Archives

You are currently viewing archive for October 2010
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null  
写真ー左から来間泰男氏、儀間比呂志氏、知念ウシ氏

午後6時に青年会館で『ウシがゆく』の出版祝賀会があった。私も息子が同祝賀の呼びかけ人なので代理として参加した。会場に行くと大城立裕氏、来間泰男氏が早々と見えておられた。真喜志勉夫人、仲里効夫人がすぐ後ろに居て大城氏に挨拶をしていた。沖縄文化の杜から金城美奈子、謝花佐和子、國吉貴奈、仲里なぎさの諸氏が参加された。関西から新里健、諸見里太志、金城馨、野村浩也の諸氏、伊佐眞一、池宮城紀夫、与那覇晶子、大田昌秀、高山朝光、新川明、川満信一、佐喜真道夫、比屋根照夫、比屋根薫、上原誠勇、翁長直樹、我部政男、後田多敦、上間常道、高良勉の諸氏や出版元の沖縄タイムスやウシさんのグループの諸君、関係者が多数参加した。紅一点というか琉球新報の小那覇氏も参加。主役の知念ウシは夫君ダグラス・ラミス氏と二人(幸都・海)の子供さんに囲まれていた。金城馨氏が詩人の久貝清次、後田多氏からは未来社の西谷能英氏を紹介された。

null

null
知念ウシと友人たち

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
新城喜一 那覇市松尾2-23-19 電話098-863-9564

null
世持橋

null
東苑から弁ヶ岳を望む

null
崇元寺橋

5月8日、パレットのギャラリーで新城喜一氏に出会う。野津氏の画集の話をすると、早速リブロで新城氏は画集を購入していた。




□2012年3月 『野津唯市画集ー懐かしい未来 沖縄』球陽出版

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

null
粟国島の夕焼け

null
村役場横のデイゴ

null
粟国唯一の輸送船「満潮丸」。毎月粟国~那覇間を5往復する。