1946年5月,武谷三男,武田清子,都留重人,鶴見和子,鶴見俊輔,丸山真男,南博,宮城音弥,渡辺慧らによって先駆社より刊行された思想雑誌。その趣旨は,思索と実践の分野に論理実験的方法を用いること,英米思想の紹介には批評的態度を維持し,日本社会の分析,批判に使用可能かどうかを考えることにあった。当初は季刊,後に月刊,再び季刊となった。哲学・思想史研究,言語論,コミュニケーション論とともに大衆の思想に着目し,大衆文学,流行歌,映画,芸能など広く大衆文化の研究にもすぐれた先駆的業績を示した。→コトバンク



『思想の科学』
第一次思想の科学(先駆社版) - 1946年5月 - 1951年4月
第二次思想の科学(建民社版) - 1953年1月 - 1954年5月
第三次思想の科学(講談社版) - 1954年5月 - 1956年2月
第四次思想の科学(中央公論社版) - 1959年1月 - 1961年12月
第五次思想の科学(思想の科学社版) - 1962年3月 - 1972年3月
第六次思想の科学(同上) - 1972年4月 - 1981年3月
第七次思想の科学(同上) - 1981年4月 - 1993年2月
第八次思想の科学(同上) - 1993年3月 - 1996年5月(ウィキ)

雑誌/『まんだらけZENBU』 『月刊プレイボーイ』

『月刊プレイボーイ』(げっかんプレイボーイ)は米国の成年誌『PLAYBOY』を日本向けに翻訳・再編集した雑誌。PLAYBOY日本版とも呼ばれる。集英社が1975年7月21日に創刊。2008年11月25日発売の2009年1月号をもって休刊→ウィキ


『まんだらけ』 ⑩ー1995年9月 ⑮1996年12月 『まんだらけZENBU』 №6ー2000年