1985年8月 『素晴らしきかな人生ー翁長君代自伝』同自伝刊行会(若夏社)

 数十年前、沖縄の新聞で翁長君代(琉大家政学科教授)さんの何かのパーティでの発言「夏目漱石の娘は沖縄出身の貿易商に嫁いでいる」との囲み記事を見たことがある。それで下記の雑誌記事を見つけた。翁長君代さんの夫君は翁長俊郎琉大英文科教授で、その娘・斎藤陽子さんはアメリカ在住である。

 1966年5月『婦人公論』仲地愛子「末娘からみた父漱石の素顔ー家庭における漱石については誤り伝えられている点がある。それはどういうことなのか。第四女が綴る父との楽しかった日々の思い出」
○・・・父が死んだのは数え年で五十、今流に言えば満四十九歳であった。私は十か十一になるかならないかであった。母と子供六人は父の枕辺に座って父を見守っていた。その頬には白い鬚が延び、枕の上の父のしなびた顔はひどく黄ばんで、なぜかその憐れな様子が私に晩秋のすすきを思わせた。私はあたりの様子にひどく胸打たれ、悲しさがこみ上げて来て泣きじゃくった。・・・ 

○最近のネットに「仲地漱祐 鎌倉民主商工会長 アクセサリー・輸入雑貨販売業/」妹・吉田一恵  東京都大田区出身で、1972年に鎌倉に移り住み、店舗を営む。2005年10月鎌倉市長選に立候補するも落選」とある。
 
1969年12月 翁長君代『琉球料理と沖縄の食生活』績文堂(東京 新宿)
はじめにー沖縄の食生活と琉球料理
1 琉球料理をかたちづくったもの 辻と琉球料理ー今日の琉球料理の発達と、昔の辻遊廓の関係も見のがすことはできません。/主食としての芋/昆布ー元来、昆布は琉球の近海では採取ができないのに、古くから琉球料理のいろいろのものにつかわれてきたのは、昆布が貿易品として扱われてきたことを物語るものです。
2 琉球料理 肉の料理ー血炒ちー(豚の血の炒めもの)琉球料理は、豚一頭分をあますところなくつかって料理するのが特長ですが、これは
豚の血をつかった独特なものです。昔は法事に用いられたようです。お年寄りはよくなさったようですが、ちょっとグロテスクなので、最近の若い方たちはあまりいただきません。
3 沖縄の食品 沖縄のそばーむかしから沖縄で庶民の味として親しまれているものにそばがあります。そばといってもそば粉がつかわれているわけでもなく、中華そばに類するそばです。
4 沖縄の栄養
付1 沖縄の食品衛生
付2 家計経済からみた沖縄の食生活
付3 おもな食品の栄養成分表



1968年2月 嶋袋盛敏・翁長俊郎『標音評釈 琉歌全集』武蔵野書院

斎藤陽子ー2019年11月14日
昨夜のカリフォルニアの月も見事な満月でした。
昨日は30℃だった南カリフォルニアは今日はアラスカからの寒波が押しよせ23℃になるとのこと、朝は深い霧で大変ロマンチックな景色でした。
裏庭では3年ものの河津桜が葉が散る前に花を咲かせていて、今頃咲く桜を「10月桜」「冬桜」と言う様です。
さて、世界各地の海外に散って住んでいる、沖縄県系人口を試算すると、各種統計を基にしたあくまでも推計値としてはじき出した結果の、現在数は約42万人とのことです。
日本全国の都道府県の中で、沖縄県が最も多くの海外への進出移住者を排出している県かとも思われます。
中でも最も多い進出国が、戦前戦後と農業移民として新天地を求めて行った1位のブラジルで約16万人。
なかでも北アメリカには1900年最初の移民地ハワイは約4.5万人だったと言いますが、戦後から日本復帰前までの米国民政府統治下時代は地元の琉球大学を終えて、ガリオア留学制度などや他の奨学金を得て、アメリカへ大学院留学したのちにアメリカに定住した人や、その他に沖縄は米軍基地を抱えているだけに、米国軍人と結婚してアメリカで家庭を持った女性なども多いようです。
1950年代のアメリカ文化の影響を大きく受けて育った、59年前に首里高校を卒業した我が同期350人のうち、11人もがアメリカに住んで居るのも頷けます。
現在アメリカには沖縄県系が約11万人居ると言われています。
その他にペルー約7万人、アルゼンチン約2万人、ボリビア約7千人、カナダ約2千人、フィリピン約1.8千人と続くようです。
私のFB友に遠くノールウェーに住んで居る沖縄女性もいます。
沖縄県では1990年よりほぼ5年に一度4日間に渡って「世界のウチナーンチュ(沖縄人)大会」のイベントが沖縄県主催で開催され、世界各地から沖縄県に縁のある人々が、ふる里沖縄に集まります。
1990年に第1回が開催され、その後ほぼ5年ごとに沖縄県の主催のもと、継続して開催されている大会です。
目的は沖縄にゆかりのある人々を結びつけた、国際交流ネットワークを作り上げることにあるといわれます。
この期間は現代沖縄音楽や沖縄現代舞台劇、琉球舞踊やエイサーなどの伝統的なものや、日系人社会や沖縄と海外の関係についての学術シンポジウム、海外の日系人の居住地の物産展など多岐に渡って催されます。

斎藤陽子ー2019年11月11日
南カリフォルニアは相変わらずの秋晴れの今日、11月11日はベテランズ・デー(Veterans Day)。
ベテランズ・デーはアメリカ合衆国のために戦争で戦った退役軍人の方たちに対して感謝、敬意を表する日で、全米各地でパレードや式典が開催されたり、アメリカ合衆国国旗が半旗で掲げられます。
午前11時には2分間の黙とうがあり、この日に開催されるワシントンDCのアーリントン墓地の、無名戦士の墓では記念式典が開催されます。
ニューヨークの5番街では、アメリカンズ・パレードという、恒例の大規模なパレードが開催され、毎年2万人以上の参加者が行進し、観光客も50万人以上いますが、近年は爆破事件などが有り警備体制も厳重のようです。
アメリカには公休日と准公休日があり、公休日はすべての国民がお休みですが、准公休日は学校、銀行、郵便局、公務員のみがお休みで、チマタの会社は稼働しており、今年のベテランス・デーは日曜日だったので、きょう月曜日が准公休日となります。
アメリカの戦争の歴史は南北戦争に始まり、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク・アフガニスタン戦争と多数の命が散ってゆき、今なおシリアなどでの紛争が続いています。
これまでの多くの戦いの後に、兵士の母が妻が子がそして恋人たちが涙を流し、いったい戦争は何を残したのでしょうか。
私の沖縄出身の友人はミシガン州の在郷軍人病院精神科病棟で、40数年前のベトナム戦線帰還兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)により、精神を病んだ人々のお世話をしている人がいますが、ベトナム復員の療養兵には、まだベトナム戦争は終わってはいないのです。
写真は家の近くの広大な墓地の一角には「カヨーテ、ガラガラヘビ、ワイルド・キャット」などが出没すると、警告が出されていました。
広大な墓地の一角の、軍人専用の墓地では今日は一人一人の墓碑銘に星条旗が捧げられています。