Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
tenki.jp7-9 午前6時5分頃、茨城県南部を震源とするマグニチュード4.7の地震が発生し、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県で最大震度4を観測しました。この地震による津波の心配はありません。

null
 大濱 聡 7-8■今回の集中豪雨によって被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。■40年余の勤務のなかで2度、水害現場に急行して取材したことを思い出した。1度目は名古屋時代の1976(昭和51)年の「長良川9.12豪雨災害(安八豪雨)」。台風の接近に伴う集中豪雨で長良川が決壊、安八町や墨俣町(藤吉郎の「墨俣一夜城」で知られる。現大垣市)などが水没。「岐阜県史上最悪の水害」といわれた。急遽、名古屋から現場に向かい、生中継や水没した町内をボートで移動しながら取材に当たった。■2度目は東京時代の1981(昭和56)年。8月22日から台風の影響で強い雨が降り続け、24日に利根川水系の小貝川(茨城県龍ケ崎市)が決壊、多くの浸水被害が発生した。■当時に比べて、このところの集中豪雨は気候変動の影響もあるのか、想像を絶する甚大な被害をもたらしているように思われる。

 「琉球新報」7-9 沖縄県金武町、宜野座村、恩納村、名護市にまたがる米軍キャンプ・ハンセンのゲート(門)が8日夜から9日午前9時半ごろまで閉鎖されていたことが分かった。基地関係者が新型コロナウイルスに感染したという情報もある。感染が判明した場合には、施設別では米軍普天閒飛行場、うるま市のキャンプ・マクトリアス、嘉手納基地に次いで4施設目となる。全駐労によると、8日夜に米軍からゲートを閉めるという知らせがあったが理由は知らされていない。9日朝に出勤しようとした従業員たちは基地内に入れず、自宅に戻って待機していたという。7日に普天間飛行場で軍属ら5人の感染が確認された際にも同飛行場で基地従業員らの出入りが制限された。在沖米軍施設ではこれまでに計9人の感染が確認されている。
null
 U・M7-8😣普天間基地✈️従業員もクラスター感染している可能性もあるそうです😣7月4日の独立記念日🇺🇸軍属に混ざって従業員&家族👪️もパーティーが行われていたそうです😣


 大濱 聡 7-7■コロナ禍、イージス・アショア問題、豪雨災害、その他諸々――問題山積、この大事な時期にいろいろ追及されるのが嫌で早々と国会を閉じてしまった、というのが専らの噂のようです。■著名なジャーナリストの田崎史郎氏のコメントは確認できていませんが、TVのコメンテーターの皆さんは「今すぐにでも国会を開いて、大事な問題を審議すべきだ」という声が大半のようです。それが当然でしょう。緊急事態にいかに素早く対処すべきか。それこそが国会の「先生」方の最優先の仕事でしょうに。■国会を閉じて仕事を休んでも夏のボーナスはきちんと支給され、しかも逮捕された夫妻にも満額支給!
コロナ禍や豪雨の被害にあって立ち行かなくなった人々からの怨嗟の声が聞こえるようです。



 「くろねこの短語」2020年7月7日 九州の大豪雨が心配な火曜の朝である。
 それはさておき、東京のコロナ感染者数が連日の100人超えの中、これまでの専門家会議に代わるコロナウイルス感染症対策分科会の初会合が開かれた。さぞや厳しい意見が飛び交うものと思ってたら、なんとイベント参加人数の上限を一段階緩和することで意見がまとまりましたとさ。具体的には、「コンサートやプロスポーツなどの屋内の催し物は、定員の50%の範囲内であれば10日から5千人までの入場を認める」ってんだが、本当に大丈夫なのかねえ。経済活動最優先というペテン政権の意向を十分に忖度したうえでのことなんじゃないのか。
 この分科会には、医療の専門家以外にも、弁護士や民間のシンクタンク主幹だとかが参加しているんだね。なかには、読売新聞の取締役の名前もあったりして、コロナとどう関わりがあるのか見当もつかない。ようするに、コロナ対策とは名ばかりで、経済活動を再開するための理由づけのための分科会ってことなんだね。

 (CNN)7-5  トランプ米大統領は米独立記念日の4日を前に、歴代大統領の顔が刻まれたサウスダコタ州のラシュモア山で演説し、黒人差別への抗議運動を米国の文化や伝統に対する脅威だと非難した。トランプ氏は3日夜の演説で、抗議デモは左翼勢力が「わが国の歴史を消滅させ、英雄の名誉を傷付け、我々の価値観を打ち消し、子どもたちを洗脳しようとする情け容赦のない運動」だと非難した。


 大濱 聡 7-5■熊本豪雨――TVが伝える被災地の様子を家人と見ながら我が身に置きかえてみましたが、とても想像できませんでした。あまりにも絶望的で悲しすぎます。■毎年のように繰り返される豪雨災害。「平成29年九州北部豪雨」「西日本豪雨(平成30年7月豪雨)」もちょうど同じ時期のことでした。来年、オリンピックの前に同じような災害に見舞われないとも限りません。しかも、日本全国どこでも発生する可能性があります。オリンピックどころではありません。■豪雨、地震災害の発生が予測されているのに、どうして防災政策は進まないのでしょうか。国の防衛も大事でしょうが、まずは国土、国民の生命の防衛(防災)が優先されるべきでは?国全体のムダな経費を見直し、優先されるべきことにまわすべし!■熊本、鹿児島では再び大雨のおそれもあるようです。これ以上被害が広がらないように、そしてくれぐれもご安全に、と祈っております。

 〇7-4 熊本県の球磨川 氾濫が発生。アベ政権は「自衛隊は1万人態勢で」「避難所では新型コロナウイルス感染症対策の考慮を」九州地方の大雨を受けた緊急閣僚会議.。今回はコロナ禍でいつものようなボランティア活動には期待できない。辺野古に居る工事関係者も直ちに復旧に従事させるべきだ。もたもたしていると台風も来る、地震も警戒が必要だ。アベ政権になってから同様な自然災害は相当数に上っている。国防の名のもとにアメリカの兵器の爆買いは止めて、国土強靭化に国民の税金を投ずるべきだ。スパコン性能一位「富岳」を使って。

 小西 誠 7-4 *欠陥機オスプレイは、アショアと同様、直ちに買うのやめ、アメリカに送り還せ!――しかし、朝日サン、事実までねじ曲げて、オスプレイ配備の後押しか? ジャーナリスト(伊藤嘉孝記者署名)としての恥を知れ!「南西諸島は……島々の多くには空港や滑走路がない。そこで、固定翼の飛行機に近い速さで移動でき、ヘリコプターのように垂直の離着陸ができるオスプレイの特性が生きる、される」とだと!――南西諸島には与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島(それぞれ滑走路2千㍍)・下地島(3千㍍)をはじめ、20個の空港があるのは、周知の事実だ。こんなウソを堂々と書くとは「主な役割は、南西諸島の防衛の主力として2018年に発足した米水陸両用部隊「水陸機動団」を、有事の際に……南西諸島に運ぶことだ」と。――オスプレイの南西シフト態勢での運用(先島配備)を否定している自衛隊の取材をちゃんとしろ!

「読売新聞」7-4 【モスクワ=工藤武人】ロシアのプーチン大統領は3日のテレビ会議で、憲法改正案に盛り込まれた「領土の割譲禁止」の条文を巡り、北方領土も念頭にあることを示唆した。北方領土の国後島に改憲の記念碑が設置されたことに触れながら、条文の意義を強調した。

 立川談四楼 7-4 西村康稔さん、赤坂自民亭をお忘れかね? 豪雨災害が迫る中、貴兄が大はしゃぎした件ですよ。それがコロナ担当相になった途端「誰も緊急事態宣言はやりたくないし休業もしたくないだろう」って、よく国民に責任を被せられるね。国民は協力し我慢してるんだ。あなた方の無策が招いたことをよく言うぜ。/7-3 安倍さんはどこで何をしているんだろう。感染者連日100人超という東京の非常時は日本の非常時であろうに、悪目立ちといえど存在をアピールするのは小池都百合子知事と西村チャラ男ばかり。安倍さんの影はここへきてめっきり薄いのだ。ウイルスを殱滅するとか保証金をもっと出すとか、何とか言えやい。

直言(2018年7月16日)/夢幻と湧源


 赤坂自民亭事件(あかさかじみんていじけん)とは、平成30年(2018年)7月5日夜に首相の安倍晋三や自民党議員ら約50名が東京・赤坂の議員宿舎で開いた宴会のことである。豪雨警戒の夜であるにも関わらず宴会を開催し、この初動対応の問題が平成30年7月豪雨における被害の拡大につながった。

  
 2017-8 安倍晋三首相と首相経験者の森喜朗氏、小泉純一郎氏、麻生太郎副総理兼財務相が夕食をとりながら歓談――。日本財団の笹川陽平会長が23日、自身のブログでこんな写真を公開した。/2020ー6 9日夜,都内の日本料理店で行われた会合には、小泉元総理の他、自民党の二階幹事長、山崎元副総裁、武部元幹事長らが出席しました。この会合は定期的に行われているもので、メンバーの1人、東京都の小池知事は9日は欠席しましたが、電話で出席者に都知事選挙に立候補する意向を伝えたということです。→若者ならともかく、このソーシャルディスタンス保てない年寄りたちは死にたいのか…?

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
ーなちかしや沖縄戦さ場になとて 世間おまん人(ちゅ)ぬ流す泪ー この本を祖国日本と沖縄の同胞に捧ぐ
写真ー米軍家族住宅(ずけらん)/日本復帰活動の帰省学生の宣伝隊/これが今なお各地にある小学校校舎である。/第一号線軍用道路/平和を訴える琉球大学生、これがいわゆる琉大事件の発端となった/踏みにじられた稲田に乱立する鉄塔、農民達の訴えをよそに/琉球列島米国民政府長官オグデン少将と握手する琉球政府比嘉任命主席/見るかげもなく破壊された首里高校(旧沖縄一中)/無残にも破壊されたままになっている旧那覇市の廃墟。前方に見える鳥居は波の上神社跡。
悲憤の島オキナワの記録・・・・中野好夫
○あらゆる意味において、オキナワは日本の縮図だとは、オキナワから帰ったすべての人の口から、わたしの直接聞いた言葉である。物質的生活の極度の困難から、やむなく精神的荒廃にまで追い込まれてゆく大多数の庶民、それらの犠牲の上にのっかって私腹を肥やす一部少数の追随的権力盲者、利権屋、享楽業者、そしてまた火事場稼ぎ組の渡来日本人、-まさしくこれは日本の縮図でなければならぬ。(略)わたしは本書にあって、一人でも多くの日本人が、悲しみの島オキナワの実情と、その県民の熱望とを、自分たちの問題として知ってくれることを、もう一度あらためて心から祈る。
郷土愛の結晶・・・・・・・神山政良・沖縄諸島祖国復帰促進協議会会長
善意の記録として・・・・沖縄県学生会
○またこの書の刊行に多大な支援を寄せられた宮城聰、神山政良、比嘉春潮、金城朝永の諸先生に感謝いたします。殊に金城先生には玉稿をいただいてお礼申し上げます。なお、この書の監修に当たられた新日本文学会員の霜多正次兄、同じく当間嗣光兄、それに城間得栄兄に感謝します。殊に当間兄には終始御尽力を煩わしました。
第一部
拳銃におののく村/百鬼夜行/琉球王国を夢みる人たち/ひき殺された二少年/琉球古文化財の行方/帰省学生の日記/沖縄の子供たち/売春の町/沖縄基地図/海なき海人
第二部
土地なき民/労働者と労働組合/ドルとB円経済のからくり/琉球大学事件/日本復帰への道
島の歩み(琉球の歴史と文化)・・・・・・金城朝永
あとがき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当間嗣光
null
1968年11月 東京沖縄県学生会『祖国なき沖縄』太平出版社/1954年6月 沖縄県学生会編『祖國なき沖縄』日月社
1968年11月 東京沖縄県学生会『祖国なき沖縄』太平出版社
○沖縄百万同胞の苦悩の歴史を知るためにー『祖国なき沖縄』の再刊にあたって・・・・・・・中野好夫
○悲憤の島オキナワの記録ー初版序文・・・・・・・・・中野好夫
○売春の街ー女中からパンパンへ/悪魔のような仲介人/借金のある女が使いやすい/収入は半分わけ/妻はパンパン/夫は居候/パンパン街を育てるもの
○解題『祖国なき沖縄』以後の14年…・・・新里恵二
○『祖国なき沖縄』の再刊にあたってー初版の監修者として…・・・・当間嗣光
○即時祖国復帰をたたかいとるためにーあとがきに代えて・・・東京沖縄県学生会


1959年3月 『沖縄・小笠原関係団体名簿(抄)』南方同胞援護会



1965年9月 『東京沖縄県人会名簿』東京沖縄県人会(神山政良)

在日沖縄学生会機関紙・誌



1972年5月 堺沖縄県人会『会員名簿録』/1974年9月『堺沖縄県人会報』第9号 久米武善「初期の県人会を回想して」

1979年12月10日 東京沖縄県人会機関紙『東京沖縄の人』(『おきなわの声』)創刊
null
11月10日東京沖縄県人会機関紙『東京・沖縄の人』「画家岡本太郎氏が空手のマネをしながら登場。独特の語り口で『沖縄には人間らしい本当の心や姿があるが、ヤマトの金本位の空気にやがて侵されるのではないか』と身ぶり入りで語った。」



1980年5月『那覇会会員名簿』真栄田三郎(東京都中央区勝どき5ノ4ノ18ノ108)

null
1984年ー国会図書館に寄って帰り沖縄協会に行き、吉田嗣延氏に挨拶すると河野忍さんを紹介された。河野さんは部下の隆氏に私を紹介した。隆氏は私の話を聞き機関紙『沖縄』で紹介してくれた。
nullnull
1986年1月15日『月刊おきなわの声』第74号□此処に人あり 新城栄徳さんー行動力に富んだウチナンチュであり「沖縄と東京と大阪をせわしく立ち回る、イチムドウヤー人生に埋没する」風変わりな友人の一人であると津野創一氏は結んでいる。



1988年3月 大城辰彦(編集責任者)『創立十周年記念誌(1978年~1988年)』板橋区沖縄県人会(会長 阿波根朝計)

2008年4月『オキナワグラフ』新城栄徳「『オキナワグラフ』50周年に寄せて/創刊者(崎山喜昌)の横顔など」


「沖縄の雑誌略年表」(作成協力・新城栄徳、上原実)
表紙「Cocco」〇本誌『オキナワグラフ』(以下グラフ)は、1958年4月に創刊された。発行人は崎山喜昌、編集人が神村朝堅。創刊者の人物像は余り知られてないが、崎山は名護に生まれ11歳のときに父を亡くしている。15歳で上京し、神田の中学に入学、チンドン屋、新聞配達のアルバイトをしながら苦労して日大夜間部に入るが、胸膜炎にかかり帰郷する。1928年に沖縄物産販売の目的で再び上京し、鶴見に泡盛卸商を開業する。31年、東京深川に進出。一時、佐久田昌章と沖縄物産商会を経営したこともある。 
 崎山は泡盛で得た資金で37年、那覇西新町に高級旅館「那覇ホテル」を経営する。戦時中、軍命で南洋パラオに渡り、戦後、引揚げ南洋群島引揚沖縄人援護会を組織し理事長となり南洋庁沖縄人関係残務整理事務所の嘱託、南洋群島共助義会理事を経てドイツ製のカマでパン製造の朝日製菓株式会社を創立した。その朝日製菓の住所と電話番号は後に沖縄映画配給株式会社(国場幸太郎会長、宮城嗣吉社長)の東京支社となる。グラフが初期のころ映画や沖縄物産の宣伝に力を入れていた背景には崎山の経歴によるものがある。後に生地跡に「崎山図書館」を寄贈し、名護市立図書館の母体となった。(以下略)


2008年7月 『五十周年記念誌ーおきなわの声を伝えて半世紀』東京沖縄県人会



東京/2016年11月13日『沖縄タイムス』「東京沖縄県人会60周年記念特集」/2016年11月13日『沖縄タイムス』「戦後初のアナウンサー 川平朝清さん」

2017年11月 屋良朝信×新井克英『[川崎・鶴見・東京]ウチナーンチュ100年 沖縄・思い遥か』AWAWA「仲松健雄さん」

null
沖縄新聞・機関紙相関図

在京沖縄県人会機関紙





1987年6月 大阪沖縄県人会連合会40周年記念誌『雄飛 大阪の沖縄』

1997年6月 大阪沖縄県人会連合会50周年記念誌『雄飛 大阪の沖縄』

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

  那覇市歴史博物館 7-7 国宝尚家資料7月の特別展示のお知らせ 特別展示室では、毎月「国宝 琉球国王尚家関係資料」の美術工芸資料および文書資料とともに、王国時代の美術工芸品をご紹介しています。7月は尚家資料と福地家資料の染織品から、涼やかな水色地の紅型衣裳をご紹介します。また「琉球漆器の様々な技法」と題して、尚家資料や伊江家資料他の王国時代の琉球漆器から堆錦(ついきん)、螺鈿(らでん)、沈金(ちんきん)、箔絵(はくえ)の技法をご紹介します。文書資料は6月に引き続き、尚家関係資料から尚育王(しょういくおう)の元服・即位・冊封(さくほう)に関する文書6点をご紹介します。王国時代の精緻な工芸技術と、貴重な記録類をぜひご覧ください。


 大濱 聡7-6■7.4付地元二紙に掲載された記事――昨年11/2-3に首里城正殿前で行われる予定だった組踊上演300周年記念事業『首里城公演・式典「琉球舞踊と組踊」』は、本番2日前の10/31に起きた首里城火災によって中止になったが、舞台設営に関わった業者7社が焼失した機材3500万円の補償を元請けの広告代理店に求めたが応じてもらえず、窮状を訴えているというもの。■音響、照明機器などが焼失、どこからの補償もないというのは大変深刻な問題だが、私にはもうひとつの関心事があった。中止になった公演は今年2/15に実施された。それを収録したNHK「沖縄の歌と踊り」(4.24放送)を見たが、貧相な舞台設営に唖然とした。通常なら鮮やかな背景幕を使うが(国立劇場おきなわ公演参照)、TVの画面合成で使うクロマキーを思わせる青一色の背景のみ。経費の関係か、元請けや発注元の実行委員会(事務局・沖縄県文化観光スポーツ部)もそれでよしとしたのか、ノーチェックだったのか。経費は適切に使われたのか。■公演には組踊の第一人者の皆さんが出演、熱演していただけに、見ていて気の毒だった。当事者の見解を聞いてみたいものだ。

 斎藤 陽子 (Walnut, California)7-5 日本時間 (略)最近は日本の家屋の屋根にも太陽光発電のパネルを乗せた家を見かけるようになりましたが、太陽光線が1年の内9ヵ月は保証されている南カリフォルニアでは20年前頃から、個人住宅の屋根の太陽光パネルが敷設するようになり、現在はその売込みも多くの業者が盛んに行っています。カリフォルニアは真冬でも太陽光線の強い州で、そのお陰で四季を通して、野外撮影ができる地として、ハリウットの映画産業が栄えた処です。太陽光線の豊かなカリフォルニアでは、2020年からの新築家屋には、太陽光パネル設置が義務付けられています。すでに40年前から風力発電に着手しているカリフォルニア州ですが、このところ風力発電や太陽光発電などの自然エネルギーの開発に力が入った結果が伺えるのが、ロスアンゼルスから東に190キロの保養避寒地のパームスプリング(Palm Springs)の風力利用の発電です。
 パームスプリングの街中に入る手前の砂漠地帯には、見渡す限りの沢山の風力発電機の発電群ウィンド・ファーム(Wind Farm)を見ることができます。高さ60m~100mの風車ウィンド・ミル(Wind Mill)の一基あたりの設備容量は、約160KWの電気を作ると言われています。この風力発電がこの地帯に敷設され始めたのは既に40年ほど前からで、最初はポツリポツと建っていたのが、最近では3万基近くなり、その風車の林立風景はカメラに収まりきれない広さで壮観です。最近ではドイツ製、デンマーク製や日本の三菱重工製など競い合っているといいます。この写真はほんの一部ですが、プロペラの林が地平線の彼方まで埋め尽くされていて、全体の写真が撮れないのが残念です。なぜこの地に風力発電が盛んになったかというと、この地帯は広大な砂漠地帯で、年中砂漠の気温が上がり上昇気流が発生し、この上昇する気流が太平洋側からの風を引き込み風洞を作るため、風力発電に好条件を満たすと言われています。

 加えて、原子力発電離れもある昨今、オバマ前大統領は大統領時代に太陽光発電や風力発電を奨励しています。この風力発電の周りは砂漠地帯で、敷地的にはまだまだプロペラ建設用地に余裕がりますので、今後もここが拡大されるように思われます。またロスアンゼルスからラスベガスへ向ってドライブした人なら見たことが有ると思いますが、カリフォルニア州とネバダ州の州境前のカリフォルニア側のモハべ砂漠に、写真のような1982年から作られたタワー式太陽熱発電( Solar Power Tower)の大きな施設があります。この発電所が作られた初期の頃は、規模も小さいものでしたが、1995年頃から自然エネルギーが見直されて以来、年々この発電所は拡張され、最近の力の入れようは目覚しいものがあり、その規模は年々大きくなっています。このタワー式太陽光発電は、数メートル四方の鏡を数百枚から数千枚敷き詰めて、集められた太陽光を一箇所の集光器タワーに集めることで、1000度ほどの熱を確保することが可能とのことです。
 一年中無料の太陽が燦々と豊かにある砂漠地帯では、ぴったりのプロジェクトですが、ただ、このシステムが優秀と喜んでおれない問題も派生していると、昨日のカー・ラジオからの放送です。問題は周りを飛ぶ鳥が、この集光器タワー目がけて飛んできて、一日に相当数の野鳥の犠牲が見られ、自然保護団体が騒いでいるようです。発電所側も何らかの対策を立てなければとの課題を抱え、お役所もこれから太陽光発電の許可には慎重に立ち向かうと言っています。太陽光パネルや太陽光発電などは有り余る太陽光線と、台風や竜巻なども無いカリフォルニアには、最適な再生エネルギーかと思います。アメリカ全土の中でも、南カリフォルニアは有り余る太陽光線とハリケーンなども無く、再生可能エネルギー(太陽光線 風力など)政策は一応成功しているとと言えます。

  「くろねこの短語」2020年7月4日ーコロナ感染者が日々増加する中、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、1~3月期だけで17.7兆円もの年金を株ですっちまったてね。2019年度の1年間でも8兆円の年金が水の泡となりましたとさ。休業補償するのが嫌で営業自粛を躊躇しているのが、いかにマンガかってことなんだね。(略)
 連日100人超の感染者が出ている東京なんか、これで「夜の街」に休業要請なんかしてみてごらんなさい。ただでさえ多くの飲食店は土俵際に立っているんだから、いま語るのは「増税」より「補償」「支援」だろう。そんな折も折、国会閉じたままで他人事のように平然としている初老の小学生・ペテン総理なんだが、昨夜はJR東海名誉会長の葛西敬之と赤坂の料亭で会食。官邸のアイヒマン・北村国家安全保障局長が同席したそうだ。おそらく、静岡県の反抗にあって開業延期せざるを得なくなったリニアについて、何らかの悪巧みしたんだろうね。こいつらにとっては、コロナなんかどうでもいいってことなのだろう。コロナ禍をほったらかして、お友達と赤坂の料亭で酒池肉林するような虚けがトップに居座っていることを許しているようじゃ、この国はもうダメかもわからんね。

   
 Y・A 7-4 あきさみよ〜コロナ大丈夫かな〜外人さん達がバーベキューしてますよ、40〜50人ぐらいで賑わってますが。州崎公園駐車場も満席ですが。独立記念日かなー。
null
Y・A 7-6 外人さんバーベキューセット放置かな~


 斎藤 陽子 (Walnut, California) 明日7月4日(土)はアメリカの独立記念日で、三日間の連休です。独立記念日(Independence Day)は1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日公休日です。アメリカでは独立記念日を(インディペンデンス・デイ)と呼ばれるのが一般的ですが、単に「7月4日」("Fourth of July")という呼び名で言うことも多いです。
 アメリカの建国は1776年に独立宣言し、 今年で建国244年になりますが、数字を見るとほんとに若い国で、日本ではアメリカ建国の頃は江戸時代で、老中 田沼意次や松定忠信が政権争いをしたり、間宮林蔵が樺太を調査していた時代です。アメリカは多くの国からの移民の集まりで「人種のルツボ」とはこういう国を言うのでしょう。この国に53年住んで思うことは、肌の色も文化も宗教も言語も違う人々を、この国はよくも束ねていると感心することがあります。
日本でよく感じる曖昧(アイマイ)さや玉虫色が無く、このアメリカはきっちりと規則や法律で線引きされていていることが顕著で、この辺が多様な人種のこの国を統括している、鍵のような気がします。
 日本でも最近は外国からの就労者が多くなりましたが、日本人に通じる、今まで通りの曖昧さや玉虫色の政策から、きっちりとした規則の見直しも必要な時期に来ているように思います。またアメリカの外国人への語学教育には歴史が有り、外国人のための語学教育方法、そのシステムやテクニック方法など、日本のこれからの外国人のための日本語教育方法の一助として、学ぶところも大きいかと思います。各人種が融合しあい「人種のルツボ」の割には、民主的にうまくまとめた社会を作り上げていると、遂い最近までは少々感心しておりましたが、トランプが大統領になって、アメリカ社会の雰囲気が、なんやらギスギスして心地よいものではなくなりました。特に今年はネソタ州ミネアポリスで、白人の警官に拘束された黒人が死亡した事件をめぐり、黒人への人種差別の抗議デモが、全米主要都市に広がるという状況下での、独立記念日は微妙なものが有ります。
 独立記念日の連休は、通常ですと各地でパレード、カーニバル、バーベキュー、ピクニック、野球などのイベントが開かれ、夏休み中とあって遠出をする車で、高速道路の混み方は尋常ではありませんが、カリフォルニアの今年の7月4日は新型コロナウィルスのため、10人以上の集会禁止やビーチ、公園は閉鎖されており、例年と違う独立記念日です。また独立記念日の名物が各地で恒例の「打ち上げ花火」が行われ、1777年以来のアメリカの伝統行事のようですが、わが街で催される恒例の花火大会も、今年は中止の様です。
 日本の夏は夏中どこでも花火を売っていますが、アメリカでは日頃は全州どこでも花火の販売は一切禁止されていて、花火を売っているのは7月4日のみで、これを違反すると州によって異なりますが、カリフォルニアでは6ヶ月の禁固刑、1000ドルの罰金と厳しい刑が科せられています。普段花火で遊ぶことも厳しく禁止されていている、アメリアの子どもたちには、唯一花火を楽しむことができるのが、7月4日の独立記念日のみなのです。写真のように7月4日だけの即席店で、このような販売店はボーイスカウトや婦人団体など公共団体が市に許可を受けて、団体運営の資金捻出のために花火発売店を出しますが、これもコロナ禍でどこも出店が無い様いです。

写真は7月4日独立記念日1日限りの、例年の暫定的な花火売り場です。わが街ウォールナッツ市は花火禁止の警告文もあります。


 大濱 聡 7-3■個人的昭和史――断捨離中にこんなハガキが。1962.5.19消印だから中学2年の時だ。ラジオ沖縄(当時はハーバービューにあった)から「琉映ゴールデンタイム」収録の連絡だった。琉映貿(東映・日活系)がスポンサーの週1放送の10分番組で、2枚の招待券欲しさに応募した。小学高学年から、東映・日活を中心に映画はよく観ていた。■当時の日活は石原裕次郎(タフガイ)、小林旭(マイトガイ)、赤木圭一郎(クールガイ)が人気絶頂の頃だったが、私が中学入学2ヶ月前に赤木が撮影所内でゴーカート運転中に事故、21歳で死去するというショッキングな出来事があった。■放送では、赤木の魅力や、撮影中だった「激流に生きる男」を代役した新人・高橋英樹のこと、赤木亡き後「ダイヤモンドライン」(前記3人と「やんちゃガイ」和田浩二)に「ダンプガイ」として加わった二谷英明(当時一押し)のことなどを、生意気にも中学生が通ぶって語ったように記憶している。■家族や、学校、友達にも内緒で応募、出演した初めてのラジオだったが、ただひとり次女姉だけに偶然聴かれたようで「ラジオに出ていたね」と言われた。■ラジオ沖縄の近くにあったハーバービュークラブでキャラウェイが「沖縄の自治は神話である」と講演して物議を醸したのは、翌年3月のことである。 ※文中敬称略 表示を縮小

 「沖縄タイムス」7-2 沖縄の米海兵隊員の家族1人が新型コロナ感染 米国旅行から戻った後に 基地外との接触なし〇海鳴りの島からー東京で新型コロナウイルスの感染者が107人出たとニュースになっているが、沖縄では米海兵隊の家族から1人の感染者が出ている。海外からの旅行者が制限されているといっても、米軍関係者は別だ。世界最大の感染国から米兵やその家族が出入りしても、日本政府は管理できない。


 大濱 聡7-1■瀬長亀次郎の資料館「不屈館」(那覇市)がクラウドファンディング――NHK沖縄が本日の18:10-「おきなわHOTeye 」20:45-「ニュース845沖縄」で二度放送していました。新型コロナの影響で来館者が激減、厳しい運営状況にあるため、先月クラウドファンディング(朝日新聞社サイトA-port)を起ち上げたということです。10月19日23:59まで、目標金額500万円。■私は「不屈館」友の会会員ですが、それと関係なく、「瀬長亀次郎と民衆資料」と銘打っているように、カメジローの時代の沖縄戦後史が学べる貴重な資料がつまった資料館です。ご協力をお願いいたします。※( )内は投稿者補足

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
 1929年2月ー伊波普猷、山城亀雄飛行士が操縦する飛行機でロサンゼルス上空を飛ぶ。カリフォルニア各地を巡遊、宮城与徳、屋部憲伝らと交流。
8月ー『科学画報』13巻2号□伊波普猷「布哇の自然と人」、伊波普猷、帰沖(折口信夫と同行予定が折口体調不良のため伊波一人の帰沖となった)。10日ー真境名安興と共催で「琉球古典劇研究座談会」、19日『琉球新報』伊波普猷「孟蘭盆の新意義」、25日ー『琉球新報』伊波普猷「五ツ組の用語と詩形」、30日ー伊波普猷、上里朝秀ら台中丸で帰京(途次、喜界島で講演)。11月23日ー京浜沖縄県学生会秋季総会で「方言に現れたる土俗」と題し講演

 伊波普猷のよく知られた言説に「・・・さて、沖縄の帰属問題は、近く開かれる講和会議で決定されるが、沖縄人はそ
れまでに、それに関する希望を述べる自由を有するとしても、現在の世界情勢から推すと、自分の運命を自分で決定することの出来ない境遇におかれてゐることを知らなければならない。彼等はその子孫に対して斯くありたいと希望することは出来ても、斯くあるべしと命令すること出来ないはずだ。といふのは、廃藩置県後僅々七十年間における人心の変化を見ても、うなづかれよう。否、伝統さへも他の伝統にすげかへられることを覚悟しておく必要がある。すべては後に来たる者の意志にに委ねるほか道がない。それはともあれ、どんな政治の下に生活した時、沖縄人は幸福になれるかといふ問題は、沖縄史の範囲外にあるがゆゑに、それには一切触れないことにして、ここにはただ地球上で帝国主義が終わりを告げる時、沖縄人は『にが世』から開放されて、『あま世』を楽しみ十分にその個性を生かして、世界の文化に貢献することが出来る、との一言を附記して筆を擱く。」(1947年11月『沖縄歴史物語』沖縄青年同盟)がある。

沖縄歴史物語(右がハワイ版)


<あま世>の言葉は、1933年1月15日、琉球新報主催「航空大ページェント」で瀬長島上空を関口飛行士操縦の複葉機から色白の美人・宮森美代子嬢がパラシュートで飛び降りる。それを万余の沖縄県民が見物という新報記事を東京で見た伊波が自身のロサンゼルス上空を飛んだ感動と重ね合わし「おもろ・飛行機」と題し「・・・紫の綾雲、おし分けて出ぢへたる、ふへの鳥の舞ひ、如何し来る鳥が、常世の大ぬしの御使者は有らにゃ、・・・大和世は物事変て、殊に工学のひろましや、珍しや算知らぬー沖縄御間切心一つならば、苦世す甘世なさめ。直り世は実に是からど始まる」とよんだことが初出である。
 異国船研究も、やはり沖縄学(伊波の学問を沖縄学と称したのは折口信夫)の礎を築いた伊波普猷に立ち戻らないといけない。『東恩納寛惇全集』「伊波君の想出」に寛惇は「日清役の頃か、伊波君が在京沖縄青年会雑誌に『爛額雑記』とか云った表題の随筆で、ヴィクトリヤの僧正の琉球訪問記を紹介した。(略)伊波君が『ヴィクトリヤの僧正』を取上げたのは、琉球語聖書の著者ベッテルハイムや、通事板良敷等に興味を有ったからであったらしい」と記している。1904年6月、伊波は鳥居龍蔵の沖縄調査に同行し横浜から尚家の汽船で帰省。鳥居は伊波宅に投宿。伊波は鳥居を沖縄各地に案内、記念にチェンバレンの『琉球文典』を鳥居より贈られる。

飛び安里研究会
1913年11月 素人飛行家、渡辺又一、勢理客鍋(佐敷村出身)両氏は渡辺氏の作成に係わるカーチス式複葉飛行機の滑走を試みるべく、両氏は数日前よりこれが組立に従事し、いよいよ飛行の当日は、先ず渡辺氏が滑走を試みたる後、勢理客氏又滑走を試みる筈にて行く行くは渡辺氏の飛行機に、勢理客氏の所有にかかるインジン(機関)を据えつけ、佐村氏の監督の下に天晴れ飛行家とならんとの決心を抱き居りたり。然るにピンカム知事は、これら飛行家の苦心を無視し、ハワイ軍区長官カーター少将の命によれりとて、遂に飛行を差し止むるに至りたり。『新聞にみるハワイの沖縄人90年』比嘉武信/編著 1990/10/01 若夏社


 台風7号が接近中の6月30日 なは市民活動支援センター 飛び安里研究会「沖縄の花火師〔飛び安里〕世界で最も早く空を飛んだ」

島袋和幸氏、島袋宗一氏

島袋宗一氏

1943年9月 月刊『文化沖縄』新垣源蔵「琉球の火術雑考」 
○「頂姓系図」支流(越来村字越来の安里家の系図)によると、この内の一人安里筑登之は、安里家六世の祖安里周英と云ふ者で、この人の父が周當で、有名な火花師である。沖縄で始めて焰硝製出に成功した人である。宮里良保氏の発表された飛行機の発明者も、安里周祥でなくこの周當だと自分は考へている。何故なら周祥はこの人の四男であり、系図には事跡は明らかでない。・・・
1943年10月 月刊『文化沖縄』与那国善三「飛び安里の話」 

琉球の「飛び安里」を世界に紹介した宮里良保

自動車の知識(誠文堂十銭文庫 33) 宮里良保 著
宮里の本や資料については島袋和幸に問い合わせてください。〒124-0011東京都葛飾区四つ木4-18-10 ☎03-3695-9276 島袋携帯090-4920-6952

2015年6月 島袋恒政・島袋和幸『鳥人・飛び安里考』大和印刷(電話 03-3862-3236)定価・送料共1000円
発行ー『沖縄の軌跡』発行人・島袋和幸(〒124-0011 葛飾区四ツ木4-18-10 携帯090-4920-6952)
島袋和幸「沖縄の鳥人<飛び安里・花火師>」
 沖縄の鳥人<飛び安里・花火師ヒハナジ>は、ことに沖縄では偉人と言われている。それは、約二百年前に<飛行>、つまり空を飛ぶ事について試行錯誤していた可能性があるからだ。その<飛び安里>について、彼が研究したであろう<飛ぶ>という事と、<沖縄の偉人>としてのロマンから、飛び安里について多くの方々が新聞や雑誌。書物などで言及されている。一方マスコミで取り上げられたことも数多いのである。しかし、こうした取り組みの中にあって、決定的な文献が無いとか、実際に飛んだ<飛び安里>とは一体誰なのかとか、又、飛んだ場所等についても諸説があったりで、実際には多くの方々を巻き込んで議論が尽きないのである。
 こうした中で島袋恒政氏は、「二百年前の初飛翔/コンピューターで性能解明へ」(『沖縄タイムス』昭和62年2月14日)、「<跳び安里>のロマン再び/資料から模型製作/二百年前に精巧な設計」」(『沖縄タイムス』昭和62年5月10日)という新聞記事になる、<想像図>を国立国会図書館で発見している。それは約30年も前のことで、これ以降、地元新聞紙上や雑誌などで盛んに取り上げられた。その後も、同氏は各種資料や書物に真実を求めて追求してきた。安里家の遺族関係者や、貴重な証言、珍しい資料などが埋もれてしまう前に記録しておきたいという強い思いがある。
 私は、約20年前に<飛び安里>研究に緒をつけた『科学画報』の記者、宮里良保について人となりを記録していた。さらに、15年前ほど前から民間航空の始祖である奈良原三次(奈良原繁沖縄県知事の嗣子)についても記録を行っていた。そして、いがいにも沖縄人の飛行機研究者が明治・大正期の早い時期から多かった事を知る。こうした事情等を島袋恒政氏の<飛び安里>についての博識な知識と、資料の記録をお手伝いしたいと思った次第である。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

1974年5月『琉球の文化』第5号 《沖縄戦と終戦直後の生活》





那覇市歴史博物館 6月25日 · 常設展の展示資料紹介
 常設展示室では、琉球王国時代から沖縄戦までの資料を展示して、那覇の歴史を紹介しております。トピック展示として、沖縄戦関係の貴重な資料(宿舎日誌など)も紹介しておりますので、ぜひ一度足を運んでいただければと思います。さて、今回は展示資料の一つ「尚泰辞令書」(尚泰宛 叙正三位位記)を紹介いたします。こちらの資料は天皇から位階を勅授する際に発行した公文書となります。天皇から位階を授けられたのは、琉球王国最後の国王であった尚泰となります。
 1879年4月いわゆる「琉球処分」により琉球王国は事実上なくなり、日本の一部として沖縄県が設置されます。最後の国王であった尚泰は同年5月27日に那覇を出港し、上京しました。東京麹町区富士見町の邸宅を与えられ、1885年5月には旧藩主層(尚泰は琉球藩王とされていた)のなかでは大藩並みの扱いとなる侯爵に叙されます(爵位は最も上位が公爵で、以下は侯・伯・子・男爵と続きます)。尚泰は華族の一人として東京で暮らすことになったのでした。今回展示している資料は、侯爵に叙された2年後に正三位に叙された内容となっています。上京後は来客を絶ち、読書に傾注したといわれる尚泰は、どのような思いでこの公文書を受け取っていたのでしょうか。


大濱 聡 6-25

 斎藤 陽子 (Walnut, California)6-25 日本時間あと1週間で6月も終わり、コロナ禍で落ち着かない生活を重ねている内に、今年も半年が過ぎてしまいます。3月から始まったロスアンゼルスの、新型コロナウィルスとの闘いの、自宅待機も97日目となりました。南カリフォルニアの日中は27℃ほどと幾らか暑くなりましたが、夜間は12℃と冷え込み、布団が欲しいほどで、昼と夜の気温差が大きいです。
 10年前のお正月には常夏のインドネシアで1週間を過ごし、海釣りを楽しもうと沖に船で出ましたら、おびただしいレジ袋やペットボトルが潮の流れに沿って流れている様を見て、釣りをする気になれず早々にホテルに帰って来た記憶があります。日本でもやっとプラスチィク削減目的の、レジ袋使用が見直され、この7月1日からレジ袋を廃止しするようですが、すでにカリフォルニアでは2014年から、スーパーの買い物は自分の「買い物袋」持参が日常化して定着しております。

 さて、きょう掲載しますこの写真は過去に数回掲載していますが、再掲載いたします。既にご存知の方も居ると思いますが、今日の投稿をご存じの方は相当な農業通ですが、この実が何かご存知でしょうか。農業に詳しい方でも、ご覧になった人は少ないと思いますが、おそらくカリフォルニアの人でも、この実を知る人は少ないと思います。これは収穫前のピスタチオの実なのです。ピスタチオの実は銀杏やオリーブぐらいの大きさで、果肉はまったく松の葉と同じ匂いがし、この実の中の種子がピスタチオとなります。原産は古代トルコ、ペルシャなどの地中海沿岸で、農耕文明の初期以来、この地に自生していた原種を食用に栽培してきたといいます。一部のアラブ系、アルメニア系、トルコ系などの人達のみに親しまれてきて、その後、植物愛好家が種子をローマに持ち込みヨーロッパに広がり、熟した種子を殻果ごと焙煎し、塩味をつけたものを食用としました。ピスタチオグリーンと呼ばれる緑色が残り、味は他のナッツ類と異なる独特の風味があり、「ナッツの女王」とも呼ばれています。
 40年前まではアメリカもピスタチオは中東からの輸入品が主流でしたが、ご存知のように中東は紛争地帯と化して以来、カリフォルニアはオレンジ栽培が主流だった農場を30年前ほどから、ひたすらピスタチオ生産へと転換しピスタチオ農地を拡大し、今ではすっかりカリフォルニア名物のピスタチオとなりました。南カリフォルニアからサンフランシスコに行く途中の、サンウォンキン・バレーという広大な農業地帯では地平線の彼方まで、中東に似た乾燥した気温と太陽の恵みを得て、ピスタチオ畑が広がっています。ピスタチオ畑を訪ねた時は果肉がホンノリと色ずき始めたいました、ピスタチオの実の収穫期は8月から10月まででます。銀杏の様に果肉を取り除いて中の種子を焙煎加工して、ピスタチオは市場に出されますが、その集荷場と加工工場は大きな敷地を有し、その施設に相当な資本力を感じました。

 海鳴りの島から6-24 昨日23日は「沖縄戦慰霊の日」で、沖縄は公休日だった。沖縄防衛局も県民からの反発を恐れて工事を止めていたが、一夜が明ければこのような状況だ。沖縄戦の犠牲など日本政府・防衛省にとっては、国土防衛のための献身でしかない。沖縄に新たな犠牲を強いることに、何のためらいもない。


 大濱 聡 6-23■今日6.23は沖縄の「慰霊の日」。東京の六曜社(イベント企画・運営、書籍出版)が公募した〈終戦75年平和祈念「琉球の言ノ葉」〉の短歌の部で最優秀賞になった東京の高校生(18歳)の作品がとてもすばらしい。
 戦死者は数ではなくて人だった碑の名をなぞる指がふるえる【選評】碑に刻まれた人々の名に死を強く実感した作者。その衝撃が「数ではなくて人だった」と直截に述べられ、読む者の胸をつく。この世に生まれた一人一人が名を持つこと、そして戦争によって生を奪われたことを改めて教える。■今日の「沖縄全戦没者追悼式」で朗読された平和の詩「あなたがあの時」の作者もまた女子高校生(17歳)で、聞く者の心に響く詩だった。若い人たちに戦争の記憶と、「反戦・平和」の思いが継承されていることが嬉しい。■戦後50年の1995年、完成した「平和の礎」をテーマにした「NHKスペシャル 23万人の碑~戦後50年目の祈り~」で制作統括を務めた。完成時に23万4183人だった刻銘者は毎年追加され、今年の30人を含めて24万1593人になった。


 青山恵昭 6-23 きょう沖縄反戦平和追悼、摩文仁平和祈念公園にて。

 斎藤 陽子(Walnut, California)6-23日本時間 【慰霊の日を迎えて思う】(前略)戦争が終わって3ヶ月目、沖縄 石川の捕虜収容所のテント小屋で、頭にDDTの粉の洗礼を受けた日が、私の沖縄での幼い記憶の最初です。収容所生活の後は玩具も遊び場もないテント生活の、当時6歳の私の様な子どもたちは、戦争の跡の焼け野が原で頭蓋骨など人骨を拾って遊ぶのが、子供たちの当たり前の生活でした。無名の人骨を拾ったら「この穴に投げ入れなさい」と言われたプールのような大きな穴には、沢山の人骨が有ったのを幼い子供だったのにも関わらず、今でも鮮明に覚えています。6歳に野原で拾った骨を投げ入れたプールのような丸い穴は、今では蓋ができ「魂魄コンパクの塔」となって35000人の焼け野が原に散乱していた無名の方がたの遺骨が収められています。摩文仁の丘には多くの慰霊碑がありますが、「魂魄の塔」だけが唯一遺骨の入った慰霊塔でした。
 小学校では戦火の中で孤児となり、自分の名前も歳もわからない子どもたちが、西原の孤児院「厚生園」から首里の小学校のクラスに数人通ってきていましたが、あの方たちの将来はどうなったのでしょう。小学校の校舎もない時代、木陰での青空教室が小学校がわりの時代で、教科書も無くノートはわら半紙で針と糸で綴じて作った、ノート持参での一年生でした。沖縄はその後やがて、廃墟の焼け野が原から人びとは立ち上がり、日本政府とは交渉の交流の無い沖縄でしたが、人々は自力で必死で復興への道をひた走り、当時は米軍から戦利品をくすねるのが当たり前の生活で成功を収めた人もいます。かたわら瀬長亀次郎氏が独り「反米、反戦」を叫んでいましたが人々は生活に追われて、瀬長亀次郎の街頭演説を真剣に聞いている人は余りいませんでした。
 終戦から米国軍が発行して使用していた軍票B円が、突然、軍票160円が米国1ドルと切り替えられたのも高校時代でした。二日間だけのドルへの切り替えの日には、銀行の屋根の上や銀行入口には、米軍の警備がカービーン銃を持っていた、物々しい光景は今でも忘れることができません。高校の文芸誌は反米思想に偏ってないかの検定を琉球民政府に許可を受けなければならず、反米文章は発刊できない時代でした。また我が首里高校が沖縄で始めて、甲子園で戦った後に甲子園の土を持ち帰ったところ、甲子園という外国からの土は検疫法に違反するとのことで、那覇沖の上陸前の船上で海へ投棄しなければならなかった事件などは、多感な高校生に「甲子園は沖縄にとって外国」という現実を突きつけられて、悔しい思いをしたものです。
 18歳の高校生を終わるまでを沖縄で過ごした日々は、まさしく戦後の混沌とした沖縄の歴史を目の当たりにして生きてきました。そして琉球民政府発行の身分証明書をパスポート替わりに持っての、東京での学生生活は60年安保闘争中、デモ隊の中で樺美智子さんが亡くなると言う事件が、私の大学生活の幕開けでした。学生生活と獣医研修等で過ごした7年近くの東京生活では「オキナワ人」と偏見の眼差しで見られる経験を常時し、何故か沖縄人であるがゆえに肩身を狭くして生きていた自分がいました。そして1ドルが360円という留学生には過酷なドル事情のなか、53年まえに、アメリカへと留学して行ったのです。これらのすべての日々をなぜか「慰霊の日」に思い出すのです。私にとっての「慰霊の日」とは、忘却の彼方を思いおこす日でもあります。

コメントはメールにお願いします→shinjo8109@gmail.com


平良次子6-30 月下美人が咲いて迎えてくれ、嬉しくて嬉しくていい香りに包まれながら/松田 米雄6-30 庭と玄関先に合わせて13輪の月下美人が咲きました。11時半で5分咲きですが、ほのかな香りが漂っています。

 斎藤 陽子 (Walnut, California)6-30日本時間 新型コロナウィルスが発症した後の3月19日以来、100日以上も続く在宅自粛生活に、市民は全ての事に耐えてよく協力しています。新型コロナウィルスを封じ込めに成功しつつあったロスアンゼルスですが、経済的にも限界をきたし、段階的に社会活動を緩和しだした矢先、2週間前から感染率が増加し、段階的に緩和されていたバーなど夜の呑み屋が再び、州知事の厳しい警告に遭い、昨日から再び閉鎖を宣告されました。この感染抑制の効果が無ければ、この後、閉鎖命令の輪はますます他の職場に波及することでしょう。何時まで続くか・・・・憎きコロナです。
 【ビートルズ訪日に思う】1966年6月30日ビートルズの日本公演から54年の記念日にあたるといいます。ビートルズが日本に来たのは私がアメリカに留学する半年前の、それこそ私の青春の真っ只中のことでした。敗戦あとも延々と続いた保守的なファションを打破したい若者たちは、銀座のみゆき通りで「みゆき族」なるものを流行らせていた時代です。若者がこれまでを打破したいと思う時代に、容姿もマッシュルームカットにし、これまでにないリズムの音楽を持ち込んだビートルスは、当時の保守的世相の中で悶々としていた、飢餓状態の若者の魂をトリコにしてしまったのです。
 明治生まれの父には日本で流行りだしたビートルズの音楽が、過激に聞こえたようで、音楽が流れるたびに腹を立てていましたが、私はビートルズの音楽は好きで、父とジェネレーション・ギャップを感じたものです。当時の私は獣医研修中のしがない身には、ビートルズの武道館コンサートまで行って、高い入場料を払う勇気はありませんでした。この半年あとにアメリカに渡った頃、アメリカの町並みではポール・マッカトニー作の「Hay Jude」が空前の流行りとなり、サンフランシスコの街並みの通りにたむろす、ベトナム戦争反対のヒッピーの群れも、この歌を合唱していましたが、この曲をサンフランシスコの町並みで一日に何度聴いたことか・・・。
 そのあとビートルズはインドへ行き伝導師マハラシのもとで、瞑想修行生活を行っていますが、サンフランシスコのヒッピー達にも、瞑想修行のビートルズは多くの影響を与えていました。1967年代後半からジョン・レノンがオノ・ヨーコとベットインなどで平和活動を行う二人が、当時は奇異な活動として私には映って理解しがたいものがありました。先の見えないベトナム戦争のなか、1971年にリリースしたジョン・レノンの作った 平和への願いを込めた「IMAGINE」は、このたび米国の音楽出版協会が、2017年6月 ジョン・レノンとオノ・ヨーコをその共作者として公式に認めたことが明らかになりました。現在 中東などでの混沌とした紛争の続くいま、この「IMAGINE」の歌は人々の心に訴える曲だと思うのは私だけでしょうか。ビートルズは53年前の私の青春の一幕でした。

 [海鳴りの島から] 6-30 沖縄県議会の議長選出をめぐって、与党が分裂し、野党による攻勢が強まっている。県議選だけではない。沖縄戦没者追悼式をめぐる対応や万国津梁会議の委託、人選、辺野古新基地問題についての姿勢など、玉城知事のこれまでのあり方に疑問を抱く人は、知事本人が考えている以上に増えているはずだ。基地問題で米国訪問や全国行脚をするのもいいが、玉城知事がそれよりも優先しないといけないのは、沖縄県内をくまなく歩き、各島々で暮らす住民と繋がりをつくることだ。国会議員ではなく県知事なのだから、地方政治家として沖縄内部で根を張っていかなければ、2年後は危うい。

      
 愛知ママの会 解体撤去まで、早くに中止するほど無駄な税金は使わずに済むはず。6-28 東京新聞『五輪会場は今 熱気いずこ』工事中止、野ざらし、解体撤去…。熱気どころか、開催どころか、もはや現実は"どう後始末していくか"のフェーズに着々と移行。で、今日は東京60人。都知事選でまだオリンピック・パラリンピックやる 出来ると言ってる候補者もいるようだ。もう嗤うしかない。〇T・Y 安倍政権と森、ゆり子のオリンピック事業は大失敗誰が責任とる。

 6月27日 FB友の通信を見ていたら、「ダークツーリズム」というのが出ていた。検索に「(英語: Dark tourism)とは、災害被災跡地、戦争跡地など、人類の死や悲しみを対象にした観光のこと。ブラックツーリズム(英: Black tourism)または悲しみのツーリズム(英: Grief tourism)とも呼ばれている」とある。最近、松尾の古本屋で買った『写真が語る「負の遺産」』双葉社2014年が手元にある。はじめに、近年、「ダークツーリズム」という観光スタイルが注目されている、と述べている。今、現実のコロナ禍で、目の前がダーク。コロナ禍による世界の死亡者50万人超え、国別の死者は、米国が群を抜いて多く12万5千人超で、次いで南米ブラジルが5万7千人台。西欧諸国では鈍化傾向にあるが、メキシコが2万6千人、インドが1万6千人と増加基調が続いている。中東のイランでも1万人台に上っており、死者が1万人を超えたのは計9カ国。→6-29 KYODO

 今は目前のコロナ禍さなか!でも日米両政府によるオキナワ破壊(辺野古新基地)が粛々と進んでいる。粛々と言えば那覇の密集地に、新市民会館の工事も進んでいる。コロナ禍の前であれば許容できた「ハコモノ」かも知れないが、次のコロナ禍に備えての設計変更を緊急にしないと「無用の長物」になり兼ねない。

6月4日ー粛々と建設工事が進んでいる「新市民会館」


しんぶん赤旗6-23「『大阪都構想』ーコロナ禍の今なぜ」/6-25「大阪カジノ業者選び延期」/6-27「緊急事態中下で統廃合工事」

 大阪府保険医協会 2020/3/5【新型コロナ】大阪市の保健所は僅か一カ所 住民の健康は身近な行政でこそ守られるー現在、新型コロナウイルスが国民の生活に大きな影響を及ぼしています。こうした事態に保健所は大きな役割を担う存在ですが、この20年間で保健所は削減され続けています。そこで保健所を守る大阪市民の会の亀岡照子氏に緊急インタビューを実施しました(取材日:2月26日)―はじめに保健所を守る大阪市民の会の活動について教えて下さい。1994年に地域保健法が制定され、全国の保健所の削減が進みました。不健康都市日本一の大阪市では、市民のいのちと健康を守る砦としての保健所を残して欲しいと1995年11月に「保健所を守る大阪市民の会」が発足し、保健所応援団の活動を始めました。初代会長は、大阪大学医学部衛生学元教授の丸山博先生が務めました。65万枚のビラを配布し、旺盛な宣伝活動を行うとともに、厚労省交渉を5回、大阪市交渉や申し入れを17回繰り返しましたが、残念ながら2000年4月に、大阪市の保健所は1つに統合されてしまいました。

  斎藤 陽子 (Walnut, California)6-27 日本時間6月ももうじき終わりますが、新型コロナウィルスでロスアンゼルスに外出禁止令が出て、27日の今日で100日になります。新型コロナウィルスが発症して、在宅自粛100日を迎えようとは想像もしておりませんでした、いささか長すぎる自粛生活で、みな疲れています。24日には何と全米の新規感染者が、たった1日で4万人と最多を記録したとの報道です。カリフォルニアは厳しい外出規制を引いたお陰で、コロナ禍を封じ込める寸前まで行きましたが、余りの厳しい規制で経済面で景気の厳しい状況が出始めて、段階的に外出規制を緩和しだした矢先、この2週間で急に感染者が急激に増え出し、その余りの感染の増え方に、州知事も慌てだしています。
 カリフォルニア州は24日、新規感染者が7149人確認され最多を更新し、カリフォルニア州のニューサム知事はここ2週間で100万人以上にウイルス検査を実施し、約5%に陽性判定が出ていると述べています。おもな感染層は20代から40代が占めているとのことで、特にメキシコとの国境沿いに接するカリフォルニアで、感染の蔓延率が激しい様で緊急状態の様です。州知事はしきりに公共の場での、マスク着用を義務付けていますが、他の打つ手は模索中の様です。
 プラスチック製削減目的から、日本でもスーパーやコンビニで無料配布されていたプラスチック製ビニール袋が7月1日から、全国一斉に有料化を義務付けられるとの方針の様ですが、カリフォルニアでは2014年から、レジ袋の廃止を実行し、各自がマイ買い物袋(エコバッグ)を持参して買い物をしてました。
 ところが・・・・新型コロナウィルスが発症して後、使用を重ねるエコバックが、衛生の面でコロナウィルスの介在源になり得るという感染説が出て、この2週間前ほどから、もとの使い捨てレジ袋使用に戻っています。さてさてカリフォルニアのレジ袋廃止はコロナ禍で、急に方針転換し、今後のレジ袋の行く末がどうなることでしょうか。どなた様も新型コロナウィルスにはくれぐれもお気を付けになって、お過ごしください。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
 『琉球新報』2020-6 沖縄芸能研究者の當間一郎(とうま・いちろう)さんが18日午後11時21分、腎臓がんのため糸満市内の病院で死去した。81歳。サイパン生まれ、那覇市出身。

 旧グランドオリオン通りに沖縄コレクター友の会の仲里康秀さんが「しんあいでんき」(TEL:090-3322-9908)を開いた・古いラジオ、カメラ、時計や戦前の沖縄風景写真が並んでいる。仲里さんに関して新城栄徳が2004年3月の『沖縄タイムス』・「うちなー書の森 人の網」に書いた。「先月、沖縄コレクター友の会ドゥシ真喜志康徳氏と共に南風原町の仲里康秀氏宅へ遊びに行った。古いジュークボックスなどに囲まれた部屋で1968年の『知念高校卒業アルバム』を見た。恩師の当間一郎、山内昌尚、饒平名浩太郎、津留健二。卒業生の物理・放送・無線クラブの仲里康秀、社会クラブ大城和喜、上江洲安昌、宮平実、高嶺朝誠らの諸氏の顔が並ぶ」。


1967年3月 琉球組踊保存会(代表・真境名由康)『組踊研究』創刊号 


1973年10月『琉球の文化』第4号 当間一郎「組踊の歴史」

1974年5月『琉球の文化』第5号 当間一郎「組踊を考える」


1976年10月 『新沖縄文学』33号 当間一郎「宮良當壯論・・・昭和35年の12月中旬だったと記憶しているが、月刊『琉球文学』(宮良當壯編集)が第12号の発刊をもって廃刊するにあたって、宮良當壯から柳田国男に報告に行くように頼まれたので、友人の宜保栄治郎と二人で、成城の柳田邸を訪ねた。柳田先生は快く迎えて下さり、沖縄研究の重要性、わけても『船』の研究を強調された・・・」

null
1980年11月24日ー豊中市立婦人会館で開かれた南島史学会第9回研究大会。中央ー窪徳忠氏、當間一郎氏/左から新城栄徳、崎間麗進氏、島袋光晴氏、當間一郎氏


2000年11月『宮良當壯記念論集』宮良當壯生誕百年記念事業期成会(石垣繁)當間一郎「八重山に現存する組踊写本」

 末吉麦門冬資料を提供したということで當間一郎氏から2010年6月発行『沖縄芸能史研究会会報』第380号(〒901-0152那覇市小禄808-3 電話098-857-2431)が贈られてきた。末吉安恭の沖縄芸能研究が会報全部を占めている。私が興味を持ったのが、はじめの當間一郎氏と宮良當壮との出会いである。宮良は折口信夫の弟子であった。2の末吉安恭の家系で當間氏は安恭の没した日で悩んでおられるが、安恭「莫夢忌」は11月25日である。5として折口信夫の「沖縄採訪記」(大正12年)の話者としての末吉安恭もある。
6が琉球芸能史の実証研究者で、「組踊談叢ーは、組踊に関するエピソードが紹介されていて、興味深い論考である。『踊が物言ふと法もあるものか』といった話。『出様来る者や』の出端のせりふのきまった話。田里朝直の組踊三番にまつわる話。『花売の縁』の出端の道行歌に関する話。『二山和睦』を創作し、母の49歳のお祝いに演じた話。『大川敵討』『本部敵討』の沖縄本島北部までの道のりを、出かけて実地踏査をしたエピソード等、興味深い話をまとめあげたものである。組踊研究で熟読してきた『組踊小言』は、末吉安恭の博学多才を前面に打ち出した論文である。能や謡曲、狂言、歌舞伎、雅楽、浄瑠璃等、わが国の中世、近世、古代の芸能に造詣が深く、それらを駆使しての一大論文になっている。最後に、独学で築きあげたパワーの偉大さを、読むたびに感じている。詩歌や戯曲等においてもハングリー精神旺盛であった末吉安恭の実力を再確認することができた、としめている。

2000年8月30日ー『琉球新報』新城栄徳「命ど宝!/山里永吉の芝居の世界」
 アメリカの歴代の大統領のスキャンダルを紹介している本を読み終わった直後、色男・クリントンの平和の礎での演説をテレビで聞いた。なぜか危険な親しみを感じてしまった。そして、作家の大城立裕氏が本紙に、その演説を批評し話題となったのが「命ど宝」という言葉である。
 大城氏の批評を呼んで初めて気づくのだが、尚泰王の「いくさ世もしまちみろく世もやがて嘆くなよ臣下命ど宝」が、実は、芝居「首里城明け渡し」に本来は無かったということである。大城氏は『うらそえ文芸』5号でも「あれは山里永吉の『那覇四町昔気質』という芝居があって、尚泰王がヤマトに連れていかれるときの幕切れで、歌う歌」と厳密に紹介されている。
山里永吉の戯曲「那覇四町昔気質」が琉球新報に掲載されたのは昭和7年3月で、山里はその後記で「この戯曲は多分13日から大正劇場で上演されると思うが、考えて見ると大正劇場に拙作『首里城明け渡し』が上演されたのが一昨年の今頃、ちょうど衆議院の選挙が終わった当座だったと覚えている。それから昨年の正月が『宜湾朝保の死』、今度の『那覇四町昔気質』と共に尚泰王三戯曲がここに完成した」と述べている。
大城氏も指摘されているが、この歌を尚泰王の歌として定着させた功労者、喜納緑村について少し紹介しておこう。第一豊見城小学校の代用教員、『沖縄新聞』記者を経て、大正2年、雑誌『おきなは』を創刊。昭和3年、『沖縄昭和新聞』主筆、昭和5年に沖縄童話発行所を設立し『沖縄童話』を発行、昭和7年に琉球研究社と改称し、『琉球歌物語』『琉歌註釈』を刊行。一般には『琉球昔噺集』の著者として著名である。
大方のウチナーンチュは尚泰王の、この歌はフィクションだと知っている。事実であれば那覇港に大きな「歌碑」が既に立っている。「命ど宝」の言葉自体は當間一郎編『沖縄県史料ー芸能Ⅰ(組踊)』の「屋慶名大主敵討」にある。昨今、「沖縄のこころ」や「命ど宝」という言葉に難癖をつける傾向が「琉大トリオ」をはじめ、学生にも目だっている。これは形ばかりの気の抜けたジャーナリストが横行していることの証明であろう。(最近も居る)

1940年6月 那覇の大正劇場で「首里城明渡し」上演/7月「那覇四町昔気質」上演



1960年8月『オキナワグラフ』

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
 屋良 朝信 2020年7月5日 佐藤惣之助詩歌碑の移設を考える会
2019年10月31日、未明に首里城が火災、炎上して早や9カ月になろうとしている。沖縄ではこれまで、首里城の再建へ向けたたゆまぬ努力のもと、2026年には首里城が再建される。嘗ての首里城に、大正昭和の時代に活躍した、川崎市出身の詩人佐藤惣之助の詩歌碑があったが別な場所に移設されて今日に至るが、沖縄那覇市の山川宗徹氏が代表を務める-佐藤惣之助詩歌碑移設を考える会-が元の首里城に移設する運動を展開し、その努力が実り令和3年5月15日の惣之助没79回目の命日に「佐藤惣之助詩歌碑」が元の本籍地である首里城公園入口に移設建立されることが決まった。下記は佐藤惣之助詩歌碑の移設を考える会会長 山川宗徹氏によるfacebookへの投稿記事を引用させていただいた。YouTube”宵夏” 詩:佐藤惣之助 曲:屋良とものぶ 三線:御所真一郎 二胡:大関ジュンコ映像プロデュース:石井彰英
********************************************
「宵夏」の詩は佐藤惣之助が大正11年5月から7月、沖縄本島、各離島を巡遊、沖縄諸島風物詩集を著し、その中に「宵夏」の詩が載っている。惣之助詩歌碑は令和3年5月15日の惣之助79回目の命日に首里城公園に移設建立される。既に設計業務は完了し、今年度予算に移設工事費が那覇市の予算に計上されている。那覇市議会、那覇市当局、沖縄県、川崎市議会、川崎市当局、川崎沖縄県人会の皆様には多大なご協力を賜り、いよいよ「宵夏」の詩の本籍地である首里城公園に移設建立される日が近づいてきた。心躍る今日この頃である。改めて関係各位に感謝とお礼を申し上げます。 佐藤惣之助詩歌碑の移設を考える会会長 山川宗徹 拝

 関連→山川宗徹 4月7日 天山陵 
 那覇市首里池端町に所在する第一尚氏王統・尚巴志を始め歴代の王も葬られた陵墓跡である。方言名は「ティンサンリヨウ「、天山御墓「テインサンウハカ」、「天山ようどれ」、また「天山」ともいわれたようである。募陵は天山森の南の崖面に掘りこんで、東室、中室、西室の3室あったとされている。1983年(昭和58年)沖縄県教育委員会の調査で閃緑岩の扉が発見されている。第一尚氏滅亡後第二尚氏第三代尚清王の五男である北谷(ちやたん)王子に下賜されて「天山御墓」と呼ばれ、その後も北谷家の墓として利用されたとなっている。
 「中山世譜」によれば天山陵焼失後第二尚氏の一時的な陵墓として使用され、1637年(崇禎10年)第6代尚永王の妃が、1663年(康煕2年)に第7代尚寧王の妃が葬られたとなっている。何よりの証拠は1983年(昭和58年)に地主自身が西室近くで発見した、尚巴志の石棺台座が残存していたことは特筆されることではないかと考える。専門家でもない小生が「天山陵」について記述して意見を述べるのもおこがましいことではあるが、琉球国の礎を造った第一尚氏の功績があったればこそ第二尚氏が400年余りも続き、その子孫が今日まで繁栄している事に、改めて光を当てるべきではないかと思うのである。そして、琉球国を経て今日の沖縄県の長い歴史が続いている事に改めて驚嘆と誇りを持ちたいものです。


 屋良 朝信 2020-6-24 うりずん豆の旬はだいぶ過ぎているのだろうが銀座わしたショップの野菜売り場を覗いたらラッキーまだ陳列棚にありました。迷わずゲット。その他へちま、島豆腐。これでおきなわ三種の神器ならぬ神食材が揃った。四角豆:沖縄や小笠原で人気の野菜。ゴーヤーや糸瓜(ナーベーラー)同様、遮光用途のグリーンカーテンとしても人気が出ているとか。ゴーヤーも嘗ては誰も注目しなかったけど今や夏野菜の代表格になりました。四角豆も癖のない野菜なので人気が出ると思います。

 屋良 朝信6月14日 9:58“橋電車” 2020-5-31半世紀ぶりに懐かしの都電34番系統を歩いた。起点;JR浜松町駅金杉橋⇒芝園橋⇒赤羽橋⇒麻布中ノ橋⇒一ノ橋⇒二ノ橋⇒三ノ橋⇒古川橋⇒四ノ橋⇒光林寺⇒天現寺橋⇒広尾橋 通学で利用していた1960年代当時の品川駅前は多くの都電路線のターミナル駅で、夥しい数の都電車両がひしめいていた。都電は欠くことのできない交通手段だった。高校から大学にかけては何かと高輪〜三田周辺に縁があり都電34番系統にはよくお世話になった。貧乏学生の身で都電に乗る金にも不自由なときは、沿線歩き。三田のイタリア大使館の裏辺りを通って芝園橋-赤羽橋に出て渋谷くらいまでは軽く歩いた。途中、少し方向を変えると六本木/赤坂も至近距離だ。34番系統は”橋電車”と呼ばれるほど橋の名の付く停留所が多い。昭和44年廃線、電停名は、今、バス停名に踏襲されている。

金杉橋/将監橋/芝園橋

赤羽橋/赤羽橋/中ノ橋

 16の停留所中12に「橋」がついている。四ノ橋から終点金杉橋までは九つの停留所すべてに橋が付く。東京タワーが近いがビル群に阻まれてようやく赤羽橋でタワーが拝めた。橋の架かる川は上流で渋谷川、下流では古川となり東京湾に注いでいる。大学初年の頃は三田に在った塗装工場でアルバイトをしていた。70年安保のころで大学のキャンパスも長期閉鎖、バイトに明け暮れる日々でもあった。ペイがよかった。給料後で懐が温かい時だったのか、生まれて初めてニコラスのピザを喰ったり、アマンドのケーキを奮発したりしたのを覚えている。


光林寺 (こうりんじ)は東京都港区南麻布にある臨済宗妙心寺派の寺院。慈眼山光林寺。
ヘンリー・ヒュースケン(オランダ系アメリカ人)の墓、東京都港区、光林寺 1856年(安政3年)に初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスに伴われて来日し、ハリスの秘書兼通訳を務めた。 1861年1月14日(万延元年12月4日)にプロイセン王国使節宿舎であった赤羽接遇所(港区東麻布)からアメリカ公使館が置かれた善福寺への帰途、赤羽広小路ないしは芝赤羽新門前町の中の橋の北側で攘夷派『浪士組』所属の薩摩藩士、伊牟田尚平・樋渡八兵衛らに腹部を深く斬られ、善福寺宿舎に運ばれたが翌日死去した。28歳没。 ウィキ
 旅の記憶 〜遊民雑記〜 tomoyaraのblog


 2020年06月01日 ショウセン-五反田駅 10数年前、勤め人時代のこと。営業で外回りの先輩から電話があり、五反田駅で待ち合わせすることになった。” 急遽、取引先と打ち合わせになったので、お前も出て来ないか” とのこと。五反田駅は地下鉄や私鉄の乗り入れもあり、”どの五反田駅へ行けばいいか?” と問うと” では ショウセンの五反田駅で待っている” との答えあり。 ””ん・・? ショウセン?”一瞬、??と思ったが先輩は私より二つ三つ年上、 そこで・・おっ、そうか。ショウセン(省線)のことね・・と合点したが、ショウセンなどという言葉をいまだに使う人がいるのかと驚いた。“先輩、まだ頭の中ショウセンが生きているのですか?” 電話の向こうで“ショウセンて今はなんて言うんだったかな、国電? 国鉄? ん・・E電かい?” というのでそこでまた吹き出してしまった。JRは思い浮かばなかったらしい。E電とはまたシブい。1987年日本国有鉄道民営化に伴い、「国電」に代わるものとして、決めた愛称だが一般には定着しなかった。国電/国鉄の前は「省線電車」(しょうせんでんしゃ)、略称-ショウセンと呼ばれていた。当時、国鉄という名称から抜け出せない人も多かったが、先輩の場合はさらにその前の呼び名を使っていたことになる。

 屋良朝信 「旅の記憶 〜遊民雑記〜旧東海道 かわさき宿 (2) 2020-5-1」
 さて”川崎宿”に戻るが地図に見えるように川崎宿には田中本陣と佐藤本陣跡が示されている。佐藤本陣は別名、惣左衛門本陣といわれ、門構え、玄関付、181坪の建物だった。幕末には十四代将軍家茂が京に上る際に宿泊したという。確認できる記録は手元にないが江戸上りの一行が田中本陣、佐藤本陣に宿泊した可能性は高い。1890(明治23)年、旧佐藤本陣の後裔(こうえい)で詩人・佐藤惣之助がこの家で生まれ、大正から戦前にかけて活躍した。今でも多くの人に親しまれている「六甲おろし」「人生劇場」などの作詞家だ。惣之助は大正11年(1922)、31歳の頃、旅先の沖縄で琉歌に出会い、『琉球諸島風物詩集』を書いた。沖縄の風土、言葉や音楽など「沖縄のすべてが詩だ!」と語ったというほど沖縄にほれ込んだ。日本橋から西に向かって約17km、最初の宿泊地としては距離が短すぎるが、将軍家茂が京に上る際に宿泊したというから大行列ともなればその程度の余裕の旅だろうか。かわさき宿誕生400年の暁にはぜひともこの川崎の地で権力中枢に媚びない琉球王朝絵巻の大行列を見てみたい。
 
かわさき宿交流館/夕映えーかわさき宿 六郷橋/朝焼けーかわさき宿 六郷橋

 屋良朝信 「旅の記憶 〜遊民雑記〜旧東海道 かわさき宿 (1) 2020-4-29」
 旧東海道-かわさき宿が元和九年(1623)に誕生してから2023年で400年を迎える。川崎宿は、東海道五十三次の2番目の宿場である。武蔵国橘樹郡川崎領(現在の川崎市川崎区)に置かれた。最初の諸駅設定時に川崎宿はなかった。神奈川・品川両宿の伝馬継立の距離が長く伝馬百姓の負担軽減を目的として、その中間に位置する川崎に新駅を設置された。日本橋から約17.7km、品川宿からは約9.8km、神奈川宿へも約9.8kmの位置にある。



→「中原中也ジオラマDVD ダダさん You Tube URL」
 屋良朝信 「旅の記憶 〜遊民雑記〜『中原中也-DVD作品ラフ・ミックス版プレビュー 2020-3-18』」
 ジオラマ/映像クリエーターの石井彰英氏が大正〜昭和にかけて活躍した詩人-"中原中也"の生涯を追ったDVD作品(映像/朗読/ナレーション/BGM)がほぼ完成に至り、制作参加メンバーの数人でひとまずの完成品プレビューに同席した。DVD映像は製作者の石井氏-手作りのジオラマをベースに撮られている。DVDリリース:2020年4月末。先々月から微力ながら私にとって未体験ゾーンである詩の朗読のお手伝いをさせていただいた。
 
  12月に中也が住んだとされる鎌倉-扇ガ谷・寿福寺周辺を歩いた際の記事をアップした。中也は鎌倉に住み始めてほどない1937年に、結核性脳膜炎を発症し、鎌倉養生院(現、清川病院)で亡くなった。先だって、本ジオラマDVD作品にも登場する中也・終焉の地である周辺を往時に思いを馳せて歩いた。清川病院は鎌倉駅から八幡宮に向かう若宮大路の東側の参道沿いにある。小林秀雄が最晩年に住んだ雪ノ下も清川病院の裏手にあり、歩いて5-6分のところだ。鞍馬天狗でお馴染の作家・大佛次郎が書斎や文士仲間の交流の場などに使った旧茶亭(築:1919年頃)も近い。ちなみに鎌倉扇ヶ谷の寿福寺に大佛の墓所がある。

 中原中也と鎌倉 2019-12-09 中原 中也(1907年- 1937年); 現在の山口市湯田温泉の中原医院で生まれた。30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残した。中也が晩年、鎌倉に住んだことはよく知られる。JR横須賀線「寿福寺踏切」からすぐ近くの寿福寺敷地内(鎌倉市扇ヶ谷)に中也、晩年の住居があった。鎌倉駅西口(江ノ電側)を出て線路伝いに北鎌倉に向かって10数分歩いた左手に寿福寺がある。すぐ先, 右手に寿福寺踏み切りがあり、そのまま進めば海蔵寺だ。線路を渡ったあたりの地名も扇ケ谷だが、小林秀雄や大岡昇平らの住まいがあったという。調べてみるとどうやら小林の住まいは亀ヶ谷坂切通しへ向かう道の途中で、扇ケ谷3丁目7番というのが現在の地番らしい。切通しを抜けると長寿寺だ。長男を亡くし、不安定な精神状態に陥った中也は、小林秀雄など友人の協力を頼りに鎌倉の地に居を移した。寿福寺敷地内にあった住まいから小林宅まで、「在りし日の歌」1938年(昭和13),創元社刊の清書原稿を抱えて、中也がこの道を辿ったという。



1991年1月 中原中也『汚れつちまつた悲しみに―中原中也詩集』集英社

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2015年8月「福島旅名人」

2017年11-5 名嘉幸照氏と金城実氏(後ろ向き)/名嘉幸照氏と金城実氏
【琉球新報電子版】2016-1-14
沖縄の魅力を県内外にPRする県の「美ら島沖縄大使」に、原発メンテナンス業者、東北エンタープライズ会長の名嘉幸照さん(74)が就任した。安慶田光男副知事が14日、県庁で認証状を交付した。
 名嘉さんは伊是名村出身で、福島県いわき市に在住している。原発技術者として、福島第1原発の運転開始直後から業務に携わってきた。福島沖縄県人会の前会長(現在顧問)、WUB東京会員として、福島と沖縄をつなぐ交流事業に関わり、東日本大震災後には福島から沖縄に避難した人たちとの交流や情報交換を行っている。名嘉さんは「基地問題などで苦しむ沖縄と原発問題を抱える福島には多くの共通点と共感がある。両県がこれまで以上に交流を深められるよう尽力したい」と抱負を語った。


1977年1月 福島県高等学校社会科研究会『福島県の歴史散歩』山川出版社/磐梯山噴火/会津の特産物/袋中上人誕生地の碑/福島第一原子力発電所

袋中上人
nullnull
1938年3月ー檀王法林寺『袋中上人餘光』/寧王院袋中寺、念仏者
null
1936年3月ー檀王法林寺『琉球と袋中上人』/1936年3月ー写真上・正面・信ヶ原良哉僧正、写真下・正面・尚順男爵(1958年再版)
nullnull
1988年4月ー京都国立博物館『袋中上人と檀王法林寺』/『琉球神道記』、袋中上人像

袋中上人の資料
1918年5月27付の南方熊楠宛の末吉安恭書簡に「(略)この根抜けざることは、間々聞き候が、何に因し候や。右の袋中上人には、更に『琉球往来記』と申す書これあるやに承り候が、御存知なきや。若し御存知にて候はば、其の本の所在御示し下され度候。沖縄図書館にて琉球に関する書類を集め中に候が、加州金沢の俳人堀田麦水(天明3年63才没)の著書に『琉球属和録』『南島変』『慶長中外伝』(66巻)とあり。御存知なきや。「属和録」は写本にて(欠本)1部沖縄図書館にあれど他はこれなく候。加州金沢の俳人堀田麦水。屈麦水と称す。樗庵、暮柳舎と号、通称池田屋長佐衛門。」新城■麦水というのは角川『俳文学大辞典』に俳諧師・稗史実録作者とある。
1922年4月22日『沖縄タイムス』に莫夢生(末吉安恭)が「詫遊は神舞」と題し次のように書いている。□私は宮古の神舞は(沖縄)本島の上代にあった詫遊の神舞と同じものであると云った。即ち神舞に出づる女人達の扮装の異形なるは袋中のいわゆる龍宮様ではないか。龍宮との関係も宮古の伝説にはよく現れている。あるいはまた宮古の「あやぐ」もこれから出たものであろうとも思う。(沖縄)本島内にある「しのぐ」も、その由来するところはここにあるのではないかと思うのである。
1966年12月10日『琉球新報』大島彦信(浄土宗名越大本山円通寺住職)「大沢文庫と沖縄<7>」□袋中上人は、当時伏見で掛川の城主松平隠岐守定勝の特別の帰依をうけて師権の契約を結んでいるが、その嫡子越中守定綱は後の松平定信であるが、将軍秀忠に随従して特別の信頼を受けて名声がたかかった。時の京都所司代板倉重宗を上人に紹介して特信者としたのもこの定綱である。京都所司代の権威は、当時京都御所ににらみをきかせて他に並ぶものがなかったのである。(略)夢にも考えていなかった上人との対面の機会を与えられて、尚寧王はこれが現実かとばかり感涙し歓喜したことであろう。・・・
null
元沖縄都ホテル社長の桑原守也さん、京都西方寺の袋中上人(エイサーの祖)手植えの蘇鉄を前に(新城栄徳撮影) 1994年7月21日、桑原守也さんと連れ立って京都西方寺を訪ねる。住職の北村有信師としばし歓談。頂いた名刺には「うずまさ悟真寺、山城田辺・西方寺、自然幼稚園」とあった。
null
京都で琉球民謡を聞く
2011年9月25日13時00分の京都教育文化センターで「琉球民謡伝統協会京都支部三周年芸能発表会」に新城あけみが舞踊で参加するというので、お供で同行する。7時前に自宅を出る。JR河内永和駅から京橋。京阪で三条駅に8時15分着。駅を出て直ぐの檀王法林寺の前で新城あけみを立たせて写真を撮る。この寺はエイサーの元祖といわれる袋中上人によって開かれた400年の歴史を誇る浄土宗の寺。



1991年7月 星新一『夜明けあと』新潮文庫/1978年8月 星新一『明治・父・アメリカ』新潮文庫□沖縄に渡ると、そこの新聞社に行って自分の抱負を話すと、そこでも記事にしてくれた。(古本の)売上げをのばすこともできた。新聞の効果というものに、星は一段と興味を持ったのだった。沖縄で仕入れた特産品を売りながら、九州を北へと旅した。長崎へむかってである。」
星一 ほし-はじめ
1873-1951 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治6年12月25日生まれ。星新一の父。明治44年星製薬を創立,モルヒネの国産化に成功し,日本の製薬王といわれた。41年衆議院議員(当選4回,民主党)。昭和22年国民民主党から参議院議員。また星製薬商業(現星薬大)を設立。昭和26年1月19日死去。77歳。福島県出身。高等商業(現一橋大)卒,コロンビア大卒。 【格言など】人民は弱し 官吏は強し(コトバンク)

1913年5月27日『琉球新報』の星製薬の広告

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

 いろいろ | 絵本屋Polaris2020-5-28 ほんとうなら4月からスタートしていた原画展。沖縄愛楽園交流会館開館5周年記念、儀間比呂志・絵本「ツルとタケシ」原画展が6月2日から沖縄愛楽園交流会館で開催されます。ハンセン病を患ったツルと家族の物語。/浦添市美術館2020年 6月10日(水)~6月28日(日)「儀間比呂志・中山良彦 沖縄戦版画集『戦がやってきた』原画展」 当館では毎年慰霊の日にあわせ、沖縄を代表する版画家・儀間比呂志氏が沖縄戦を描いた『戦がやってきた』の原画を展示しています。一つ一つの作品が戦争の悲惨さ、多くの人命が失われた悲哀を描いています。本展を通し「戦争とはなんだったのか、平和とはなにか」を改めて考える機会の一助となれば幸いです。

 斎藤 陽子(Walnut, California)6-21 日本時間【思い出のアルバム】6月イギリス南部のサザンプトン港から、ノールウェーのフョルドを通って、北極海を経て厳寒の北極圏までのノールウェーへの旅をプリンセス・クルーズ・ルビー号に乗りゆきました。途中に寄るフィヨルドの奥へ入るには、小型巡航繊維乗り換えてゆきます。やっと乗ってきたプリンセス・クルーズ・ルビー号の姿を小型船から、まともに撮すこともできました。ルビー号は8万トン級とフィヨルド内に入れるように、この会社の船では最も小さい方のクルーズ船です。
 乗船してすっかりこの日が「父の日」と忘れていましたが、乗船するとサプライズの「父の日」の贈り物が、船室に届いていました。船のギフトをインターネットで検索したようで、東京に居る息子が「父の日」のプレゼントのバラの花にシャンペン、おつまみのオードブル、プリンセス社のロゴ入りバスロープ2枚、船内で使えるマッサージ・サロン券2枚、プロ撮影の写真券、などのをサプライズで申し込んであったのです。早速、船室についているバルコニーで、フィヨルド航行中の外の風景を見ながら、「父の日」に息子から届いたシャンペンを感謝を込めて、私もお相伴にあずかり主人と二人で「乾杯」をした。わが子ながら粋なことをするものだと感心し、アメリカ育ちはこの辺が違います、主人はウルウルしていました。
 船は両側が1000メートル以上の高い岩盤岩の山の谷間の、フィヨルドの中を航行し、乗客の目を楽しませてくれます。8万トン級の船が通れるのも太古の昔、氷河が削り取ってくれたU字型の海底が、300メートルもの深さのお陰で、巨大クルーズ船が通れるのです。船はノールウェーを北上し、ゲランガー(Geiranger)に立ち寄ります。地図上では船はロシアの緯度を過ぎて、北上していますので、6月なのに気温は10℃以下で寒いです。この街は大きな一枚岩の山々に囲まれた小さな街で、夏の観光シーズに以外は、人口は千人にも満たない小さな村です。陸には平坦な土地が少ないので、人々は険しい傾斜の山にへばりつく様に生活しています。山の展望から見たゲランガー港、彼方の白っぽい船がプリンセス・クルーズ・ルビー号です。救急車も3時間ほど待たないと来ないとのこと、緊急ヘリコプターも2時間待ちとのこと、山々が険しいためインターネット回線も繋がらない生活のようです。インターネットの無い生活など、わたしの生活には考えられません。

 ノールウェーは80%が、手つかずのこのような岩盤で出来ています。フィヨルドの入口は人口200人ほどの小さな町が点在し、人々はほんの短い夏を観光収入を得ているようで、海岸きわには夏のバケーション用に観光客が過ごすためのコテージが並んでいます。フィヨルド入口の小さな町のお土産屋さんは、夏の観光が唯一の稼ぎ時ですが、物価高のところから来たイギリス人も、高い高いと言って悲鳴を上げていて、お土産を買う客はまばらでした。
 ちなみに老後の暮らしにお金がかからないノールウェーの消費税は27%、イギリスは20%、オーストラリヤは13,8%、カナダ(ケベック)は13%、カリフォルニア12,9%と、食事のテーブルで一緒になった各国の人々から得た情報です。ノールウェーのポピー(ケシの花)はなんとヒマワリほどの大きさとなり、ツボミがビワほどの大きさには行き交う人が驚いていました。これは日没が夜中の12時と、白夜にも近く日照時間が長いせいで、すべての植物が大きくなるのです。フィヨルドを小型船に乗り換えて、フィヨルドを奥へと巡航した時の後方の彼方に、プリンセス・クルーズのルビー号が見えます。

 「くろねこの短語」2020年6月21日ー(前略)ところで、都知事選だ。毎日新聞が全国世論調査で「都知事にふさわしいのは誰」という質問をして、その結果が「小池51%」だったてね。ほら、始まった。こうやって世論操作を仕掛けてくるのはこの国のメディアの常なんだが、告示の後にこんな世論調査を大々的に報じるのは選挙違反じゃないのか。
 そもそも、都民への調査ならまだしも、なんで東京以外の地域のひとにまで都知事選について質問するんだ。これじゃあ、ただの人気投票みたいなもので、明らかに「人気投票の公表の禁止」という公選法に違反してますね。こんな世論誘導するような与太記事を書く前に、ぼったくりバーのチーママ小池君の4年間をしっかれと検証してみやがれ。
 都知事選とくれば、毎回、愉快犯のような珍奇なひとたちが出馬してくるんだが、今回はこれまで以上にいかれポンチが多いようだ。ヘイトスピーチまがいの演説する者、「コロナはただの風邪」なんて叫ぶ者・・・誰にでも被選挙権はあるとはいえ、ここまでレベルが低いとさすがに辟易してくる今日この頃なのだ。・都知事選が大荒れ、N国がホリエモン宣伝戦術!桜井誠氏は中国大使館前で街宣 「コロナはただの風邪」と叫ぶ候補者も

 香山リカ 元法相逮捕で「責任を痛感」と言った翌日、コロナ禍で苦しむ人がいる下界を51階の高級レストランから見下ろしながら、「たわいも無い昔話で大盛り上がり」という無神経さ。引用ツイート@Akira_Amari · 6月19日総理の会食の皮切りに久し振りに麻生副総理.菅官房長官と四人で集まりました。たわいも無い昔話で大盛り上がり。その1、金丸幹事長が親戚の竹下総理に「竹さん、リビア(山梨で実験するリニア新幹線)はいいぞ!」「え!でも(カダフィ大佐の)リビアは危険じゃないですか?」「いや、リビアは安全だ!」

 斎藤 陽子(Walnut, California)6-20 日本時間 リンカーン大統領の奴隷解放宣言の署名から、2年以上経った1865年6月19日、テキサス州ガルベストンで、北軍のゴードン・グレンジャー(Gordon Granger)が、アフリカ系アメリカ人に南北戦争が終結し、奴隷制度が終了したことを告げました。この日は奴隷解放記念日のほか、「ジューンティーンス独立記念日」(Juneteenth Independence Day)「解放の日」(Freedom Day)、「自由の日」(Emancipation Day)などと、これまで呼ばれています。ミネソタ州ミネアポリスで警官の暴行により死亡した事件をめぐり、抗議デモが全米主要都市に広がるという状況下、このところ黒人への人種差別が見直されていますが、折から黒人の地位向上を願い、アメリカ各州でこの6月19日を「奴隷解放記念日」の祝日と定めることが決まりました。カリフォルニアでも今年から、この日を祝日と制定されました。
 「父の日」を迎えたロスアンゼルスは今日で、新型コロナウィルスによる外出禁止も94日目です。カリフォルニアは新型コロナウィルス感染を抑え込んだとおもっていたら、このところ急に感染率が上昇しだしていると言います。最近は人々の新型コロナウィルスに対しての緊張感が緩んだのか、巷ではマスクをしない人が目立ち、昨日はカリフォルニア州知事がテレビやインターネットなどで、再び外出時のマスク厳守を訴えていました。「父の日」の日曜日は陽の高いうちから、お父さんを囲んでの裏庭に家族が集まってバーベキュー・パーティーをしていて、隣の家からの笑い声なども聴こえて来ます。「父の日」の時期になると中国が原産の日本でもよく見かける、へメロカリス(Hemerocallis)がいまカリフォルニアで満開です。

 へメロカリスの魅力は、花弁はベルベットのような光沢を持ち、茎は強く細くしなやかなで、花が風にそよぐ姿は優雅で、この花の名はギリシャ語から来た名前とのことです。へメロは「一日」カリスは「美」とのこと、一日しか咲かないので、この名が付けられたとか、ヘメロカリスは別名「day lily(デイリリー)」といわれるように、ひとつひとつの花の命は短く一日で萎んでしまい、一本の花茎からだいたい10~30個のつぼみをつけ、一斉には咲かず時期がずれて開花するため長く楽しめる花です。ヘメロカリスは日本の気候との相性が良く、乾燥多湿にも強いのも特徴です。一度植えて害虫に気をつければほとんど枯れず毎年花を咲かせ、園芸が初めての方にもオススメの花です。ヘメロカリスはユリ科の宿根草で、日本では霧ヶ峰や尾瀬に咲くニッコウキスゲや山里に咲くノカンゾウ、ヤブカンゾウなど、夕暮れにほのかな香りを漂わすユウスゲなどの野生種が仲間として知られています。

 【サンパウロ共同】6-20 ブラジル保健省は19日、新型コロナウイルス感染者の累計が約103万2900人になったと発表した。感染者数が100万人を超えるのは米国に次いで2カ国目。死者も約4万8900人で米国の次に世界で2番目に多い。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、世界の感染者は約850万人。ブラジルと約220万人の米国の感染者を合わせると、世界の4割近くを占めている。ブラジルでは5月31日の発表で感染者が50万人を上回った。20日間で倍増したことになり、拡大のペースが止まらない。検査数が少ないため実際の感染者数は6倍に上るとの推計もある。


 大濱 聡 6-19■40年来の友人でスリランカ在住のpremadasa hegoda氏からfacebookでの電話があった。音声はよくないが、彼の地と無料で通話ができるというのはありがたい。コロナ禍も少し落ち着いて、以前の生活ができるようになってきたという。米ジョンズ・ホプキンス大学の調べ(6.19 14時現在)では、スリランカの感染者は1,947人(死者11人)で213の国・地域の中ではちょうど100番目に位置している。■premadasa氏は本来はシタール奏者だが、NPO法人 アジア教育・文化・自然環境保護日本支援センターの代表として、インド音楽の普及活動や、スリランカで十分な教育を受けることができない子ども達への教育支援活動を行っている。5ヶ所の幼稚園建設、スマトラ沖大地震で津波の被害を受けた学校への図書寄贈(絵本『TSUNAMI』タミル語版制作)、車椅子(100台)や救急車の寄贈、日本から古いメガネ7,000余本を取り寄せるなど、現在は母国でボランティア活動を中心に取り組んでいる。

NHK6-18 ロサンゼルス近郊のトーランスで15日、日本人が経営する調理器具などを販売する商店の入り口に「ここはアメリカだ。店で売っている物は必要ない」「日本に帰れ。言うことを聞かないと爆破する」などと書かれた紙が貼られているのを、出勤した従業員が見つけました。これについて、警察は、人種や宗教に対する偏見に基づいた犯罪、「ヘイトクライム」の疑いがあるとして捜査を始めました。経営者の男性は「こんなことをされたのは初めてです。日本人や日本料理のことをきたないことばで書かれていてショックです」と話していました。トーランスは、日系企業の駐在員などが多く住み、日本人向けの商店が多い地域で、今回の事件を受けてロサンゼルスにある日本の総領事館は注意を呼びかけました。
 アメリカでは、黒人男性の死亡事件を受けて人種差別に抗議する声が高まっていますが、地元メディアは日本人や中国人などを対象にしたとみられる差別的な言動が相次いでいると伝えています。アメリカのメディアは先月下旬、東部メリーランド州のベセスダで男性が「日本もお前も滅ぼしてやる」と大声をあげている動画を伝えました。また、今月に入ってからは西部カリフォルニア州のトーランスで、公園で運動をしていた女性に対し、通りかかった人物が「アジアに帰れ」などと暴言をはく様子が報道され、現地の警察がこの人物から事情を聴くなど捜査を進めています。さらに、東部ニュージャージー州では、今週、中国料理のレストランの外壁などにスプレーで「コロナウイルス」、「中国に帰れ」と書かれているのがー。

 屋良 朝博 6月18日 22:03 なぁんとぉまぁぁ。18日の野党議員ヒヤリング(沖縄等米軍基地問題議員懇談会)で、防衛省の官僚から驚愕の言葉が飛びだした。話題は沖縄の地理的優位性。防衛白書などで従来、沖縄の地理的優位を説明するとき、わざわざ米本国とハワイ、グアムなどと比較して、「沖縄は東アジアに近いんだヨォ」と説明してきた。米本国やハワイとの比較なら、日本列島みな同じではないか、とギャグのような質問をしてみた。すると、防衛省職員はあっさり「他県も同じ」と返した。おっとぉぉぉ。盆がひっくり返った。笑えませんよ。やっぱりね、ということだが、沖縄に我慢を強いる論理の底がついに抜けちゃった。

 さらにもう一つ。沖縄基地の7割を使う海兵隊の役割のひとつに、防衛省官僚は島嶼防衛を挙げた。「どこの島を守るのかぃ」との伊波議員の質問に対し、マイクを握ったまま沈黙を続ける。同僚と資料をめくるが、返答がない。沖縄の地理的優位性をさんざん強調したのだから、「島嶼といえば尖閣だろう」と誰しも思うはずだが、それは口が裂けても言えない。日米合意では、尖閣は一義的に日本が防衛義務を負う。海兵隊が尖閣のために沖縄に駐留しているなんてことを言うと、これは国際問題だ。米国だって、他国の領土問題に首を突っ込まない。
 防衛省の官僚は、ずーーーーーーと資料をめくったり、同僚とらめっこをするだけだった。辺野古にしても、米兵器爆買いのイージス・アショアにしても、安倍首相のむちゃくちゃな諸行に付き合わされる防衛省の優秀な官僚たちにも同情したいが、この国の防衛政策は修復不可能な状況だ。


2019年3月 尖閣諸島文献資料編纂会『尖閣諸島盛衰記 なぜ突如、古賀村は消え失せた?』
〇尖閣諸島文献資料編纂会(E-mail:senkakudmcaa@gmail.com URL:http://senkakudmca.zouri.jp )
〒902-0066 那覇市大道40番地 ☎098-884-1958


 大濱 聡 6-18■うんざりするニュースが続いていますね。15日、河野防衛相は秋田と山口に配備予定だったイージス・アショアの配備計画の停止を表明。沖縄の反応です――「なぜ辺野古は停止しないのか」「これだけ反対を訴えている沖縄の扱いと雲泥の差がある」「ダブルスタンダードだ。沖縄差別だ」「イージスの計画との差は何か」「同じ国民として沖縄の民意にも耳を傾けてほしい」(地元二紙から)そういえば、山口は安倍首相、秋田は菅官房長官の地元でしたね。■前代未聞!法務大臣経験者、現職国会議員夫婦逮捕!――そういえば、河井夫婦は安倍首相、菅官房長官のお気に入りでしたね。案里議員は二階派でしたが、親分の二階幹事長は夫婦を「影響を及ぼすほどの大物議員でもなければ、そんなに大騒ぎするような立場の人の行動でもない」などと他人事のようなコメントを述べていました。TVではさっそく「そんな大物でもない人をなぜ法務大臣にしたんだ」とコメンテーターに突っ込まれていました。

 「くろねこの短語」2020年6月18日ー(前略)それにしても、コロナ・パニックの真っ最中に国会閉じて、すべての疑惑に蓋をしたまま、ほとぼり冷めるまで放置しておくなんてことができてしまうこの国の国会ってのは何なんだろうね。議会制民主主義ってのは議論することがその基本であって、それこそが国会の務めなんだよね。メディアの報道もおかしなもので、NHKなんか野党の会期延長要求について「存在感を示したい思惑」なんて理由を真っ先に上げて、暗に世論のミスリードに手を貸す始末だ。メディアから権力に対する「怒り」が消えてどのくらい経つだろう。この国がいま陥っているペテン政権による専横政治ってのは、そんなメディアにも大いに責任があるんだね。
 国会を閉じるってことは、「審議拒否」以外の何物でもない。そのことをメディアは声を大にして訴えるべきなのに、お決まりの「野党が反発すること必死」とか「引き続き閉会中審議で追及」とか、紋切り型の報道しかしませんからね。国会閉じてしばらくしたら世論調査の結果が出て、「内閣支持率上向き」なんてニュースが流れることになりますよ、ったく。

 「くろねこの短語」2020年6月17日ー(前略)さらに、前田ハウス問題なんかもあったりして、これだけ難問が山積してるところへもってきて、東京ではコロナ感染者が日々増え続け、いつ新たなパンデミックが起きるか予想もつかないってのに、今日にも国会閉じるんだとさ。これって、体のいい職務放棄なんだね。・「前田ハウス」幕引きはかる 電通関係者とのパーティー「倫理法に違反せず」
 初老の小学生・ペテン総理は、河井バカップルの離党について、「国会議員はかけられた疑惑について、しっかりと説明を果たす責任を負っている」って能天気にもコメントしてるけど、逃げの一手で国会閉じようとしているお前こそ説明責任を果たしやがれ・・・「隗より始めよ」ってのはそういうことだ。


(週刊朝日2020年6月19日号より)


 大濱 聡 6-16■「こころの栞 自作・朗読名作選」――1977年に日本コロンビアがレコード発明百年の記念事業として発売したもので、何と明治・大正・昭和の文豪たちが自作を朗読しています。坪内逍遙、与謝野晶子、北原白秋、萩原朔太郎、室生犀星、佐藤春夫、斎藤茂吉、釈迢空、西条八十、堀口大学ら超豪華メンバーです。■作詞家の丘 灯至夫(「高原列車は行く」「高校三年生」等)が「よみがえる文聖たち」という解説を書いていますが、「まことに、声には体温がある」との表現は言い得て妙だと感じ入りました。)

 「くろねこの短語」2020年6月16日ー突貫小僧・山本太郎君が都知事選出馬を表明したとたんに、堰を切ったように批判と罵倒が入り混じった言葉が投げかけられている。身内の中からも「小池陣営を利する」という声がある。確かに、宇都宮君と支援者が重なってから、その危惧は大いにあるだろう。だからと言って、出馬を否定するのは、ちょいとおかしな話かも。被選挙権は誰にでもあるわけで、こうなったらとことん山本&宇都宮がタッグを組んでぼったくりバーのチーママ小池君に議論を吹っかけていけばいい。聞くところによると、宇都宮君との公開討論をチーママ小池君が拒否したともいいますからね。
 この女帝って、ちゃんとした政策議論の場ってのは、けっこう苦手なんだよね。相手を見下したような、それこそ子供の喧嘩みたいな議論になっちまうのがオチなんだね。そこいくと、山本&宇都宮コンビは政策論争はお手の物だから、うまくいけば女帝の政策音痴を暴露できるかもしれない。反小池票を宇都宮君と食い合うんじゃないかという指摘に、「小池さんの票を狙っていく」と突貫小僧・山本太郎君は切り返してたけど、それってあるかもね。小池支持の票って、山本君と重なる部分があるかもってのはちょっとした目から鱗だ。宇都宮君では、こうはいきませんから。
 そうなれば、これは面白いことなになりますよ。御用メディアや評論家が「小池圧勝」を暗に煽り、山本君の公約を「無謀だ」なんてdisり始めているのも、ひょっとすると小池票が食われるという危惧を抱いているからなのかもね。いま。一番してはいけないのは、山本陣営と宇都宮陣営による贔屓の引き倒しの罵り合いバトルで、これこそチーママ小池君を利する愚かな行為と言わざるを得ない。敵は女帝ってことを忘れちゃいけない。それにしても、「消費税5%引き下げ」に躊躇しちまう立憲民主ってのはチイセーなあ。ところで、森友学園疑獄にまつわる公文書改竄の再調査を求める署名35万筆が提出された。亡くなった財務省職員の小池氏のご家族による訴訟もあるし、この問題は終わったわけじゃない。シュレッダー佐川君の眠れぬ夜は、まだまだ続く。


 大濱 聡 6-15■2017.6.15――3日前の12日、92歳の誕生日に亡くなった大田前知事の告別式の日に当たっていた。前年、大田氏ら8人による共著『これからの琉球はどうあるべきか』の出版を記念した「大田昌秀先生を囲み、新琉球を夢見る凡人たちの集い!」のことを紹介していた。「新琉球」は未だ夢の中にある。■2018.6.15――4日前の11日、嘉手納基地所属のF15戦闘機が訓練中に那覇市沖の海上に墜落。NHK沖縄が3年内の米軍関係の事故をまとめた画像を引用、翁長知事は「先進国でこういう国はない」と怒りを表している。事故は未だ後を絶たない。翁長知事はこの約2ヶ月後、かねて煩っていた膵がんのため亡くなった。■2020.6.15――新型コロナの感染拡大防止のため中断していた辺野古新基地建設のための埋め立てが今月12日に再開されたことで、15日、建設に反対する「オール沖縄会議」による抗議活動が本格的に再開された。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2020年6月11日 『沖縄タイムス』我部政男「慰霊の日■追悼のあり方を考える<5>」

1988年1月ー我部政男『沖縄史料学の方法』新泉社
1988年2月、那覇市久茂地で我部教授に出会った。近くの喫茶店で本書を恵まれた。
null
写真ー那覇市歴史資料室で我部政男氏と新城栄徳

2004年3月 安江孝司(研究代表者)『琉球列島における社会的、文化的ネットワークの形成と変容に関する総合的研究』我部政男「沖縄の記憶と意識」

2015年4月28日 左から三木健氏、仲程昌徳氏、新城栄徳、船橋治氏、伊佐眞一氏、我部政男氏

2016年3月9日 那覇市歴史博物館で、我部政男氏(左)と新城栄徳/1982年12月 比嘉政夫・我部政男編『女人政治考・霊の島々<佐喜真興英全集>』新泉社

2019年7月15日沖縄美ら島財団事務所ー左から我部政男氏、國吉貴奈さん、金城美奈子さん/我部政男氏、池宮城啓子さん

» Read More