null


○2012-6-20昨日、沖縄県立図書館に行く途次、クルマを運転していた京都時代から交友がある前田氏の奥さんに出合った。しばらく行くと今度は前田氏の娘さん(京都時代に赤ん坊のころから知っている)が父親の選挙応援のマイクを握っていた。さて、本日は県議選の投開票である。新報、タイムスも社説で、ノダ首相の原発再稼働表明について「神話の盲信を繰り返すのか」(新報)「時計の針を元に戻すな」「会見で首相は『原発は重要な電源』と言い添えている。これでは脱原発に本気で取り組む気はない」(タイムス)と正論を述べている。そのノダドジョウと息が合っているのが沖縄カジノチジ県政。果たしてオキナワ県民(自衛隊員も含む)はどう捉えているか、「沖縄のこころ」がまだ生きているのか今日判明する。もちろん泊小で前田氏に投票したのは言うまでもない。

〇2013-2-24沖縄文化の杜で24日昼。平良社長と粟国島からの帰りのフェリーで一緒だった故・白保館長の思い出を話していたら、テレビから前田氏死亡のニュースが飛び込んできた。夕方前田氏の自宅を訪ねたら不在。真喜志好一氏も来ていた。

〇沖縄県議 妻と釣り中に死亡
 24日午前5時すぎ、沖縄県本部町崎本部の港の護岸で釣りをしていた、沖縄県議前田政明さん(65)がいなくなったと、妻が119番した。県警や地元消防が捜索、午前5時20分ごろに前田さんが海に浮いているのが見つかり病院に搬送したが、死亡が確認された。本部署によると、前田さんは妻と一緒に釣りに来ていた。妻は午前3時半ごろに前田さんの姿を見ており、その後に誤って海に転落した可能性があるとみて調べている。(スポーツニッポン)


左が前田政明氏

○2004年5月22日『沖縄タイムス』新城栄徳「うちなー書の森 人の網(23)・『都沖青』結成のころ」
□(略)魔都・新宿ではダダとかシュールに凝っていたが、1969年、京都に移ると伝統文化を考えるようになり、沖縄出身の学生たちと「都沖青」を結成した。そのころの友人に大城敬人氏(現・名護市会議員)や前田政明氏(元・那覇市会議員)が居た。前田氏は私の職場(京都駅近鉄名店街・紅屋)で皿洗いのバイトもやった。大城氏や前田氏が「人民に奉仕する」という責任感を、無責任に「自己責任」と騒ぐ世にも持ち続けているのには驚く。

null