総会屋とブラックジャーナリストの中間に位置し、内容の無い新聞や雑誌を発行して、購読料・広告代の名目で利益を得ようとする者。このため総会に出席しない者も多い。ただ新聞ダイジェストだけの季刊雑誌が多い中、『現代の眼』(木島力也)、『創』(小早川茂)、『流動』(倉林公夫)、『日本読書新聞』(末期、上野国雄)、『新雑誌X』(丸山実)など、月刊誌や業界紙として比較的知名度が高く、一般書店で扱われたものも存在し、『イエローペーパー』と総称された。これらの雑誌では、編集内容と総会屋活動とを別個としていた場合もあり、今日のジャーナリズムや文壇で活躍する人間でも、若い頃はこの手の雑誌で働き糊口をしのいでいた人間も少なくない。(→ウィキペディア)
null
左下に森脇将光のサイン入りの本がある。その側・久保祐三郎『総会屋五十年』評論新聞社,
森脇将光 もりわき-まさみつ
1900-1991 昭和時代の金融業者。
明治33年1月17日生まれ。10日に1割(トイチ)の高利金融で,昭和23年度長者番付1位。田中彰治議員とともに政財界の裏面で暗躍し,「森脇メモ」で29年の造船疑獄事件に火をつけた。40年の吹原産業事件により恐喝未遂,脱税などで懲役5年。平成3年6月2日死去。91歳。島根県出身。慶大中退。(→コトバンク)

ぞうせん-ぎごく ざう― 【造船疑獄】
1953年(昭和28)から翌年にかけて起こった、海運・造船会社と政府・与党との間の贈収賄をめぐる疑獄事件。多数の自由党政治家が取り調べを受けたが、犬養健法相の指揮権発動により幹事長佐藤栄作に対する逮捕要求が阻まれ、事件は核心に触れずに終わった。これにより第五次吉田内閣は崩壊した。(三省堂大辞林)
null
2013年10月20日ーゆいレール牧志駅前広場で11時「はいさい市 古本まつり」。じのん、小雨堂、ウララ、ちはや書房などの古本屋が出店していた。じのんコーナーではベテランノンフィクション作家の佐野眞一、工藤美代子の本が並んでいた。この作家たちのものは何れは文庫本になるので単行本は古本になってから買うに限る。その側に盛力健児『鎮魂』宝島社があったので購入した。この本もやがて文庫に入るであろう。また300円コーナーに仲泊良夫『沖縄の芸術家』があったので購入しJさんに譲った。
null
2013年9月 盛力健児『鎮魂』宝島社
null
2代目山健組名簿(『週刊実話』より)ー上から7番目に平川一茂(盛力健児)の名がある。20番目に極心連合会の橋本会長の名がある。
null
沖縄ヤクザ「上原組」の上部団体「大平組」
null
2代目山健組本部ー神戸。

関西/総会屋機関誌・紙
null


左ー佐々木組事務所/佐々木組系総会屋/右が佐々木道雄組長自宅
佐々木道雄(ささき みちお)は日本のヤクザ。
三代目山口組若中。佐々木組組長。地道組若頭。一和会幹事長。八木沢由雄(國粋会幹事長生井一家十代目総長)と兄弟分。徳之島町井之川は朝潮の出身地だが出生地は兵庫。佐々木とは同郷で、その縁で佐々木には『相撲界の虚像と実像 国技を限りなく愛した男の惜別』という著がある。


朝日新聞 10月5日「最後の総会屋」、身分隠して口座開設の容疑で逮捕
 証券会社に身分を隠して口座を開設したとして、大阪府警は5日、関東を拠点とする総会屋グループ「小峰グループ」主宰の竹之内昌虎(まさとら)容疑者(54)=千葉県松戸市=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。竹之内容疑者は複数の上場企業の株を保有する現役総会屋で、週刊誌などで「最後の総会屋」と紹介されていた。





 ミニコミやチラシは印刷された情報を伝達する。一般に、大量に印刷し配布(まき散らす)されないと、その効果は薄い。が、今はネットで無限に拡散できる。40年前の私らのミニコミは筆記でも、ガリ版でも、絵でも残っておればネットで再現できるようになった。当時、『朝日ジャーナル』1971年3月26日号<特集・ミニコミ71ー奔流する地下水>を見て全国津々浦々にミニコミが権力への「紙つぶて」として登場したのには興奮したものだ。今、マスコミ・テレビは官製談合ならぬ、アベ政権の広報機関と化し、危険(毒ガス、細菌兵器、化学兵器など)な米軍基地(日本が無料で土地を提供し、思いやり予算まで提供)から国民の目を逸らし、盛んに中国や北朝鮮への危機だけを煽っている。これらの現実は裏返せば、「アメリカの核の傘」と云いながら何ら抑止(ゆくし)力にもなってない。70年代の『毛主席語録』の一節を思い出す、「帝国主義とすべての反動派はハリコの虎である」と。今のアベ政治にはこれがよく似合う。

日本中國友好協会(正統)沖縄県本部の大城さんから頂いた。
1966年ー全世界人民の精神的原子爆弾『毛主席語録』
□帝国主義と結託したすべての軍閥、官僚、買弁階級、大地主階級およびかれらに従属する一部の反動的な知識人は、われわれの敵である。工業プロレタリアートはわれわれの革命の指導力である。あらゆる半プロレタリアート、小ブルジョアジーは、われわれにもっとも近い友である。たえず動揺している中産階級は、その右派がわれわれの敵になるであろうし、その左派はわれわれの友になるであろう。しかし、われわれは、この左派にわれわれの陣営をかきみださせないよう、つねに警戒する必要がある。
□わが国と社会主義諸国は平和を必要としており、世界各国の人民も平和を必要としている。戦争を熱望し、平和を欲しないのは、少数の帝国主義国のなかの、侵略によってぼろもうけするいちぶの独占資本集団だけである。
□帝国主義国についていえば、われわれは、やはり、そこの人民と団結するとともに、それらの国ぐにと平和的に共存し、商売をやり、起こるかもしれない戦争を制止するようにつとめなければならない。しかし、われわれは、けっして、かれらについて実際にそぐわない考えをもつべきではない。

null
『朝日ジャーナル』1971年3月26日号<特集・ミニコミ71ー奔流する地下水>

原爆ー1969年11月ー沖青友の会機関誌『石の声』第1号□真栄田義秀「日本国憲法第九条」/「沖縄にあるB52は24メガトンの水爆を積むことができる(広島の1,200倍) もしも沖縄で爆発したらこのようになる。!▲150~570キロ以内の住民半分が即死し、生き残った人も4カ月以内にはほとんど死亡する。▲爆発にともなう地震津波がおしよせてくる。▲水や食物も多量の放射能を浴びて生き残っても奇型児や発育不能な人間が生まれてくる。▲北は奄美大島、鹿児島迄も被害は及ぶ。-沖縄の住民は今日も原爆をかかえて生活をしている。」
null
null


ミニコミ紙『週刊ピーナツ』
 最近の日本政府の対応はかつての田中金権内閣を思い出す。別に悪いとは言っていない。資本主義社会であるから利権を狙うのは仕方がない、ということである。「オスプレイ」「辺野古移設」「原発再稼働」の動きは自民党の「先祖返り」というべきか。かつての田中金権内閣の時代、『週刊ピーナツ』というミニコミ紙があった。1976年5月29日発行には「日韓利権構造」が図示されている。新聞にとって、今の「原発・辺野古再稼働内閣」は分かりやすい構造になっていて記事にしやすいだろう。もっとも「日米利権構造」には地元の企業グループも絡んでいるのはいうまでもない。


1978年9月 日本機関紙協会大阪本部『宣伝研究』/1979年1月 日本機関紙協会大阪本部『宣伝研究』

2013-4「高江の現状」」今年度のヘリパッド工事の業者が決定しました。北部(H24)着陸帯移設工事 契約業者  ㈱丸政工務店  契約金額 1億290万円 工期 2013.3.30~10.31  丸政は金武町の業者です。次点の業者は、国場組、大成建設でしたが丸政に決定されました。


2916年7月 『越境広場』2号□粟国恭子が「琉文21」も引用して「饒平名(永丘)智太郎の『遥かなる南洋』」を書いている。


2016年7月『けーし風』加藤宣子「『大成建設140年史』を読むー辺野古の海を埋立てるゼネコンの徹底的研究」□実際に大成建設に抗議運動を実践している著者の「戦う相手を知らないことには戦いようがない」ということで報告してくれたもの



2016-9-9『新基地建設反対名護共同センターニュ-ス』


戦争をさせない1000人 ... 講演会チラシ

『琉球新報』9-13 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場での新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、沖縄防衛局は13日午前9時すぎから自衛隊のCH47輸送ヘリ2機による重機の輸送を始めた。午前11時現在、3回にわたって4トントラックやキャタピラのついた作業用車両などをG、H地区に運び込む様子が確認された。米軍施設建設のために自衛隊機が出動するのは異例。米軍北部訓練場のヘリパッド建設に絡む工事で自衛隊機による重機が輸送されるのは初めて。
 重機は新たにヘリパッドを建設するN1地区やG、H地区と県道70号を挟んだ場所にあるメインゲート内にあるヘリパッドから、重機などをつった状態で県道の上空を輸送している。県道では車両の通行もあり、安全上の観点から県民の批判が高まるのは必至だ。

 自衛隊機は13日午前6時すぎからN1付近の上空を旋回するのが確認された。その後、メインゲートそばのヘリパッドに着陸。同日午前9時前から重機の輸送準備が始まった。ヘリは陸自木更津駐屯地の中央即応集団第1ヘリコプター団に所属している。建設に反対する市民らはダンプカーによる砂利搬入の阻止行動を取ったが、午前11時30分現在、ダンプカーは確認されていない。

 メインゲートでは建設に反対する市民らが「県道の上空を飛ぶな」「自衛隊機まで使うのか」などと怒りの声を上げた。自衛隊機による重機搬入の様子を確認した沖縄平和運動センターの岸本喬事務局次長は「自衛隊機の使用だけでも考えられないが、県道70号を越えての輸送は許せない。まさに県民の頭越しで超法規的措置だ。これが法治国家と言えるのか」と憤っていた。


9月15日石川和男○先日の朝、2センチ足らずのカマキリの赤ちゃんを見付けた。僕がつかもうとすると、前脚を大きく振り上げ威嚇する・・・少し感動した。 自分に害を及ぼす敵に勇敢に立ち向かう姿に。自分(カマキリ)と人間(僕)とを対等に感じ立ち向かう剽悍さに。 今の『オキナワ』の姿を見た思いがした・・・

null
経済評論家・佐高信

1999年5月3日 那覇市民会館「99憲法講演会」で、佐高信氏著『タレント文化人100人斬り』(現代教養文庫1998年)にサインしてもらう。


2016年6月 佐高信『メディアの怪人 徳間康快』講談社/1999年1月 高杉良、佐高信『日本企業の表と裏』角川文庫

企業研究/『企業のやくざ化』と『やくざの企業化』
2015年6月2日『沖縄タイムス』「戦後70年 私たちはどこへ 黒幕 表舞台にー児玉の系譜 今も「闇の仕事」政権に協力ー戦後最大の疑獄 ロッキード事件/インタビュー 佐高信□「(略)最近、総会屋が減ったと言うが、『企業のやくざ化』と『やくざの企業化』が進んだだけ。裏社会との癒着は形を変えただけではないのか」

null


 1994年 トーハン『Rack ace』