Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

nullnullnull
仲松 健雄:川崎沖縄県人会の発展に寄与した歴代の役員に功労賞が授与され、余興では琉球舞踊が披露されました。続いて行われた交流会では、川崎沖縄芸能研究会による歌三線、舞踊が披露され大盛況でした。
nullnullnull
屋良 朝信:創立100周年を迎えた川崎沖縄県人会(金城宏淳会長)の記念式典が9日、川崎市産業振興会館(同市幸区)で開かれた。式典では伝統舞踊も披露され、約250人が節目を祝った。近代化が進む大正期の川崎には沖縄をはじめ全国から働き手が集まった。しかし1923年に関東大震災が発生、沖縄出身者たちが生活再建へ手を取り合ったことがきっかけとなり、翌24年に川崎に同会が発足した。この日は川崎沖縄芸能研究会のメンバーらが、祝いの席を彩る琉球舞踊「かぎやで風」などを披露し、式典を盛り上げた。

 HRK:とりあえず小池百合子の落選運動やってこか。自民党一体、神宮伐採再開発(三井)、朝鮮人虐殺追悼文見送り、都庁プロジェクションマッピング48億円(電通)、東京五輪負の遺産…
 ジョンレモン:統一教会では「神様の国にしましょう」とズブズブな関係。裏金問題では2728万円、ほとんどお咎めなしで、どちらも説明責任を果たさない萩生田氏が小池氏を支援だってさ。

nullnullnull nullnull
6-9 神奈川大和市の中山豊氏から琉文21を参考にしたということで『法政考古学』第50集を送ってこられた。氏の論考「粟国島の堀込墓と伝承考古学の提唱ーバンヤー・ウエテラカク墓地の水平層位分析を中心としてー」が載っている。参考文献には安里盛昭さんや比嘉康雄さんの写真集がある。河村只雄『南方文化の探求』講談社学術文庫には「粟国・渡名喜紀行」がある。

6-9「上司にしたくない女性政治家」ランキング…辻元さん、小池氏を大きく引き離した1位は蓮舫さんらしい。だれもランキングなんぞ興味が無いのにネットで垂れ流す。私個人としては蓮舫さん、辻元さんは「大年増の厚化粧」(石原慎太郎命名)の女性より好感は持てる。

nullnull
nullnull
新垣基:令和6年6月2日墨田区山口善丸さん事務所にて,山口瑞雨親族との面会
後藤ひとしさん、山口善丸さん、新垣基(渡嘉敷唯選ひ孫)、島袋和幸(「沖縄の軌跡」発行人)、逸見安子さん(瑞雨三女近藤フミの娘)、鴻池圭子さん、駒崎万寿子さん,掛軸は瑞雨(米庵)の作品/岐阜県山県市甘南美寺の瑞雨の天井画(写真甘南美寺Facebookより)

写真左が山口瑞雨の模写

null
なるみ堂で翁長良明さん、新垣基さん

null
 
 殷元良末裔6-7 僕の知っているマルクス主義は、東ドイツやソ連のようなものとは全く異なるものです。産業革命後、資本主義が急速に発達する中で、労働者が経済的に苦しい状況に陥りました。マルクスは、それがなぜなのかを追求し、労働者を救おうとしました。
 当時の状況を考えれば、経済的自由に焦点が当てられたのは仕方のないことだと思いますが、政治的・思想的自由を押さえつけてもいいという考えはマルクスにはありませんでした。むしろ、さらなる自由を発展させるというのがマルクスの思想です。
東ドイツがなぜあのようになったのかについては、さらに研究する必要があるでしょう。しかし、マルクス主義とは異なるものであることはしっかり認識すべきだと僕は思います。

米山隆一 維新馬場氏、10年後に公開される政策活動費の領収書は「黒塗り」でいいそうです。そんなもの何の意味があるかと言うか、寧ろ「10年後に黒塗りで領収書を公開するから政策活動費使いたい放題!」という正当化になってしまいます。#維新は第2自民党 である事は明らかです。

null
大濱 聡 6-3 ■6.2付地元二紙(「琉球新報」「沖縄タイムス」)と「朝日新聞」朝刊に「沖縄を、本土を戦場にさせない!」と訴える意見広告(見開き2㌻)が掲載されました。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する市民グループ「沖縄意見広告運動」(東京・中野区)が出したものです。

『琉球新報』5-2 【大阪】大阪沖縄県人会連合会(山端立昇会長)の2024年度総会が2日、大阪市大正区の大阪沖縄会館で開かれ、約200人が懇親を深めた。一部役員改選があり、中村和文さんが事務局長、山端立博さんが青年部長に就任した。山端会長は再任。地区県人会役員の交代もあり、堺沖縄県人クラブの仲村政実さん、中央・西沖縄県人会の金城啓さんが新会長として紹介された。山端連合会会長は「私は2世で、息子(青年部長となる立博さん)は3世になる。沖縄に対する恩返しの気持ちを引き継いでいく」と語った。

null
とーかちゆーえー

内田樹 防衛費を倍増させて、「いつでも戦争ができる国」にしようと鼻息の荒い政治家がおり、五輪だ、万博だ、カジノだ、リニア新幹線だと「これに成功すれば、経済波及効果は何兆円」というような「取らぬ狸の皮算用」に夢中になっている企業人や官僚がおり、「生産性のない者は生きている価値がない」と揚言する学者やコメンテイターがいる。

null
 小禄から帰ると、京都の三人社から雑誌「青い海」復刻版の第四回配本に付いている解題などを収載する別冊(左下)が送られていた。

nullnullnull null
6月1日☂ フェイスブック友の展覧会を見にいった。モノレール小禄駅で下車。向かいにはイオン那覇ショッピングセンターがあり、くまざわ書店をのぞく。ギャラリーアトス「山川 さやか 展 -Ibuki- 2024年 5月25日(土)〜6月2日(日​)」帰りは以前文化の杜にいた新里洋子さんの車で一銀通りで降りる。
null
5-30 「山川さやか展」展評 豊見山愛『琉球新報』/國吉貴奈『沖縄タイムス』

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

町山智浩@TomoMachi5-31ちゃんと司法が機能してたら、菅義偉の官房機密費支出は横領だし、安倍晋三が機密費を選挙に使ったのも、小池百合子が首長に自分を推薦させたのも公選法違反だし、自民党の裏金議員はみんな脱税だし、電通とパソナと吉本は独禁法違反で、山口敬之も逮捕されてたよ。

nullnull nullnull
仲松 健雄 ㊗️東京沖縄県人会 一般社団法人化記念 第66回定時総会・懇親会を5月26日(日)に東武ホテルレバント東京で開催✨ご来賓・沖縄関係団体代表者・会員・ゲストの皆様が160名参加して、大盛況で終えることが出来ました.

くろねこの短語6-1 抜け道だらけのナンチャッテ改正案で、公明、維新が自民と手打ち・・・自公維の3党連立の始まりか!!

くろねこの短語 5-30(前略)報道によれば、区長会で出馬要請の「呼びかけ」があったそうで、どうやらフリップ小池君の「ご意向」があったんじゃないかという噂もある。そうなると、郷原弁護士が言うように、「公選法違反に該当する可能性がある。『その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与』することは、禁止されている(136条の2第2項1号)。都知事と区長との関係を考えれば、『地位利用』に当たる可能性がある」ってことだ。
 そんな中、フリップ小池君は昨日するはずの出馬表明を延期。「反自民 非小池」の旗を立てたクラリオン・蓮舫君が都議会を訪問したのがどうやらお気に召さなかったようだ。蓮舫出馬は、相当なプレッシャーになってるんでしょうね。御用コメンテーターが一斉に蓮舫叩きを開始したのも、それだけ脅威に感じている証拠なんだね。なんともわかりやすいことで。

 都庁OB 澤省 やっぱりというか案の定、神宮外苑の樹木保全策は7月の都知事選後に先送りの公算。小池知事の意をくんだ三井不動産の露骨な忖度です。小池さんは都知事選でつつかれるのを嫌って論点隠しに走った。こうなりゃ再開発をリセットさせるには都知事を変えるしかないでしょ。

null nullnullnull
5-23 泉崎橋から久茂地川/1985年3月『写真集「坂本万七遺篇」』ニッコールクラブを見るため山田勉さんを訪ねる、比嘉清眞さんが居られた。/福州園/美栄橋から久茂地川

null nullnullnull
安里川/県庁前駅から

【ブリュッセル時事】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のカーン主任検察官は20日、戦争犯罪や人道に対する罪などの疑いで、イスラエルのネタニヤフ首相やイスラム組織ハマス指導者らの逮捕状をICCの予審裁判部に請求したと発表した。

null
いいねうるま市 山城 明 · 果報バンタ

金子勝@masaru_kaneko
【日本の健康保険制度を破壊するキシダメ】これほど国民の声を聞かない首相も希有まれ。裏金問題もそうだが、欠陥だらけのアナログプラスチックのマイナ保険証を「積極的に促進」し、12月に紙の保険証を廃止する。政治献金のITゼネコンの利益優先で国民皆保険を壊すつもりだ。

nullnullnullnull
2024年5月『琉球』№100琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947 下地ヒロユキ「表紙絵」/松島泰勝「琉球民族の遺骨返還による主権確立」/島袋マカト陽子さん、松島泰勝氏/島袋マカト陽子「東京琉球館便り」

nullnullnullnull
左から伊佐眞一氏、伊良波賢弥氏、後田多敦氏/伊良波賢弥氏、親川志奈子さん/新川明氏、伊良波賢弥氏/松島泰勝氏、伊良波賢弥氏
nullnullnullnull
5月18日 13:30~県市町村自治会館4階「本村紀夫追悼シンポジウム」コーディネーター:後田多敦氏/高良勉氏、伊良波賢弥氏
null
『沖縄タイムス』社会部・知念清張

nullnullnull
5月18日9時 孫たちと宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展」

null null
5-16 沖縄コレクター友の会副会長で、平和通り突き当りで「古美術なるみ堂」を営んでいる翁長良明さんの記事〇2024年5月16日『週刊レキオ』「世界のお金 大集合 古銭収集70周年 翁長良明さん」

5-14 沖縄県は14日、玉城デニー知事が新型コロナウイルスに感染したと発表した。17日まで自宅療養する。

(CNN)イスラエル軍は14日、パレスチナ自治区ガザ地区中部のヌセイラト難民キャンプにある国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)運営の学校を攻撃し、イスラム組織ハマスのメンバー10人超が死亡したと発表した。

null null
5-12 近鉄布施駅前「ふれあい祭り」息子夫婦、孫と→あけみさん撮影

null

CNN5-12 パレスチナ自治区ガザ地区の民生防衛当局は11日、戦闘で破壊された建物のがれきの下に埋もれている住民らの遺体は推定で約1万体に達するとの見方を示した。ガザの保健省は8日、シファ病院で三つ目の大規模墓地が見つかったと報告。イスラエル軍はこれら墓地への関与を一切否定している。同保健省は11日、殺害された住民らは過去24時間で28人に上るとも明かした。昨年10月7日の戦闘勃発以降、殺された住民らの総数は少なくとも3万4971人に増えたとも発表した。

null
5-5 近鉄布施駅前→あけみさん撮影

nullnullnull
玉城 久美子5-6 はいさいfesta2024お開きとなりました。「屋良さん、古里さんをご紹介いただき有難うございます!!」「宮城由紀子先生、有難うございました!「平和の願い」宣伝します!!」「仲松会長、わざわざ有難うございました。お土産までお持ちいただき、お買い物も…」

nullnull
nullnullnull
はいさいFESTA2024~首都圏最大級の沖縄フェス/玉城 久美子「歌手の平川美香さんと川崎沖縄県人会の皆さま」「Team Blue屋良さん&夏子さん」「隣町くらいの勢いで沖縄と東京を往復してる麻美ちゃんとママ」「俳優の外間愛彩(ほかまめい)さん、文句なしのウチナー美人!」

nullnullnull
宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展」に5月1日11時、元沖縄県知事の稲嶺恵一さんが夫人と見えられ、父一郎氏のコレクションを翁長良明さんに「今後の展示会に役立ててほしい」と寄贈された。翁長さんは感激。整理してダブっているものは博物館に寄贈する。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

くろねこの短語5-1(前略)こんな無責任な総括したまま、能登半島はほったらかしで、ヘタレ総理は今日からフランス、パラグアイ、ブラジルへ物見遊山の旅ってんだから、なんともお気楽なものだ。もう帰ってこなけりゃいいのに。

くろねこの短語4-29(前略)今回は低投票率の中でもどうにか立憲と共産の共闘で勝ち抜けたが、解散総選挙となって、同じ低投票率だと統一教会や日本会議、創価学会などの組織票がモノを言うのは間違いない。政権交代がチラつけばチラつくほど、こうした支援団体が総がかりで自公の応援に立ち上がりますからね。
 連合の反共会長のように共産アレルギーを野党共闘に待ちこむような愚か者や、第2、第3の自民党を名乗るような維新、国民は切り捨てて、共産、れいわ、社民との野党共闘に立憲は今日から尽力すべきだろう。

null nullnull null
4-29 娘、孫たちと沖縄県立博物館・美術館「科学の眼で見る美ら海の生き物展」

nullnullnull
4.28 ジュンク堂那覇店 山城智史著『琉球をめぐる十九世紀国際関係史』トークイベント×玉城本生(琉球大学講師)〇川満 昭広さん、玉城本生さん、山城智史さん)
沖縄タイムス4-29 与那国町長、反対意見は「キャンキャンわめいている」 新港建設計画めぐり糸数町長一問一答「発言者は一部に偏っている」

プレジデントオンライン4-27 なぜテレビは万博を「美談」で誤魔化すのか…元テレ東社員が指摘する「大阪万博と東京五輪」の不気味な共通点

null null nullnull
4-26雨 首里 数十年振りに県立芸大芸術文化研究所に行く。久万田晋所長が居られ暫しユンタク、近著『沖縄・奄美の島々を彩る歌と踊 民俗芸能の伝統と創造をめぐる旅』ボーダーインクを恵まれた。
null

null
null null
4-23 川崎の屋良朝信さんと沖縄県立博物館・美術館に遊びに行く/屋良朝信さん、大城さゆりさん/屋良朝信さん、大城直也くん、大湾ゆかりさん

null
いいねうるま市 山城 明 4-22 海中道路駐車場近くのソテツ

null
大濱 聡 4-21■4月、沖縄は清明祭(シーミー)のシーズンである。家人の実家は二つのシーミーがある。■第一週は、一世国吉真元(比屋)公(1400年代の人とされる。討死した勝連城主・護佐丸の三男を匿って育てた)に連なる国吉門中の子孫が全島各地から参加して行われる。■大濱家のような八重山、宮古、本島北部地域では、旧暦1月16日に「十六日祭」(後世〈グソー・あの世〉のお正月)として行われる。沖縄の祖先崇拝は根強く、脈々と子孫に受け継がれている。
関連/ 
査氏系図(復刻)

null
4月20日~6月2日 宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展~翁長良明氏古銭収集70年間のあゆみ」
null null null null
2024年4月20日 宜野湾市立博物館「お金で世界を感じ展〜翁長良明氏古銭収集70年間のあゆみ」テ一プカット/左から平敷兼哉宜野湾市立博物館館長、翁長良明さん、宜野湾市教育委員会・崎間賢氏
null null null
null
nullnull
思い出/2004年8月、翁長良明氏が宜野湾市立博物館で「世界のお金展」/真喜志康忠優を囲んで左から新城栄徳、翁長良明さん、真喜志康徳さん

null null null
仲松 健雄 東京八重山郷友連合会が主催する『第24回 東京八重山まつり』に参加
東京八重山郷友連合会は、八重山の各地区、各島々の12の郷友会で組織され「八重山はひとつ」の掛け声の下、2000年に発足✨

null null null null
4-19 こうた、あけみさん

null null
座喜味城は、琉球王国が、日本、中国、東南アジア諸国との交易を通して繁栄した十五世紀初頭、築城の名人と言われた読谷山按司護佐丸によって築かれたと言われています。標高120m余の丘陵地に立地しており、最も高いところからは読谷村のほぼ全域を眺望することが出来ます。(読谷村観光協会)/金武宮『琉球国由来記 巻11 密門諸寺縁起』の〔金峰山観音寺〕の段にある「金峰山補陀落院観音寺縁起」には観音寺の開基について記してあるが、それによれば補陀落山を求めて渡来した日秀上人が、尚清王の御代の嘉靖年間に琉球王国内を行脚し、この地にあった洞窟を霊跡として宮を建て、自身が彫った三尊を権現正体として崇め奉ったとしている。ウィキ
nullnullnull
思い出/楚辺の子供と座喜味城址で遊ぶ息子と娘

null null
2024年春 布施の公園 新城こうた


 DIME 4-15 Preplyはこのほど、「マナーが悪い都市」に関する調査結果を発表した。本調査は、全国47都道府県に在住する16~55歳の男女2,008人を対象に「自身が住む都市はマナーが悪いと感じるか」「マナーが悪いと感じる行動は何か」など、マナー違反の実態に関するアンケートを実施し、調査結果をランキング形式でまとめたものだ。
 マナーが悪い都市ランキングにおいて1位は、2位以下を大きく引き離して大阪が圧倒的な票を集めた。以下、2位が東京、3位が青森、4位が横浜、5位がさいたまと続いた。大阪は日本国内でも特に個性的な文化を持つ地域であり、その豊かな文化や歴史、人々の開放性などが、外から見ると「マナーが悪い」と捉えられることもあるかもしれない。

null null
4-14 孫たちユンタンザミュージアム「豊里友行写真展inよみたん」

null null null
4月14日 新報ギャラリー「南西諸島ミサイル要塞化写真展」/1979年に詩集「海岸線」で山之口貘賞受賞の芝憲子さん、仲宗根さん

nullnullnull null null null
仲松 健雄『第19回 関東伊平屋会のつどい』日本教育会館9F 喜山倶楽部で開催/伊平屋会役員紹介/伊平屋村幹部

nullnullnull
仲松 健雄『重田辰弥さん とぅしびーを祝う会』(一社)関東沖縄経営者協会7代目会長を務めた重田辰弥さん(現:顧問)が、4月12日に84歳の誕生日を迎えました㊗️数えで85歳のとぅしびー(生年)となります,沖縄の習わしで、とぅしびーには無病息災を願い、長寿を祝う意味があります✨重田辰弥さん「とぅしびー祝い」は、東京ドームホテル4階にある「京料理 熊魚庵 たん熊北店」で開催され、有志23名が参加、美味しい懐石料理をいただきながら、和気藹々と楽しい時間を過ごしました❗️参加者全員からお祝いの言葉とお花を送り 重田さんの益々のご健勝とご活躍をお祈りしました。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null null null
4月6日 沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー「癒しのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」/キャサリンさん、新城栄徳/芦澤礼子さん、喜屋武明美さん/講演会

4-6 はりぼて』『裸のムラ』今最も祝辞を述べてほしくない人の1人。自分の立ち位置を把握できいれば、この場には立てないし、既に議員辞職しているはず「自分の立ち位置把握を」自民離党の世耕氏、近大入学式で祝辞

null nullnull null
4-5 左から與那覇政直美術館副参事、前田比呂也美術館班長、和田達雄NPO法人琉球万次郎会副会長/沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー「癒しのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」/和田達雄さん、大城 さゆりさん

大神@ppsh41 4-5
日本の避難所・段ボールの上で雑魚寝・消費期限切れの食品が送られる・劣悪な環境により凍死者を出す/台湾の避難所・避難所用テントを設置・エアコン完備・Wi-Fi完備・栄養バランスの整った食事が出される

情報速報ドットコム 4-3 台湾大地震が南海トラフにも影響か フィリピン海プレートで直接繋がっている台湾と西日本 過去に連動地震を観測した事例も!

null 時事通信

   null
大濱 聡■今日(4.2/火)から沖縄県立博物館・美術館で「癒やしのアートの力 キャサリン・ジェーン・フィッシャー沖縄展」が始まった。■2002年に横須賀で米兵から性被害を受けたフィッシャーさん(日本在住42年)は、、裁判闘争を続ける中で諸々の元凶が日米地位協定にあることを知り、22年にわたって改定を訴えてきた。■米兵犯罪が多い沖縄にも度々訪れているが、彼女が懇意にしている金城 実さん(彫刻家)のアトリエで2度ほど対面したことがある。柔和さと力強さを持った女性だとみた。

 FLASH 4-2 《万博は国の税金を使うんでしょ?そんな立場側の人が出禁にしたる!て言うて、さらに燃えたら「いや冗談やん」て しかも「大阪ジョーク」て言うてるのてホンマに吐きそになるしどんだけヤバいか分かってないのがエグい》

null
2024年4月1日 山城 明 いいねうるま市

null
大濱 聡 4ー1 雨乞いの効果もあってか、雨量が前日比3.4ポイント増えたようだ。しかし、それでも平年比-29.8ポイントなので、依然としてこの先断水の可能性もあるという。■それにしても「嘉手納基地、普天間飛行場への給水量が昨年12月から2月まで3カ月連続で同年比を上回っている」「オスプレイを機体が見えなくなるほど大量の水で洗う様子が確認された」との報道には怒りがこみ上げてくる。当方は洗濯水やシャワーの節水、台所の洗い物の水をためて菜園や花木の水やりに使うなど日々コツコツと努力しているというのに。

4-1詐欺師は、あなたのPCがウイルスやトロイの木馬に感染していると主張するポップアップ・メッセージを送りつけ、恐怖を煽ります。これらのポップアップには、サポートを求めるためのサポート番号が記載されていることがよくあります。これらは本物のWindowsサポート番号ではないことを理解しておくことが重要です。例えば、01012393564721のような番号は、詐欺師がユーザーを騙して電話させるために使用しています。

null

 くろねこの短語3-31(前略)今回はケガ人は出なかったようだが、万博開催中にガス爆発が起きたら、おそらく想像を絶する大惨事になることだってないとは言えない。パビリオンや350億円の日傘リンクとは工区が別なので、万博会場の建設には支障はないなんて能天気なこと言ってるようだが、メタンガスという地雷原の上での工事なんだから、これからだって何が起きるかわからない。
 万博会場は全面禁煙になるらしいが、ひょっとしたらガス爆発の危険性を察知しての通達だったりして。タバコに火を付けたら爆発しましたなんて洒落にもなりませんからね。それにしても、ガス爆発のニュースを、テレビではまったく報道しないのはどうしたわけだろう。万博中止の声に一気に火が付くことを警戒しての、メディアの忖度だったりして。

null null null null
仲松 健雄 3月31日 琉球民謡協会関東支部 第37回定期総会・懇親会に参加✨オープニングは、参加者130人が全員立ち上がり三線弾いて「祝い節」・「安波節」・歌ぬ泉」を大合唱 その迫力に圧倒…❗️

null null null null null
板橋区沖縄県人会 花城昇宏会長/東京沖縄県人会 仲松健雄会長/板橋区沖縄県人会 大城朝夫名誉会長
null null null
板橋区沖縄県人会役員一同
nullnullnull
仲松 健雄 3月30日「板橋区沖縄県人会第46回総会・懇親会」桜開花宣言が出て暖かく爽やか日に板橋区沖縄県人会総会・懇親会が開催され参加しました✨来賓として板橋区長 坂本健様ならびに沖縄関係団体の会長や役員が参加して楽しく賑やかな総会・懇親会でした。


◇1988年3月 大城辰彦(編集責任者)『創立十周年記念誌(1978年~1988年)』板橋区沖縄県人会(会長 阿波根朝計)

null nullnull
3月30日 東京から須田佳実さん(一橋大学 大学院社会学研究科博士後期課程)が古美術なるみ堂を訪ねて翁長良明さん所蔵の「中山良彦資料」について話を聞いた。〇1980年8月 中山良彦『人間でなくなる日ー沖縄戦住民証言集』集英社

null
 三上知恵 日米首脳会談が持たれるたびに日米の軍事的連携強化=自衛隊の二軍化が促進される これが国防か?自衛隊員の命と国土を差し出すことにしかなってないと批判が起きないのはなぜか?東京新聞です

 産経新聞【ワシントン=坂本一之】4月10日の日米首脳会談を前に、米政府が首都ワシントンで7月に開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に岸田文雄首相を招く方向で日本政府と調整していることが分かった。日米首脳会談ではロシアによるウクライナ侵略問題を協議する予定。

nullnull null
3月29日11時 娘、孫と沖展。東邦定「記憶の中の残像」/西村貞雄「混迷」/山里永作「何も恐れることなく良い年になるよう祈ろうよ」
null null null
山川さやか「Ⅰbu ki」/金城美奈子さん、ひより、金城正仁さん/大川剛美術館副館長、ひより


2024年3月『歴史民俗資料学』創刊号 歴史民俗資料学研究会(神奈川大学 後田多研究室)サイモン・ジョン「オーベ氏の『インドシナの使節団』」/加藤里織「誰が泡盛を近代日本で広めた」/後田多敦「原忠順日記」
null
◇後田多敦の本

null
大濱 聡 3-24 ■3.23付『琉球新報』に気になる記事が掲載されていた。
2025年度から使用する中学生の社会・歴史教科書の自由社版で、ノーベル平和賞を受けた佐藤栄作元首相の受賞理由を「沖縄の本土復帰」としているが、ノーベル委員会の公式サイトの受賞理由では沖縄の本土復帰には触れておらず「賞公式と相違」と報じている。(略)■後に委員会は、佐藤は「ベトナム戦争で米政策を全面的に支持」「日本は米軍の補給基地として重要な役割を果たした」「日本の非核政策(非核三原則)をナンセンスだと言っていた」などの事実から「佐藤氏を選んだことはノーベル賞委員会が犯した最大の誤り」と自己批判している(『ノーベル賞 平和への100年』)。■自由社版を妥当とした検定員は歴史的事実を知らなかったのか、知っていたが文科省への忖度があったのか?

大濱 聡■「3月22日」というと、個人的には職業柄、1925(大正14)年の3.22に東京放送局(日本放送協会の前身)がラジオ放送を始めた「放送記念日」ということをまず連想するのだが、沖縄守備軍だった「第32軍」の創設も3.22だったことはあまり意識していなかった(創設と配備が1944年というのは当然の知識だが)。■今日から地元二紙が第32軍関連の連載を始めた。

nullnullnull
3月21日 那覇市民ギャラリー「第27回 高良憲義個展」

 tenki.jp 関東で最大震度5弱を観測 今日21日午前9時8分頃、栃木県、埼玉県で最大震度5弱を観測する地震が発生しました。震源地は茨城県南部(北緯36.1度、東経139.9度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.3と推定されます。/ヤフーニュース 気象庁は、地震発生から1週間程度、最大震度5弱程度の地震に注意し、特に、今後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあるため、大きな揺れへの備えを進めてほしいと呼びかけています。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

[ワシントン 17日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は17日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃で死亡した子どもの数が1万3000人を超えたほか、多くの子どもが深刻な栄養失調状態で「泣く力もない」状況にあると報告した。

nullnull
高良勉さんが不二出版から『山城翠香 短命のジャーナリスト』を出していたので、翠香の同僚、伊波月城を思い出した。◇2023年3月 伊波月城研究会『伊波月城集<近代沖縄>言論人の航跡』沖縄タイムス社

nullnullnull
2024年3月 高良勉『山城翠香 短命のジャーナリスト』不二出版

 null

null null
3月10日 ジュンク堂那覇「三上 智恵『戦雲』集英社新書」発売イベント/司会・三上 智恵 ゲスト・新報の島洋子、タイムスの福元大輔

null null
3月9日 〇那覇市ぶんかテンブス館「沖縄県主催/沖縄・兵庫友愛提携締結50周年記念交流シンポジウム」基調講演・久利計一/コーディネーター渡辺美紀/パネリスト◇久利計一、嘉数昇明、花城良廣〇エイサー&創作フラ〇左から翁長良明さん、久利計一氏、嘉数昇明氏

※この機能の使用ペースが早過ぎるため、機能の使用が一時的にブロックされました。3-6Facebook

null nullnull
3月4日 古美術なるみ堂で店主の翁長良明さん、インパクト出版会の川満昭広さん/2024年1月 山城智史『琉球をめぐる十九世紀国際関係史 ペリー来航・米琉コンパクト、分島改約交渉』インパクト出版会☆『琉球をめぐる十九世紀国際関係史』
 ― ペリー来航・米琉コンパクト、琉球処分・分島改約交渉 ―
著者:山城智史(名桜大学国際学部上級准教授)歴史学 本書は1850年代から1880年代に、日本・清朝・アメリカの三ヶ国が外交の場で琉球をどのように捉え、実際にどのように扱ったのか。「琉米修好条約」は、米国の史料ではTreatyではなく、「Compact between the United States of America and the Royal Government of Lew Chew」でCompactとなっている。ペリ—はなぜcompactとして本国に報告書を提出し、議会及び大統領もcompactとして承認したのか。「日米和親条約」とは明らかにその意義と性質が異なるものとなっている。
また、琉球処分に対する清朝の反応は清朝の史料にはどのように記録されているのか。琉球併合と分島改約交渉の全貌を日本・清朝・米国・英国の外交史料から読み解き、清朝が同時期に抱えていたイリ地域のロシア政府との外交交渉との関係性を検証して、深淵な歴史を歩んでいた琉球の世界史的な存在意義を明らかにした。
 本書の第一章と第二章では、ペリーが琉球と締結したcompactについて締結までの背景を描き、一八七〇年代の日米外交における「琉球の扱い」について解明。第三章では、改約分島交渉における米国と英国の影響について分析。第四章と第五章では、改約分島交渉の妥結から遷延までの一連の流れを構築し、李鴻章の「琉球存続」政策を分析。第六章では外務卿・井上馨がイリ交渉の情勢を利用したのかを史料に基づき解明している。

null

null
山城 明いいねうるま市3-2 イックマの浜

null
大濱 聡 2-28 ■沖縄で去年1年間の米軍関係者の検挙、直近10年で最多――飲酒運転、ひき逃げ、赤信号無視などの交通違反、暴行、強制性交、窃盗、万引き、住居侵入、車両損壊、建造物損壊、公務執行妨害etc。どうりで「米兵犯罪」項目のスクラップが多かった訳だ。■基地あるが故の米兵・米軍関係者の犯罪の多さか。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
☆コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null
1-14 近鉄布施駅

nullnullnullnull
1-15 ジュンク堂で屋良朝信さん、じのん天久斉店長/平和通り・なるみ堂で屋良朝信さん、モロッコから来たSarahさん/翁長良明さん、屋良朝信さん/平和通り/入口


1-13 なるみ堂で、翁長良明さん、久米島の仲宗根弘之さん/平和通り/国際通り

 くろねこの短語2024年1月10日 一度決めたら、どんなに状況が変化しようと立ち止まることをしない。泥沼の戦争に突入したのもそのせいだし、近いところではコロナの猛威を無視して開催した東京オリンピックもそうだ。でもって、大阪万博だ。費用の問題や建設の遅れなど、問題が山積しているところへ能登半島地震が襲ったというのに、官房長官のハニトラ林君は「万博は世界に向けて日本の魅力を発信する絶好の機会で日本の成長や活性化につなげていく意義」があるから予定通り開催だとさ。
 経団連会長も同じようなこと言っていて、「(万博開催と震災復興が)二項対立のように考えるのかわからない」「万博も復興も両方やる」って吠えまくったそうだ。これって、イソジン吉村君の同じようなこと言っているし、維新代表の福祉法人乗っ取り疑惑・馬場君なんか「万博は北陸の被災者への希望になる」てなことを抜かしている。
 思えば、都知事だったレイシスト石原君がオリンピック招致の旗印にしたのが「復興五輪」だった。その伝でいけば、福祉法人乗っ取り疑惑・馬場君の「万博は北陸の被災者への希望になる」発言は、「復興万博」への布石ってことか。それにしても、能登半島地震の被害はどこまで拡大するかいまだ判然としないって時に、よくもまあ「大阪万博は予定通り開催」なんて能天気なことが言えるものだ。ひょっとしたら、性加害疑惑で芸能活動中止した松本人志が大阪万博のアンバサダーだったことも、少しは関係しているのかもね。
 ほっといたら万博への批判はさらに高まる可能性があるから、ここらでちょいと引き締めておこうってことなんじゃないのか。ここまでケチのついた大阪万博をそれでも開催したいってことは、万博後のカジノ建設が視野に入っているからに違いないと改めて確認する水曜の朝である。


大濱 聡 1-9 ■今月6日、米映画監督のオリバー・ストーン氏や、ノーベル平和賞受賞者マイレッド・マグワイア氏(北アイルランドの平和活動家)ら海外の識者400人以上が辺野古移設に反対し中止を求める声明を連名で発表した。■防衛省は、今週12日にも軟弱地盤がある大浦湾側の工事に着手する方向で準備を進めているとのこと。しかし、経費が地盤の改良工事のため当初見積もりの2.7倍の約9300億円に増え、移設可能になるまでには12年もかかるという(1.9 NHK沖縄ニュースから)。その時、現在の関係者の誰が残っているのだろうか。■それまで経費はもっと増え続けるだろう。期間も12年をさらに超えるかもしれない。辺野古が完成しても場合によっては普天間は返還されない可能性もある、と米高官は宣う。壮大なムダ遣い、徒労に終わるのか。

null null null
1-7 おもろまち/県庁前

nullnullnullnull
 1-5 美栄橋駅/平和通り/古美術なるみ堂
nullnullnullnull
古美術なるみ堂、翁長良明さん、厚子さん

 TBS1-8 上川外務大臣がウクライナ訪問し約53億円の拠出を発表 対無人航空機検知システムを供与

 くろねこの短語2024年1月5日 ヘタレ総理ってのは何から何まで後手後手で、それでも打つ手が的確ならまだしもすべてが悪手なんだよね。能登半島地震への対応もその伝で、なんとまあ、物資支援ための予備費使用を9日に閣議決定するんだとさ。9日って、連休明けだよ。それまで何してるんだろうね。テレビに出て笑ってる場合じゃないだろう。しかも、物資支援のための予備費は40億円ときたもんだ。万博の機運醸成とやらに35億円、日除けの木製リングに350億円もかけてるってのに、なんてこったいなのだ。
 どうでもいいことはあっという間に閣議決定するくせに、一刻の猶予もならない災害対策が週明けってのは、結局のところ「国民の生命と財産を守る」という政治家としてのイロハのイがまったくわかってないってことなのだ。大阪万博のためのインフラ整備に13兆円もかけるなら、いますぐ能登半島にその半分でいいから投入してみやがれ。

「朝日新聞」1-5 三島由紀夫さんやジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻、山口百恵さんら、60年以上にわたって時代を象徴する人物やものごとを撮影し、「激写」シリーズなどで知られる写真家・篠山紀信(しのやま・きしん、本名・紀信=みちのぶ)さんが4日、亡くなった。83歳だった。妻は元歌手の南沙織さん、次男はタレントの篠山輝信(あきのぶ)さん。/1968年11月『血と薔薇』創刊号□写真ー篠山紀信・奈良原一高・細江英公・深瀬昌久・早崎治・立木義浩/1977年7月 『眞』№7 発行人・比嘉康助□フォト眞掲示板
「第29回沖展ー3-29~4-3首里高校」「立木義浩写真展ー4-7~4-11 デパートリウボウ」「第76回 九州写真師大会」「3-25 篠山紀信 潮の琉球料理取材で来沖ー3-26安木屋ホールで講演」

 くろねこの短語2024年1月4日 能登半島地震の被災地から倒壊した建物からの救出以来が頻繁に流れてきているってのに、ヘタレ政権は台湾からの救助隊派遣の申し入れを拒否したんだとさ。「災害の範囲が広がっておらず、支援のニーズがないことを確認した」という日本政府からの返答があったというんだが、どうやら中国への政治的配慮があったとかなかったとかネット雀がチュンチュク囀っている。
 そもそも、地震に襲われてまだ2日した経っていない時点で「支援のニーズがない」なんてことがあるわけがない。「支援のニーズだらけ」ってのが現実だ。停電の中、寒さに震え、水も食料も不足している状況を、ヘタレ政権は「自助で乗り越えろ」とでも思ってるんじゃないのか。自衛隊の派遣も、熊本地震に比べて人員が大幅に減少している。こんなんじゃ、志賀原発に何かあっても、対応しきれないんじゃないのかねえ。
 それにしても、自然災害のたびに痛感するんだが、この国の避難所ってなんでいつも体育館なんだ。貧弱な居住空間で、身も心も疲弊しちゃいますよ。いまからでも遅くないから、大阪万博中止して、その予算を被災者へのケアのために投入すべきだろう。

 RKB1-3 岩本記者「北九州市の商店街です。商店が立ち並ぶこの一帯で、激しい炎と煙が上がっています」煙と共に、激しく燃え上がる炎。隣の建物からは、消防の職員が消火活動にあたっています。3日午後3時過ぎ、北九州市小倉北区魚町にある「鳥町食道街」の飲食店から、火が出ました。(爆発音)現場はJR小倉駅前の近く。
「中日スポーツ」1-3 大阪府の吉村知事は「能登半島地震でお亡くなりなられた方々のご冥福を、被災地支援の職務に従事する中、亡くなられた海上保安庁職員のご冥福を、心からお祈り申し上げます。現在も懸命の救助救命活動が行われています。余震が続く中、救助関係者の安全にも配慮しつつ、一人でも多くの命が救われるよう切に願います」のコメントを発信した。
 コメント欄は「被災された方は大変かと思いますが、大阪は大阪のできることを尽くせばいいと思います」との声もあったが、その一方で「万博中止の言い訳にしても誰も非難しないから、被災地に資材と業者を回す決断をして下さい」「予算が何倍にも膨れ上がるずさんな万博などより、被災者支援を最優先しましょう」「中抜きリングよりも被災者救済を!」「被災地に早く援助物資を届けて下さい。今こそ『空飛ぶ車』が必要です」「大阪府民として何度も言います。能登復興の妨げになる万博は即刻中止すべきです」「くれぐれも復興万博なんて言い出しませんように」などの声が飛びかった。

「南日本新聞」1-3 2日、諏訪之瀬島で噴火3回 大きな噴石が400m飛ぶ 噴煙は2000mまで上がる

仲間 1-9 沖縄の米国総領事館に勤めていた先輩が、もう20数年前に語っていたことですがアメリカは沖縄占領した時、日本近海を初め、沖縄近海も含めて海底調査したそうです。もうその頃から既に4つの海底プレートの上に、日本列島は乗っかってることを知っていたのでしょうね。列島周辺の海溝なども調べて、日本は地震の巣の上に乗っかってるような島なんだ。この国は定期的に地震津波の大災害に見舞われる、と言う話をしていました。確かに、その通りですね。国土強靭化には大変な金がかかると思いますが、やっておかなければならないこと。そして、地震予知の精度をもっと上げる科学的知見の向上も欠かせませんね。

 フジ 1-2 新千歳空港発JAL516便 幼児8人含む乗客乗員379人全員脱出 日本航空機が海上保安庁の機体と衝突か 羽田空港滑走路上で炎上

 TBS 1-2 次第に次第に大きな被害が明らかになっている能登半島での大地震。県の災害対策本部員会議にリモートで参加した能登半島の3自治体の首長はいずれも「壊滅的」としていて、物資が不足している惨状が浮かび上がっています。震源地、珠洲市の市長は「市内は壊滅状態。住宅全壊は1000棟ほどあるのでは」としたうえで、「水、食料、ミルク、おむつ、女性用生理用品などあらゆるものが不足している」と惨状を明らかにしています。さらに、「全域で断水、停電が長期間続く」との見込みを示し、特に水、食料の供給の円滑化を県に要望しているということです。
 また、穴水町の町長も「町内は壊滅的な被害で人命に関わる家屋倒壊は9軒」と明らかにしたうえで、「物資がいつ、どう言う形で届くのか情報がほしい」と強調。そして、「別所岳の200人ほどから救助要請あった」としつつ、アクセスできない状況だとしています。また、能登町の町長も「壊滅的。一刻を争う状況で物資の供給をお願いしたい」と地震発生から2日目の夜を前に訴えました。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
☆コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

null
東京新聞「時代を読む」田中優子さん。

null
大濱 聡 12-29■12.18付『琉球新報』の記事から――東京商工リサーチが行った全国4747企業へのアンケートで、都道府県別の忘・新年会の実施予定にかなりの差があったという。全国平均54.5%、最多は沖縄の78.7%、最少は埼玉の41.1%。
「沖縄は集まってお酒を飲む文化がある」(統計調査会社代表氏のコメント)そうな。

 12-28『毎日新聞』米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、斉藤鉄夫国土交通相(島根県/公明党)は28日、防衛省による地盤改良工事のための設計変更申請を沖縄県に代わって承認する代執行を実施した。地方自治法に基づき、国が自治体の事務を代執行したのは初めて。県が反発する中で異例の措置となった。

12月16日 『琉球新報』「沖縄県は2023年の梅毒患者報告数が男性98例、女性39例」

nullnullnull
12月25日 なるみ堂に遊びに行く。/左から石澤司さん、翁長良明さん、與那嶺昭さん/石澤さんの「尚昌侯絵葉書」/新報の翁長さん記事/ジュンク堂書店

2023年8月 25日 くろねこの短語 民民のタマキンがひょっとこ麻生のお膝元で、連合の反共会長にお追従するような発言してます。「立憲共産党のような状況になっているのは我々も連合も心配している」だとさ。言ってろ、クズ・・・ってなもんです。そもそも、第3自民党を公言して憚らない無節操な政治屋こそ、消えてなくなるべきなんだね。
 他党のことを云云かんぬんdisる暇があったら、、まずは自分の頭の蠅を追いやがれ。それにしても、いまだに「反共」を言い募る連中が白昼堂々と闊歩してるって、いかにこの国の政治が周回遅れに陥っているかわかろうというものだ。

Chizuko Yamada·12月24日 宝島の創業者、蓮見清一氏が80才で亡くなりました。 夫の大学時代、同じ政経学部、革マルのリーダーでした。その後、数年後に、植草甚一の出版社を買い取り、宝島として創業した方です。大宮出身、春日部高校の卒業生。夫が10年前に書いたエッセイが、ネットで上位に上がっています。良かったら、お読み下さい。/蓮見 清一(はすみ せいいち、1942年12月22日 - 2023年12月14日)は、日本の実業家。宝島社創業者。1942年12月14日、関東州(現中華人民共和国)大連市出身。1962年、早稲田大学政治経済学部に入学。1971年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを設立。1974年に、晶文社より権利を取得、月刊誌『宝島』を復刊。1993年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを、株式会社宝島社に名称変更。2010年10月28日テレビ東京放送の『カンブリア宮殿』に出演。2023年12月14日、心不全のため東京都内の自宅で死去。80歳没

 『宝島』(たからじま)は、宝島社から発行されていた看板雑誌。休刊時点では「タブーに斬り込む知的探求マガジン」というキャッチコピーの下、アングラ情報を含む情報誌となっていた。休刊時編集長は富樫生。1973年7月10日に晶文社より『WonderLand(ワンダーランド)』として創刊。1970年代のサブカル文化の一翼を担った。10年ごとにコンセプトを変え、アンダーグラウンド→サブカルチャー→アダルト→ビジネス誌→アングラ情報誌と、これまで全く異なるジャンルを横断し、それまでの読者を切り捨ててでもエポックメイキングな誌面を作り出してきた。→ウィキ

nullnullnullnull
12-22 末吉安允さんと那覇市歴史博物館。山田葉子さん、吉田佐和子さん/那覇市民ギャラリー「歩いてみた国・中国」/沖縄銀行前

null
大濱 聡 2020年12月20日 · ■今朝(12.20)のNHK「おはよう日本〈沖縄「コザ暴動」50年目のメッセージ〉」(6分20秒)。当時、日本テレビの記者として沖縄に勤務していた森口 豁さん、「コザ暴動」取材後も変わらない沖縄の状況に突き動かされ、4年後に東京に転勤後も沖縄に通って取材を続け、今日に至っている。沖縄を題材にしたTVドキュメンタリーでは日本で最も数多く制作し、森口さんを凌駕する者はいない。

 12-17 FNNプライムオンライン防衛省は17日午後10時40分、北朝鮮が弾道ミサイルの可能性があるものを発射したと発表した。政府関係者によると、弾道ミサイルの可能性があるものはすでに落下した。落下地点は日本のEEZ外とみられ、短距離弾道ミサイルの可能性が高いという。


12月15日 夫婦橋/若松橋→「沖縄の風景:若松卸問屋街通り」(1) /前島橋/美栄橋

 「朝日新聞」12-11 吉村知事は11日、報道陣の取材に、西村康稔経済産業相が国会で「国が補塡(ほてん)することはない」と答弁したことを念頭に「万博は国の事業で、国が(不足分を)負担しない中、府市が負担するわけがない」と説明。その上で、運営費の対応については、14日に開かれる日本国際博覧会協会(万博協会)の理事会で協議する意向を示した。横山市長も11日、報道陣に「府市で(赤字を)カバーする認識はありません」と述べた。

 2023年12月8日 くろねこの短語 官房長官の丸出だめ夫・松野君がパー券裏金疑惑について「お答えを差し控える」と頑なに拒否し続けるのには、口が裂けても言えない後ろめたさがあるに違いない…と妄想してたら、朝日新聞がとどめを刺してくれました。なんとまあ、直近の5年間で1000万円のキックバックを受け取っていましたとさ。そりゃあ、「お答えを差し控える」と突っぱねざるを得ないわけだ。
 これが事実なら、官房長官辞任は当然としても、検察の捜査次第では逮捕なんてこともあるかもしれない。そうなったら、ヘタレ内閣はもちろんだが、なによりも安倍派(清和会)にとっては大打撃でしょうね。安倍派解体が視野に入ってきたってことだ。
 女体盛り・西村君も、バンティ高木君も、枕を高くして眠れない日が続いていくことでしょう。期せずして、ワクワクする年の瀬になりそうだ。

nullnullnull
12-7あっぷるタウン/泊小学校/中之橋
nullnullnullnull
12-7黄金森公園/ヤマダ電機/沖縄県立博物館・美術館

nullnullnull
12-6雨 国際通り/平和通り/美栄橋駅
nullnullnullnull
2023年12月1日 なは一と「あの日の久茂地●前島~写真と映像で思い出をふりかえる~」/我が母校・前島校小学校(現・那覇小学校)

nullnullnullnull
11月28日から12月3日 那覇市民ギャラリー「桑江良健絵画展」/山城みどりさん、桑江純子さん/桑江良健さん、仲本賢沖縄県立芸術大学教授、桑江純子さん

nullnullnull
nullnull
1985年8月那覇 『ブルータス』「東京脱出!ー東京をこよなく愛する我々だが、汚染、住宅難、通勤地獄には我慢ができない。那覇(真久田正・真喜志好一、玉寄貞一郎・公設市場)/福岡/松山/金沢/広島/名古屋/札幌/」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp
 ◇昨年12月にパソコンが使えなくなって、8月10日に関西の息子(IT&メディア・コンサルティング)が直してくれた。

nullnull
8月24日 なるみ堂で左から翁長良明さん、A.P.ジェンキンズさん(沖縄県立芸術大学名誉教授)、奥様
nullnullnull
8月24日午前 ユンタンの孫、沖縄県立博物館・美術館「MINIATURE LIFE展2 田中達也 見立ての世界」見学/沖縄県立博物館・美術館館長の里井洋一さん(琉球大名誉教授)、ユンタンの孫

 8月24日 T.U 向こうは人工衛星だと言って飛ばしているのに、ミサイルだミサイルだと言い切って4時に国民を起こすって、どうなのだろうか?間をおいて2回鳴らしよった。実情にあった、もっと適切なほかの通知の仕方はないのだろうか?相手に攻撃の意思があったら、人工衛星だとか言って事前通告するだろうか?
 こんな確度の悪い警報を繰り返していたら、ほんとにミサイルが飛んできた時にアラートを信用しなくなる。なんか、南西諸島へのミサイル基地配備の支持を広げたいがための演出のようにも感じる。国防ってこんなんでいいのだろうか?しかし、なぜ北朝鮮は沖縄の方角に発射するのだろうか?沖縄に何があるのか?

nullnullnull
8月21日 なるみ堂の翁長良明さんから立法院議員バッジのことを聞かれた。立法院議員と言えば瀬長亀次郎が浮かぶ。若狭の不屈館(瀬長亀次郎と民衆資料)に問い合わせると、展示しているとのことで早速見に行った。〇左が立法院議員バッジ、右が国会議員バッジ

8月20日 くろねこの短語 (前略)ところで、大阪府が咲洲庁舎の地下駐車場に放置している美術品について、大阪府特別顧問の上山信一が「デジタルで見られるなら処分も」って暴言吐いたってね。この上山なるシェンシェイは、維新の「大阪都構想」の理論的支柱とも言われていて、それに反対する学者や専門家に「あんたら、消えてなくなれ」って毒づいたという曰く付きの御仁なのだ。
 それにしても、「デジタルで見られるなら処分」って言い放つ人物がブレーンになっているのは、さすが維新・・・って感心している場合じゃないか。


那覇琉米文化会館

nullnullnullnull
なるみ堂で1950年代、崇元寺跡にあった那覇琉米文化会館の展示会などのチラシ

null null
8月20日 平和通りで、仲里正雄さん、ペルーリマから来たバネッサ若林稲福さん

null null null
渡久地 政司■第42回豊田沖縄ふれあいエイサーまつり■2023年8月20日正午から7時まで
写真は午後5時から約1時間 豊田スタジアムにて 写真はエイサー会場での演技風景 人物写真の白いお鬚さんは金城馨氏

nullnull
8月14日曇 10時 新城栄徳、あけみさんと孫こうた、ユンタンの孫ひよりを連れて近鉄奈良線でナンバへ

2023年8月 15日 くろねこの短語  日本が無謀な戦争に負けて78年経つというのに、いまだに「戦う覚悟」なんてたわ言をほざく爺さんがいるんだから、この国はこの間というもの何を反省してきたんだろう。おそらく、戦争を主導した政官財軍の誰もが反省なんか敗戦直後もしていなかったに違いない。でなけりゃ、A級戦犯として戦争責任を追及されるはずの岸信介が総理大臣になれる訳がない。
 なんてことをつらつら思いつつ、各党の敗戦の日の談話なるものに目を通してみると、これがなかなか香ばしい。「世界の安全と平和」なんて美辞麗句を並べつつも、「日本を取り巻く安全保障体制」の確立を、与党の自民、公明はもちろん、立憲、維新、国民も異口同音に表明している。
 こうした論調から、この国はもはや新たな翼賛体制に向けて動き出しつつあると感じざるを得ない。その昔、「時代なんかパッと変わる」って広告コピーがあったが、メディアがそうした動きに忖度するような報道を垂れ流すうちに、気が付いた時には「新しい戦前」の真っただ中なんてことも単なる妄想とは言えなくなってきているから恐い時代になったものだ。
 昨日のエントリーにも書いたけど、政治家が「もう決まったことですから」と国民の意見を足蹴にする時代になっちまったことを、しっかりと認識しないと「避難するのは非国民」なんてスローガンがまたぞろ掲げられることになりますよ。
 ちなみに、「時代なんかパッと変わる」はサントリーのキャッチコピー。桜を見る会に大量の商品を寄付し、さらに社長が「マイナ保険証の納期を守れ」発言したあのサントリーです。くろねこは「サントリー不買運動」を個人で展開中。

null nullnullnull
8月13日 昼 新城栄徳、近鉄奈良線で奈良公園/興福寺で阿修羅立像/東大寺では行列、並んでキップを買うのは初めてだ。白人さんが多いのは円安のせいか。

null nullnull null
8月11日昼 新城栄徳、都島区の西平哲さん宅を孫ひより連れて訪ねる。

null
nullnullnull null
2023-8-10 新城栄徳、孫ひよりと大阪市生野区桃谷4丁目4番11号にある大阪コリアタウン歴史資料館を訪ねる。館長の高正子さん、ひより

2023年8月12日 くろねこの短語 自分はその気もないくせに、「戦う覚悟」と戦争を煽ったひょっとこ麻生の発言は、政府と調整済みの上でのことだったそうだ。「平和外交」を謳った憲法を政府が蔑ろにしたも同然で、「麻生節」なんてお茶らけ報道している場合じゃありませんよ。
 でもって、その「戦う覚悟」発言を、維新幹事長の脳筋・藤田君が「われわれも危機感を共有すべき」ってエールを送ったってね。中国や韓国に対して「より強い態度で臨むべき」って毎日新聞のアンケートに答えているくらいだから、さもありなんてことだ。
 脳筋・藤田君は典型的な体育会系のコワモテのようで、維新代表の優生思想・馬場君の「社会福祉法人乗っ取り疑惑」を報道した週刊文春に対して「法的措置も辞さず」と脅したってね。チンピラ松井君の水道橋博士へのスラップ訴訟と同じで、「表現の自由」「報道の自由」を脅かす行為だろう。
妻の殺人疑惑の木原君も週刊文春を刑事告発しているが、政治家が報道機関を訴えるってのはよほどの事実関係の虚偽がない限り、そうたやすくすべきことじゃありません。何かと言えば「訴えるぞ」って政治家が口にするのは、民主主義国家と言えないと思うけどねえ。
 ところで、自民党の似非脱原発・秋本君の風力発電汚職疑惑で、日本風力開発の社長が贈賄容疑を認める意向だってね。あれほど否定したのに、一転して容疑を認めるってのは、ひょっとしたら司法取引めいたものがあったのか・・・なんて疑いが頭をもたげる土曜の朝である。
 2023年8月10日 くろねこの短語 パワハラ、セクハラ、公然猥褻、ひき逃げ、殺人未遂・・・維新とくれば犯罪のオンパレードってのも特徴のひとつで、チンピラ集団と称される所以でもある。そんな犯罪リストに、社会福祉法人の“乗っ取り疑惑”が浮上した。
 今度の主役は、代表を務める優生思想・馬場君だ。つい先日も「共産党はなくなっていい」とほざいて顰蹙買ったばかりだってのに、今回の疑惑は社会福祉法人理事長の認知症に付け入ってのことってんだから、これが本当なら政治家としてどころか人間としてどうなのよってレベルだ。
 文春砲がこのところ維新に撃ち込まれているけど、この政党を装った反社組織については、それこそ優生思想・馬場君の言葉を借りれば、いまのうちに「叩き潰す」しかないってことなんでしょうね。

2023年8月 7日 くろねこの短語 自民党女性局のフランス研修旅行のスケジュール表なるものが流出したってね。それによれば、3泊5日の日程で、研修はたったの6時間だとさ。その他の時間は、「セーヌ川クルーズやシャンゼリゼで買い物」ってんだから、これを「観光旅行」と言わずして何と言う。
 「少子化対策、そしてまた政治における女性活躍について、上院や下院の方とも有意義な意見交換ができた」って高齢者は歩かないの松川ルイ16世はのたまっていたけど、「フランスの国会議員2組と1時間ずつ面会」でどれほどの「有意義な意見交換」ができるものだろうか。通訳が中に入ってるんだから、1時間の面談と言ったって、意見を交わす時間はせいぜいぜい30分もあればいい方だろう。こんなのは挨拶しているうちに終わっちゃいますよ。
 メディアは日大アメフト部の大麻スキャンダルを逮捕された部員の顔写真まで晒して大騒ぎしているが、そんな暇があるなら、自民党のおフランス研修旅行の続報とブロック大王・河野君の側近と言われる似非脱原発・秋本君の贈収賄疑惑の徹底追及もよろしくな。
 ところで、第3自民党のタマキンが、昨日の広島平和記念式典におけるシュプレヒコールにイチャモンつけてるそうだ。反戦を訴える声を「平和反対に聞こえる」と揶揄するとは、なんとも見下げ果てた野郎だ、タマキンって奴は。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp
バソコン不調でスマホ対応。

nullnull
2023年1月14日〜23日 広島合人社ひと・まちブラザ「もうひとつの『8.6』伊江島米軍LCT爆発事件」

2023年2月24日、沖縄密約報道の西山太吉さんが北九州市内の介護施設で死去、91歳。             2月25日、北海道・根室市などで震度5弱。

「くろねこの短語」12-6 (前略)そこには、下記の如く、「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」のメンバーが麗々しく紹介されていたのでありました。
国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議 構成員 (五十音順)
上山隆大 (総合科学技術・イノベーション会議議員)
翁百合  (株式会社日本総合研究所理事長 )
喜多恒雄 (株式会社日本経済新聞社顧問)
國部毅  (株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役会長)
黒江哲郎 (三井住友海上火災保険株式会社顧問 )
佐々江賢一郎 (公益財団法人 日本国際問題研究所理事長)
中西寛  (国立大学法人 京都大学大学院法学研究科 教授)
橋本和仁 (国立研究開発法人 科学技術振興機構 理事長)
船橋洋一 (公益財団法人 国際文化会館 グローバル・カウンシル チェアマン )
山口寿一 (株式会社読売新聞グループ本社 代表取締役社長)
 日経と読売の他にもう1社は誰だろうとつらつら眺めていたら、おお、船橋洋一の名前が。この御仁、朝日新聞の元主筆で、政界との繋がりをいろいろ取り沙汰されたことがあるんだね。つまり、朝日、読売、日経が軍拡政府会議に関係者を送り込んでいたってわけだ。毎日には声がかからなかったんだろうか。
 それはともかく、日本の新聞ってのは、戦前の軍事政権に阿った轍を踏まないために、戦後は権力とは一定の距離を保ちつつ、権力の監視者としての機能を果たすことを誓ったはずなんだね。それが戦後77年で、あっち側にまた行っちまったってわけだ。
 イギリスのBBCは政権との距離を保つために政治家とお茶も飲まないと言われるが、日本では朝読毎を筆頭にマスコミ各社が「鮨友」なんて揶揄されつつもペテン師・シンゾーと夜毎の会食を繰り広げてましたからね。その成れの果てが、「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」のメンバーに名前を連ねた「大新聞の3人」ってことなんだろうね。
 「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものだ。ヘタレ総理の軍拡路線を朝日、読売、日経が今後どう報道するか。けだし見物の今日この頃なのだ。

12-5 M・T どうしてこんなにもおかしくなってしまったのだろう。経済より軍事の拡大強化 その経済も経済安全保障という視点で見る、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア 等EUを引き込んで自由なインド太平洋戦略と言っている。経済交流で大きな比重を占める隣国中国を封じ込めて、どうするつもりだ。経済界も、国民も困っているが表立つては何も言わない。この国のこの異様な雰囲気はいったい何なんだろう??????

nullnull
2023年1月10日『琉球新報』豊里「落ち穂/カレンダーのバツ」/5月19日『琉球新報』「落ち穂/こつこつ」

nullnullnull
12-4 琉球新報ホール「クリスマスのイベント」。

nullnull
11-27 古美術なるみ堂で、翁長良明氏、右が与儀達憲氏/平和通り側の通り

null
大濱 聡 12-2 ■長崎の旅②――永井隆博士(『長崎の鐘』著者)が住んでいた如古堂と、隣接する永井隆記念館を見学。新しい発見があった。
永井語録を紹介した中の「剣をとるものは剣にて滅ぶ」という言葉に聞き覚えがあった。
沖縄・伊江島の土地闘争のリーダーだった阿波根昌鴻の著書と、団結道場にも掲げられていた聖書の言葉である。「剣」は今で言えば「武器」を指す。永井、阿波根ともキリスト教信者という共通点がある。

nullnullnull
nullnullnull
2022年11月『琉球』№91 琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947  
 下地ヒロユキ「表紙絵」/豊里友治「有害PFAS汚染 UPDATE」/しもじけいこ「宮古IN ミサイル基地と観光地」/照屋夏樹「ヤマトゥヌユーに生きる、あるウチナーンチュの話」/島袋マカト陽子「琉球の、夢見る未来」/与那嶺功「沖縄振興ー『明治維新150年』を問う 大東亜・植民政策・ナショナリズム㉖」
nullnull
nullnull
11-21 那覇空港
nullnullnull
11-18 沖縄県立博物館・美術館「民家」
nullnull
11-18 沖縄県立博物館・美術館「ふれあい体験室」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
nullnull
2023-11-1 伊佐眞一 昨日、中国から帰ってきました。北京に4泊、上海に2泊しただけですが、現地に立った感覚は文献や映像では代え難い体験です。琉球の文化がいかに中国に大きく負っているか、わずかなりともわかりましたね。

2022年11月2日、首里から伊佐眞一さんが泊まで歩いて(健康のため)きて『「時の眼ー沖縄」批評誌N27』第10号を恵まれた。
nullnullnull
2022年10月 『「時の眼ー沖縄」批評誌N27』第10号 伊佐眞一「『復帰』思考を葬る」/安里英子・ 聞き手「新川明が語る『反復帰』論・自立の思想」
nullnullnull
伊佐眞一「『世替』とぅ ウチナーンチュぬ 実」/又吉盛清「新垣弓太郎と辛亥革命」/大田静男「南西諸島の最前線基地化を断て!」
nullnullnull
後田多敦「大龍柱向き改ざんを止められるか!」/永津禎三「首里城正殿大龍柱問題」/比嘉慂「じっと見る・私の怨念 日本復帰50年」
null
2007年2月 比嘉慂『美童物語』講談社
null
大濱 聡 11-2 ■本日(11.2)の『琉球新報』朝刊が伝えた普久原恒勇さん(沖縄市在/作曲家・音楽プロデューサー)の訃報に驚いた。昨夜、ある宴席で同席した琉球新報社のYさんが同紙に普久原さんが連載した「ぼくの目ざわり耳ざわり」の担当だったことから、普久原さんのことを話題にしたばかりだったからである。
 

nullnullnull
nullnullnull
nullnullnull
nullnullnull
2022-10-30  第7回世界のウチナーンチュ大会

» Read More