1912年11月29日生まれ。首里当蔵出身。1938年、台北帝大附属医専卒。軍医として軍務に服した後、1945年、臺灣新竹州大湖陸軍病院長、1946年、帰沖、沖縄民政府医官。1950年、金武保養院長(サナトリウム)および琉球結核科学研究所所長。1952年、沖縄の結核実態調査に参加し、結核対策の基礎資料を作成した。琉球結核予防会設立に代表の一人として尽力。理事に就任。琉球政府社会局長として初めて結核患者本土送出療養制度を実現した。1960年、那覇市寄宮にて開業。1961年、那覇市医師会理事に就任以後、沖縄県医師会常任理事、副会長、代議員会議長を務めた。2011年1月15日死去。

伊豆見元俊