Archives

You are currently viewing archive for December 2011
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
次第に寒くなってきました。今年もあとわずかです。
風邪などひかぬようお過ごしください。

 沖縄県庁の表札 
 来年は沖縄返還から四十年。新生沖縄県の発足に際しそのシンボルとして現在の輝石安山岩の沖縄県庁の表札が設置された。その表札の文字を揮毫したのは、今は亡き謝花雲石翁である。尚順、山城正忠とともに沖縄昭和の三筆と言われ、その正忠をして日本の五指に入ると畏敬させた雲石翁は、無欲一徹、九十三歳の生涯をひたすら書道研鑚に邁進した沖縄の誇る書道家である。
 揮毫を依頼した琉球政府最後の文書課長の故照屋栄一氏は、門札に雲石翁の雅号記載を進言所望した。ところが雲石翁は「沖縄県庁の表札は沖縄県民の合作だ」と言って聞き入れなかったと語っている。沖縄県復活は米軍の圧政にひるまず闘った県民みんなの努力の成果だからというのがその理由だ。そして、翁自らの思いを「葉和凄雨」の言葉に託したという。「葉は凄雨に和す―沖縄の木のように暴風雨は吹くにまかせよ。ひどい雨もやがて止み、雨に洗われた緑葉はまた輝く。復帰によってまた違った豪雨になろうが、その試練を沖縄の成長の糧にしよう」との意である。斎戒沐浴して一気に書いたという雲石翁の文字を、照屋課長は「石に彫ってみると、荒々しいというか、沖縄がこれからの荒波を乗り切る若さが表現されている」と評している。
 昨今の日本政府の問答無用とばかりの沖縄への対応を見るにつけ、沖縄県庁の表札にまつわるこうした事などをあらためて思い起こすのである。
(沖縄タイムス 茶飲み話 2011.12.10 掲載)


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02



null
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

1981年4月 福井県立美術館「堀田清治 大回顧展」
null
昭和53年6月『美の沖縄』琉球新報社

□1941年11月来沖ー堀田清治(日展参与・新槐樹社代表)
堀田清治 ほった-せいじ
1898-1984 大正-昭和時代の洋画家。
明治31年12月6日生まれ。東京で高間惣七にまなび,大正11年故郷福井の北荘画会の創立にくわわる。15年帝展初入選。昭和8年「炭坑夫」で特選。33年新槐樹社を創立。はじめははたらく人々を,のちに「磨崖不動」など仏像をおおくかいた。昭和59年2月17日死去。85歳。福井中学卒。(→コトバンク)

沖縄県立図書館に堀田清治画伯の「磨崖威徳明王」F150号が展示されている。画伯は戦前1941年の沖縄取材をもとに守礼門などを戦後に描いている。



Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

左からー御徳盆、花瓶台、貝摺台附食籠