戦前の琉球新報社長の渡久地政瑚の経歴を伺うために沖縄観光速報社を訪ねた。以来、パレットや展覧会などでお会いすると暫し会話した。