□写真の町東川賞受賞作家フォーラムには2012年に沖縄県立博物館・美術館の「山田實展」を担当した大城仁美さんが参加する。

写真左から前原基男氏、戸澤裕司 氏、大城仁美さん

大城仁美
1975年、沖縄県生まれ。沖縄県立芸術大学美術工芸学部デザイン工芸学科デザイン専攻卒業。真和志高等学校教諭を経て、2007年4月より沖縄県立博物館・美術館勤務。美術館開館記念展「沖縄文化の軌跡1872-2007」、美術館開館1周年記念展「移動と表現」(2009年)、「母たちの神 比嘉康雄展」(2010年)などの企画に関わる。


写真の町東川賞受賞式に山田實さん代理で勉氏が参加。
null
null


null
null

1983年11月 野町和嘉『アフリカ最後の秘境 バハル!』

野町 和嘉(のまち かずよし、1946年10月15日 - )は、日本のドキュメンタリー写真家。高知県三原村出身。高知県立高知工業高等学校卒業後、写真家・杵島隆に師事。1971年よりフリーの写真家となる。1972年よりサハラ砂漠をはじめとした乾燥地帯の撮影を行う。1980年代後半より中近東・アジア、2002年以降はアンデスを主な撮影地域としている。1990年、写真集「ナイル」等により芸術選奨新人賞美術部門受賞。2009年、紫綬褒章受章。(ウィキペディア)







2013年8月 『日本カメラ』日本カメラ社□われら写真仲間 第20回ーゲスト山田實





2013年8月 医療福祉生協の情報誌『comcom』□特集ー故郷は戦場だった・インタビュー写真家 山田實




写真左から山田實さん、山田勉氏、宮城護氏