった。 

日本は兵器の面、物量の面で米軍に敗れただけでなく、心の豊かさの面でもひけをとったと、私はそのとき痛感した。アメリカ人に対する認識を改めるとともに、日本人の世界観、人生観には外から強いられた偏狭さのあることをともに反省せねばならぬと思った。この目的を果たすため、私は昭和22年旧版『沖縄の最後』を出版した。

戦いの直後で、用紙をはじめ、検閲の問題などすべて不自由な時期ではあったが、さいわいに遺族のかたがたをはじめ多くの共感をえて、この書物は輸出されて海外の同胞にまで読まれるに至った。またこの書物が機縁となって、昭和24年には、沖縄第32軍高級参謀、元大佐八原博通氏よりまことに貴重な1000枚におよぶ手記の提供を受け、これを根本資料として、沖縄戦全般について詳述した『死生の門』を出版した。

null

null


null
古川成美氏