御堂筋の南御堂(真宗大谷派 難波別院)前にはソテツ。御堂筋道路の石碑に刻まれている文字は『此附近芭蕉翁終焉ノ地』とあり、松尾芭蕉の終焉の地と言われている。人生の多くの時間を、旅と、紀行文や俳句の執筆に費やした芭蕉は九州へと向かう旅の途中に立ち寄った大阪で病に伏し、51歳の生涯を閉じたとされている。そして、松尾芭蕉の有名な句「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」が刻まれた石碑は難波別院境内の中にある。松尾芭蕉辞世の句を刻む石碑には芭蕉(バナナ)の木が傍に立っている。本堂で阿弥陀如来佛を前にして瞑想したつもりが気持ちが良く、つい、うたた寝をしてしまった。別院でパンフ「南御堂と芭蕉」をもらった。善導大師「信心の人はすでに浄土に居(こ)す」。「関西日誌2011-9」

 1914年11月 同人誌『五人』末吉麦門冬「芭蕉の恋ー(略)彼等二人の間に男色の関係のあったといふことは今日から見る程不自然なものではない。鎌倉以来我国には衆道といふことが武家間には非常に盛んであった。足利義政公は  常盤山とはにはさかずいはいはつつじ/春の日数をたづねてもとへ  云々と云はれた。南浦文集に昔々物語を引いて曰く  昔は衆道といふ事有て一四五六、七八の男に生まれ付よきは勿論大躰の生付にても念者といふもの持たぬ若衆は一人もなし。云々(以下略)」

 南方熊楠は麦門冬・末吉安恭からも琉球の男色の情報を得ている。ネットで一々紹介するのは憚れるので割愛する。麦門冬は早婚なのでいわゆる淡いプラトニックで終わってしまった。その分、妻に愛を注ぐことになるが、男色については折々書いている。たとえば1911年1月『沖縄毎日新聞』に書いた東京時代の古手帖には「沖縄の組躍に男色をほのめかしたのに執心鐘入と二童敵討」「伊藤銀月の男色観」、14年11月ー同人雑誌『五人』の「芭蕉の恋」などがそうである。

近松門左衛門
井原西鶴(浮世草子)、松尾芭蕉(俳諧)とともに元禄三大文豪として名高い浄瑠璃・歌舞伎作者の近松門左衛門の墓は尼崎の広済寺(→HP)と、地下鉄谷町線「谷町6丁目」下車、谷町筋を南へ 谷町7丁目交差点南へすぐ、ガソリンスタンド手前の狭い道の奥にある。墓は、当初近くの法妙寺境内にあったが、同寺は大東市へ移転し、墓だけは現在地におかれ、押し込まれたようにして残っていた。1980年に整備が図られ、国の指定史跡となった。【広済寺】尼崎市にある日蓮宗の寺(ソテツもある)。957年(天徳1)多田満仲が妙見菩薩を勧請して創建したと伝え、のち荒廃。1714年(正徳四)日昌が堂宇を建立。近松門左衛門の墓がある。俗称、近松寺。(広辞苑第四版)帰途、浄土真宗本願寺派西正寺のソテツを見る。□→「HP・近松のまち・あまがさき」
null

近松門左衛門は1653年(承応2年)の生まれで(出生地については諸説あり)、本名は杉森信盛、幼名は次郎吉といい、越前・吉江藩士杉森市左衛門信義の次男として誕生する、。元禄年間を中心として、貞享~享保と約40年間にわたり劇作家として活躍し、1724年(享保9年)に72歳で没した。

京都に移った近松は公家に仕え、その間、浄瑠璃の語り宇治嘉太夫と出会い、彼のもとで浄瑠璃作家の修行を始めます。天和3年(1683)、嘉太夫に書いた「世継曾我」が世評を得、嘉太夫の門下にあった竹本義太夫とも提携するようになりました。貞享元年(1684)、大坂に竹本座を創設した義太夫を祝って書いた「出世景清」を契機として、現実的、個性的描写による浄瑠璃の新生面を開き深化を遂げました。

元禄期後半の約10年間は、上方の名歌舞伎俳優坂田藤十郎との緊密な提携のもと、歌舞伎制作に主たる情熱を注ぎました。代表作として「傾城仏の原」があります。坂田藤十郎のために20数作の歌舞伎狂言を著している。「曽根崎心中」「心中天網島」「女殺油地獄」などの世話物に代表される作品に描かれる人間の姿は今日に通ずる所も多く、伝統芸能や演劇、映画などの中で再創造され、たくさんの人に感動を与え続けている。

藤十郎が都万太夫座(京都)の座元を引退すると大坂に移住し、義太夫の竹本座専属となって浄瑠璃の創作に専念しました。元禄16年(1703)「曾根崎心中」で大当たりをとって以降、次々と傑作を生み出していきました。「曾根崎心中」については、麦門冬・末吉安恭が組踊談叢で「近松門左衛門が心中の『死ににゆく身をたとふればあだしが原の道の霜一足づつに消えてゆく・・・』まで書いて後をつづけ得ないで困っていると際、来訪した伊勢の俳人涼菟に助言を求めて、『夢の夢こそはかなけれ』とつけて貰った話と似て居る」と書いている。

□岩田涼菟
岩田涼菟(いわたりょうと)1659~1717 本名は岩田正致。通称は又二郎。初号は団友、のち団友斉、元禄十三年頃涼菟と改号した。後、神風館(じんぷうかん)をついでその三世を名乗る。本職は伊勢山の神職。俳諧は芭蕉門下、後世この軽妙な俳風を伊勢派と呼んだ。江戸の其角とは同門の親友。 著書に『皮籠摺』『山中集』『砂つばめ』などがある。享保二年(一七一七年)四月二十八日没。享年五十九歳 (→三重県ゆかりの俳人たち )


新城栄徳「木村兼葭堂」
 2007年11月 美術館開館記念『沖縄文化の軌跡』新城栄徳□麦門冬の果たした役割ー大阪の町人学者・木村兼葭堂は大名とも交流があり、幅広い文人ネットワークを形成していた。兼葭堂は1796年には江戸上りの琉球人を見物、また新井白石の『南島志』や、殷元良の「琉球国図」を写本するなど琉球物を愛蔵した。兼葭堂は文人画家の浦上玉堂、池大雅とも親交があった。黄檗宗僧で煎茶道の祖・売茶翁は、大雅、若中とも親しかった。」

□1802年5月から8月にかけて、馬琴は関西に旅行した。太田南畝の紹介状や、山東京伝の書画(売却して旅費に当てる)を受け取った。馬琴は井原西鶴や近松門左衛門、竹田出雲などの遺跡も尋ねているから、江戸文学興隆の祖に思いを馳せたとしても不思議でない。関西の文人と交流した馬琴は、物語ゆかりの名所をめぐり、私的な旅行記『羇旅漫録』に「大阪にはいま、これといった人物がいない。上田秋成は京に住んでいるし、あえてあげれば木村蒹葭堂(琉球大好き人間)くらいだが、それもことしの春1月25日に亡くなってしまった。(略)岡田玉山の画(美人画や挿絵)を珍重するのは出版屋だけで、通人はこれをけなしている。森狙仙は猿の写生に巧みで、そのほか画家はいくらでもいるが、みな京にはおよばない。」と記している。(□→木村剛久「マイブログ海神日和」 )


木村兼葭堂邸跡に於いてー新城あけみ、さやか、江

null
木村蒹葭堂の墓、下に『琉文手帖』が見える。

きむらけんかどう【木村蒹葭堂】 1736‐1802(元文1‐享和2)
江戸後期の雑学者。名は孔恭,字は世粛。別に巽斎とも号した。通称は坪井屋吉右衛門。大坂の人。酒造業を営むかたわら,学芸を好み,小野蘭山に本草学を,片山北海に漢詩文を,大岡春卜に絵を学ぶなどした。書画骨董や珍品奇物の収集と考証につとめ,博学多識をもって聞こえた。その一端は《蒹葭堂雑録》に示されている。博識と好事の癖を愛して来訪する者がきわめて多かった。晩年24年間の克明な日記を残しており,それによると地元大坂の人ばかりでなく,大田南畝,頼春水など諸方の名士のほとんどが来訪しており,当代の知識人のサロンの主宰者のような蒹葭堂の立場を伝えている。(→コトバンク)