Archives

You are currently viewing archive for August 2011
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02


1976年5月『政経情報』創刊号□「伊波普猷生誕百年記念 おもろと沖縄学の父」、沖映演劇「那覇大綱挽き基金募集特別公演・裁判劇女よ強くあれ」
1976年6月『政経情報』№2
1976年8月『政経情報』№3□「浜比嘉出身の彫刻家(金城実)本土で大気炎」「沖縄ヒューム管工業所・仲本幸智」
1976年9月『政経情報』№4□「小佐野賢治の摩手 沖縄にも延びていた」「沖縄電力の発電所建設に地元民反対」「NHK受信料徴収率最下位の沖縄」「天災と人災ー中国の地震と玉城村の陥落」
1976年10月『政経情報』№5□「毛主席の死を悼む」「防衛施設庁の態度」を糾弾せよ」、「安里徳仁ー米寿を迎えて」「(有)嘉栄産業・赤嶺嘉栄」
1976年11月『政経情報』№6□「海洋博の犠牲・琉海倒産」「大阪商人 生肉牛輸入」「国会議事堂のトラパーチンを切った粟国太郎翁の話」「暴力による組合弾圧(オリオンビール)」、島庄吉「関東地区における北山会 8年ぶりに復活ー平光雄、上間実、春山国生(夫人は岸本賀昌の二女とよ)、宮城栄昌」→№12島庄吉「うちなーんちゅ物語」
1976年12月『政経情報』№7
1977年1月『政経情報』№8
1977年2月『政経情報』№9□「観光立県に奇抜な着想が欲しい」「大阪のロンボックチーム優勝(平岡行秀)」
1977年4月『政経情報』№10□「集団就職の少年少女を守れ(がじまる会)」、屋良朝四郎「努力格差を是正せよ」「大阪便り」、仲井真元楷「狂歌雑記」、安里徳仁「琉歌」
1977年5月『政経情報』№11□「「大阪で沖縄の観光物産展/がじゅまる会総会/金城実氏の解放会館彫塑」

1977年7月『政経情報』№12□「身障者・照屋潔氏 大阪でがんばる」島庄吉「うちなーんちゅ物語」、荻堂盛進「思い出の風物ー人力車と客馬車」
大阪便りー若水会、西淀川区県人会、港区県人会、金城康子琉舞研究所発表会」
1977年10月『政経情報』№14

1977年12月『政経情報』№15□「モノレールを早く北部まで」「具志堅用高KОで王座防衛」「久茂地文庫」、大阪山原人「県外就職者について県当局に堤言(沖縄エイサー大会)」/大阪支局(島袋俊一)、横浜支局(島庄吉)

1981年1月『政経情報』№36□「みさを未亡人の仲宗根源和伝」

1981年3月『政経情報』№38□「85歳でなお燃え続ける浦崎康華の炎」
1982年10月『政経情報』№54□「みんなのみんかえんー古江亮仁」、座喜味康夫「那覇病院七号室」

1988年11月『政経情報』№115□ジェームス小田「戦後、CIAは反共工作のために元ナチス、元軍国主義者を雇ってきた。殊に日本ではCIA工作は大成功」「伊良部新聞 大阪本社(元長栄)」

小田兄弟
元那覇市長の兼次佐一氏が発行していた『政経情報』に、世界タイムス社長の小田俊与が第73回太平洋美術展に女性の裸体画を出品、入選した作品絵葉書を掲載している。広島出身なので戦後「水爆禁止十字軍」と名乗ったこともある。兄・栄と、戦前の那覇市で『日刊沖縄新聞』(社長・栄、総務・俊与、営業・義春)を発行したこともある。
兄の栄は天界と号し『天界物語』(1969-9)という自叙伝がある。中に金城南邦や当山哲夫が出てくる。ハワイに当山を訪ねてのところに「人口過剰の日本から、一人でも海外へ出稼ぎ移民すれば、それだけ日本全体の行き詰まりが軽くなる。ハワイやブラジルなどへの移民の先駆を切った人たちは、日本人に宿命づけられている人口地獄解決の先駆者であり、救済者でもある」と記している。
□→島袋和幸『沖縄の軌跡』「昭和初期沖縄を疾駆した小田兄弟ー小田栄・俊与兄弟」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02


佐野本に、「琉米歴史研究会」の喜捨場静夫インタビューで「(真栄平房敬によると)首里の尚家には那覇市歴史博物館に飾ってあるものより、ずっと立派な王冠があったそうです。(略)」と首里の尚家にあった王冠について述べている。鎌倉芳太郎の『沖縄文化の違宝』にはその首里にあった王冠の後面、横面の写真がある。幸いなことに鎌倉芳太郎は写真撮影メモを残してくれていてそれに王冠の寸法が記されていて王冠高さが18,9cm、ヘリは20、7cm、簪は31,8cmとなっている。上の前面と合わせてほぼイメージが出来ることになる。
那覇市立歴史博物館所蔵は高さが18,4cm、長径21,8cm、簪31,8cm、重さ605グラムとなっている。

□→1938年4月21日ー『大阪毎日新聞』「紙上琉球展覧会①」にも同様な記事がある。


» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1967年10月7日ー「沖縄芸能協会」設立
             顧問・豊平良顕、会長・真境名由康、副会長・島袋光裕、真境名佳子、勝連盛重、宮城嗣周、企              画委員長・大嶺政寛、組踊部長・与那覇政牛、古典舞踊部長・西平守模、古典音楽部長・安冨祖
             竹久、創作部長・阿波根朝松


1968年4月ー「沖縄伝統芸能の夕」を4月23日~25日まで東京日本橋三越劇場、4月27日ー大阪中之島中央公会         堂、4月29日ー福岡市電気ホール、4月30日ー北九州小倉市民会館で、それぞれ公演した。
     11月ー第二回選抜芸能祭、沖縄タイムスと共催。   





Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

真境名本流/島袋本流


宮城流