「くろねこの短語」2018年1月14日 ー森友学園疑獄で、シュレッダー佐川君が「廃棄した」と国会答弁していた文書の一部が開示されることになった。てことは、シュレッダー佐川君が嘘つてたことを認めたようなもんなんだから、当然こやつの処遇も問題にならなくちゃおかしい。こうなったら、大阪地検は近畿理財局に1日も早くガサ入れするこった。通常国会前にそんなことになったら、こりゃあ面白いことになるんだが、ま、ペテン政権の飼い犬に落ちぶれちまった検察にそんなたいそれたことはできるわきゃないか。
 ところで。「国難」を置き去りにして優雅に大名旅行中のペテン総理が、エストニアにまで行って北朝鮮の危機を煽ってるようだ。
「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります。ITやサイバー分野をはじめとする幅広い分野での協力を一層強化していきたい」
 今回訪問している6カ国の中で、エストニアだけが北朝鮮と国交がないんだね。そこを見越しての発言なんだろうが、エストニアにしてみりゃいい迷惑なんじゃないか。そもそも、北朝鮮のミサイルはエストニアをターゲットにしてないし。特に北朝鮮との関係が悪化しているわけでもない国に行って北朝鮮の危機を煽る。こんな愚かな総理大臣を野放しにしていていいのだろうか。
 ああ、それなのに、これを伝えるTBSのニュースは「これまで深い交流のなかった国にも足をのばすことで、北朝鮮包囲網をより一層、広げたい狙いがあります」だとさ。これは明らかに恣意的なミスリードですね。ペテン総理がいたずらに北朝鮮の危機を煽っている間にも、韓国と北朝鮮は話し合いのテーブルにつき、アメリカだってその推移を見守っている。つまり、日本だけが勝手に危機を喚き散らして孤立しつつあるってことだ。「海外にまで行って北朝鮮の危機を煽るんじゃない」って意見するメディアが存在しないこの国に、輝かしい未来なんかがあるわきゃない。

 「くろねこの短語」2018年1月13日 ー森友・加計学園疑獄に関する一連の報道により、朝日新聞が新聞労連ジャーナリズム大賞を受賞した。ところが、新聞・TVはこのニュースをスルーしてるのは何故だろう。森友・加計学園疑獄は朝日新聞の捏造だって喚いている史上最低の議員・足立君みたいなチンピラだっているんだから、ジャーナリズム大賞受賞のニュースはそんな動きに対する痛烈なカウンターバンチでもあるはずなんだね。それを当事者でもあるメディアがほとんど報道しないというのは、それこそ「忖度」が働いているからじゃないのかと疑いの目を向けられても仕方ないだろう。情けない話だけどね。(略)
 おそらく、「なんのための改憲」ということを議論し始めたら、「改憲必要」という声はかなり低くなるはずだ。なぜなら、いまペテン総理一派が目論んでいる改憲は、「自衛隊について」「 緊急事態について「合区解消・地方公共団体について 」「教育充実について」の4項目あるんだが、そのどれもが憲法ではなく法律改定でいかようにでもなるものだからだ。だからこそ、ペテン総理一派は、ひたすら北朝鮮がどうしたこうしたと対外的な危機を煽るだけで、ベーシックな改憲議論を避けてるんだね

 「くろねこの短語」2018年1月12日 ー(前略)顔も頭も貧相な官房長官・菅君によれば「日本の首相が訪問していない国があること自体、不自然」なんだとさ。てことは何かい、「行ったことないから」ってまるで「そうだ京都行こう」のノリってわけかい。
 にしても、2012~16年にかけて48回の外遊にかかった費用が総額87億円というから、これはもうベラボーな税金の散財なんだよね。しかも、経済支援という名目で30兆円という血税を行く先々でばら撒いてるんだから、何をかいわんやなのだ。総理大臣の外遊ってのは、国会でチェックするシステムってないのかねえ。税金使って夫婦揃って海外旅行。こんな「おいしい生活」は、3日やったらそりゃあ止められるわけありません。
 ところで、自民党に近現代史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」ってのがあるんだが、その本部長に不正献金疑惑の下村君が就任したってね。でもって、「満州や極東国際軍事裁判(東京裁判)、連合国軍総司令部(GHQ)の占領政策を巡る意見交換会に入る」そうだ。(略) 「明治150年」をやたら煽っているのも、そうした「歴史修正主義」の流れの中でのことであり、NHKの大河ドラマが『西郷どん』ってのもこれまたそんな流れを忖度したうえでのことなのは間違いない。

 「くろねこの短語」2018年1月11日 ー(前略)日立製作所はイギリでの原発新設プロジェクトを進めている最中ですからね。さらに、そのプロジェクトには日本のメガバンクが1.5兆円の融資を決定。しかも、その融資には国が全額補償するという特典付きときたもんだ。つまり、何かトラブルが起きたら、税金で補填しますよってわけだ。
 そんな企業の会長が経団連の次期会長ですからね。ペテン総理と手を組んで、原発利権で一儲けってことなんだよね。経団連会長が「財界総理」と敬意を持って称された時代は遠くなりにけりなのだ。
 それはともかく、ワンフレーズ純一郎と細川の殿様の原発ゼロ法案は、まさか森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺といった一連のスキャンダル隠し・・・なんてことはないでしょうねえ。

 「くろねこの短語」2018年1月10日 ー(前略)そんなことより、ペテン総理が国会に出たくないってゴネてるらしいね。なんでも、「他の先進国と比べて首相出席が多い」ってのが理由で、「今のままでは首脳外交で出遅れてしまう」なんてぬかす側近もいるとか。しかしなんですな、「他の先進国」云々ってんなら、削減した野党の質問時間も「他の先進国」並みにしてもらいたいものだ。なんてったって、与党の質問時間ゼロって国だってあるんだからさ、都合のいい時だけ海外との比較を持ち出すんじゃねえ。
 国会開会を前にしてこんなこと言い出しているってのは、森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺、さらには山口ノリマキの準強姦疑惑を追求されたくないってのが本音なのは間違いない。立憲民主のエダノンはシュレッダー佐川君の辞任要求を口にして揺さぶりかけてますからね。そんな国会にノコノコ顔出したら火達磨になるのは確実で、へたすると私人の嫁の証人喚問だって避けられない事態になることだって十分に考えられる。
 

『しんぶん赤旗』9日「米軍ヘリまた不時着」/『しんぶん赤旗』10日「海兵隊機事故続発の異常事態」

 「くろねこの短語」2018年1月9日 ーバノンの暴露本で「頭おかしいんじゃないの」って核心を突かれたからなんだろうね。トランプが側近の茶坊主に「あんたはエライ」って言わせたと思ったら、どうやらそれだけでは足りなかったようで、自ら「私は賢いというより天才だ。精神的に健全な天才と言うべきだろう」って自画自賛したそうだ。こういう恥ずかしいことを何の衒いもなくできゃうところが、この男のまぬけなところなんだね。ま、アベノミクスなんて自画自賛している男も似たようなもんか。
 まぬけと言えば、防衛大臣のパソナ小野寺君だ。伊計島に続いて、またしても米軍ヘリが沖縄の読谷村に不時着したのを受けて、なんとこの男は「ちょっと多すぎる」だとさ。なんとまあ間の抜けたコメントだろうか。多い少ないの問題か、ったく。これじゃあ、日米地位協定でアメリカに強硬姿勢なんかとれるわけがない。ところで、第二の森友学園かと話題の日本航空学園なんだが、国有地払い下げという構図もそうだけど、その教育方針も酷似してるんだね。なんと、教育勅語にご執心のようで、叩けばホコリがわんさかってことになるんじゃないのか。というわけで、乞うご期待なのだ。

 またまた!!『沖縄タイムス』8日ー沖縄県警などに8日午後入った情報によると、読谷村儀間の海岸近くに米軍ヘリコプターが不時着した。普天間飛行場所属のAH1攻撃ヘリとみられる。



 「くろねこの短語」2018年1月8日 ーNHK『日曜討論』で、立憲民主のエダノンが「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」と啖呵切ったってね。その意気や良し。さらに、「憲法と言うのは何なのか、安倍さんは大きな勘違いしている。憲法は国民の皆さんが、国会議員が権力を乱用しないように国民が国家権力を縛るもの。 安倍さんにはこの理解が全くない」とペテン総理の急所を突いたそうで、こうした単刀直入の切り込みをこれからも大いに期待したい。(略)
 ペテン総理の私人の嫁も関わっているんじゃないかとされるマルチ商法のジャパンライフ問題では、不正献金疑惑の下村君なんかの名前もチラホラ聞こえてきますからね。国会が始まれば、当然この問題も追求されることになるだろうから、疑惑がもたれている政治家の名前はとことん実名で追い込むこと。スネにキズ持つ身にすれば、名前が公になることくらい嫌なことはありませんからね。
 ところで、ネトウヨ出身の経済評論家の三橋貴明君がDVで逮捕された。相手が10代の幼妻ってんで2度ビックリ。ペテン総理の経済政策にはけっこう批判的だったけど、去年の暮れに会食して手打ちしたと思ってたんだが、やっぱり邪魔な存在だったか・・・なんて陰謀論も楽しい月曜の朝である。


『しんぶん赤旗』1月7日

 「くろねこの短語」2018年1月7日 ーいやはや、新年早々、米軍ヘリが沖縄の伊計島に不時着だとさ。「警告灯が点灯したため」というのがその理由なんだが、これをNHKは「米軍ヘリ 沖縄 伊計島の砂浜に着陸」で初笑いさせてくれちゃいました。「故障や燃料欠乏等のため、初めに予定しなかった場所に降りること」を不時着というんだから、「警告点灯」を理由にした緊急着陸はまさに不時着そのものなんだね。どうやら、今年のNHKも「アベ様のNHK」はようで・・・。

 『毎日新聞』1月6日ーまた沖縄で米軍機が住民に不安の影を落とした。6日午後に米軍ヘリが砂浜に不時着した沖縄県うるま市の伊計島(いけいじま)。一番近い住宅までは約130メートルに迫っていた。島では1年前にも米軍ヘリが不時着している。

 【琉球新報電子版】1月6日ーうるま市消防本部によると6日午後、うるま市の伊計島の東側海岸の砂浜に米軍ヘリが不時着したとの情報が入った。けが人は確認されていない。同本部は現場の状況を確認中としている。→関連 『朝日新聞』2017/01/20-20日午後7時40分ごろ、沖縄県うるま市の伊計島(いけいじま)の農道にヘリコプターが不時着した、と米軍から防衛省に連絡があった。防衛省によると、米軍普天間飛行場(宜野湾市)に所属する海兵隊の攻撃ヘリAH1。乗員や住民にけが人はいないという。 現場はサトウキビ畑の中を通る舗装された農道。米軍によると機体に損傷はない。防衛省に対し、米軍は「トランスミッション系の故障で、農道に予防着陸した」と説明し、「21日午前7時から修理し、現地から離陸する」と伝えてきているという。


2018年1月 『月刊琉球』№52 伊佐眞一「日米に衝かれた沖縄近現代の弱点」

 「くろねこの短語」2018年1月6日 ー昨夜のペテン総理は、「東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦氏、木村佳乃氏、歌手の泉谷しげる氏らと会食」あらせられたそうだ。ふ~ん、泉谷がねえ。しょせんはこんなもんか。偉くなったもんだ。(略)
 でもって、去年の暮れからの相撲取りの喧嘩騒動は、貴乃花の降格処分で表向きはシャンシャンで手仕舞いだそうだ。相撲協会がどうなろうとそんなことはどうでもいいのだけれど、一連の騒動の中でとちょいと気になることがあるんだね。それは、中島岳志東工大教授やコラムニストの能町みね子が早くから指摘していた「貴乃花の言動に見え隠れする極端なナショナリズム」だ。貴乃花が支援者に送ったメールというのがあって、そこでは相撲協会を『国体を担う団体」と位置付け、「日本を取り戻すことのみ」が「私の大義であり大道」だと述べている。九州場所の千秋楽打ち上げでも「日本国体を担う相撲道の精神」という言葉を使ってスピーチを行っている。
 っていうからけっこう筋金入りか。その背景にはある新興宗教集団の姿がチラホラだそうで、現役時代の洗脳騒動をちょいと思い出しちまう。貴乃花部屋の力士のツイートもどんどん右傾化しているというし、貴乃花の描く「改革」ってのにどんな思想的背景があるのか、ここは十分に警戒した方がいいとドラ猫に言い聞かせる土曜の朝であった。




2018年1月夜8時、首里の末吉安允氏と城谷一草翁を訪ねる。/次郎作
「くろねこの短語」2017年1月4日 ー(前略)福島第一原発事故はいまだ収束に至らず、それどころかメルトスルーした核燃料がどんな状態になっているのかさえ皆目検討がついていない。さらに、日本はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてないんだよね。ああ、それなのに、イギリスの原発新設に政府が税金注ぎ込んでまで資金援助しようというんだから、心あるイギリス国民にすれば迷惑な話だろうに。
 国内で起きた原発事故すら手に負えないってのに、海外で原発新設に精出す現状ってのはどなたかがツイートしてたんだが、それこそ「シャブ中がヨレヨレになりながらシャブ売り歩いている」ようなもんなんだね。世界中が奇異の目で日本を見ていることを、一般大衆労働者諸君はそろそろ自覚した方がいいとつぶやいてみる世間では仕事始めの朝であった。