ニュージーランド地震も治まらないうちに今日も那覇市歴史博物館のテレビ(16時半)で津波警報のテロップが流れていた。続いて東北大地震のニュース。博物館を出ると『沖縄タイムス』『琉球新報』の大地震の号外が配られている。

11日、文化の杜に行くと、金城さんが岡本太郎の件で今日東京に出張しているという(結局用事は出来なかった)。テレビでは東京の大混乱状況を報じた。午後2時20分に石原慎太郎東京都知事が知事選に出馬すると云った30分後に東北・関東大地震が発生している。現実の大問題で歴史的文化的な「琉球学」は暫し休止しないといけなくなった。かわり中古古書店で科学雑誌を買い「地球学」を総括する

12日、『沖縄タイムス』『琉球新報』も全紙面的に「震度7 大津波」「宮城震度7 大津波」を報じていた。那覇市歴史博物館で輝広志氏が渡辺美季さんは元気という。町や村が壊滅したところもある。今日の5時ごろのNHK、民放の記者会見で枝野官房長官が福島第一原発の放射能漏れにかなり割いて事務的に話し、被害状況については少なかった。あろうことか国民・マスコミには文句をつけていた。続いて原子力安全・保安院という者が「あのあのー、えー」とか奥歯に物が挟まった言い方で、放射能漏れを枝野長官とは食い違う会見をしていた。またカン首相がヘリコプターで被災地と福島原発も視察している状況をテレビで流れていた。事は緊急を要する、呑気に党首会談をする暇など無いはずだ。直ちに被災地の現場近くで臨時の総理官邸を設け被災者救援の陣頭指揮に立ちリーダーシップを発揮すると思ったが所詮無理な注文であった。

13日、『沖縄タイムス』は「死者・不明1800人ー宮城1万人安否つかめず」「福島原発炉心溶解ー避難した3人被ばく」、『琉球新報』は「死亡・不明1800人超ー1万人連絡取れず」「福島原発の建屋爆発」と大きな見出し。この沖縄の新聞は東日本の地元紙と間違うほど今日も全紙面的に東日本大震災の記事で埋め尽くされていた。テレビも全局が1日中大震災のニュース。問題はテレビが全局が同時にカン内閣の政府発表を垂れ流していることだ。

14日、昨晩からのテレビを見ると、被災者情報より東電原発のニュースばかりが目立った。思うのはカン内閣の総理以下、枝野官房長官、原子力安全・保安院も東電の代弁ばかりで使い走り役に終始、テレビの評論家も原子力発電肯定者ばかりであった。先日のカン総理の被災地視察には原発事故も態態見ていた。本日は内閣と一体で、いきなり停電だという。避難所の被災者は「隣町のパチンコやのネオンはこうこうとしているのに何故わたしたちが停電で不安な目に会わなければならないのか」と発言。この停電の責任は誰が取るのか。例のタカ派石原東京知事も影が薄いがどうしているか。翌日の『沖縄タイムス』『琉球新報』にタカ派石原都知事が「『津波は天罰だ』」と発言したとある。テレビは本日からコマーシャルが流れている。

15日、『沖縄タイムス』は「核燃料が全露出」、『琉球新報』は「核燃料が完全露出」。新報・タイムスによれば、佐藤雄平・福島県知事が「東電・国は責任を持て」と強く要望したという。福島原発のメンテナンス会社社長の名嘉幸輝氏は伊是名村出身で「社員の疲労は限界だ」という。福島第一原発協力会社の社員・安田慶人氏も沖縄出身で地震のときは作業中で辛うじて非難したという。地震・津波から5日目だというのに食料、毛布、飲料水が届かない。届けるための車両のガソリンが無い。無い無いづくしでカン内閣の危機管理の無さここ極まるであった。そのくせ東電原発本社の対策本部は政治主導にしたという。

» Read More