Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

 くろねこの短語 7-13  情報漏洩、パワハラ、手当ての不正受給、無銭飲食、川崎重工からの裏金・・・これが国防を担うと豪語する海上自衛隊の実態で、組織ぐるみで腐っているってことだ。これだけの不祥事が民間企業で発覚したら、トップである会長、社長はもちろん、取締役クラスでも辞任するのが社会の常識ってものだろう。
 その理屈でいけば、防衛大臣の辞任は当たり前。自衛隊の最高指揮監督権を有する内閣総理大臣の首だって、飛んでもおかしくないほどの大事件なのだ。それが、防衛大臣は大臣給与1カ月分の自主返納。ヘタレ総理に至っては、「国民に心配をかけ、おわびを申し上げなければならない」とコメントするだけで、やり過ごそうとしている。国民は心配なんかしてるんじゃない。怒ってるんだよ。/▼指揮監督義務違反 8人▼「特定秘密」の漏えい 113人▼潜水手当の不正受給 74人▼自衛隊施設での不正飲食 22人▼パワハラ 3人計 218人

null

くろねこの短語 7-8 都知事選は大方の予想通りに、学歴詐称疑惑のフリップ小池君が3選を果たす結果となった。とは言うものの、得票数は前回に比べてかなり下がってるんだよね。ほぼほぼカルトの石丸君とクラリオン蓮舫君の票を合わせるとフリップ小池君を多少なりとも上回るから、少なくとも反小池が可視化したことは事実だろう。

null null
7-5 渡口万年筆に寄ってなは一とに行くと仲嶺絵里奈さんが仲松昌次氏と会話していた。紹介されると共通の友人が多い。◇なかまつ・まさじ 1944年、本部町瀬底島出身。首里高校・琉球大学史学科を経て日本放送協会にディレクターとして入局。主に文化教養系番組を制作。2005年に退職、帰郷。現在、フリーディレクター(演出)。
null
〇2015年10月 仲松昌次『「艦砲ぬ喰ぇ一残さ一」物語』ボ一ダ一インク
null
〇1980年9月 『青い海』96号 仲松昌次「みちのくの開拓地に生きる」

null
大濱 聡 7-8 ■森口 豁さんが4日に営まれた川満信一氏(詩人)の葬儀に参列するために来沖。翌5日、読谷村で盟友の金城実さん、知花昌一さんを交えて「囲む会」を何我寺(知花一昌住職)で行う。読谷での酒宴は2021年3月以来、3年ぶり。
null
大濱 聡 7ー3 ■7.3(水)NHK午後1時の全国ニュースで衝撃の第一報が報じられた。
沖縄で、既報の米兵による「不同意性交」事件2件以外に「米軍関係者 性犯罪“他にも未発表3件”」あり、いずれも不起訴になっていたという。しかも、沖縄県には一切連絡はない。
■県議選で自公維が過半数を得たこともあり、もう表に出しても差し支えないとの判断か、というのが専らの噂である。それにしても不起訴というのは、「思いやり」はお金だけではなく、米兵の「性犯罪」も厚遇されるようだ。■明日の朝刊が詳しく報じるに違いない。沖縄は衝撃と怒りに満ちている。

null
大濱 聡 7-2■石垣の旅③――ルーツ探しで宮良殿内(みやら どぅんち)へ。
■宮良殿内――「八重山の行政官 宮良親雲上当演(みやらぺーちんとうえん)が、士族屋敷に模して1819年(文政2年)に建造。その後、琉球王府が身分不相応として5度にわたり取り壊しを命じた。当主は屈せずにいたが、1874年にやむなく茅葺きに改造、1899年に再び瓦葺きに復元された。王府時代の士族屋敷を保存した県内でも唯一の建物として、国の重要文化財に指定されています。 枯山水の日本庭園は国の名勝に指定されています」(石垣市観光交流協会)
■現在は石垣市の管理になっているが、ちょうど現当主が受付をされていたので、しばしユンタク。私より一つ年少。大濱家は五世と八世が宮良殿内から「嗣子承継」として入っている(私は十三世)。母方の祖母は宮良殿内の出である。

null
大濱 聡 6-30■石垣の旅②――個人的備忘録を兼ねて。
先に那覇に帰る友人たちを見送って2泊延伸。10歳まで暮らしていた幼い日の記憶を求めて、懐かしい旧居跡近辺を歩く。■桃林寺(日本最南端の禅寺。臨済宗妙心寺派)の境内は子どもたちにとって格好の遊び場だった。旧居跡に昔の面影はなく、幅約3㍍の道だけが変わらないままだった。宮鳥御嶽と隣り合わせにあった宮鳥幼稚園と、裏側の石垣小学校までは徒歩6-7分の距離だった。■1958(昭和33)年、父親の転勤で小学4年の1学期を終えて、那覇に引っ越した。

 関連/大阪の都島本通で、篤志でもって「沖縄関係資料室」をひらいていおられる西平守晴氏にもきいてたしかめることができた。西平氏は、「そうです、そんな話があります」といって、南波照間の「南」を、パイと発音した。ついでながら本土語の南風(はえ)は沖縄でも「南」の意味につかう。本土語の古い発音では、こんにちのH音が古くはF音になり、さらに古くはP音になる。つまり花はパナである。八重山諸島の言葉はP音の古発音を残していて、南(ハエ)が南(パイ)になるらしい。西平氏はこのまぼろしの島を、「パイ・ハテルマ」と、いかにもその島にふさわしい発音で言った。

1974年4月、司馬遼太郎が沖縄関係資料室に来室、西平守晴と対談  司馬遼太郎『街道をゆく6』朝日新聞社

nullnull
〇石垣島の石垣という以上、島主だった家なのかと思って、その家の中年婦人(末吉麦門冬の娘・石垣初枝)にきくと、「もとは大浜という姓だったそうです。何代か前に石垣と変えたときいています」ということだった。家の人の説明によると、「このお庭は、文政2(1819)年の作だということです。庭師は首里からきました。方式ですか、日本の枯山水です」ということだった。枯山水というのは池もなく遺水もなしに石組だけで山水を表現する作庭形式だが、滋賀県の園城寺金堂の庭園などを見ると、平安期からこの思想はあったらしい。しかし完成したのはよく知られるように室町期からで、この様式が江戸期に八重山諸島にまで及んでいたということは、不覚にも知らなかった。/ごく最近、古美術好きの私の友人(鄭 詔文)が、沖縄へ行った。かれは在日朝鮮人で、齢は五十すぎの、どういうときでも分別のぶあつさを感じさせる人物である。


» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
nullnullnullnullnullnull

浦崎春雄作成「粟国民俗地図」([]は我が家の畑、山野)
null
浦崎春雄作成地図より「我が家の周辺」
nullnullnull
6-26 島が見えてきた/シターリ節之碑/首里福原
nullnullnull

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp
nullnullnull
6-30 ジュンク堂書店「高良勉『山城翠香ー短命のジャーナリスト』不二出版/刊行記念トークイベント」ゲストー我部聖/仲松昌次
nullnull
null
1991年1月 新沖縄文学別冊『沖縄近代文芸作品集』「末吉麦門冬」沖縄タイムス社
nullnull
2004年11月25日『沖縄タイムス』新城栄徳「莫夢忌 末吉麦門冬没後80年」/2014年5月 図録『麗しき琉球の記憶 鎌倉芳太郎が発見した美』新城栄徳「末吉麦門冬ー芸術家の名は音楽のように囁く」
◇2022年に京都の末次 智さんからネフスキー宛の末吉安恭の封書が天理図書館にあることを教えてもらった。外人宛てなので丁寧に毛筆で書いている。

 清水 潔/発生から半年経過した能登。未だ水道も使えない地域もあるのに、突如防災服で乗り込んで「全力支援」が聞いてあきれる。これはもう被災地の政治利用だ。

null
大濱 聡 6-29 
■沖縄で相次ぐ米兵による女性(ひとりは未成年)への「不同意性交」事件。発生時、外務事務次官が駐日米国大使に「遺憾の意」「綱紀粛正及び再発防止の徹底について」申し入れを行うも、沖縄県には連絡せず。県は25日に報道されるまで知らされず(半年も経っている!)。
■「在日米軍に係る事件・事故発生時における通報手続」(1997年日米合意/事件事故に日本人が巻き込まれた場合、各地の防衛局が県などに通報すると定める)は機能せず。絵に描いた餅!
「常に関係各所への連絡通報が必要だとは考えておりません。対応は適切だった」と宣う外務報道官(ハテ?)。
■5月の駐日米国大使の与那国訪問、6月の県議選への忖度?というのが専らの噂。
■「再発するかもしれない状態にも関わらず放置されてしまう、そんな状況がある。本来なら知事にまず報告し、そして地域住民に警鐘を鳴らし、米軍が凶悪事件を起こしている、そのことに対して注意喚起が必要だった。そのことを県警がなぜ行わなかったのか。政治的な思惑がそこに働いていたとするならば、この国の日米安保は国民を守るよりも政治・政局の方が優先されることになる」(6.26RBC・前泊博盛沖縄国際大学教授)

null null null
null null null
 6-23 粟国郷友会 「第61回 定期総会」〇山内宏幸氏、上原邦男氏、手前が玉寄貞一郎会長/赤嶺博章さん、浦崎憲二さん、伊良皆武宣さん/挨拶する与那城昭広元会長/玉寄貞一郎会長、上原小一元会長

null
青山惠昭 来県中の台湾高雄の皆さんと交流会で盛り上がりました。高雄老兵協会の一行は「6・23慰霊の日」に向けた去る大戦で犠牲になった台湾人元日本兵の追悼と供養の旅。

null
6月23日 真栄里泰山 魂魄之塔まえでの国際反戦集会に参加

null nullnull
6-22 古美術なるみ堂で翁長良明さん、とうか、ひより/二科沖縄支部展【会期:6/18~6/23】西村貞雄作品「イタジィのある城壁」「赤の旋律」「老夫婦の休日」

null nullnull
6月19日 なるみ堂で翁長良明さん、(有)シー・エム・シーの仲村渠寿徳さん、世田谷の市川哲也さん/2024年6月18日〜23日 沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー「第1回 GIKAN絵画展 島のウムイ」左から高江洲義寛さん、豊見山愛さん、新城栄徳、大城さゆりさん

nullnullnull
仲松 健雄:川崎沖縄県人会の発展に寄与した歴代の役員に功労賞が授与され、余興では琉球舞踊が披露されました。続いて行われた交流会では、川崎沖縄芸能研究会による歌三線、舞踊が披露され大盛況でした。
nullnullnull
屋良 朝信:創立100周年を迎えた川崎沖縄県人会(金城宏淳会長)の記念式典が9日、川崎市産業振興会館(同市幸区)で開かれた。式典では伝統舞踊も披露され、約250人が節目を祝った。近代化が進む大正期の川崎には沖縄をはじめ全国から働き手が集まった。しかし1923年に関東大震災が発生、沖縄出身者たちが生活再建へ手を取り合ったことがきっかけとなり、翌24年に川崎に同会が発足した。この日は川崎沖縄芸能研究会のメンバーらが、祝いの席を彩る琉球舞踊「かぎやで風」などを披露し、式典を盛り上げた。

nullnullnull nullnull
6-9 神奈川大和市の中山豊氏から琉文21を参考にしたということで『法政考古学』第50集を送ってこられた。氏の論考「粟国島の堀込墓と伝承考古学の提唱ーバンヤー・ウエテラカク墓地の水平層位分析を中心としてー」が載っている。参考文献には安里盛昭さんや比嘉康雄さんの写真集がある。河村只雄『南方文化の探求』講談社学術文庫には「粟国・渡名喜紀行」がある。

nullnull
nullnull
新垣基:令和6年6月2日墨田区山口善丸さん事務所にて,山口瑞雨親族との面会
後藤ひとしさん、山口善丸さん、新垣基(渡嘉敷唯選ひ孫)、島袋和幸(「沖縄の軌跡」発行人)、逸見安子さん(瑞雨三女近藤フミの娘)、鴻池圭子さん、駒崎万寿子さん,掛軸は瑞雨(米庵)の作品/岐阜県山県市甘南美寺の瑞雨の天井画(写真甘南美寺Facebookより)

写真左が山口瑞雨の模写

null
なるみ堂で翁長良明さん、新垣基さん

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

町山智浩@TomoMachi5-31ちゃんと司法が機能してたら、菅義偉の官房機密費支出は横領だし、安倍晋三が機密費を選挙に使ったのも、小池百合子が首長に自分を推薦させたのも公選法違反だし、自民党の裏金議員はみんな脱税だし、電通とパソナと吉本は独禁法違反で、山口敬之も逮捕されてたよ。

nullnull nullnull
仲松 健雄 ㊗️東京沖縄県人会 一般社団法人化記念 第66回定時総会・懇親会を5月26日(日)に東武ホテルレバント東京で開催✨ご来賓・沖縄関係団体代表者・会員・ゲストの皆様が160名参加して、大盛況で終えることが出来ました.

くろねこの短語6-1 抜け道だらけのナンチャッテ改正案で、公明、維新が自民と手打ち・・・自公維の3党連立の始まりか!!

くろねこの短語 5-30(前略)報道によれば、区長会で出馬要請の「呼びかけ」があったそうで、どうやらフリップ小池君の「ご意向」があったんじゃないかという噂もある。そうなると、郷原弁護士が言うように、「公選法違反に該当する可能性がある。『その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与』することは、禁止されている(136条の2第2項1号)。都知事と区長との関係を考えれば、『地位利用』に当たる可能性がある」ってことだ。
 そんな中、フリップ小池君は昨日するはずの出馬表明を延期。「反自民 非小池」の旗を立てたクラリオン・蓮舫君が都議会を訪問したのがどうやらお気に召さなかったようだ。蓮舫出馬は、相当なプレッシャーになってるんでしょうね。御用コメンテーターが一斉に蓮舫叩きを開始したのも、それだけ脅威に感じている証拠なんだね。なんともわかりやすいことで。

null nullnullnull
5-23 泉崎橋から久茂地川/1985年3月『写真集「坂本万七遺篇」』ニッコールクラブを見るため山田勉さんを訪ねる、比嘉清眞さんが居られた。/福州園/美栄橋から久茂地川

null nullnullnull
安里川/県庁前駅から

【ブリュッセル時事】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のカーン主任検察官は20日、戦争犯罪や人道に対する罪などの疑いで、イスラエルのネタニヤフ首相やイスラム組織ハマス指導者らの逮捕状をICCの予審裁判部に請求したと発表した。

null
いいねうるま市 山城 明 · 果報バンタ

金子勝@masaru_kaneko
【日本の健康保険制度を破壊するキシダメ】これほど国民の声を聞かない首相も希有まれ。裏金問題もそうだが、欠陥だらけのアナログプラスチックのマイナ保険証を「積極的に促進」し、12月に紙の保険証を廃止する。政治献金のITゼネコンの利益優先で国民皆保険を壊すつもりだ。

nullnullnullnull
2024年5月『琉球』№100琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947 下地ヒロユキ「表紙絵」/松島泰勝「琉球民族の遺骨返還による主権確立」/島袋マカト陽子さん、松島泰勝氏/島袋マカト陽子「東京琉球館便り」

nullnullnullnull
左から伊佐眞一氏、伊良波賢弥氏、後田多敦氏/伊良波賢弥氏、親川志奈子さん/新川明氏、伊良波賢弥氏/松島泰勝氏、伊良波賢弥氏
nullnullnullnull
5月18日 13:30~県市町村自治会館4階「本村紀夫追悼シンポジウム」コーディネーター:後田多敦氏/高良勉氏、伊良波賢弥氏
null
『沖縄タイムス』社会部・知念清張

nullnullnull
5月18日9時 孫たちと宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展」

null null
5-16 沖縄コレクター友の会副会長で、平和通り突き当りで「古美術なるみ堂」を営んでいる翁長良明さんの記事〇2024年5月16日『週刊レキオ』「世界のお金 大集合 古銭収集70周年 翁長良明さん」

5-14 沖縄県は14日、玉城デニー知事が新型コロナウイルスに感染したと発表した。17日まで自宅療養する。

(CNN)イスラエル軍は14日、パレスチナ自治区ガザ地区中部のヌセイラト難民キャンプにある国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)運営の学校を攻撃し、イスラム組織ハマスのメンバー10人超が死亡したと発表した。

null null
5-12 近鉄布施駅前「ふれあい祭り」息子夫婦、孫と→あけみさん撮影

null

CNN5-12 パレスチナ自治区ガザ地区の民生防衛当局は11日、戦闘で破壊された建物のがれきの下に埋もれている住民らの遺体は推定で約1万体に達するとの見方を示した。ガザの保健省は8日、シファ病院で三つ目の大規模墓地が見つかったと報告。イスラエル軍はこれら墓地への関与を一切否定している。同保健省は11日、殺害された住民らは過去24時間で28人に上るとも明かした。昨年10月7日の戦闘勃発以降、殺された住民らの総数は少なくとも3万4971人に増えたとも発表した。

null
5-5 近鉄布施駅前→あけみさん撮影

nullnullnull
玉城 久美子5-6 はいさいfesta2024お開きとなりました。「屋良さん、古里さんをご紹介いただき有難うございます!!」「宮城由紀子先生、有難うございました!「平和の願い」宣伝します!!」「仲松会長、わざわざ有難うございました。お土産までお持ちいただき、お買い物も…」

nullnull
nullnullnull
はいさいFESTA2024~首都圏最大級の沖縄フェス/玉城 久美子「歌手の平川美香さんと川崎沖縄県人会の皆さま」「Team Blue屋良さん&夏子さん」「隣町くらいの勢いで沖縄と東京を往復してる麻美ちゃんとママ」「俳優の外間愛彩(ほかまめい)さん、文句なしのウチナー美人!」

nullnullnull
宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展」に5月1日11時、元沖縄県知事の稲嶺恵一さんが夫人と見えられ、父一郎氏のコレクションを翁長良明さんに「今後の展示会に役立ててほしい」と寄贈された。翁長さんは感激。整理してダブっているものは博物館に寄贈する。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

くろねこの短語5-1(前略)こんな無責任な総括したまま、能登半島はほったらかしで、ヘタレ総理は今日からフランス、パラグアイ、ブラジルへ物見遊山の旅ってんだから、なんともお気楽なものだ。もう帰ってこなけりゃいいのに。

くろねこの短語4-29(前略)今回は低投票率の中でもどうにか立憲と共産の共闘で勝ち抜けたが、解散総選挙となって、同じ低投票率だと統一教会や日本会議、創価学会などの組織票がモノを言うのは間違いない。政権交代がチラつけばチラつくほど、こうした支援団体が総がかりで自公の応援に立ち上がりますからね。
 連合の反共会長のように共産アレルギーを野党共闘に待ちこむような愚か者や、第2、第3の自民党を名乗るような維新、国民は切り捨てて、共産、れいわ、社民との野党共闘に立憲は今日から尽力すべきだろう。

null nullnull null
4-29 娘、孫たちと沖縄県立博物館・美術館「科学の眼で見る美ら海の生き物展」

nullnullnull
4.28 ジュンク堂那覇店 山城智史著『琉球をめぐる十九世紀国際関係史』トークイベント×玉城本生(琉球大学講師)〇川満 昭広さん、玉城本生さん、山城智史さん)
沖縄タイムス4-29 与那国町長、反対意見は「キャンキャンわめいている」 新港建設計画めぐり糸数町長一問一答「発言者は一部に偏っている」

プレジデントオンライン4-27 なぜテレビは万博を「美談」で誤魔化すのか…元テレ東社員が指摘する「大阪万博と東京五輪」の不気味な共通点

null null nullnull
4-26雨 首里 数十年振りに県立芸大芸術文化研究所に行く。久万田晋所長が居られ暫しユンタク、近著『沖縄・奄美の島々を彩る歌と踊 民俗芸能の伝統と創造をめぐる旅』ボーダーインクを恵まれた。
null

null
null null
4-23 川崎の屋良朝信さんと沖縄県立博物館・美術館に遊びに行く/屋良朝信さん、大城さゆりさん/屋良朝信さん、大城直也くん、大湾ゆかりさん

null
いいねうるま市 山城 明 4-22 海中道路駐車場近くのソテツ

null
大濱 聡 4-21■4月、沖縄は清明祭(シーミー)のシーズンである。家人の実家は二つのシーミーがある。■第一週は、一世国吉真元(比屋)公(1400年代の人とされる。討死した勝連城主・護佐丸の三男を匿って育てた)に連なる国吉門中の子孫が全島各地から参加して行われる。■大濱家のような八重山、宮古、本島北部地域では、旧暦1月16日に「十六日祭」(後世〈グソー・あの世〉のお正月)として行われる。沖縄の祖先崇拝は根強く、脈々と子孫に受け継がれている。
関連/ 
査氏系図(復刻)

null
4月20日~6月2日 宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展~翁長良明氏古銭収集70年間のあゆみ」
null null null null
2024年4月20日 宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展〜翁長良明氏古銭収集70年間のあゆみ」テ一プカット/左から平敷兼哉宜野湾市立博物館館長、翁長良明さん、宜野湾市教育委員会・崎間賢氏
null null null
null
nullnull
思い出/2004年8月、翁長良明氏が宜野湾市立博物館で「世界のお金展」/真喜志康忠優を囲んで左から新城栄徳、翁長良明さん、真喜志康徳さん

null null null
仲松 健雄 東京八重山郷友連合会が主催する『第24回 東京八重山まつり』に参加
東京八重山郷友連合会は、八重山の各地区、各島々の12の郷友会で組織され「八重山はひとつ」の掛け声の下、2000年に発足✨

null null null null
4-19 こうた、あけみさん

null null
座喜味城は、琉球王国が、日本、中国、東南アジア諸国との交易を通して繁栄した十五世紀初頭、築城の名人と言われた読谷山按司護佐丸によって築かれたと言われています。標高120m余の丘陵地に立地しており、最も高いところからは読谷村のほぼ全域を眺望することが出来ます。(読谷村観光協会)/金武宮『琉球国由来記 巻11 密門諸寺縁起』の〔金峰山観音寺〕の段にある「金峰山補陀落院観音寺縁起」には観音寺の開基について記してあるが、それによれば補陀落山を求めて渡来した日秀上人が、尚清王の御代の嘉靖年間に琉球王国内を行脚し、この地にあった洞窟を霊跡として宮を建て、自身が彫った三尊を権現正体として崇め奉ったとしている。ウィキ
nullnullnull
思い出/楚辺の子供と座喜味城址で遊ぶ息子と娘

null null
2024年春 布施の公園 新城こうた


 DIME 4-15 Preplyはこのほど、「マナーが悪い都市」に関する調査結果を発表した。本調査は、全国47都道府県に在住する16~55歳の男女2,008人を対象に「自身が住む都市はマナーが悪いと感じるか」「マナーが悪いと感じる行動は何か」など、マナー違反の実態に関するアンケートを実施し、調査結果をランキング形式でまとめたものだ。
 マナーが悪い都市ランキングにおいて1位は、2位以下を大きく引き離して大阪が圧倒的な票を集めた。以下、2位が東京、3位が青森、4位が横浜、5位がさいたまと続いた。大阪は日本国内でも特に個性的な文化を持つ地域であり、その豊かな文化や歴史、人々の開放性などが、外から見ると「マナーが悪い」と捉えられることもあるかもしれない。

null null
4-14 孫たちユンタンザミュージアム「豊里友行写真展inよみたん」

null null null
4月14日 新報ギャラリー「南西諸島ミサイル要塞化写真展」/1979年に詩集「海岸線」で山之口貘賞受賞の芝憲子さん、仲宗根さん

nullnullnull null null null
仲松 健雄『第19回 関東伊平屋会のつどい』日本教育会館9F 喜山倶楽部で開催/伊平屋会役員紹介/伊平屋村幹部

nullnullnull
仲松 健雄『重田辰弥さん とぅしびーを祝う会』(一社)関東沖縄経営者協会7代目会長を務めた重田辰弥さん(現:顧問)が、4月12日に84歳の誕生日を迎えました㊗️数えで85歳のとぅしびー(生年)となります,沖縄の習わしで、とぅしびーには無病息災を願い、長寿を祝う意味があります✨重田辰弥さん「とぅしびー祝い」は、東京ドームホテル4階にある「京料理 熊魚庵 たん熊北店」で開催され、有志23名が参加、美味しい懐石料理をいただきながら、和気藹々と楽しい時間を過ごしました❗️参加者全員からお祝いの言葉とお花を送り 重田さんの益々のご健勝とご活躍をお祈りしました。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null null null
4月6日 沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー「癒しのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」/キャサリンさん、新城栄徳/芦澤礼子さん、喜屋武明美さん/講演会

4-6 はりぼて』『裸のムラ』今最も祝辞を述べてほしくない人の1人。自分の立ち位置を把握できいれば、この場には立てないし、既に議員辞職しているはず「自分の立ち位置把握を」自民離党の世耕氏、近大入学式で祝辞

null nullnull null
4-5 左から與那覇政直美術館副参事、前田比呂也美術館班長、和田達雄NPO法人琉球万次郎会副会長/沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー「癒しのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」/和田達雄さん、大城 さゆりさん

大神@ppsh41 4-5
日本の避難所・段ボールの上で雑魚寝・消費期限切れの食品が送られる・劣悪な環境により凍死者を出す/台湾の避難所・避難所用テントを設置・エアコン完備・Wi-Fi完備・栄養バランスの整った食事が出される

情報速報ドットコム 4-3 台湾大地震が南海トラフにも影響か フィリピン海プレートで直接繋がっている台湾と西日本 過去に連動地震を観測した事例も!

null 時事通信

   null
大濱 聡■今日(4.2/火)から沖縄県立博物館・美術館で「癒やしのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」が始まった。■2002年に横須賀で米兵から性被害を受けたフィッシャーさん(日本在住42年)は、、裁判闘争を続ける中で諸々の元凶が日米地位協定にあることを知り、22年にわたって改定を訴えてきた。■米兵犯罪が多い沖縄にも度々訪れているが、彼女が懇意にしている金城 実さん(彫刻家)のアトリエで2度ほど対面したことがある。柔和さと力強さを持った女性だとみた。

 FLASH 4-2 《万博は国の税金を使うんでしょ?そんな立場側の人が出禁にしたる!て言うて、さらに燃えたら「いや冗談やん」て しかも「大阪ジョーク」て言うてるのてホンマに吐きそになるしどんだけヤバいか分かってないのがエグい》

null
2024年4月1日 山城 明 いいねうるま市

null
大濱 聡 4ー1 雨乞いの効果もあってか、雨量が前日比3.4ポイント増えたようだ。しかし、それでも平年比-29.8ポイントなので、依然としてこの先断水の可能性もあるという。■それにしても「嘉手納基地、普天間飛行場への給水量が昨年12月から2月まで3カ月連続で同年比を上回っている」「オスプレイを機体が見えなくなるほど大量の水で洗う様子が確認された」との報道には怒りがこみ上げてくる。当方は洗濯水やシャワーの節水、台所の洗い物の水をためて菜園や花木の水やりに使うなど日々コツコツと努力しているというのに。

4-1詐欺師は、あなたのPCがウイルスやトロイの木馬に感染していると主張するポップアップ・メッセージを送りつけ、恐怖を煽ります。これらのポップアップには、サポートを求めるためのサポート番号が記載されていることがよくあります。これらは本物のWindowsサポート番号ではないことを理解しておくことが重要です。例えば、01012393564721のような番号は、詐欺師がユーザーを騙して電話させるために使用しています。

null

 くろねこの短語3-31(前略)今回はケガ人は出なかったようだが、万博開催中にガス爆発が起きたら、おそらく想像を絶する大惨事になることだってないとは言えない。パビリオンや350億円の日傘リンクとは工区が別なので、万博会場の建設には支障はないなんて能天気なこと言ってるようだが、メタンガスという地雷原の上での工事なんだから、これからだって何が起きるかわからない。
 万博会場は全面禁煙になるらしいが、ひょっとしたらガス爆発の危険性を察知しての通達だったりして。タバコに火を付けたら爆発しましたなんて洒落にもなりませんからね。それにしても、ガス爆発のニュースを、テレビではまったく報道しないのはどうしたわけだろう。万博中止の声に一気に火が付くことを警戒しての、メディアの忖度だったりして。

null null null null
仲松 健雄 3月31日 琉球民謡協会関東支部 第37回定期総会・懇親会に参加✨オープニングは、参加者130人が全員立ち上がり三線弾いて「祝い節」・「安波節」・歌ぬ泉」を大合唱 その迫力に圧倒…❗️

null null null null null
板橋区沖縄県人会 花城昇宏会長/東京沖縄県人会 仲松健雄会長/板橋区沖縄県人会 大城朝夫名誉会長
null null null
板橋区沖縄県人会役員一同
nullnullnull
仲松 健雄 3月30日「板橋区沖縄県人会第46回総会・懇親会」桜開花宣言が出て暖かく爽やか日に板橋区沖縄県人会総会・懇親会が開催され参加しました✨来賓として板橋区長 坂本健様ならびに沖縄関係団体の会長や役員が参加して楽しく賑やかな総会・懇親会でした。


◇1988年3月 大城辰彦(編集責任者)『創立十周年記念誌(1978年~1988年)』板橋区沖縄県人会(会長 阿波根朝計)

null nullnull
3月30日 東京から須田佳実さん(一橋大学 大学院社会学研究科博士後期課程)が古美術なるみ堂を訪ねて翁長良明さん所蔵の「中山良彦資料」について話を聞いた。〇1980年8月 中山良彦『人間でなくなる日ー沖縄戦住民証言集』集英社

null
 三上知恵 日米首脳会談が持たれるたびに日米の軍事的連携強化=自衛隊の二軍化が促進される これが国防か?自衛隊員の命と国土を差し出すことにしかなってないと批判が起きないのはなぜか?東京新聞です

 産経新聞【ワシントン=坂本一之】4月10日の日米首脳会談を前に、米政府が首都ワシントンで7月に開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に岸田文雄首相を招く方向で日本政府と調整していることが分かった。日米首脳会談ではロシアによるウクライナ侵略問題を協議する予定。

nullnull null
3月29日11時 娘、孫と沖展。東邦定「記憶の中の残像」/西村貞雄「混迷」/山里永作「何も恐れることなく良い年になるよう祈ろうよ」
null null null
山川さやか「Ⅰbu ki」/金城美奈子さん、ひより、金城正仁さん/大川剛美術館副館長、ひより


2024年3月『歴史民俗資料学』創刊号 歴史民俗資料学研究会(神奈川大学 後田多研究室)サイモン・ジョン「オーベ氏の『インドシナの使節団』」/加藤里織「誰が泡盛を近代日本で広めた」/後田多敦「原忠順日記」
null
◇後田多敦の本

null
大濱 聡 3-24 ■3.23付『琉球新報』に気になる記事が掲載されていた。
2025年度から使用する中学生の社会・歴史教科書の自由社版で、ノーベル平和賞を受けた佐藤栄作元首相の受賞理由を「沖縄の本土復帰」としているが、ノーベル委員会の公式サイトの受賞理由では沖縄の本土復帰には触れておらず「賞公式と相違」と報じている。(略)■後に委員会は、佐藤は「ベトナム戦争で米政策を全面的に支持」「日本は米軍の補給基地として重要な役割を果たした」「日本の非核政策(非核三原則)をナンセンスだと言っていた」などの事実から「佐藤氏を選んだことはノーベル賞委員会が犯した最大の誤り」と自己批判している(『ノーベル賞 平和への100年』)。■自由社版を妥当とした検定員は歴史的事実を知らなかったのか、知っていたが文科省への忖度があったのか?

大濱 聡■「3月22日」というと、個人的には職業柄、1925(大正14)年の3.22に東京放送局(日本放送協会の前身)がラジオ放送を始めた「放送記念日」ということをまず連想するのだが、沖縄守備軍だった「第32軍」の創設も3.22だったことはあまり意識していなかった(創設と配備が1944年というのは当然の知識だが)。■今日から地元二紙が第32軍関連の連載を始めた。

nullnullnull
3月21日 那覇市民ギャラリー「第27回 高良憲義個展」

 tenki.jp 関東で最大震度5弱を観測 今日21日午前9時8分頃、栃木県、埼玉県で最大震度5弱を観測する地震が発生しました。震源地は茨城県南部(北緯36.1度、東経139.9度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.3と推定されます。/ヤフーニュース 気象庁は、地震発生から1週間程度、最大震度5弱程度の地震に注意し、特に、今後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあるため、大きな揺れへの備えを進めてほしいと呼びかけています。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

[ワシントン 17日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は17日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃で死亡した子どもの数が1万3000人を超えたほか、多くの子どもが深刻な栄養失調状態で「泣く力もない」状況にあると報告した。

nullnull
高良勉さんが不二出版から『山城翠香 短命のジャーナリスト』を出していたので、翠香の同僚、伊波月城を思い出した。◇2023年3月 伊波月城研究会『伊波月城集<近代沖縄>言論人の航跡』沖縄タイムス社

nullnullnull
2024年3月 高良勉『山城翠香 短命のジャーナリスト』不二出版

 null

null null
3月10日 ジュンク堂那覇「三上 智恵『戦雲』集英社新書」発売イベント/司会・三上 智恵 ゲスト・新報の島洋子、タイムスの福元大輔

null null
3月9日 〇那覇市ぶんかテンブス館「沖縄県主催/沖縄・兵庫友愛提携締結50周年記念交流シンポジウム」基調講演・久利計一/コーディネーター渡辺美紀/パネリスト◇久利計一、嘉数昇明、花城良廣〇エイサー&創作フラ〇左から翁長良明さん、久利計一氏、嘉数昇明氏

※この機能の使用ペースが早過ぎるため、機能の使用が一時的にブロックされました。3-6Facebook

null nullnull
3月4日 古美術なるみ堂で店主の翁長良明さん、インパクト出版会の川満昭広さん/2024年1月 山城智史『琉球をめぐる十九世紀国際関係史 ペリー来航・米琉コンパクト、分島改約交渉』インパクト出版会☆『琉球をめぐる十九世紀国際関係史』
 ― ペリー来航・米琉コンパクト、琉球処分・分島改約交渉 ―
著者:山城智史(名桜大学国際学部上級准教授)歴史学 本書は1850年代から1880年代に、日本・清朝・アメリカの三ヶ国が外交の場で琉球をどのように捉え、実際にどのように扱ったのか。「琉米修好条約」は、米国の史料ではTreatyではなく、「Compact between the United States of America and the Royal Government of Lew Chew」でCompactとなっている。ペリ—はなぜcompactとして本国に報告書を提出し、議会及び大統領もcompactとして承認したのか。「日米和親条約」とは明らかにその意義と性質が異なるものとなっている。
また、琉球処分に対する清朝の反応は清朝の史料にはどのように記録されているのか。琉球併合と分島改約交渉の全貌を日本・清朝・米国・英国の外交史料から読み解き、清朝が同時期に抱えていたイリ地域のロシア政府との外交交渉との関係性を検証して、深淵な歴史を歩んでいた琉球の世界史的な存在意義を明らかにした。
 本書の第一章と第二章では、ペリーが琉球と締結したcompactについて締結までの背景を描き、一八七〇年代の日米外交における「琉球の扱い」について解明。第三章では、改約分島交渉における米国と英国の影響について分析。第四章と第五章では、改約分島交渉の妥結から遷延までの一連の流れを構築し、李鴻章の「琉球存続」政策を分析。第六章では外務卿・井上馨がイリ交渉の情勢を利用したのかを史料に基づき解明している。

null

null
山城 明いいねうるま市3-2 イックマの浜

null
大濱 聡 2-28 ■沖縄で去年1年間の米軍関係者の検挙、直近10年で最多――飲酒運転、ひき逃げ、赤信号無視などの交通違反、暴行、強制性交、窃盗、万引き、住居侵入、車両損壊、建造物損壊、公務執行妨害etc。どうりで「米兵犯罪」項目のスクラップが多かった訳だ。■基地あるが故の米兵・米軍関係者の犯罪の多さか。

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp


 2-21 ジュンク堂古書展で崎山すなお喜如嘉「山ブックス」店長/古美術なるみ堂・平和通り/むつみ橋通り

https://dl.ndl.go.jp/ja/
国立国会図書館のデジタルコレクション

null null null
2月10日 今日は旧正、合間を縫ってジュンク堂書店古書展で金崎正憲金ちゃん店長/那覇市歴史博物館「仲嶺絵里奈ギャラリートーク『近代沖縄写真史ー????宮城の写真表現』」
null nullnull
ジュンク堂「『ディ-プ・オキナワ』発売記念トークイベント 渡辺考×照屋林賢」/照屋林賢さん、渡辺考氏/森本 浩平 ジュンク堂書店長、渡辺考氏

null null
斎藤 陽子(Walnut, California) 新年快楽 日本では今日2月10日は旧正月(春節)アメリカでは時差の関係で旧正月は明日ですが、中国系の人々には春節の大晦日です。沖縄の田舎では今でも処によっては、旧正月が行われるところも有るようです。一昨日までは大雨続きの南カリフォルニアが嘘のように、昨日から晴天になりました。/2024年 2月8日 カリフォルニア州ロスアンゼルス市 全望長い雨上がりの彼方の山々の積雪全景です。

null null
2月4日 第7回ジュンク堂新春古書展「古書店主の皆さんによる関連イベント/古本屋の古本自慢」☆左から武石和実さん(榕樹書林)、天久斉さん(BOOKSじのん)、櫻井伸浩さん(ちはや書房)

null
大濱 聡 1-29■本日、国会は自民党派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を受けて、衆参予算委で集中審議が行われた。■「不正しても訂正すれば処分されない?とんでもない話」――国民からは怒り、怨嗟の声が。もしも一般人の場合――“裏金”5000万円が個人収入だったら、5年合計で約2377万1600円の“追徴課税”が。収入をわざと隠していたら、4000万円超になることも(1.16フジ「めざまし8」)「政治資金」が非課税という「特権」の悪用!ここは「パーティー収入に課税を」(毎日新聞)「国税庁に動いてもらって追徴課税してもらわないと国民は納得しない」(橋本発言)に納得。

斎藤 陽子 (Walnut, California)1-28 南カリフォルニアは日中12℃ 夜間は4℃と冷えこみます。寒空に昨夜の満月は美しすぎましたが、日本でも今年最初の満月をご覧になりましたでしょうか。相変わらず寒い日が続いておりますが、今年も鉢植えの「河津桜」が2年続きの満開を迎えています。わが家の河津桜ははるばる異国に来て咲くからか、新芽の葉も花とが同時に出ると言う昨年と同じ珍現象ですが、夫婦二人でのカリフォルニアの花見には充分満足な桜です。
 10年前に投稿しました「ギャンブル論」ですが、大阪府などでは今なおカジノ構想があるようですので、カジノに関しての投稿を再度投稿します。写真下方はラスベガスのイタリアをテーマにした、ホテル・ベネチアンのギャンブル場入口。日本でカジノ構想が提案されて久しいようですが、ここラスベガスに来るたびに、日本のカジノ構想は果たして名案かと考えてしまうのです。そもそも、なぜこの地帯にカジノができたかというと、ラスベガスという地帯はもともと暑さだけしかない,他に何も取り柄のない砂漠地帯を、カジノという付加価値をつけて、世界各地からの集客を得て、カジノという生る道を得た地域です。私が初めてこの地を見たのは40年前ですが、今日のラスベガスと比べて、まだまだダサイ印象のギャブル場でした。
  今日のえり優れたエンターテーメント産業として確立するまでには、70年以上の時間をかけて、今日のような場所を完成させたわけで、これまでに至るにはエンタテーメントの方法、ホテルマネージメントの合理的かつ満足に過ごしてもらう方法、24時間カジノ営業における安全と治安の方法、これらの場所への食材やその他の物流方法、サービス業の人材育成、ホテルマネジメントのノウハウ、ギャンブル場のノウハウ、膨大な高熱供給の方法、これまでの減価償却費など考えただけでも壮大な、『エンターテイメント学』で、総合商業経営学と言っても過言ではありません。
 これらは、この地が出発した日々から重ねあげてきた時間と産業の知恵であり、そう簡単に日本でカジノ構想を展開して作られるものでなく、この産業がいかに奥深く険しいものかを知らない、無知な人々の構想としか思えてなりません。ラスベガスは華やかそうに見えますが、赤字経営のカジノが大半で、成功しているカジノは、わずかひと握りと言われています。マカオも韓国も厳しい経営を強いられていると言われています。果たして日本でカジノを開いて、黒字になる確約がどこにあるのでしょうか。ラスベガスは砂漠しかない所で、カジノにすがるしか生きるすべのない所ですが、日本にはラスベガスもうらやむ、自然豊かな素晴らし海や山里、独特のそれぞれの文化があります。カジノなど人口的な化工物を売りにするのではなく、その土地の観光産業で、勝負していただきたいと思います。


null nullnull
1月26日 ジュンク堂古書展で神戸カベナンター書店の山口茂さん、中村信義ライフセンタービブロス堂店長/なるみ堂で翁長良明さん、金城法恵さん、屋宜宣哉さん

null
仲松 健雄『沖縄観光感謝の集い2024 in 東京』が、1月25日渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルで行われた✨感謝の集いに先立って、「美ら島沖縄大使」再認証式があり玉城デニー知事から任命証が手交された。

null null null
nullnull null
1月25日 ジュンク堂古書展、ハタナカ・サユキ砂辺書架店長/県庁前駅から国場ビル/娘の後輩たち首里高等学校染織デザイン科「第64回そめおり展」/那覇市民ギャラリー「第3回 伊志嶺和子展 卒寿展 老木に魅せられて」

1月24日 flatoutjediジェダイ@flatoutjedi1965
こいつはアホか、道路も寸断されてるのに。旅行支援よりインフラ整備が先やろ。
【速報】岸田総理 北陸4県を対象に旅行代金を割り引く「北陸応援割」を実施すると明言(TBS NEWS DIG Powered by JNN)#Yahooニュース

null
1-24 玉城 久美子さんは東武ホテル 東京都江東区 · 東京沖縄県人会の新年会。
芸能の島・沖縄の粋を集めた、贅沢で心温まる会でした。無事に司会の大役を終えてホッとしています。


 1月13日14度、風はあるし霧雨で寒いが孫の用事で外出する。/潮渡橋/ジュンク堂古書展で、ちはや書房さん/Facebookで見て買ったつもりで居たが考えたら買ってなかった(さすが後期高齢者、棚を探すのも一苦労)ので買う。三上智恵『戦雲 要塞化する沖縄、島々の記録』集英社新書/〇1月22日 ジュンク堂古書展で、本と商い ある日、高橋和也さん

1月23日 異邦人@Narodovlastiye
「改竄」は「書き換え」や「カジノ」は「IR」に「敵基地攻撃能力」は「反撃能力」などと、戦時中よろしく言い換えで自国民を騙し続けている自民党。今度は「派閥」を「政策集団」などと誤魔化す始末。ポーズの「派閥」解消すらウソで塗り固める自民党。また繰り返すだけ。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
☆コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null
null
null
null
1-14 近鉄布施駅

nullnullnullnull
1-15 ジュンク堂で屋良朝信さん、じのん天久斉店長/平和通り・なるみ堂で屋良朝信さん、モロッコから来たSarahさん/翁長良明さん、屋良朝信さん/平和通り/入口


1-13 なるみ堂で、翁長良明さん、久米島の仲宗根弘之さん/平和通り/国際通り

 くろねこの短語2024年1月10日 一度決めたら、どんなに状況が変化しようと立ち止まることをしない。泥沼の戦争に突入したのもそのせいだし、近いところではコロナの猛威を無視して開催した東京オリンピックもそうだ。でもって、大阪万博だ。費用の問題や建設の遅れなど、問題が山積しているところへ能登半島地震が襲ったというのに、官房長官のハニトラ林君は「万博は世界に向けて日本の魅力を発信する絶好の機会で日本の成長や活性化につなげていく意義」があるから予定通り開催だとさ。
 経団連会長も同じようなこと言っていて、「(万博開催と震災復興が)二項対立のように考えるのかわからない」「万博も復興も両方やる」って吠えまくったそうだ。これって、イソジン吉村君の同じようなこと言っているし、維新代表の福祉法人乗っ取り疑惑・馬場君なんか「万博は北陸の被災者への希望になる」てなことを抜かしている。
 思えば、都知事だったレイシスト石原君がオリンピック招致の旗印にしたのが「復興五輪」だった。その伝でいけば、福祉法人乗っ取り疑惑・馬場君の「万博は北陸の被災者への希望になる」発言は、「復興万博」への布石ってことか。それにしても、能登半島地震の被害はどこまで拡大するかいまだ判然としないって時に、よくもまあ「大阪万博は予定通り開催」なんて能天気なことが言えるものだ。ひょっとしたら、性加害疑惑で芸能活動中止した松本人志が大阪万博のアンバサダーだったことも、少しは関係しているのかもね。
 ほっといたら万博への批判はさらに高まる可能性があるから、ここらでちょいと引き締めておこうってことなんじゃないのか。ここまでケチのついた大阪万博をそれでも開催したいってことは、万博後のカジノ建設が視野に入っているからに違いないと改めて確認する水曜の朝である。


大濱 聡 1-9 ■今月6日、米映画監督のオリバー・ストーン氏や、ノーベル平和賞受賞者マイレッド・マグワイア氏(北アイルランドの平和活動家)ら海外の識者400人以上が辺野古移設に反対し中止を求める声明を連名で発表した。■防衛省は、今週12日にも軟弱地盤がある大浦湾側の工事に着手する方向で準備を進めているとのこと。しかし、経費が地盤の改良工事のため当初見積もりの2.7倍の約9300億円に増え、移設可能になるまでには12年もかかるという(1.9 NHK沖縄ニュースから)。その時、現在の関係者の誰が残っているのだろうか。■それまで経費はもっと増え続けるだろう。期間も12年をさらに超えるかもしれない。辺野古が完成しても場合によっては普天間は返還されない可能性もある、と米高官は宣う。壮大なムダ遣い、徒労に終わるのか。

null null null
1-7 おもろまち/県庁前

nullnullnullnull
 1-5 美栄橋駅/平和通り/古美術なるみ堂
nullnullnullnull
古美術なるみ堂、翁長良明さん、厚子さん

 TBS1-8 上川外務大臣がウクライナ訪問し約53億円の拠出を発表 対無人航空機検知システムを供与

 くろねこの短語2024年1月5日 ヘタレ総理ってのは何から何まで後手後手で、それでも打つ手が的確ならまだしもすべてが悪手なんだよね。能登半島地震への対応もその伝で、なんとまあ、物資支援ための予備費使用を9日に閣議決定するんだとさ。9日って、連休明けだよ。それまで何してるんだろうね。テレビに出て笑ってる場合じゃないだろう。しかも、物資支援のための予備費は40億円ときたもんだ。万博の機運醸成とやらに35億円、日除けの木製リングに350億円もかけてるってのに、なんてこったいなのだ。
 どうでもいいことはあっという間に閣議決定するくせに、一刻の猶予もならない災害対策が週明けってのは、結局のところ「国民の生命と財産を守る」という政治家としてのイロハのイがまったくわかってないってことなのだ。大阪万博のためのインフラ整備に13兆円もかけるなら、いますぐ能登半島にその半分でいいから投入してみやがれ。

「朝日新聞」1-5 三島由紀夫さんやジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻、山口百恵さんら、60年以上にわたって時代を象徴する人物やものごとを撮影し、「激写」シリーズなどで知られる写真家・篠山紀信(しのやま・きしん、本名・紀信=みちのぶ)さんが4日、亡くなった。83歳だった。妻は元歌手の南沙織さん、次男はタレントの篠山輝信(あきのぶ)さん。/1968年11月『血と薔薇』創刊号□写真ー篠山紀信・奈良原一高・細江英公・深瀬昌久・早崎治・立木義浩/1977年7月 『眞』№7 発行人・比嘉康助□フォト眞掲示板
「第29回沖展ー3-29~4-3首里高校」「立木義浩写真展ー4-7~4-11 デパートリウボウ」「第76回 九州写真師大会」「3-25 篠山紀信 潮の琉球料理取材で来沖ー3-26安木屋ホールで講演」

 くろねこの短語2024年1月4日 能登半島地震の被災地から倒壊した建物からの救出以来が頻繁に流れてきているってのに、ヘタレ政権は台湾からの救助隊派遣の申し入れを拒否したんだとさ。「災害の範囲が広がっておらず、支援のニーズがないことを確認した」という日本政府からの返答があったというんだが、どうやら中国への政治的配慮があったとかなかったとかネット雀がチュンチュク囀っている。
 そもそも、地震に襲われてまだ2日した経っていない時点で「支援のニーズがない」なんてことがあるわけがない。「支援のニーズだらけ」ってのが現実だ。停電の中、寒さに震え、水も食料も不足している状況を、ヘタレ政権は「自助で乗り越えろ」とでも思ってるんじゃないのか。自衛隊の派遣も、熊本地震に比べて人員が大幅に減少している。こんなんじゃ、志賀原発に何かあっても、対応しきれないんじゃないのかねえ。
 それにしても、自然災害のたびに痛感するんだが、この国の避難所ってなんでいつも体育館なんだ。貧弱な居住空間で、身も心も疲弊しちゃいますよ。いまからでも遅くないから、大阪万博中止して、その予算を被災者へのケアのために投入すべきだろう。

 RKB1-3 岩本記者「北九州市の商店街です。商店が立ち並ぶこの一帯で、激しい炎と煙が上がっています」煙と共に、激しく燃え上がる炎。隣の建物からは、消防の職員が消火活動にあたっています。3日午後3時過ぎ、北九州市小倉北区魚町にある「鳥町食道街」の飲食店から、火が出ました。(爆発音)現場はJR小倉駅前の近く。
「中日スポーツ」1-3 大阪府の吉村知事は「能登半島地震でお亡くなりなられた方々のご冥福を、被災地支援の職務に従事する中、亡くなられた海上保安庁職員のご冥福を、心からお祈り申し上げます。現在も懸命の救助救命活動が行われています。余震が続く中、救助関係者の安全にも配慮しつつ、一人でも多くの命が救われるよう切に願います」のコメントを発信した。
 コメント欄は「被災された方は大変かと思いますが、大阪は大阪のできることを尽くせばいいと思います」との声もあったが、その一方で「万博中止の言い訳にしても誰も非難しないから、被災地に資材と業者を回す決断をして下さい」「予算が何倍にも膨れ上がるずさんな万博などより、被災者支援を最優先しましょう」「中抜きリングよりも被災者救済を!」「被災地に早く援助物資を届けて下さい。今こそ『空飛ぶ車』が必要です」「大阪府民として何度も言います。能登復興の妨げになる万博は即刻中止すべきです」「くれぐれも復興万博なんて言い出しませんように」などの声が飛びかった。

「南日本新聞」1-3 2日、諏訪之瀬島で噴火3回 大きな噴石が400m飛ぶ 噴煙は2000mまで上がる

仲間 1-9 沖縄の米国総領事館に勤めていた先輩が、もう20数年前に語っていたことですがアメリカは沖縄占領した時、日本近海を初め、沖縄近海も含めて海底調査したそうです。もうその頃から既に4つの海底プレートの上に、日本列島は乗っかってることを知っていたのでしょうね。列島周辺の海溝なども調べて、日本は地震の巣の上に乗っかってるような島なんだ。この国は定期的に地震津波の大災害に見舞われる、と言う話をしていました。確かに、その通りですね。国土強靭化には大変な金がかかると思いますが、やっておかなければならないこと。そして、地震予知の精度をもっと上げる科学的知見の向上も欠かせませんね。

 フジ 1-2 新千歳空港発JAL516便 幼児8人含む乗客乗員379人全員脱出 日本航空機が海上保安庁の機体と衝突か 羽田空港滑走路上で炎上

 TBS 1-2 次第に次第に大きな被害が明らかになっている能登半島での大地震。県の災害対策本部員会議にリモートで参加した能登半島の3自治体の首長はいずれも「壊滅的」としていて、物資が不足している惨状が浮かび上がっています。震源地、珠洲市の市長は「市内は壊滅状態。住宅全壊は1000棟ほどあるのでは」としたうえで、「水、食料、ミルク、おむつ、女性用生理用品などあらゆるものが不足している」と惨状を明らかにしています。さらに、「全域で断水、停電が長期間続く」との見込みを示し、特に水、食料の供給の円滑化を県に要望しているということです。
 また、穴水町の町長も「町内は壊滅的な被害で人命に関わる家屋倒壊は9軒」と明らかにしたうえで、「物資がいつ、どう言う形で届くのか情報がほしい」と強調。そして、「別所岳の200人ほどから救助要請あった」としつつ、アクセスできない状況だとしています。また、能登町の町長も「壊滅的。一刻を争う状況で物資の供給をお願いしたい」と地震発生から2日目の夜を前に訴えました。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
☆コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null
東京新聞「時代を読む」田中優子さん。

null
大濱 聡 12-29■12.18付『琉球新報』の記事から――東京商工リサーチが行った全国4747企業へのアンケートで、都道府県別の忘・新年会の実施予定にかなりの差があったという。全国平均54.5%、最多は沖縄の78.7%、最少は埼玉の41.1%。
「沖縄は集まってお酒を飲む文化がある」(統計調査会社代表氏のコメント)そうな。

 12-28『毎日新聞』米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、斉藤鉄夫国土交通相(島根県/公明党)は28日、防衛省による地盤改良工事のための設計変更申請を沖縄県に代わって承認する代執行を実施した。地方自治法に基づき、国が自治体の事務を代執行したのは初めて。県が反発する中で異例の措置となった。

12月16日 『琉球新報』「沖縄県は2023年の梅毒患者報告数が男性98例、女性39例」

nullnullnull
12月25日 なるみ堂に遊びに行く。/左から石澤司さん、翁長良明さん、與那嶺昭さん/石澤さんの「尚昌侯絵葉書」/新報の翁長さん記事/ジュンク堂書店

2023年8月 25日 くろねこの短語 民民のタマキンがひょっとこ麻生のお膝元で、連合の反共会長にお追従するような発言してます。「立憲共産党のような状況になっているのは我々も連合も心配している」だとさ。言ってろ、クズ・・・ってなもんです。そもそも、第3自民党を公言して憚らない無節操な政治屋こそ、消えてなくなるべきなんだね。
 他党のことを云云かんぬんdisる暇があったら、、まずは自分の頭の蠅を追いやがれ。それにしても、いまだに「反共」を言い募る連中が白昼堂々と闊歩してるって、いかにこの国の政治が周回遅れに陥っているかわかろうというものだ。

Chizuko Yamada·12月24日 宝島の創業者、蓮見清一氏が80才で亡くなりました。 夫の大学時代、同じ政経学部、革マルのリーダーでした。その後、数年後に、植草甚一の出版社を買い取り、宝島として創業した方です。大宮出身、春日部高校の卒業生。夫が10年前に書いたエッセイが、ネットで上位に上がっています。良かったら、お読み下さい。/蓮見 清一(はすみ せいいち、1942年12月22日 - 2023年12月14日)は、日本の実業家。宝島社創業者。1942年12月14日、関東州(現中華人民共和国)大連市出身。1962年、早稲田大学政治経済学部に入学。1971年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを設立。1974年に、晶文社より権利を取得、月刊誌『宝島』を復刊。1993年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを、株式会社宝島社に名称変更。2010年10月28日テレビ東京放送の『カンブリア宮殿』に出演。2023年12月14日、心不全のため東京都内の自宅で死去。80歳没

 『宝島』(たからじま)は、宝島社から発行されていた看板雑誌。休刊時点では「タブーに斬り込む知的探求マガジン」というキャッチコピーの下、アングラ情報を含む情報誌となっていた。休刊時編集長は富樫生。1973年7月10日に晶文社より『WonderLand(ワンダーランド)』として創刊。1970年代のサブカル文化の一翼を担った。10年ごとにコンセプトを変え、アンダーグラウンド→サブカルチャー→アダルト→ビジネス誌→アングラ情報誌と、これまで全く異なるジャンルを横断し、それまでの読者を切り捨ててでもエポックメイキングな誌面を作り出してきた。→ウィキ

nullnullnullnull
12-22 末吉安允さんと那覇市歴史博物館。山田葉子さん、吉田佐和子さん/那覇市民ギャラリー「歩いてみた国・中国」/沖縄銀行前

null
大濱 聡 2020年12月20日 · ■今朝(12.20)のNHK「おはよう日本〈沖縄「コザ暴動」50年目のメッセージ〉」(6分20秒)。当時、日本テレビの記者として沖縄に勤務していた森口 豁さん、「コザ暴動」取材後も変わらない沖縄の状況に突き動かされ、4年後に東京に転勤後も沖縄に通って取材を続け、今日に至っている。沖縄を題材にしたTVドキュメンタリーでは日本で最も数多く制作し、森口さんを凌駕する者はいない。

 12-17 FNNプライムオンライン防衛省は17日午後10時40分、北朝鮮が弾道ミサイルの可能性があるものを発射したと発表した。政府関係者によると、弾道ミサイルの可能性があるものはすでに落下した。落下地点は日本のEEZ外とみられ、短距離弾道ミサイルの可能性が高いという。


12月15日 夫婦橋/若松橋→「沖縄の風景:若松卸問屋街通り」(1) /前島橋/美栄橋

 「朝日新聞」12-11 吉村知事は11日、報道陣の取材に、西村康稔経済産業相が国会で「国が補塡(ほてん)することはない」と答弁したことを念頭に「万博は国の事業で、国が(不足分を)負担しない中、府市が負担するわけがない」と説明。その上で、運営費の対応については、14日に開かれる日本国際博覧会協会(万博協会)の理事会で協議する意向を示した。横山市長も11日、報道陣に「府市で(赤字を)カバーする認識はありません」と述べた。

 2023年12月8日 くろねこの短語 官房長官の丸出だめ夫・松野君がパー券裏金疑惑について「お答えを差し控える」と頑なに拒否し続けるのには、口が裂けても言えない後ろめたさがあるに違いない…と妄想してたら、朝日新聞がとどめを刺してくれました。なんとまあ、直近の5年間で1000万円のキックバックを受け取っていましたとさ。そりゃあ、「お答えを差し控える」と突っぱねざるを得ないわけだ。
 これが事実なら、官房長官辞任は当然としても、検察の捜査次第では逮捕なんてこともあるかもしれない。そうなったら、ヘタレ内閣はもちろんだが、なによりも安倍派(清和会)にとっては大打撃でしょうね。安倍派解体が視野に入ってきたってことだ。
 女体盛り・西村君も、バンティ高木君も、枕を高くして眠れない日が続いていくことでしょう。期せずして、ワクワクする年の瀬になりそうだ。

nullnullnull
12-7あっぷるタウン/泊小学校/中之橋
nullnullnullnull
12-7黄金森公園/ヤマダ電機/沖縄県立博物館・美術館

nullnullnull
12-6雨 国際通り/平和通り/美栄橋駅
nullnullnullnull
2023年12月1日 なは一と「あの日の久茂地●前島~写真と映像で思い出をふりかえる~」/我が母校・前島校小学校(現・那覇小学校)

nullnullnullnull
11月28日から12月3日 那覇市民ギャラリー「桑江良健絵画展」/山城みどりさん、桑江純子さん/桑江良健さん、仲本賢沖縄県立芸術大学教授、桑江純子さん

nullnullnull
nullnull
1985年8月那覇 『ブルータス』「東京脱出!ー東京をこよなく愛する我々だが、汚染、住宅難、通勤地獄には我慢ができない。那覇(真久田正・真喜志好一、玉寄貞一郎・公設市場)/福岡/松山/金沢/広島/名古屋/札幌/」

» Read More