Archives

You are currently viewing archive for November 2012
Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
天神橋筋商店街(てんじんばしすじしょうてんがい)は、大阪市北区にあるアーケード商店街。 南北2.6キロメートル、600店の日本一長い商店街である。天六(天神橋筋六丁目)の阪急の元ターミナルビルが2010年に解体され、その跡地にマンション「ジオタワー天六」が2013年に竣工するという。□→ブログ「十三のいま昔を歩こうーさよなら天六阪急ビル」

null
大阪環状線都島駅手前の風景


1975年ー粟国小学校から大阪の粟国出身者の子弟が学んだ大阪市立豊崎本庄小学校にソテツ植樹




大阪の天六と言えば今でも粟国島出身者が多い。1988年3月4日の『沖縄タイムス』「ヤマトに生きるー関西沖縄人国記(34)『大阪粟国村人会』」□建設業が多い/小さな島の大きな村人会がある。大阪市大淀区の『大阪粟国村人会』ー。粟国島から上阪した人たちの90%が大阪市大淀区に住んでいるという。会長の新垣重雄(62)はこう語る。『自分たちの住んでいる本庄や長柄に大正の初めごろ、最初に上原仁王が上阪したと聞いている』。大淀の「本庄」は大阪駅・梅田にも近い。交通の便利さがある。島チャビを背負った人たちが大阪へ。粟国島出身者は那覇では調理師が多いが、大阪では目立たなかった。島の人たちは、知人を頼りに、また、呼び寄せの方法で紡績、染工場のあった本庄(ほんじょう)地域に集まったようである。現在は土木工事者が多数いる。会長の新垣も新垣組の代表者である。新垣は昭和17年、徴用で佐世保、博多などに行っている。昭和20年、召集で軍隊へ。終戦は戸畑市で迎えた。兄を頼り、九州から大阪に向っている。

活発な組織運営/粟国出身者らは戦後、組織づくりに情熱を燃やしながら、親睦団体をつくっては自然消滅を繰り返してきたという。年配者の苦悩がうかがえる。粟国小学校の60周年を記念し、青年たちが協力、母校にピアノ、書籍、テレビなどを贈っている。この募金活動をきっかけに組織化がすすみ、在阪粟国青年会が結成された(昭和37年)。初代会長に上原芳一(建設業代表者)、副会長・新垣重雄らを選んでいる。同会は数年後に「大阪粟国村人会」へと発展している。初代会長は仲間正直(故人)だった。大阪と粟国村人との結束も強い。総会、敬老会には新城実村長、末吉信輝議会議長らが出席する。粟国村出身の新城彪(38)は昨年大淀区から立候補し、三百六十四票差で次点に泣いた。新城(民社)は村人会の力が強すぎると地元の人から”よそ者に投票するよりは”といわれるのがこたえると語った。4月から大淀区の一部が北区に変更される。新城の父永秀は浦添市に住んでいる。

姉妹校の縁結び/同会副会長の新里利雄(新里組社長)、テニアンからの引き揚げ者。泡瀬に上陸、糸満のサンテン森の下でテント小屋生活をした。敗戦になると「中国、朝鮮の人がいばりましたわ」沖縄の人は最後に送還されたという。1955年、上阪。事業は数回も失敗したが、今は大成功。親の墓は大阪に造るという。同会に青年部ができた。民謡研究所の糸洲広志が部長。勝子夫人は琉舞の師匠である。糸洲は大正区から名護へ帰郷した富村一文に師事。民謡の大御所。普久原朝喜にも師事した。反物を買いに大阪へ行き、定住するようになった。婦人部は新里芳子(58)らがきり回す。積み立てで温泉旅行を楽しんでいる。

豊崎本庄小学校には粟国村の子弟が約15%、毎年入学するという。同校内には粟国島から運んだソテツがある。先人たちならソテツ地獄を思い出すだろう。同校の教頭、PTA会長が粟国村を訪れたことがある。また同校の百周年(1975年)を記念し、粟国小中学校は姉妹校を結んでいる。「二世たちは琉球だろう」といわれ、友達には「九州や」といい、隠して遊んでいたともいわれる。村人会は約二百世帯。未組織世帯を入れると六百世帯になりそうだという。過疎化の進む島を在阪の村関係者は心配する。粟国空港はどうなっているか。島への関心はつきないようである。大阪の県人会連合会の下部組織「大淀沖縄県人会」は粟国出身の友利仁三郎、大城栄三郎、伊佐栄元らが会長を務め活躍してきた。


Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
大阪鐵工所(Osaka Iron Works)→日立造船
沿革
創業者E.H.ハンター 明治・大正 [編集]1881年(明治14年)4月1日 - イギリス人実業家・E.H.ハンターにより、大阪鐵工所(Osaka Iron Works)として創業。
1900年(明治33年)4月 - 桜島工場が操業開始。
1907年(明治40年) - 日本初の洋式捕鯨船「第二捕鯨丸」を建造。
1908年(明治41年) - 日本初のタンカー「虎丸」を建造。(スタンダード石油向け)
1911年(明治44年)9月 - 因島船渠株式会社を買収し、因島工場とする。
1914年(大正3年)3月 - 株式会社大阪鐵工所に改組。代表者は、E.H.ハンターの子である範多竜太郎。(→ウィキペディア)

明治14年7月 『朝日新聞』広告「沖縄県泡盛酒」
明治15年5月 『朝日新聞』広告「琉球カスリー西平筑登之」
明治17年2月6日 大阪中之島自由亭で尚典新婚帰郷の饗応に岩村通俊、西村捨三ら参加。
明治17年3月 大阪西区立売堀に鹿児島沖縄産糖売捌所設立。
明治17年5月 大阪商船会社、大阪北区冨島町に開業。


知花朝章氏談ー明治19年の事であった。尚家東京御邸では、本県商業及産業の不振を遺憾に思はれて、此際是非商業及産業の発展期せらんものとて本県に汽船会社の設立を計画された。そして大阪鉄工所主人の範多氏と契約の上金75,000で新造汽船一隻を英国に注文された。会社は株式組織にして資本金は75,000その8分は尚家の持株とし、残り2分は一般希望者から募集して愈汽船会社の設立を見るに至った。(→大正6年9月『琉球新報』)

明治20年6月18日『神戸又新日報』「球陽丸、此の程初航海をなしたる同船は1昨日神戸港へ着船」

明治21年4月27日『日出新聞』「琉球人、数名大阪に来りて西区立売堀に南通5丁目に三ヵ所の倉庫を借り入れ琉球物産会社を準備中。」

明治26年6月 寺内某が来沖し那覇の料理屋・東家の協力で沖縄芝居の俳優、囃子方を雇う。7月ー大阪道頓堀角座 8月ー京都祇園座 9月ー名古屋千歳座で興行。 

明治28年4月1日 京都で第四回内国勧業博覧会(~7-31、113万人が入場)沖縄県事務所は上京区新麩屋町仁王門超勝寺内

明治33年4月21日 『琉球新報』社告「職工数名募集」
明治33年4月21日 『琉球新報』社告「職工数名募集ス望ミノモノハ本社事務掛ヘ名刺差出スベシ/但二十二歳以上三十五歳以下ノモノニシテ保証人ヲ要ス/四月二十一日/琉球新報社」
明治33年5月9日 『琉球新報』「大阪鉄工所の職工募集ー本紙にも広告せるか如く長浜真欣及び本社の小那覇朝親の名義を以て大阪鉄工所の職工募集を為せるが右は直接に同鉄工所より依頼を受けたるにあらず広運社長護得久朝惟氏が在阪の折り同鉄工所主より職工募集の依頼を受け更に氏より小那覇長浜の両氏に依託したる次第なりと云ふ募集人員凡そ三十名計の予定にして一旦募集に応じ職工雇契約をなしたる時は大阪迄の運賃並に衣食住其の他小遣い銭等は一切鉄工所より支給する筈にて而して雇契約期限経過し一人前の職工となりたる上は其技量に応じて相当の俸給を与えて更に雇を継続するか或いは之を他の鉄工所又は汽船の機関師等へ昇進するの楷梯にて六七年間も鉄工所に雇いれて一人前の職業を覚えたる以上は自分の生活には毫も差支なきのみならず自分の腕次第にて立派な生活を為し得べしとなり殊に西洋各国に於いては鉄工の需要多ければ鉄工の職業を覚えたる後には望み次第にて西洋各国へ行くも自由にして実に鉄工は今日の世界に於いて前途有望の職業なりと謂ふべし偖て一人前の鉄工となれば凡そ幾許の俸給を与ふるやと云ふに其技量に依り各々差あるべしと雖とも若し其職工に於いて中学校卒業以上の学力を有せる者ならば鉄工所に於いては之を雇ふ日給百圓位も貰ひ得べき良職工を養成し得るの見込みなりと云ふ尤も今回の募集は必ずしも教育ある者に限れるにあらざれば身体強壮にして苟も志望の者は奮って之に応ずべし但し応募の手続き及び詳細の事は小那覇長浜の両氏に就き承合すべきなり」
広告「今般大坂鉄工所より職工募集の依託を受候に付年齢十六歳以上二十二歳以下の男子三十名を募集す希望の方は御申込あるべし但契約の方法等は本人若は父兄の御来談を煩す/首里 長浜真欣/新報社内 小那覇朝親」
明治33年7月21日 『琉球新報』「鉄工所職工志願者の出発ー過日来募集中なりし大坂鉄工所の職工志願者は都合三十三名にして長浜真欣氏これを引き連れ昨日出港の球陽丸便より出発せり」

明治34年7月21日 『琉球新報』「労働社会の不名誉ー昨年広運社長抔の尽力にて大阪鉄工所へ入所したる職工等にて入所間もなく逃げ帰り周施人等に対し不穏の挙動をなす者ありたる趣きは当時の紙上にも記載したるが其後何の消息もなかりし故残留者は真面目に各自受持の業務に従事し居るものと思ひの外逃亡したる十九名の外更に此程五名の逃亡者あり鉄工所よりは周施人に対して損害賠償請求の督促を申し来りたる由なるが其金額は総計六百九十五圓二十八銭にして周施人等の迷惑一方ならずと云ふ最初非常の熱心にて希望し長浜真欣氏が引率されて上阪したるものは三十三名なりしが今は二十四名は逃亡し残留して誠実に勤め居るものは僅々九名に過ぎず逃亡者の滞在日数は短きものは十日間長きものは二百三十九日間にて本県の労働者が此等逃亡者の為めに信用を害したること甚しと云ふ/鉄工所残留職工の書簡ー別項所載の通り大阪鉄工所二十四名の職工の不始末は実に言語同断にて本県の労働者が忍耐力なく規律と信用を重んぜざるを広告したるも同様逃亡者の所業は実に憎むべき事なり これに 引換へ 当銘朝弼、山村三良、渡久山朝常、又吉東茂、花城清彰、山口全保、花城清順、島袋慶紀、譜久村朝祥九名の残留者は猶ほ真面目に勤務し此程周施者の許に左の書簡来りたる由 『(前略)早速御礼申上へき筈の処多忙に取紛れ乍不本意御無音に打過ぎ候段御海恕被下度候残留者九名は無事入職誠に難有奉存候此九名は結約書之通り是非五年間相勤め沖縄人之数多逃亡者等の不真面目までも取返し乍不肖第一県下の名誉を挙くる心得を以て日夜勉強致し居候(中略)残る九名早晩とは相異り工所長甲賀様よりも日々懇々御高諭を蒙り望外の喜びに不堪実に誠の子の如く御教示被下候事御通知申上候云々』此書簡の趣きにては逃亡者共は鉄工所の取扱ひが残酷にてそれに堪へず逃亡したるが如き事情抔は一切これなく全く彼等の怠惰なるより僅かの労働に堪へず同県人の面目までも汚したること明白なり」