1983年8月31日ー『琉球新報』新城栄徳「落ち穂『未病を治す』」
東洋医学を実践している病院で、調理師を8年やっていたので『素問』①とか『傷寒論』②という古典はある程度知っているつもりである。『素問』(もとのものを引き出すという意味)のなかに、黄帝が天師(岐伯)に「今時の人は50歳になると、よぼよぼしてくるのは何故か」と。
これに対し岐伯は「昔の人で道(宇宙自然の法則)を知っている人は、陰陽(自然環境としての変化)によく対応し術数(次々に連なり、おこってくる変化の順序法則)によく調和するように自分の行動を規制している。ところが今時の人は酒はガブガブ飲むし、生活のリズムも失っている。色欲にかられて自制もなく欲望のままに精根を使いはたしている。健康に生きてゆくためには一定の緊張が必要であり、節度が大切であるのに、こうしたことを知らないまま、その時その時の欲望のままに生活しているために、人生の本当の楽しみ、生きてゆく喜びを求めようとしない。これでは50そこそこで衰えるのは当たり前である」と答える。
病院の医師らが中心となって山紫水明の土地、名張市赤目に「赤目健康学園」を計画したのが1977年であった。しばらくして私も長男・江と「山の家」づくりに参加するようになった。東洋医学のなかに「身土不二」(その人の生活する土地でとれる食物を主に食べる)と、「一物全体」(生物である食物を丸ごと全部、不必要なアクぬき、皮むきをしない)という二つの原則があるが、赤目では農作業を通じて実践している。農業を行うことによって食物についての知識と考えを深めることができる。
増大する一方の医療費の抑制は一部の連中の主張するように自個負担を増やすという安易なケチな方法は考えるべきではない。予防と軽症のうちに生活・習慣を見直して治療するという古くて新しい方法をとるべきだ。しかも根本的にはこれしかない。

①『黄帝内経』(こうていだいけい、こうていだいきょう、こうていないけい、黄帝内剄)は、現存する中国最古の医学書と呼ばれている。古くは『鍼経』(しんきょう)9巻と『素問』(そもん)9巻があったとされているが、これら9巻本は散逸して現存せず、現在は王冰(おうひょう)の編纂した『素問』と『霊枢』(れいすう)が元になったものが伝えられている。黄帝が岐伯(きはく)を始め幾人かの学者に日常の疑問を問うたところから『素問』と呼ばれ、問答形式で記述されている。『霊枢』は『鍼経』の別名とされ、『素問』が基礎理論とすると、『霊枢』は実践的、技術的に記述されている。 →ウィキ

②3世紀の初めに長沙(湖南省)の太守(知事)であった張仲景が記したとされている『傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)』は、古来より散逸と発見を繰り返し、現在では、2部に分かれ、傷寒(急性熱性病)については『傷寒論(しょうかんろん)』、雑病(慢性病)については『金匱要略(きんきようりゃく)』として伝わった。『傷寒論』では、傷寒の病態を三陰三陽(六病位)と呼ばれる6つのステージに分け、それぞれの病期の病態と、適応処方を記している。『金匱要略』では慢性病の治法を論じ、その中には循環器障害、呼吸器障害、泌尿器障害、消化器障害、皮膚科疾患、婦人科疾患から精神疾患までの疾病が含まれている。なお、現在、中医学では『傷寒論』の六病論を経絡と結びつけ、六経説としてとらえている。 『神農本草経』、『黄帝内経』とともに中国医学における三大古典の1つに数えられる。(2007.10.11 掲載) →日本薬学会
1997年5月ー三谷和合『続保険歳時記』木津川厚生会
□念仏踊は、夏季、お盆を中心に災厄退散、また亡魂鎮送のため、太鼓、鉦を打ちならしながら、踊躍歓喜する踊りの総称です。念仏を口中に唱えながら踊ることから、この名があります。
平安時代、空也上人が念仏の功徳を庶民に知らせる方便として始められたのが起源といわれています。しかし、踊りの形態に仏教的な雰囲気は全くなく、基本的には在来からあった原始宗教的な行動を示したものといえます。つまり、古くから行われていた村々の祭の行動に、念仏信仰が加わったものです。


1992年5月8日『日刊スポーツ』黒田清「人口が倍になったら環境は?」


1995年11月『本コミニケート』105号〇ゴミ問題 絶望の中の希望


1998年6月23日『琉球新報』「注目集める『環境ホルモン』」


1999年2月28日『沖縄タイムス』「沖縄ごみ事情<8>有害物質ー投棄で民間地域汚染 沖縄県調査の空白域 基地内」〇沖縄大学の宇井純教授(環境科学)は訴える「消費型ではなく、循環型の社会をつくることが、21世紀に希望をつなぐ」。


2002年1月1日『沖縄タイムス』「ひと目で分かる 世界の環境」

2004年6月10日『沖縄タイムス』亀山統一「基地と放射能」


 2010年7月『自然と人間』「辺野古逆戻りに沖縄県民の怒り沸騰」自然と人間社 ー人間を取り巻く自然と社会状況の総合誌。世界の出来事から環境問題、食文化や子供たちの情報まで、豊富な写真とエッセイやコラムでタイムリーな社会状況をわかりやすく掲載。  2019-7-31-独製薬・化学大手バイエルは30日、第2四半期(4~6月)の純利益が4億400万ユーロとなり、前年同期比49.1%減少したと発表した。フットケアブランドの売却や事業再編などに伴い8億5,900万ユーロの特別損失を計上したことが響いた。昨年買収した米農業化学大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」の発がん性を巡る米国での訴訟件数は、これまでに1万8,400件に達している。


4桁で3か4で始まるコード=化学肥料使用。遺伝子組み換えでこそないものの、生産過程で化学肥料や農薬などを大量に使用していることが考えられま
 〇石塚左玄、桜澤如一、丸山博、三谷和合らに共通するのは「未病を治す」ということで、現実を把握し予防医学の重要性を説いている。丸山は「現在の社会体制の中において、いわゆる西洋医学が一体どういう生き方をしておるかという事を、私たちは日常知っているわけです。そして医療の形態が、大変お金がかかるようになっております。そして、お金は私たちの不健康、不幸の上におとされているわけです。何故それを防ぐ事の方に使われないのだろうか。病気になってしまうまで、病人たちを作りだす原因を放っておいて、病気になった人たちだけを問題にする医療、ここに問題がある」と1978年2月の民族医学講演会で述べている。
○知人の名護宏英氏(劇作家)、仲宗根幸市氏(民謡・民俗研究家)が相次いで交通事故で亡くなった。□交通事故の死者数は、昭和27年に4,000人台となってから、以降年々増加し、昭和45年には16,765人と過去最多を記録しました。それ以降減少し、昭和51年には1万人を下回りましたが、昭和63年には再び1万人を上回りましたしかし平成8年には9年振りに1万人を下回り、平成14年には過去最多であった昭和45年の死者数の半減を達成しました。その後、平成15年には7,000人台に、平成19年には5,000人台になり、平成21年以降4,000人台となっています。【平成26年中の交通事故死者数の特徴】1日平均の死者数は11.27人で、2時間08分に1人が交通事故で死亡しています。死者数の多い都道府県は、愛知県の204人、神奈川の185人、千葉県及び兵庫県の182人、埼玉県の173人などでした。反対に死者数が最も少ない都道府県は、島根県の26人、徳島県の31人、鳥取県の34人、沖縄県の36人、秋田県の37人などでした。→全日本交通安全協会
CNN2016-2-10○ 米国人の平均寿命が他の先進国の国民よりも低いことが、このほど調査結果から明らかになった。早死にする原因として薬物や銃の使用、頻発する自動車事故などが挙げられている。→日本人の主な死因の死亡数は、第1位悪性新生物 37 万人、第2位心疾患 19 万 9000 人、 第3位肺炎 12 万 3000 人、第4位脳血管疾患 11 万 3000 人と推計される(厚生労働省2016-1)。日本の自殺率は、世界的に見ても高い水準にあります。OECD諸国の中では第2位、G8の中では日本の自殺率はロシアに続き第2位 となっています。これは、アメリカの2倍、イタリアやイギリスの3倍という数値です。WHOの発表でも、日本の自殺率は先進国の中で トップクラスだという報告があります。→自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

2001年12月16日『琉球新報』日曜評論/児童にやさしい社会/斎藤陽子(USセラミック・サプライ・インク社副社長)
 あと二週間で、今年も終わろうとしている。
 二十世紀は人類にとって、目覚ましい進歩の世紀でもあったが、半面、人類は環境ホルモンや車両から排出する二酸化窒素など、数え上げたらきりが無いほどの、多くの汚染物質をこの地球上に排出することと引き換えに、二十世紀の進歩をかち得たともいえる。
 いま世界では「地球にやさしく」などが叫ばれ、地球の汚染防止と、二十世紀に地球上を人類が汚した数々の問題を、二十一世紀は浄化しなければならないという、大きな課題を抱えた、新たな世紀を迎えている。
 さて、日本の社会では、人々の健康に影響のある、過剰な化学肥料使用の反省から、有機農法などが研究されたり、環境ホルモン汚染や、ダイオキシンの問題など、近年敏感に汚染に対処する傾向にあり、それは一連の波のようなうねりで、いろいろと対策が論じられている。
 環境問題に敏感に対処する方向へと、機運の出てきた日本社会であるが、長年アメリカで生活している者として、気になることがある。それは日本の次世代をになう、児童生徒の身辺の環境が、アメリカの児童生徒の環境に比べて、随分と汚染されているように思えてならない。
 大半の日本の人々は「アメリカは自由の国」で、日本より規制が無く、もっと乱れた環境社会のように、誤解している人もいるが、アメリカは自由の国でありながら、未成年者を取り囲むもろもろの条例規制が、細かく厳しく張り巡らされ、児童生徒への環境整備が、十分になされている国でもある。
 例を挙げれば、アメリカでは考えられない、若年層にまで波及している、援助交際とそれに伴う事件など、日本はもうおしまいかと悲壮な気持ちにさえなる。この未成年者への買春行為の、大人に対するアメリカの刑などは、禁固二十五年にも及ぶ厳しい法規制だ。
 また二十一歳未満の者に、酒類やタバコなどを販売した場合には、アメリカでは重い罰金刑と販売営業の停止処分などを実施し、オトリ捜査まで行って、酒、タバコの販売規制は厳しくしている。このタバコ自動販売機とタバコ広告に関しては、先ごろ世界保健機関(WHO)百九十一カ国の加盟国の大半が、自動販売機禁止の態度を示しているという。
 このような国際的現状で、日本の社会では未成年も自由に買える酒、タバコの自動販売機がはんらんしている光景は、何かがおかしいように思える。先ごろ日本を訪れた際も、相変わらず街を歩けば、児童生徒の目に簡単に入るヒワイなテレクラのたて看板広告などが減少するでもなくある。ハリウッド通りでさえ、これらの広告を見かけることはできない。
 また最近では中学生までもが、携帯電話を学校に持ち込み、「出会い系」などへの接続や、無意味な交信に時間を費やしている。こうした現象は、携帯電話がビジネス社会の機器といった感覚の定着しているアメリカだけに、異様に感じる。
 この児童生徒たちの汚染された社会環境に、父母や教育関係者たちもが、当たり前となってしまい、その汚染の深さに、随分とむとんちゃくになっているようにも思えてならない。
 二十一世紀こそは、他の環境汚染対策同様、父母の会や教師の側が、日本の児童生徒の環境が、汚染の危機にさらされていることを、あらためて認識してほしい。そして児童生徒の目線で、その汚染の深さを再認識し、「地球に優しく、そして児童に優しい社会」の、環境の整備に立ち上がることこそ、二十一世紀の大人たちが果たさねばならない、重要な課題のように思われてならない。

 アドバンストシステム会長の重田辰弥氏が”朝吼夕嘆・晴走雨読”2017-4-26で紹介されている。〇あの重量もものともせず、年に何回もカリフォルニア、東京、沖縄と駆け回るだけでなく、精力的にFB発信の斎藤陽子さん!先日は菅原さんの企画、勧誘で有楽町の沖縄居酒屋「いいあんべ―」に集いました。何故か男子は私と新垣進さんの二人。陽子さんとは お互い一つ違いの首里高、那覇高ながら、事実上の同期気分。五万と言う陽子友人の中でも私の自慢は陽子さんの御尊父・翁長教授の教え子と言うこと。それも琉大1年の時の英語クラスを直に教わった教え子の一人ということ!東京外大卒の翁長教授は琉大創設時の志喜屋学長を支える事事実上の副学部長。その上、ご母堂は家政学部創設の翁長君代学部長。このご両親を知る私は陽子さんに何言われようが怯まないよ(^-^*)


 斎藤 陽子 2019-11-7-今日も相変わらずの青空の、南カリフォルニアです.。日常の交通機関が95%ほど自動車に頼っている、ロスアンゼルス の高速道路の混み方は全米でも有名です。 二酸化炭素排出量1位が中国で、2位がアメリカとのこと、ロスアンゼルスの高速道路が駐車場状態のこの混み方をみると二酸化炭素排出量が世界で2位も、さも有りなんと思えます。特に11月に入ると、クリスマス商品の運搬配入などで、片側六車線の右側は25トン級の大型トラックが数珠つなぎで、トラックの壁を作っています。地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」の目標達成に向けた、二酸化炭素排出量削減が一向に進んでなく、世界に異常気象を起こしているとされる気候変動の加速が懸念されています。昨日のニュースによるとトヨタと中国BYDが電気自動車の開発の合弁会社を作ったとのこと、二酸化炭素排出の無い、電気自動車の世界になることを願っています。
 ロスアンゼルスの高速道路を利用して、いつも感心することはこの片側4車線~6車線幅の高速道路を、アメリカは日本と戦争をする前から作っていたという、当時のアメリカの国力に驚きを感じます。混んでない時には工業地帯に位置する弊社の会社までは、高速を40分ほどで行けますが、混んでいるときは2時間もかかることがあります。ロスアンゼルスでは20年前ほどから、この高速道路の混雑を緩和するために高速道路の左側レーンはカープールレーン(CarPool)と言って、2人以上が乗車していないと使用してはならない相乗り専用レーンがあります。常時パトカーが廻って見ていて、もしこれを違反すると通常341ドル(3万5千円)から場所によっては450ドル(4万6千円)といった、高額な罰金が科せられるとの注意書きが、フリーウェイ沿いのいたる所に表示されています。(写真左の黄色線側がカープールレーンです)
 毎朝6時に起床し7時には会社に夫婦揃って二人で行くのも、このカープールが使用できラッシュ・アワーで混雑している一人乗りレーンを横目に見て快適に出勤できるからです。ちなみに日本の高速道路は至る所に、高速道路使用料金を徴収する関所がありますが、アメリカの高速道路は原則的には料金徴収所も無く無料です。また特に経済の景気動向とフリーウェイの車の量と経済の関係は、不景気になると高速の車も少なめ気味で、景気が良くなると車も多くなるという現象で、互いに影響が深いように思われます。もしこの説が当たっていれば、経済動向に左右される会社経営人には、高速の混雑もブツブツ言ってられない面もあります。縦横に張り巡らされている高速道路も膨大な網の目のように複雑で、ロスアンゼルスの道路網を覚えるのには2年ほどかかることでしょう。貴方がロスアンゼルスの網の目のような高速を、自由に運転できるようになれば、貴方は胸を張ってロスアンゼルスを知っていると言えるでしょう。