2003年8月23日『沖縄タイムス』新城栄徳「うちなー書の森 人の網ー楽しみの一つ、『小学館の雑誌』」

1975年8月『小学館五十年史年表』

1953年1月『琉球新報』「安村書店は東京神田神保町に出張所」
null
1962年3月ー『オキナワグラフ』安村書店(安村善太郎・経営)
○父が定期的に那覇から粟国に送ってくれた小学館の少年雑誌は父・母の従兄弟の安村(安里)書店から買ったもの。

『まんだらけ』 ⑩ー1995年9月 ⑮1996年12月 『まんだらけZENBU』 №6ー2000年

 粟国の仲里正雄先輩のところで季刊『しま』№243を貰った。仲里氏に5冊送られてきたからであった。以前、氏が『日本の島ガイド SHIMADASU シマダス』を那覇の書店で置いてなく、直接日本離島センターに電話して三木剛志という人が出て親切に応対してくれて入手できたようだ。この三木氏が仲里氏と手紙のやり取りで粟国に興味を持ち、それに仲里氏が当然ながら協力したこともあって本誌の粟国取材がなった。グラビア「あわのくにの祈りと叡智」で粟国の祭事ヤガンウユミが紹介され、末尾で「多くの拝所が現存し、ヤガンウユミ以外にも数他の神事がのこされた粟国島。生きるために先人たちが重ねてきた労苦、神々や祖先を畏れ敬う気持ちを叡智として次世代に伝えつつ、独自の自然・文化資産の価値を高め、さまざまな体験プログラムを創出してゆけば、南西諸島に冠たる交流の島となるにちがいない」と結んでいる。

  

1953年12月 全国離島振興協議会広報誌『しま』
離島振興法が成立した年の昭和28年12月に全国離島振興協議会の機関誌として創刊。第72号(同48年2月発行)から(財)日本離島センター財団広報誌として継続刊行。昭和49年8月、私は東京晴海にある(財)日本離島センターを訪ねた。『しま』を購入したが、1号2号はボロボロだったのでいただいた。近くにある晴海桟橋は初めて東京の地を踏んだところである。第1号の編集後記に、誌名についても、大いに悩まされた。日本の島・島と生活・離島振興・島民・島人など、幾つも幾つも名案やら迷案やらがとび出す始末であった。最後に「しま」はどうだろうかといったのは長崎県企画室の松本氏であった。簡明で、しかも強烈な印象を受けるというみんなの賛成で採用されることになった。かつて柳田国男氏などが主宰された「嶋」という雑誌があるので本誌の方は、同じ発音でも平仮名を採用した。柳田氏のお考えの一部でも、本誌によって発展させることができれば、望外のしあわせといえよう、とある。『しま』100号には大城立裕「沖縄離島への思い」が載っている。






1984年11月 木崎甲子郎・目崎茂和『琉球の風水土』築地書館

1988年2月 目崎茂和『南島の地形ー沖縄の風景を読むー』沖縄出版

2007年5月 財団法人日本離島センター『日本の島ガイド SHIMADASU シマダス』

『日本の島ガイド SHIMADASU シマダス』「粟国島」

『日本の島ガイド SHIMADASU シマダス』「中ノ島」/2015年6月 山内道雄 岩本悠 田中輝美『未来を変えた島の学校ー隠岐島前発 ふるさと再興への挑戦』岩波書店
○過疎で廃校寸前の高校が,なぜ全国・海外からも志願者が集まる学校へ生まれ変わることができたのか.「ヒトツナギ」「地域学」「公立塾」「夢ゼミ」「島留学」といった独自の取り組みの原動力は何か.海士町,西ノ島町,知夫村,三つの島の協働が日本の未来を牽引する.教員,行政,地域住民,ヨソモノ等による人づくりの物語
○日本最古の歴史書といわれる『古事記』の国産みによれば、隠岐諸島は本州や九州よりも早く、三番目に生まれた「隠岐三つ子島」として登場しており、縄文時代には既に人々が住み、古代から大陸間海上交通の要衝として開けていた。平安時代以降は遠流の島としても知られ、知夫には文覚上人、海士には後鳥羽上皇①、西ノ島には後醍醐天皇②などが配流された。
承久の乱
承久3年(1221年)5月14日、後鳥羽上皇は、時の執権・北条義時追討の院宣を出し、畿内・近国の兵を召集して承久の乱を起こしたが、幕府の大軍に完敗。わずか2ヶ月あとの7月9日、19万と号する大軍を率いて上京した義時の嫡男・泰時によって、後鳥羽上皇①は隠岐島(隠岐国海士郡の中ノ島、現海士町)に配流された。父の倒幕計画に協力した順徳上皇は佐渡島に流され、関与しなかった土御門上皇も自ら望んで土佐国に遷った。これら三上皇のほかに、院の皇子雅成親王は但馬国へ、頼仁親王は備前国にそれぞれ配流された。さらに、在位わずか3ヶ月足らずの仲恭天皇(当時4歳)も廃され、代わりに高倉院の孫、茂仁王が皇位に就き、その父で皇位を踏んでいない後高倉院が院政をみることになった。→ウィキペディア

○幕府は後醍醐天皇②が京都から逃亡するとただちに廃位し、皇太子量仁親王(光厳天皇)を即位させた。捕虜となった後醍醐は、承久の乱の先例に従って謀反人とされ、翌元弘2年 / 正慶元年(1332年)隠岐島に流された。この時期、後醍醐天皇の皇子護良親王や河内の楠木正成、播磨の赤松則村(円心)ら反幕勢力(悪党)が各地で活動していた。このような情勢の中、後醍醐は元弘3年 / 正慶2年(1333年)、名和長年ら名和一族を頼って隠岐島から脱出し、伯耆船上山(現鳥取県東伯郡琴浦町内)で挙兵する。これを追討するため幕府から派遣された足利高氏(尊氏)が後醍醐方に味方して六波羅探題を攻略。その直後に東国で挙兵した新田義貞は鎌倉を陥落させて北条氏を滅亡させる。→ウィキペディア

財団のあゆみ
  昭和41年 2月 財団法人の設立許可、東京都千代田区永田町に事務局を開設
  昭和43年 6月 『離島振興要覧』(昭和42年版、離島統計年報の前身)刊行
  昭和44年11月 日本離島センタービルの竣工にともない東京都中央区晴海に事務局を移転
  昭和45年 3月 リーダー研修「第14回 全国離島青年会議」を全国離島振興協議会から継承して開催(以後、第30回まで)
  昭和45年 9月 リーダー研修「第1回 全国離島婦人会議」を開催(以後、第12回まで)
  昭和46年 3月 『離島統計年報』(昭和45年版~)の刊行を開始
  昭和48年 2月 広報誌季刊『しま』(72号~)を全国離島振興協議会から継承して刊行開始
  昭和49年 3月 『離島振興20年の歩み』刊行
  昭和52年 8月 「離島振興実務担当者研修会」を東京で開催(以後、55年度まで)
  昭和60年 3月 『離島振興ハンドブック』刊行(以後、離島振興法改正に合わせて改訂)
  平成 2年 1月 「離島市町村等職員研修」を市町村アカデミー(財団法人全国市町村研修財団 市町村職員中央研修所)と共催で開催(~現在)
  平成 3年 4月 東京都千代田区紀尾井町に事務局を移転
  平成 4年11月 リーダー研修「第1期 島づくり人材養成大学」を東京で開催(~現在)
  平成 5年 4月 東京都千代田区永田町に事務局を移転
  平成 5年 6月 日本の島ガイド『SHIMADAS(シマダス)』創刊(以後、不定期刊)
  平成 6年 3月 島の情報発信イベント「アイランダー」を東京で初開催(~現在)
  平成 6年 7月 東京都千代田区平河町に事務局を移転
  平成 7年 「離島人材育成基金助成事業」を開始(~現在)
  平成10年 3月 「健康の島づくり国際シンポジウム」を東京で開催
  平成10年 7月 東京都千代田区永田町「全国町村会館西館」に事務局を移転
  平成16年10月 島の情報発信イベント「しまづくりキャラバン」を福岡で初開催(以後、大阪・横浜などで不定期開催)
  平成22年 「離島の観光・物産等振興宣伝活動助成事業」を開始(~現在)
  平成25年 3月 公益財団法人認定
  平成25年 4月 公益財団法人へ移行