佐藤惣之助詩碑。1959年五月、惣之助の出身地である川崎市民の厚意によって建立されたものである。当初、首里当之蔵町、旧琉球大学構内(現首里城公園)にあったものを、公園の整備に伴い、当地へ移築したものである。建立に際しては、同じ神奈川県出身の陶芸家浜田庄司の手による陶板が用いられている。碑の文言は「宵夏」。

1974年6月 沖縄の雑誌『青い海』34号「詩碑を訪ねてー佐藤惣之助」

 1921年3月ー鎌倉芳太郎、東京美術学校図画師範科を卒業。奈良古美術見学。唐招提寺で開山鑑真和上が「阿児奈波」に漂着したことを知る。4月、文部省より沖縄県に出向を命ぜられ、沖縄県女子師範学校教諭兼沖縄県立高等女学校教諭に任ぜられる。/東京美術学校同期には米須秀亀(西洋画科)、野津唯尹(日本画科)が居た。翌年には我部政達、嘉数能愛、平田善吉、古謝景明が居た。

佐藤惣之助
null

佐藤惣之助 さとう-そうのすけ
1890-1942 大正-昭和時代前期の詩人。
明治23年12月3日生まれ。佐藤紅緑(こうろく)に俳句をまなぶ。千家元麿(せんげ-もとまろ)らとまじわり,詩作に転じ,第1詩集「正義の兜(かぶと)」などを刊行。大正14年詩誌「詩之家」を創刊。また随筆,釣りの本をかき,歌謡曲「赤城(あかぎ)の子守唄(うた)」「人生劇場」などを作詞した。昭和17年5月15日死去。53歳。神奈川県出身。(→コトバンク)

佐藤惣之助年譜
1922年
3月ー詩誌『嵐』を千家元麿、陶山篤太郎、後藤大治らと創刊。
5月31日ー横浜より大洋丸で出帆、沖縄、台湾への旅にたつ。
6月1日ー神戸上陸、芦屋の富田砕花(不在)宅で百田宗治と会う。
6月3日ー長崎に下船、崇福寺、木蓮寺、丸山見物。
6月5日ー三角、熊本、鹿児島泊。
6月7日ー正吉丸、天候不良で出航延期。
6月8日ー鹿児島出帆。
6月9日ー奄美大島名瀬に上陸、夜、暴風をついて那覇へ向かう。那覇で3週間。その間、慶良間、石垣島へ渡る。帰路は基隆へ渡る。□1959年5月1日ー『琉球新報』山里永吉「沖縄の佐藤さんー古い風物につながる思い出ー佐藤惣之助さんが沖縄入りしたのは大正11年、たしか若夏の候だったと憶えている。当時佐藤さんは詩誌『嵐』を主宰し、詩集も矢つぎばや・・・と云っていいくらい出版されて、名声トミにあがっていたが、沖縄にはこれといった知人がなく、『嵐』の愛読者で、私の親しい友だった伊波普哲君(伊波普猷先生の甥)に連絡をとっての、未知の島訪問だった。


伊波普哲のハガキ
それで、その頃、中学を出るか出ないくらいのニキビ少年だった私と普哲君は、つれだって那覇の港に出迎えに出かけたわけだが、このヤマトの詩人先生には、のっけから度肝をぬかされたことだった。まずそのイデタチ。当時は珍しいヘルメットに半ズボン、それにストッキング・・・という扮装は、まるでアフリカ探検にでも出陣してきたようで、おかしいよりも少年たちの目をびっくりさせる方がつよかった。

そして第二のびっくりは、それから何日かしてきた、その頃県立図書館館長だった伊波普猷先生らの取計らいで、辻町の音羽楼で「佐藤惣之助先生歓迎会」が催されることになった。参席者は山城正忠、渡口政興さんら当時の文学青年が主で7,8人も集まったろうか。とにかくそのときの会では古波鮫漂雁さんが出した名刺に(略)。

先夜、せっかくの辻にのぼりながら、あっさり散会となった後味の物足らなさに、一旦旅館にかえった佐藤さんは再び人力車を駆って辻入城・・・といったいきさつ。しかも『けさ目をさましてみるとだね、色の黒い脛をドタンとぼくの腹にのっけて、グウグウ寝ているんだ。何て愉快じゃないかキミ!』(略)その辻の女性と共に波之上通り裏のゴミゴミしたところに住居をみつけて、沖縄の生活にひたっている風だった。
1922年10月ー『日本詩人』佐藤惣之助「八重山情詞」
□1 楽聖アカイヌコ 琉歌・・・歌の蛇皮線のむかしはじまりやいんこねあがりの神のみさく(作田ふし)

」船子よ、娘らよ今宵こそ/むかしうつくしき若者アカイヌコを/星座の篝火きよけき空や/蒲葵の扇の下風に捕えてよ/蛇皮線かたげ、島々よ流れありき/われらの神ようたい、航海ようたい/王と英雄と娘らとをうたひへし/島の聖歌の月夜たまこがねや捕へてよ/今宵若夏の祭踊りつ皆そろて/むかしからのおもろのふしや唄ひ盛り

(略)

1925年7月ー『詩之家』創刊(詩及詩歌研究誌)
1926年11月 『沖縄教育』□新屋敷幸繁「人生詞花集(その1)」 池宮城美登子「母となれば」 國吉眞哲「久米島日記抄」宮里静湖「校長の印象(2)」 桃原思石「秋の感覚」 糸数三武郎「手紙の一節」 神山康一郎「石工」 夕雁庵「雑詠」 新島政之助「鷹渡る日に」 牛島軍平①「一筋の道」 川俣和②「平原の」



神奈川県川崎市/1925年7月ー『詩之家』創刊(詩及詩文研究誌)
null
沖縄/向かって左から山田有邦、川平朝申、有馬潤①、名渡山愛順、志垣新太郎、仲間武雄(樹緑会1924年夏)
有馬潤(1906年10月18日~1945年5月8日)
1924年ー9月、岩崎卓爾、文芸同人結社セブン社を主宰、同人誌『せぶん』を創刊。本山桂川、民俗採集で来島、卓爾のすすめに応じて与那国島踏査に赴く→1925年『南島情趣』『与那国島図誌』『与那国島誌』刊行。

①1978年4月 前川幸雄 編『ここにも一人門弟子がー折口信夫と牛島軍平ー』/写真左から伊原宇三郎、牛島軍平、萩原雄祐 前中央が柳田國男〇牛島略歴ー1924年10月、沖縄県立第二中学校教諭。折口信夫から伊波普猷、末吉安恭への紹介状をもらう。末吉が『沖縄タイムス』に「郷土研究者牛島軍平来る」と報じたので牛島は「気恥ずかしい思いをする」。


②1973年11月 川俣和『歌集 牧歌』(くぐい叢書28篇)〇今年は折口信夫先生が亡くなられて20年目に当たり、各方面で記念のお祀りや出版が行われました。私もこの貧しい歌集を先生の御前にうやうやしく捧げて、私の日頃の怠慢をおわび申し上げたいと思います。/1965年8月17日『沖縄タイムス』川俣和「沖縄で見た”日本„」
 
1926年12月 『南鵬』第二巻第一号 □山之口貘「莨-ニヒリストへの贈物ー」 國吉灰雨「風景短章」 
1927年2月 慶世村恒任『宮古史伝』南島史蹟保存会

1927年5月 『セブン』國吉灰雨「八重山嶋模型図の一部」
1927年7月 『珊瑚礁』第三号 □山里永吉「表紙」 仲泊良夫「夜のメカニスト」 比嘉時君洞「白雲去来」 スナオ・ヤマキ「二つの事実」
1927年12月 慶世村恒任『註釈曲譜附 宮古民謡集 第一輯』南島史蹟保存会
 
沖縄/ 1933年5月 『詩誌 闘魚』第壹輯 カット・装・ジュン/那覇市上泉町2-51
 闘魚消息ー 山之口貘・東京芝区西久保廣町36田中四郎方/菊池亮・京都市左京区下鴨上川原町11へ移住/國吉眞善・東京市浅草区山谷町4ノ5/伊波南哲・東京市淀橋区淀橋643へ転居/與儀二郎・4月29日出覇。現住 国頭名護町字名護81,8/イケイ雅・島尻郡伊是名校勤務/松山晴児・首里当蔵町2ノ23仲里方。

沖縄/ 1933年7月 『詩誌 闘魚』第貮輯 カット・装・ジュン
 仲泊良夫「抽象の魔術ー(略)言語は残酷な死刑執行人である。私は自分の書きたいと思う事を書いていない。脳髄を全部露出することは醜悪なる猿である。創造を現実的に考えることは私には不可能である。凡ての現実は凡ての箴言に過ぎない。私は箴言を信じないように精神を信じない。抽象を精神的に考える人間は浪漫的な猫に過ぎない。抽象は異常なる砂漠の花に等しい。抽象は夢想ではない。私は私の創造に就ては極端に孤独なタングステン電球である。人間の馬鹿げた文學活動それはインク瓶をさげた犬の活動にすぎない。どうして諸兄は対象に向かって本能的批判をするのか。詩人のスタイルは本能の鎖をたちきった時に開くバラである。・・・」

闘魚消息ー 山之口貘氏・通信は東京市本所区東両国4ノ56吉川政雄気付/與儀二郎氏・6月10日出覇/仲泊良夫氏・島尻郡与那原2080/比嘉時君洞氏・6月初め久米島より出覇/泉國夕照氏・5月下旬退院/山里永吉氏・『戯曲集』新星堂書房より近く刊行さる、目下印刷中/國吉眞善氏・第参輯より闘魚同人加盟/イケイ雅氏・病気療養中。

沖縄/1933年9月 『詩誌 闘魚』第参輯 カット・装・ジュン
仲泊良夫「世界の創造ー或ひは観念への革命ー乾燥した時間に於て生誕する救世主/循環する世界それは革命する世界である/透明な詩人の純粋の夢/海底の少女と海底の美少年の戦争」 
  馬天居士『おらが唄』石敢當社(豊見城高良)ー著者馬天居士氏は、ゴミゴミした都会に住んでいる人ではない。そして世に謂う文藝人ではない。氏はあくまでも土に生きる人であり、野に遊ぶ人である。この”おらが唄〝の一巻を愛誦してみたまえ。俳句あり、川柳あり、短歌あり、そして軍歌あり、更に琵琶歌がある。だがそれらの作品はわれわれに何を考えさせるか。われわれは文藝意識に縛られている自分らのいぢけた存在をふりかえってにるにちがいない。それだけにおらが唄の一巻は、野性的な香りを放ち、自由な奔放さに流れ、また一面には辛辣すぎる皮肉さがある。社会のあらゆる階級的の上に端座したる馬天居士氏の八方睨みの静けさを愛する。

  闘魚消息ー 與儀二郎氏・7月御祖母死去謹んで哀悼を表す/ 外山陽彦氏・島尻郡久米島仲里村役場気付/新屋敷幸繁・8月10日帰省。8月28日上鹿/南青海氏・与那原216/宮里靜湖氏・島尻郡久米島仲里校/川野逸歩氏・島尻郡具志川村役場/伊波南哲氏・東京市淀橋区淀橋643/志良堂埋木氏・朝日新聞社主催の文芸懇談会を風月樓にて7月22日開催す/イケイ雅氏・休暇中は中頭郡与那城村字饒邊3へ滞在/山里永吉氏・『山里永吉集』出づ大衆小説「心中した琉球王」文芸春秋社オール読物号8月号へ所載。

沖縄/ 1933年11月 『詩誌 闘魚』第四輯 カット・装・ジュン
  闘魚消息ー與儀二郎氏・名護町字名護801山入端方へ転居/宮良高夫氏・現在沖縄日報社内/花城具志氏・闘魚社内気付/外山陽彦氏・土木工事多忙の為休稿/有馬潤氏・菓子店「ひなた屋」開業/原神青醉・歌誌「みちしほ」編輯せる氏は同誌一周年紀念号発刊に際し原神青醉歌集を近刊/山里永吉氏・「永吉集」好評。9月上旬 幸楽亭に於いて刊行祝賀会。出席者50名盛況


写真1935年頃辻ー後列右からー山里永吉、仲泊良夫 前列中央が松田枕流(賀哲の弟)

1939年4月ー日劇ダンシングチームによる「琉球レビュー」原作・伊波南哲