Archives

You are currently viewing archive for November 2011
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
輸送力が限界に達していた東海道本線の混雑を解消するため、根本的対策としての別線増設という形で1959年(昭和34年)4月20日に十河信二国鉄総裁と技師長の島秀雄の下、高速化が図れる標準軌新線(在来線は狭軌)として着工され、東京オリンピック開会直前の1964年(昭和39年)10月1日に開業した(開業時の総裁は石田禮助)。建設開始時は「新幹線」という呼び名はなく、第二の東海道線ということで「東海道新線」と呼んでいた。新幹線の名前は、戦前に東京駅 - 下関駅間で計画された「弾丸列車計画」の内部関係者による呼称にちなむといわれている。〔ウィキペディア〕




□→2008年3月 角一典『整備新幹線問題年表 1907-2007』法政大学社会学部科研費プロジェクト「公共圏と規範理論」


11/26: 崇元寺

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
null
1933年の泊方面の写真ー左奥の橋が中之橋(この橋の中央が現在の我が家がある場所)、手前が崇元寺橋で、右の杜が崇元寺

我が家の住所は今は泊2丁目だが、かつて崇元寺町と称していた。その崇元寺だが石門だけが往時を偲ぶものとなっている。これも国の責任で復元してもらいたいものだ。写真は表の写真は割と残っているが、内部は少ない。

崇元寺内部写真
nullnull


崇元寺本殿内部/崇元寺前堂内部

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

null
1964年11月ー平凡社『世界大百科事典』明石染人「沖縄ー工芸」(左上ー尚順)

明石国助 あかし-くにすけ

1887-1959 明治-昭和時代の染織工芸研究家。
明治20年5月6日生まれ。明石博高(ひろあきら)の3男。母校京都高等工芸(現京都工芸繊維大)の助教授をへて鐘淵(かねがふち)紡績にはいる。戦後,母校や京都市立美大の講師,文化財保護委員会専門委員などをつとめた。昭和34年1月27日死去。71歳。京都出身。号は染人。著作に「日本染織史」など。(→コトバンク)

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
2004年8月15日、カトリック安里教会でケセン語訳聖書の著者・山浦玄嗣氏と、屋部憲次郎氏が対談。
2010年1月、首里の石川和男(みどり印刷)さんは、山浦玄嗣『ふるさとのイエス』『人の子イエス』を読み、感想を『琉球語賛美歌』とともに岩手県の山浦氏におくる。山浦氏からは、氏の講演記録のDVDが贈られてきた。

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
東京人の伊高浩昭が著『双頭の沖縄』の中で、本書の著者の安里英子をウタキ研究者として「おきなわの戦後の終了はいつなのかと訊かれるが、米軍基地がたくさんあって恒常的な戦争状態にあるため、ポスト戦後という実感はない」とその発言を紹介している。また、伊高は沖縄人の未来への鍵は「心と自然の固有の豊かさを再現させるべく努力することではなかろうか」とも述べ安里と同じ結論に達している。

安里が1977年、「まちづくり・むらづくりとは何かを考える」として雑誌『地域の眼』を創刊し、沖縄のシマを訪ね歩いて得た土地勘も本書のバックボーンのひとつであり、副題の「沖縄のたましい」は沖縄のこころと同義であろう。本書はその具現者のひとり、歌人・桃原邑子を所々に登場させている。評者が戦前の新聞掲載の桃原夫妻作品を送ったことに対して、桃原邑子は礼状で「どっさりと届きました。どれも、どれも私の記憶にないものばかり、活字になったものは永久に消えないんだー言葉は消えてしまうけれど、活字になったら日本が亡びない限り消えないもの」と記し少女のように喜んでいた。 

昨今は「沖縄のこころ」などに根拠を示せと難癖をつける手合いも出てきて異臭を放っている。特に「イチャリバチョーデー」であるが、これは1909年8月、沖縄毎日新聞に笑古・真境名安興が集めた沖縄俚諺の中に「行逢我兄弟(いちぇーわちょうだい)」とあるから古い、むろん「兄弟は他人のはじまり」というのもある。

本書の後半で「軍隊、米兵によるレイプ事件」を扱っている。そのペン先が乾かないうちに今回の北谷町美浜のレイプ事件、著者の行動は素早く女性グループと共に抗議しているのがテレビに写っていた。同事件で小泉・田中内閣のハッタリ性も暴露された。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
2011年10月『いのちの籠』第19号ー戦争と平和を考える詩の会〒143-0016東京都大田区大森北1-23-11
甲田方

「一億総懺悔」の国に生きてー堀場清子 null

null

null
1984年7月『いしゅたる』第五号□編集発行人・堀場清子
□堀場清子「『君らは語る』のことー占領軍による原爆文学発禁の一例」


» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

null

null

null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
11月11日の『琉球新報』を見ると、福島県から沖縄へ避難してきた人は月平均50人になるという。沖縄にエイサーを伝えたとされる袋中上人は1603年に来琉しているが、現在の福島県いわき市出身である。著に『琉球神道記』がある。沖縄学の父・伊波普猷は袋中の琉球神道記を引いて「君真物」を書いている。

□あらゆる行事の時、祭を受ける神の火の神であることを見、聞得大君以下の神職の斎き持つ神の火の神であることを知った読者は、これに対して国つ神の影の薄いのを変に思うに違いないが、その理由は週期的に訪れる遠来神の事を述べた後に説明することにしよう。既に述べた如く、ニライ・カナイは不断は火の神を通じて祭っているが、そこからはまた時を定めて神がやって来ると考えられていた。そしてその神は「かないの君真物」(俗に「にらいの大ぬし」)といって、馬琴の弓張月にも取入れられたほど、人口に膾炙するものである。
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1927年10月ー宮里貞寛(1890年1月26日~1948年2月14日/国頭郡羽地村字真喜屋に生まれる。1906年ー国頭農学校卒業、ハワイに渡航、米屋旅館に就職。後に独立してホノルル旅館経営。)、神戸市神戸区北長狭通り4丁目に「ゑびす屋旅館」開業。兵庫御影で死去。

1988年ー中内功、神戸流通科学大学(中内功記念館)を創設。

null

null

null

null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
大城盛和 (大和印刷 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-5-2 ☏3863-3236 FAX3863-3247

null
中村文雄 (渡嘉敷村字前島・前島復興住民の会会長ー渡嘉敷村字前島76番地 携帯090-8290-6361)右は島袋和幸氏

沖縄・烽火ネットワーク連絡会では、沖縄祖国復帰40周年(2012年5月15日)を契機に与論島で烽火を上げるべく地元の各団体に呼びかけを行っている。今年中には具体化していく模様。
null

null
1,3、4は与論遠見台/2は与論城遺跡脇の烽火上げ地。沖縄復帰運動時に辺戸と呼応して烽火を上げた場所


» Read More

11/09: 千代金丸

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

null