Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02


宮城護氏 作品「聖地カルスト杜御嶽」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
開館10周年を記念して、2012年3月に開催した収蔵品展に続き、2012年以降、那覇市歴史博物館にご寄贈いただいた資料を展示紹介します。



» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
 はしがきー此の一篇の論旨から述べてみたい。南島の命名の民俗及び人名の原義を研究する為めに私は各地方各島々の人名、童名を出来るだけ採集した。それを採集しているうちに古事記及日本書紀、萬葉集、風土記を始め我国の古典に出て来る神名や人名の「名の本義」を独自の立場から研究してみることにした。その結果はどうであるか。先づ私を最も驚かしたことは吾々南島人の珍妙な童名は嘗て吾が日本民族が広く愛用したもので決して琉球人独特の珍名ではないことを看破したことである。何れこれに就ては稿を改めて報告したい。次に名の本義を研究していると、之迄発表されている古典研究者国文学者などの説に疑問を持つに至ったのである。そうして、之はどうしても吾々民俗学を研究しているものの仕遂げねばならぬ研究だと思い、ここに民俗学徒の立場から記紀の神名人名を考察することにした。先づその手始めに記紀の天岩戸の所に出て来る思金神及天津麻羅の名の本義を明らかにし世上流布されている古典研究者国文研究者の見解に再吟味を煩わしたいと思う。
 
(略)
以上記紀の神名、思金神及天津麻羅の名の本義に就て在来の学者の説を批判し検討した結果その誤なるを指摘し、南島民俗の資料を以て之が再吟味をなし、自己の新しき説を提示したのであるが、振り返って何故に之迄の国文研究者が之等神名の本義をつかむことが出来なかったかに就てよく考えてみる必要がある。私は在来の学者が記紀の物語を批判する心構えが不足している結果ではないかと思う。即ち記紀にある民俗をもっとも古いものとして、それ以前の考察を怠っている結果ではないか。記紀が決して古いものでない証拠には神名に沢山の民間語源説がつきまとうて、それで物語を構成している民間語源説話の出来る時代には既にそのものの原義が不明になっていた時代になっていたことを意味している。記紀の物語はそんな時代に生まれたものであって、決して原始的な本然の姿を吾々には伝えていない。故にこれら神名の原義を突き止めるには先づ記紀の物語に脚色を打破し、民間語源説話を全然離れて独自の自由な立場からその真相をつかむようにすべきであろう。


1965年2月 源武雄『琉球歴史夜話』月刊沖縄社


1972年3月 真栄田義見・三隅治雄・源武雄 編『沖縄文化史辞典』東京堂出版


1973年10月 『琉球の文化』第四号 源武雄「朝薫の人及び芸術についての覚書」


 1983-8-19『琉球新報』源武雄「鎌倉芳太郎先生と首里城復元」


1992年8月10日 『沖縄タイムス』湧上元雄「源武雄氏を悼む」

03/21:

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1925年10月 沖縄県教育会同人(又吉康和)『琉球』小沢書店

□鎌倉芳太郎氏は寫眞や装幀に助言され・・・、表紙は羽田会長の案に出たもので、若狭町の知念と云ふ老舗の作製に成る純琉球物です。






Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1937年4月『沖縄教育』弟248号に島袋源一郎が「『沖縄教育』変遷と思ひ出」を記している。□明治42年末に至り吾等の先輩 親泊朝擢氏が教育会専任幹事に抜擢され、筆まめな同氏の努力によって、山口瑞雨先生揮毫の芭蕉図案の表紙で前例のない程美しい内容も比較的豊富な『沖縄教育』が、東京三秀舎で印刷され毎月発行となって、教育界に清新の気を注いで呉れることになった。(略)大正12年10月現琉球新報主筆たる又吉康和氏を抜擢して敏腕を振って貰ふことにした。此に於いて『沖縄教育』は一躍其のレベルを高め中央学界諸名士の論説を掲載する等大いに充実し、未だ嘗て見ない権威ある雑誌となるに至った。大正15年 又吉康和氏の後任として國吉眞哲氏が編集幹事となり、引き続き豊富な雑誌を刊行し昭和3年4月第168号迄続いたが、(略)昭和7年11月、島袋源一郎代わって就任し予定の職員録を出し、翌昭和8年1月より経費の捻出を計って毎月刊行に引直した結果、投稿者並びに読者に多少の関心を繋ぐことを得且従来鹿児島市に於いて印刷していたのを那覇市内に於いて印刷せしむることとし、其の刺激によって印刷も漸次向上するに至ったのは事実である。

1937年3月 『沖縄教育』島袋源一郎「姓の統一に関する私見」
□(略)吾等の先輩、漢那、伊波、東恩納、仲宗根、比嘉、其他の方々の姓も最初は随分風変りな稱へ方だと思われたに違いないが、今日では学界や全国的に漸次知られて別に変な姓だと思う人もあるまい。(略)之について考えるべきことは教職員又は父兄の内祖先伝来の姓の呼稱を改変することを好まぬ方々のあることで、之は勿論当の御本人の意思を尊重することが常識であり、禮であるので強いて第三者が勝手に読み換える譯にはゆくまいと思う。

□部落とは、『広辞苑』に「比較的少数の家を構成要素とする地縁団体。共同体としてまとまりをもった民家の一群」とある。ヤマトでは部落で連想するのが「被差別部落」。沖縄の地域史でも言葉では部落と言っても、文字にするときは「村落」とするのが多い。

1939年5月 『沖縄教育』第273號 島袋源一郎「郷土雑記ー部落の発達②」
□五、部落移転
前に述べたように、昔の部落は大抵御嶽の付近即ち高原地や山の中腹なる傾斜地に発生し、神人共存共在の意識を以て防禦地帯に住んでいたのであるが、漸次狩猟生活から農業生活に移り、戦争時代から平和時代に入ると共に交通の不便や農業上の便利といった諸条件のために、御嶽即ち神山の付近から下方の平地に移転したのである。

之を実際に就いて例を挙げて見ると名護町の各部落の如きは全部山地又は中腹の古生層より現在の砂地に移転したので今でも字名護の旧部落は名護城の如き、昔ながらに神職たる祝女、根神、ホソメ神、掟神の4軒だけは神山の中腹に残っている。今帰仁城の付近に阿応理恵火神御殿やノロ火神殿内、根神火神殿内などの散在しているのは部落が下方の砂地に移転した後も猶ほ神職だけは神に仕えて昔の儘に御嶽の麓なる城下に残っていたことを物語るものである。

中頭郡西原村、中城村の東海岸各部落の如きも其の昔は殆ど皆もっと高い地点から現地位に移転したものであり、或いは西原間切内間村から嘉手苅村が派生したように分裂して新部落を形成したものもあり、小那覇の如く新しく創立された部落もある。中城村伊舎堂の如き昔は中城城の北字大城の前方伊舎堂原にあったので今でも旧家は旧正月になると初水を汲みにあの嶮崚な坂道を登って旧部落の古井に行くのである。

余り煩雑になるので一々各村の実例を列挙することを差し控えることにするが、大抵の部落移転の年代は大凡3百年前から2百年前と見做してよかろうと思う。
□六、部落の祭祀
□七、殿(方言トン)

1939年6月 『沖縄教育』第274號 島袋源一郎「郷土雑記ー部落の発達③」
□八、部落と城郭
私は数年来公務の余暇、郷土史料発掘の目的を以て沖縄本島の城址を踏査して陶瓷片を採集すると共に、城下の部落調査を行い、更に進んで出来ることなら本島及び付近の島々の部落を全体的に調べて其の発生、門中(氏族)の組織移転と発達、神事及び年中行事の状況生活状態等諸般の事項に就いて調査を遂げ之を文献に遺したいという願望を持っている。現在蒐集し得た城に関する資料だけでも何れ適当の機会に纏めて発表致したいと思うが目下判明している城址でも島尻郡凡50、中頭郡凡24,5、国頭郡凡10、首里那覇3、付近離島凡10、合計90数か所に達している。(略)

□九、移転の常則

□十、部落の発達

□十一、部落発達と家號

□十二、部落と門中組織


島袋源一郎顕彰碑の前で、新城栄徳(渚さん撮影)

□石川正通「ふりむん随筆」
国名と人名と同じもので付ける方の勝手だ。外からとやかく言う筋合いのものではない。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
2003年11月8日 『沖縄タイムス』新城栄徳「うちなー 書の森 人の網⑩親泊朝擢」
戦後、一家心中した「親泊大佐」のことを大城立裕氏や豊川善一氏、井川良久氏、澤地久枝さんが書かれているので、私はその祖父と父について紹介する。『沖縄大百科事典』の親泊朝擢はかつて台湾に居た川平朝申氏が執筆している。1916年の『沖縄県人事録』に朝擢が北谷尋常高等小学校長として掲載され、1937年の『沖縄県人事録』には無く弟の朝輝が小樽市助役として掲載されている。

朝擢は1875年、父朝啓、母ウトの二男として首里大中に生まれる。父の朝啓は伊江朝助の随筆に「時の評定所は浦添朝昭の大虎の下に、虎小(グワー)と称する秀才があった。外間完薫、親泊朝啓、諸見里朝奇、比屋根安栄である」と出てくる。このうち浦添と朝啓は設置されたばかりの沖縄県庁に勤務。朝啓が丸岡莞爾知事死去に際しての追悼歌「月花につくす心はいく千代もふみのかかみに見ゆる君かな」。

笹森儀助『南島探検』に「1893年9月2日、県庁編纂主任掛親泊朝啓(琉球人)来訪ス、談、武器及其沿革ニ及フ」と朝啓のことだ出ている。ちなみに同書は琉球新報創刊にもふれている「9月23日、去ル15日ヨリ『琉球新報』ヲ発兌セリ、東京ヨリ記者2名来リ(略)開筵ノ式ニ招待状アルヲ以テ、本日答礼セリ」。

幣原坦は、1894年に来沖し、その著『南島沿革史論』の「南遊史話」に「沖縄県旧慣取調嘱託員親泊朝啓君には多く質問を試み」と出てくる。朝啓は旧慣に精通している。だから97年、佐々木笑受郎が公同会運動を復藩党として『大阪毎日新聞』に運動が成功したあかつきの「内閣名簿」に朝啓の役割を司法大臣に、内閣総理が尚順で太田朝敷を書記官長と準えて通信している。

朝擢は沖縄県師範学校を卒業後、仲吉ウシと結婚。北谷、首里の小学校の訓導を経て1901年、大宜味尋常高等小学校の校長となる。この年に朝啓が死去。2年後、長男の朝省(親泊大佐)が生まれている。11年、県学務課に勤務傍ら『沖縄教育』編輯主幹となる。このころから『沖縄毎日新聞』に蓬莱庵の名前で「人物月旦」を連載した。→『沖縄教育』誌上のペンネーム/素位学人、沖の島人、しののめ生、幻、編輯子

朝擢は『沖縄教育』編輯主幹を第60号(11年4月)から102号(15年7月)まで担当した。11年8月の64号は「偉人傳」で、巻頭には「汝の立つところを深く掘れ、そこには泉あり」と記され、岸本賀昌が「我琉球」とあいさつで始まり、当真嗣合の「琉球人の胸中に蘇生して・・・」で終わっている。

朝擢は『琉球見聞録』『沖縄県案内』『沖縄県写真帖』も刊行した。その功績は大宜味小学校の像とともに刻印され消えることはない。

1911年8月 親泊朝擢・編集発行『沖縄教育』第64号 本会創立二十五記念<偉人伝>
巻頭「汝の立つところを深く掘れ、そこには泉あり。ニーチェ」
○序・・・・・岸本賀昌・沖縄私立教育会長「我琉球廣袤小なりと・・・」 
○口絵「首里城趾」「中城趾」「護佐丸之墓」「大和御神」「蔡温筆跡」「宜湾朝保肖像及筆跡」「宜湾朝保筆跡」「程順則筆跡」「儀間真常之墓」「野國總管之墓」「總管野國由来記」「自了筆」「殷元良筆」
○沖縄の代表的政治家ー向象賢 蔡温 宜湾朝保・・・・・・・・・・・・・伊波普猷
○産業界の二大恩人ー儀間真常 野國總管・・・・・・・・・・・・・・・・・眞境名安興
○名護聖人程順則・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・當眞嗣合
○二大画伯-自了と殷元良・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・眞境名安興
○劇詩家玉城朝薫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・眞境名安興
○三山統一の英主尚巴志王・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・親泊朝擢
○南島の忠臣護佐丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・當眞嗣合

○1917年8月 親泊朝擢『沖縄県写真貼』小沢書店
□名筆ー蔡温  程順則  宜湾朝保  尚温王  尚育王 
□名画ー自了 殷元良 小橋川朝安 筆山


1913年ー写真中央が横山健堂,、右より伊波普猷、当真嗣合、伊江朝助、親泊朝擢、太田朝敷、崎浜秀主

null
前列右から、嵩原安冝、神山政良、漢那憲和、尚昌、太田朝敷。他に親泊朝擢、東恩納寛惇、上運天令儀、山田真山らが居る。
1915年「尚昌侯爵帰朝祝賀会」東京沖縄県人会

1920年、親泊朝擢上京し、東京高等師範附属小学校書記。

1934年、親泊朝擢、二男・朝晋が台湾嘉義高等女学校教諭となって赴任の折台湾に同行す。

1946年4月、台湾から引揚げ その後 朝晋(在千葉市)、3男西垣朝圭(在東京)等に居住。
1966年6月4日、親泊朝擢 老衰にて死去。

□井伊文子さんは1917年5月、東京麹町の琉球屋敷で父・尚昌と、九州小倉藩主の小笠原家から嫁いだ母・百子の長女として誕生。命名は東恩納寛惇である。

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
上里朝秀(明星大学教授/1965年9月17日死去、75歳)
首里出身/沖縄師範をへて広島高等師範、京都大学卒業。/成城学園大学教授、同大学総長代理を歴任。

1937年9月 『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社

1912年3月ー沖縄師範学校卒業生に仲原善忠、上里朝秀、島袋盛敏、與世里盛春、山内盛彬
1915年1月16日『琉球新報』「亡父朝徹葬儀ー男上里朝秀、朝宜」
1920年9月15日『沖縄朝日新聞』「弟朝宜、兵庫県三田に於いて病没ー兄上里朝秀、朝徹、朝義」

上里朝秀の著作



1924年6月『祖先の生活』イデア書院〇はしがきーこれまでの歴史は多く政治と戦争の歴史であった。ところが近年歴史の見方が進んで来て、文化史風俗史経済史社会史といったようなものが、だんだんと研究され、しかもこれらのものは前のものにもまし」て重んぜられられるようになって来た。まことに喜ばしいことである。/内が学校であり、川が学校であるという具合に、行くところすべてが学校であった。ずいぶん大きな学校ではないか。私たちもいつも小さな学校にばかり閉じこもらないで、時にはかような大きな学校で大きな先生から、おけいこをしてもらうことも必要である。西洋のあるえらい学者が、「社会は大学校なり」といっているが、もっと大きくして「宇宙は大学校なり」と言うことが出来る。

関連〇1927年10月『沖縄教育』165号 小原国芳「教育道に就て(1)昭和2年度夏季講習概要筆記」ー那覇の港に船が入ると前面に石垣の壁が見える。あれを見た時自分は直覚的に龍宮だと思った。浦島太郎の作者はきっと琉球に来たことのある人ではないかと思われる。私も遂に琉球まで来てしまいました。私の郷里は大隅半島の尖端である。学生時代にはよく琉球の婦人が琉装して反物を売って歩いているのを見たから琉球に来ても意外の処とは感じない。それに私の学園で五主任の中二人までが琉球の人である。仲原(善忠)君と上里君で、仲原君は30何万円という学園の予算を一人で切盛りしている。両君からも宜しくということでありました。」 

関連〇1931年4月『沖縄教育』188号 神田精輝「歴史教材の価値観ー上里朝秀氏著『国史教材の価値及取扱』を読みて」

関連〇1965年10月10日 石川正通□上里朝秀先生鎮魂歌ー七つの海を越え越えて/十万億土隔つとも/五倫五常の化身たる/翁の永生疑はず/見て進む人の世の/にも野にも山々に/告げ鳥の囀りは/づる人を称ふなり/先の世今の世後の世を/行き抜く信仰揺ぎなく/のこし給ひし功績に/遺賢の教へ仰ぐかな/徳は孤ならず我等皆/ををしく起ちてこの人を/偲びて生涯を/ぶじ平穏に送りなん

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

1930年7月 今和次郎・吉田謙吉『モデルノロヂオ「考現學」』春陽堂


1935年11月『沖縄教育』231号 山里和弘「(那覇)市内盛り場 考現學的瞥見」
関連〇1935年4月『沖縄教育』224号 山里和弘「算術教科書にある他科教材の検討」/1936年1月『沖縄教育』233号 山里和弘「物価指数より見たる昭和十年の商況」/1936年4月『沖縄教育』236号 山里和弘「算術科入学考査問題を見て」

null
渡口睦子さん
 那覇でも1938年の『琉球新報』に「令女考現学」と題して令嬢たちが紹介されているので、考現学というのは新聞記者の間では定着していたと思う。柳田民俗学は意識的に思想警察ににらまれる恐れのある「性」「都市」などを学の対象からはずした。別の民俗学の流れの南方熊楠、中山太郎、今和次郎らは積極的に追求した。あまり理屈は並べたくないが、カーライルは「現在というものは過去のすべての生きた集大成である」、禅は「会得し実践するものであって空論のためにあるのではない」というのは金言で、現在、今からの発想が重要だと強調している。現実の問題として「格差」「核基地」が日米でも話題になっているが、これらを考える対象にした学究は少ない。かつての「琉球国」も、未来の「琉球国」も「今」を抜きにしては単なるオタク(ネトウヨ・ネトサヨ)だ。「琉球国」を「日本国」に置き換えても良い。

 欧化政策で富国強兵を目指す方針の明治維新政府にとっては江戸期は否定すべきものであるが、好古の対象となって江戸学の三田村鳶魚らが登場する。和歌山の作家・神坂次郎氏は末吉麦門冬、熊楠、鳶魚を一括りにして『南方熊楠の宇宙ー末吉安恭との交流』という著をまとめられた。私は10代後半、東京古書会館の古書即売展で、金城朝永の『異態習俗考』を入手し。酒井潔『愛の魔術』の贅沢版を捲ったことがある。酒井は、風俗大衆雑誌のオルガナイザーの梅原北明の盟友で、澁澤龍彦の「魔道」にも先鞭をつけている。金城も伊波普猷も風俗雑誌に論考を発表していた。
 趣味や蒐集が庶民の間に広がり切手・古銭・絵葉書・燐票などが蒐集の対象となった。江戸期から続く趣味人たちのネットワークは、明治期には山中共古、淡島寒月などの研究・趣味誌とつながる。のちに逸翁の美術雑誌『美術・工芸』を創刊する山内神斧(日本画家。1877大阪生。名は金三郎。明治43年東美校卒。文展入選) は1926年に『壽々3』で「琉球の玩具」「淡島寒月」を図で紹介した。

逸翁・小林一三資料
null
Category: 03-所感
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@gmail.com

2016-11 ひより「作品
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
アメリカ属国化、ここに極まれり
 日本テレビ『行列のできる法律相談所』で弁護士の橋下徹と共に出演し人気をとったものに、やはり弁護士の丸山和也が居る。丸山和也・自由民主党参議院政策審議会副会長は2016年2月17日、参議院の憲法審査会において、以下の発言を行った。「憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、憲法上どのような問題があるのか、ないのか。例えばですね、そうするとですね、集団的自衛権、安保条約はまったく問題になりません。例えば、いまは拉致問題というのがありますけれど、拉致問題すらおそらく起こっていないでしょう。それから、いわゆる国の借金問題についてとかですね、こういう行政監視のきかないような、ずたずたの状態には絶対なっていないと思うんですよ。これはですね、日本がなくなることではなくて、例えば、アメリカの制度になれば(略)日本州の出身が米国の大統領になるって可能性が出てくるようなんですよ。(以下略)」 〇丸山 和也(まるやま かずや、1946年1月23日 - )は、日本の政治家、元法務官僚、タレント、歌手。自由民主党所属の参議院議員(2期)、自由民主党参議院政策審議会副会長。自民党法務部会長 弁護士(登録番号:13673、第一東京弁護士会)、丸山国際法律・特許事務所代表。丸山総合法律事務所代表。→ウィキ

 橋下徹大阪市長による文楽への補助金見直し問題で、『上方芸能』は2012年6月号で「文楽を守れ!―132氏からの熱いメッセージ」と題した特集を組み、ドナルド・キーンや竹下景子がメッセージを寄せた。キーンは、文楽が「生を受け」た大阪での橋下の伝統軽視の姿勢を、「真にひどい話」と呆れ、日本における古典教育の希薄さを指摘しながら、「もし(文楽が)死に絶えるのなら、大阪の政治家の蛮行を世界は決して許さず、また忘れることもないでしょう」と批判した。
〇ドナルド・キーン(1922年6月18日 - )は、アメリカ合衆国出身の日本文学者・日本学者。日本文学と日本文化研究の第一人者であり、文芸評論家としても多くの著作がある。日本国籍取得後、本名を出生名の「Donald Lawrence Keene」から、カタカナ表記の「キーン ドナルド」へと改めた。通称(雅号)として漢字で鬼怒鳴門(きーん どなるど)を使う。→ウィキ
〇『琉球新報』2012年12月18日  <金口木舌>ドナルド・キーンさんの記憶
戦争とは悲惨なものだ。67年前に苛烈な地上戦を経験した沖縄では、その教訓を伝えようと継承を続けている
▼このほど来県した日本文学者のドナルド・キーンさんは、米軍の通訳として沖縄戦を体験した。平和主義者のキーンさんは「無意味に大勢の人が死んだ。生涯忘れられない」と、戦争のむごさを語っている
▼しかし、キーンさんの心には、当時感じた沖縄の人の温かさも残っているようだ。戦争のさなか、部下だった県系2世の比嘉武二郎さんに、おばの家に昼食に招待され歓待を受けたという。「敵を見たら憎いと思うはずだが、『ようこそ』と丁寧に言われ、とても温かい雰囲気だった」と振り返る
▼「沖縄戦 米兵は何を見たか」(吉田健正著)でも、このエピソードが紹介されている。昼食をもてなされたキーンさんは、片言のウチナーグチで「クヮッチーサビタン(ごちそうさま)」と感謝した。キーンさんが唯一知っているウチナーグチだったという
▼国や文化が違っていても、人々はつながり合い、心を通わせることができることを教えてくれる。「人間は交渉ができる」とキーンさんが言うように、各地で起こる紛争を平和的に解決し、二度と愚かな戦争を繰り返してはならない
▼67年前の記憶を今も語り続けているキーンさん。私たちも、多くの犠牲によって学んだ教訓を必ず次の世代につなげられるはずだ。

折口信夫「日本文学系図」

1976年12月発行の中公文庫『折口信夫全集』第31巻の「日本文学系図」は、昭和の初年の頃から著者が考案し、大きな紙に図式化し、時に触れて幾度か紙を継ぎはぎ、補訂したもので、原図はすこぶる錯雑していて、未だ定稿とは謂えないと思われるが、著者の日本文学史の体系を知るに簡便であるので、あえて巻末に収録した」とある。全集31巻には、折口の書簡が紹介されている。ネット上には上記の図の鮮明なものがあり、折口の「日本文学の発生」も読める。大正10年8月に大阪朝日新聞編集所に宛てた絵葉書には表の琉球美人は「尾類ズリ(遊女)といふもの」と書かれている。



1966年6月 添田知道『日本春歌考 庶民のうたえる性の悦び』光文社
〇添田知道そえだともみち(1902―1980) 文筆家。筆名添田さつき。放浪の演歌師として著名な添田唖蝉坊(あぜんぼう)の長男。東京・浅草に生まれ、日本大学中学中退後、堺利彦(さかいとしひこ)の売文社で働く。父親に倣って演歌の作詞・作曲などを手伝い、また大衆小説も書く。戦争下の1942年(昭和17)、自分が卒業した貧民街の万年小学校長坂本龍之輔をモデルに、書き下ろし長編小説『教育者』で第6回新潮社文芸賞を受ける。全四巻、2400枚のこの大長編は、未完のまま終わった。63年(昭和38)『演歌の明治大正史』で第18回毎日出版文化賞を受賞。ほかに『日本春歌考』(1966)などがある『『添田唖蝉坊・知道著作集』五巻・別巻一(1982・刀水書房)』 。→コトバンク


1972年7月ー竹中労(装幀・挿絵 竹中英太郎)『琉球共和国ー汝、花を武器とせよ!』三一書房
1975年8月ー竹中労(装幀・挿絵 竹中英太郎)『琉歌幻視行ー島うたの世界』田畑書店


1974年8月 内山惣十郎『浪曲家の生活』雄山閣
〇内山 惣十郎(うちやま そうじゅうろう、1897年12月19日 - 1973年2月6日)は、日本の演出家、劇作家、脚本家、作詞家、俳優である。浅草オペラの時代(1917年 - 1923年)に、その草創期から関わった。榎本健一『カフェー・ナンセンス』の作詞家としても知られる。→ウィキ

» Read More