Archives

You are currently viewing archive for February 2011
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
2008年8月『月刊広告批評』328号□梅佳代「meets うちなーのじいちゃんさま 山田實 屋良文雄 治谷文夫」マドラ出版

nullnull
梅佳代さんと山田實さん/2010年『SWITCH』「HY 今日、また、繋がる想い」(写真/山田實、垂見健吾  文/川口美保)スイッチ・パブリッシング(東京都港区西麻布)HYと山田實さん



Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1900年10月20日ー『東京人類学会雑誌』加藤三吾「沖縄の『オガミ』并に『オモロ』双紙に就て」
nullnull

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
写真左からー新城栄徳、上間常道氏、山田實さんの旧知の大城立裕氏、石野朝季氏、岡本惠徳氏、奥が喜納勝代さん。



2011年2月15日~20日ー日本中国友好協会60周年記念企画「漫画展ー中国からの引き揚げ~少年たちの記憶」沖縄県立博物館・美術館



2011年1月26日『琉球新報』
null

null
太陽(太郎)の塔の前でポーズする新城さやか

□イザイホー・1924年9月ー『沖縄教育』又吉康和「久高島印象記ーそれは婦女の貞操を神の名に依って検査することである。即ち12年目毎、即ち午歳の8月10日から3日間厳粛に施行される、此の儀式をイザイホーと称して居る。」/1930年8月8日『沖縄朝日新聞』豊平良顕「憧れの離島訪問(4)ー『イザイホー』!それは世界何処探したって無い珍無類の奇習である。」/1936年9月30日『大阪朝日新聞』島袋源一郎「久高島の奇習 午年に貞操試験」


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null null

null

null null
Category: 03-所感
Posted by: ryubun02

今日2月3日は旧暦元旦、旧正月。私の旧正年賀状も20年になる。明治のご一新で日本は太陽暦を採用して「脱亜入欧」の近代化をしたが、今でも中国、韓国、台湾、ベトナム、モンゴルなど日本の周辺諸国はほとんどが旧正月(春節)を祝う。この時期アジアでは故郷に向かう十数億人もの人口移動現象が起る。ベトナム戦争のころは「テト(旧正)攻勢」もあった。
沖縄では西暦正月を「大和正月」といった。日本最初の植民地として近代化を大和化として受け止めたわけだ。戦後の米軍統治下でもそれが{祖国日本の文化}として新正月運動が強化され、旧正月はじめ旧暦文化が否定されてきた。しかし、今なお沖縄はお盆、十六日、清明、部落行事など旧暦文化が根強い。今度糸満市では旧暦文化体験隊が誕生し、旧正月の若水とりが復活した。白銀堂での御拝みも多かった。
旧暦はアジアのリズムである。その一員としての沖縄の旧暦文化をもう一度見直したいものだ。
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
2月7日昼前、沖縄県立図書館で垣花稔さんに出会った。那覇と題する映画フィルムを見せてもらった。映像資料は沖縄県公文書館が熱心に収集しているので垣花さんと同行した。公文書館では小野さん、久部良さんがいた。フィルムは垣花さんが公文書館に寄贈した。そして小野さんから『沖縄毎夕新聞』を見せてもらった。

null

null


1937年11月ー大宜味朝徳『現代沖縄県人名鑑』海外研究所に宮城清が紹介されている。□泡盛商 神田区淡路町2ノ5(電話神田2357番)、島尻眞和志村與儀の産、明治28年2月14日生、大正3年県立一中を卒業、大正8年沖縄朝日新聞社に入社、主として経済方面を担任5年間勤務す、大正12年同志故瑞慶村智慧氏と計り沖縄経済新聞を創刊す、之れは沖縄県に於いて最も必要なことは沖縄と他府県との経済的関係を明らかにし商取引其他経済上の利害得失を究明し母県の政治上経済上将た社会上あらゆる方面に新生気を注入せんとする信条のもとに企画されたのであったが1年にして廃刊となる。これ沖縄に於ける純経済紙の最初のものであった。後大城彦五郎、伊仲晧の3氏共同にて沖縄毎夕新聞を創刊し社務に従事傍ら県会書記を嘱託さる。大正13年沖縄タイムス社に転す、当時村治刷新自治振興運動にも奔走す、大正14年沖縄救済運動のスタートとして沖縄経済振興会が組織されるや氏は幹事に推され庶務一切を担任して沖縄産業助成運動に参画す、同年末沖縄物産東京斡旋所が設立されるや羽田内務部長の推薦に依り同所最初の東京勤務となり、沖縄物産の東都進出、販路開拓に尽力す、昭和6年9月官を辞し独立して泡盛卸業を開始して今日に至る。(以下略)


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
左『琉球大観』(表紙・石野隆)/1916年4月『南島の自然と人』(表紙・山田真山)三笑堂書店

nullnull

» Read More