Archives

You are currently viewing archive for March 2011
Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02

1982年10月 宮城栄昌『琉球使者の江戸上り』第一書房○琉球王国で江戸上りまたは江戸立ちというのは、将軍の襲職時(代替わり時)に慶賀使(賀慶使)を、国王の襲職時(即位時)に謝恩使(恩謝使)を江戸に派遣することであった。1609年(慶長14)薩摩の侵略を受けて敗北した結果強要されたもので、襲職・襲封時に「城下之盟」を新たにする儀礼であった。その点では中国への慶賀使・進貢使、薩摩への上国使とならんで、琉球王国の独立維持にかかわる重大な外交事項であった。


1987年2月 横山學『琉球国使節渡来の研究』吉川弘文館


1996年6月3日『沖縄タイムス』「江戸上り・史跡探索の旅」



2006年10月  福山市鞆の浦歴史民俗資料館『知られざる琉球使節~国際都市・鞆の浦~』

2009年10月 沖縄県立博物館・美術館『薩摩の琉球侵攻四〇〇年 琉球使節、江戸へ行く!~琉球慶賀使・謝恩使一行2、000キロの旅絵巻~』
●展示構成
 プロローグ 琉球使節のすがた~ガイドブックに描かれた使節たち
今回の展示の主役となる、琉球から江戸へ派遣された琉球使節のようすについて、大和で出版されたガイドブックに描かれた使節たちの絵を展示します。

第1章 琉球使節の旅
1609年の薩摩による琉球侵攻以降、薩摩の支配下に置かれた琉球は、薩摩藩主に伴われて徳川将軍への使節派遣を行いました。使節の目的は、徳川将軍や琉球国王の代替わりに対するあいさつを行うことでした。琉球から約2,000!)にわたる江戸への長旅では、宿や馬の提供や見物人など使節を迎える様々な人々がいました。一方、使節の中には長旅の途中で亡くなる者もいました。ここでは、琉球使節たちの旅をたどり、それに関わる各地のすがたを紹介します。

第2章 琉球使節、将軍と会う
江戸に到着した後、琉球使節たちは旅の最大の目的である徳川将軍への謁見に臨みました。江戸城には演奏隊による路次楽を奏でながら行列を組んで登城し、将軍へのあいさつを行います。また使節は江戸滞在中、当初は日光東照宮、のちには上野東照宮への参拝を行っていました。
    
第3章 「江戸上り」へのまなざし
約1年にわたる琉球使節たちの旅では、琉球から将軍や大和の各地に贈答品を贈り、文化的な交流や情報交換を行いながら、「異国」・「文化的に優れた」琉球の存在をアピールしていました。一方、大和の各地では琉球使節たちへの関心は高く、そのことは使節に関する様々な書物の出版や、知識人たちの琉球や中国に関する情報収集などに如実に現れています。ここでは、琉球使節の江戸参府をめぐって、琉球側と大和側の視点を紹介します。


第4章 小国家・琉球王国の戦略~自立を模索して~
江戸へ派遣した琉球使節を送り出した琉球王国は、薩摩や幕府および中国との関係を保ちつつ、自らの立場の維持を図る一方、大和や中国の文化情報を受容しながら、独自の琉球文化を形成していきました。ここでは、大国にとりまかれながらも、政治的・文化的な戦略から自国の生き残りを図った琉球のすがたを紹介します。


鄭元偉(鄭嘉訓次子/1842年の儀衛正・伊計親雲上)

向邦棟(真壁里之子朝賀/1842年の楽童子)



             


» Read More

Category: 03-所感
Posted by: ryubun02
nullnull

2011年1月13日ー『琉球新報』「毒ガス移送から40年ー復帰後も基地は依然として使用され続けており、沖縄は何も変わっていない。そればかりか、日米両政府による、名護市辺野古への新基地建設というさらなる過重負担が押しつけられようとしていて、問題はかえって拡大している。根元的には基地そのものを撤去させる以外に問題解決はない。だからこそ毒ガス撤去をなし得た島ぐるみの闘いの意義は計り知れない。平和を願い、40年前に発した沖縄県民の声は、基地が無くならない限り生き続けるのだから。」
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
那覇市歴史博物館で写真家・山田實さんのギャラリー講座「𤘩宮城昇の生きた時代」があった。写真家・𤘩宮城昇は1906年7月14日に那覇上之蔵で生まれ、1945年1月27日に東京空襲で戦死した。講師の山田さんは話を始めるにあたって本26日は沖縄戦が始まったとし、戦没者(沖縄人15万人、日本兵9万人、アメリカ兵1万2千人)や東日本大地震で亡くなられた方々への黙とうで講座は始まった。山田さんは酷寒のシベリヤで強制重労働をさせられた体験を持つ。日本にアメリカ中型爆撃機B25の16機が1942年4月18日、東京、名古屋などの都市に爆弾を落とし死者45人出したのを皮切りに、1944年の10,10那覇大空襲は668人が犠牲。敗戦までアメリカ無差別大量殺戮が続き全国で76万人の国民が犠牲になった。










» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

沖縄の近代教育130年
 今年は沖縄のいくつかの小学校で、創立130年記念事業があるようだ。1881年(明治14年)沖縄に小学校が設置された。日本の教育制度は1872年(明治5年)8月3日の学制発布で始まったが、沖縄はそれから9年の遅れだ。沖縄の統合は1879年(明治12年)3月27日の廃藩置県令によるが、それは廃琉置県という近代日本国家初の植民地の獲得であったといえる。中国との朝貢関係にあった沖縄では士族たちの抵抗もあり、入学拒否もあった。1880年(明治13年)には、アメリカのグラント元大統領の斡旋で、琉球列島を分割して、南島(宮古八重山)は清国に、沖縄本島(中島)以北は日本に帰属させるとの分島改約案で妥結したが、清国の都合で締結にいたらず、沖縄の統合は日清戦争での日本の勝利により決着する。それまでは沖縄では旧慣温存政策がとられた。しかし、教育は急がれた。日本国民としての意識醸成、教化、風俗改良などが統合には必要だったわけだ。それは沖縄の歴史・文化を否定する流れでもあった。以来、方言札、三線や琉歌のなど琉球芸能への偏見と蔑視政策が続き、人類館事件に至った。異国情緒あふれる島・沖縄のイメージは戦後まで続いた。沖縄の近代教育は、まず学校で沖縄の子どもたちに劣等意識、卑屈さを育てることとなった。歴史家比嘉春潮は、教員時代に「沖縄人に沖縄の歴史を教えるのは危険だ」と聞いたと伝えている。日ロ戦争を経て昭和の日中戦争のころ、中国系の後裔の久米村出身の若者が「チャンコロ、チャンコロ」といって中国を馬鹿にしたら、長老が「ワッターウヤファーウジどぅやんどう(私たちの祖先だぞ)」とたしなめたという笑えぬ話もある。沖縄の近代教育はいわる皇民化教育と総括されているが、にもかかわらずその結末が、沖縄戦中の日本軍による虐殺や自決強要があり、戦後27年間の米軍統治下への分離となった歴史も忘れてはなるまい。
現在では、沖縄ブームともいえるほどに沖縄の人気が高い。三線の日、しまくとぅばの日の条例化など、沖縄差別や異民族視されることをむしろ地域個性として強調するまでになっている。その底流にあるのは、米軍統治や日米両政府に抗して自らの力で歴史を克服し成長してきたことへの自覚自負、自決権への意志である。それを沖縄のマグマという人もいる。沖縄の近代教育は、こうした苦闘の歴史にこそ意味がある。小学校創立130年記念を単なる祝賀行事に終わらせることなく、こうした底の深い沖縄の教育史を振り返り、共有する機会ともしたいものだ。


3月11日、東北太平洋で震度9,0の大地震が発生、未曾有の大災害をもたらした。1000年に一度のプレートの崩落による大地震と大津波。その名称は今なおまちまちだが、テレビや新聞が伝えるのは、実に身震いがするほどの惨状だ。少し前のニュージランドの地震での留学生たちの犠牲に心ふるわせていたばかりなのに、相次ぐ悲惨な報道を見ながら、私たち夫婦は体調を崩してしまった。
今なお被害の実態は明らかではない。死者・行方不明者は3万人を超え、被災者は35万人。避難所にいる方々、今なお孤立している方もいる。生存率は72時間を超えると激減するといわれるが、無情にも寒波や降雪も続いている。余震も継続し被災者には心休まる暇もないだろう、心労も疲労も極限にある。それに加えて福島原発事故の不安が続く。無事だった沖縄にいて、ご冥福と復旧をひたすら祈ることしかできないのは心苦しいばかりだ。
しかし、この震災には、当事者や自治体などの必死な救援活動とともに、実に多くのボランティアや国外からの支援がある。フランスでは「私たちも日本人だ」という連帯の言葉があった。アメリカでも「頑張れ日本、あきらめるな」・「よき友」、オバマ米大統領やイギリス首脳は「あなたと共にいる」、中国は「加油」、韓国、ロシアもそれぞれに応援してくれている。国際政治のいろいろな問題を抱え、対応もままならない日本。しかし、災害についての関係諸国の支援には、人間としての温かい思いが伝わってくる。実にありがたいことだ。それは、災害にうちひしがれている人々への大きな勇気、希望、慰めでもある。
しかし、それだけではない、なぜかそこには未来を感じさせ勇気がでるものがある。災害を通じて、人間が人間としての共通の痛みや感情、絆を一段と深めている。このことは、大げさになるが、人類の連帯感、人類の未来への希望を感じるのだ。「人間は美しい、人間が人間であるかぎり」との言葉もある。
それが次の地球市民の姿でありたいと思う。


» Read More

Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null


null


新聞紙上で文藝評論を展開している平敷武蕉氏から『非世界』が贈られてきた。平敷氏は『天荒』の同人でもある。

□『非世界』〒904-2161沖縄市字古謝1044☎FAX098-934-2006平敷武蕉
□『天荒』〒904-0105沖縄県中頭郡北谷町字吉原726-11☎FAX098-936-2536野ざらし延男

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
nullnull

3月23日ー放射能騒ぎの東京から奥間政作氏が大震災前からの予定していた帰省で帰沖。3時すぎ那覇市歴史博物館で志村学芸員と共に会った。そして写真家の山田實氏のところに寄った。平和通りの古美術なるみ堂に寄ると店主の翁長良明氏、画家の新城喜一氏が居られた。六時前に沖縄文化の杜で金城さん、謝花さん、仲里さん、國吉さんと会う。元琉大教授の西村貞雄氏も居られた。奥間氏は2006年7月に早稲田大学で開催された「沖縄の壺体 國吉清尚」展にも関わったこともある。後、私の家を案内した。
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1873年2月、「琉球全島測量ノ命」が下された。測量体制は、大阪丸(440トン 磯辺包義艦長)に柳楢悦水路権頭、青木大尉、大伴兼行中尉、高橋惟熈、石川洋之助、加藤重成、第一丁卯艦(125トン 中村雄飛艦長)に、中村雄飛大尉、児玉包孝、その他水路寮生徒(補助)というメンバーであった。

一行は1873年2月12日、品川湾を抜錨、途中、下田、神戸、呼子、鹿児島、山川の各港を経て南西諸島に達した。4月、和久田勇次郎(千葉県木更津の人)が11日急遽したので座間味島阿護の浦に碑を建てた。→1989年7月『座間味村史』


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
『那覇』同人
大串孝作・崎山鬼兵・南三郎・仲村渠・牧港徳蔵・首里二郎・古沢亀次郎・土田徳・山里長生・花城具志・中城章太

目次
評論ー花城具志「あけもどろの花」/南三郎「文学と地方性」
火野葦平□発刊に際してー随分前からぜひと思っていた琉球行を果たすことが出来てたいへん勉強になった。それはいろいろな意味で得るところが尠くなかったが、文化方面のことに関しても収穫が大きかったので喜んでいる。歴史や民俗学、民藝等に興味を持つ人にとっては琉球は汲めども尽きぬ宝庫の観があるであろう。しかし、それらは豊富な伝統の上に新しい世代に添うて今後の琉球文化がどう動いて行くかということは最も切実な問題であると思われる。外部から琉球を骨董品にしてしまうことはよいことではあるまい。また沖縄の人達が自らも骨董品に甘んじることも省みられなけでばならないことであろう。伝統の根が深く抜きがたいということはそれに制肘されることではなく、その遺産を相続することによってより立派な新しい伝統を創造することの意であろう。そこにこそ新しい沖縄文化の朝が開けるものと思われる。特殊な事情のために具体的にはいろいろと困難な問題があるようだ。しかし、世に誇るに足る立派なる琉球文化が新しい出発の肥料になるのでなければ悲しいのである。

私は今まで遠くから考えていた私の琉球文化に対する概念が、今度の旅行で根底から覆されたことを感じた。私は沖縄の文化人達の深い悲しみを知り、胸もいたむ思いである。しかしながらそれらの身に喰い入る寂寥に鞭うって、昂然と出発を開始しようとする意欲に対して悲壮な感じを受ける。私は今度の旅行で「那覇」同人の諸兄と歓談する機会を持ったことを大いなる喜びとする。慌ただしい日程のためにゆっくりと意見を交換することの出来なかったのを遺憾とするが、それでも私達は文学と生活、文壇と文学、標準語の問題、文学の言葉、地方文学、等について心おきなく語り合うことが出来た。そのようなことは今後の「那覇」の歩調の上に具現せられて行くことと大いなる楽しみにしている。私達の「九州文学」の歩みとともに、共通する九州的血液の交流をもって、前進してゆきたい。「那覇」の人達がそれぞれ優れた特質を持ち、「那覇」にまで到る間の文化的苦悩の深さにも敬意を感じている。「九州文学」に対しても鞭撻を願いたく、新しい日本の文学の建設に輝かしい成果を挙げられんことを期待して歇まない。

詩ー山里長生「前方」/牧港徳蔵「擬混土攪拌機」/仲村渠「雌」
創作ー大串孝作「魔風異」/花城具志「茶飯写生」/土田徳「妻」
あとがき

編集発行人・大城徳蔵 那覇市上蔵町2ノ86
印刷所・有馬三笑堂 那覇市久米1ノ18
発売所・沖縄書籍株式会社 那覇市東町1丁目2ノ89 仲村渠気付





» Read More

03/13: 知念栄喜

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
nullnull
1970年4月ー知念栄喜『詩集みやらび』仮面社/1997年7月ー写真中央・知念栄喜氏、左・飽浦敏さん、右・新城栄徳

null
1970年12月19日『サンデーおきなわ』「沖縄人国記ー詩人・知念栄喜」
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

1940年2月14日『沖縄日報』「本県初の女運転手」


1940年2月29日『沖縄日報』「垣花の石油倉庫発火」
Category: 03-所感
Posted by: ryubun02
 ニュージーランド地震も治まらないうちに今日も那覇市歴史博物館のテレビ(16時半)で津波警報のテロップが流れていた。続いて東北大地震のニュース。博物館を出ると『沖縄タイムス』『琉球新報』の大地震の号外が配られている。

11日、文化の杜に行くと、金城さんが岡本太郎の件で今日東京に出張しているという(結局用事は出来なかった)。テレビでは東京の大混乱状況を報じた。午後2時20分に石原慎太郎東京都知事が知事選に出馬すると云った30分後に東北・関東大地震が発生している。現実の大問題で歴史的文化的な「琉球学」は暫し休止しないといけなくなった。かわり中古古書店で科学雑誌を買い「地球学」を総括する

12日、『沖縄タイムス』『琉球新報』も全紙面的に「震度7 大津波」「宮城震度7 大津波」を報じていた。那覇市歴史博物館で輝広志氏が渡辺美季さんは元気という。町や村が壊滅したところもある。今日の5時ごろのNHK、民放の記者会見で枝野官房長官が福島第一原発の放射能漏れにかなり割いて事務的に話し、被害状況については少なかった。あろうことか国民・マスコミには文句をつけていた。続いて原子力安全・保安院という者が「あのあのー、えー」とか奥歯に物が挟まった言い方で、放射能漏れを枝野長官とは食い違う会見をしていた。またカン首相がヘリコプターで被災地と福島原発も視察している状況をテレビで流れていた。事は緊急を要する、呑気に党首会談をする暇など無いはずだ。直ちに被災地の現場近くで臨時の総理官邸を設け被災者救援の陣頭指揮に立ちリーダーシップを発揮すると思ったが所詮無理な注文であった。

13日、『沖縄タイムス』は「死者・不明1800人ー宮城1万人安否つかめず」「福島原発炉心溶解ー避難した3人被ばく」、『琉球新報』は「死亡・不明1800人超ー1万人連絡取れず」「福島原発の建屋爆発」と大きな見出し。この沖縄の新聞は東日本の地元紙と間違うほど今日も全紙面的に東日本大震災の記事で埋め尽くされていた。テレビも全局が1日中大震災のニュース。問題はテレビが全局が同時にカン内閣の政府発表を垂れ流していることだ。

14日、昨晩からのテレビを見ると、被災者情報より東電原発のニュースばかりが目立った。思うのはカン内閣の総理以下、枝野官房長官、原子力安全・保安院も東電の代弁ばかりで使い走り役に終始、テレビの評論家も原子力発電肯定者ばかりであった。先日のカン総理の被災地視察には原発事故も態態見ていた。本日は内閣と一体で、いきなり停電だという。避難所の被災者は「隣町のパチンコやのネオンはこうこうとしているのに何故わたしたちが停電で不安な目に会わなければならないのか」と発言。この停電の責任は誰が取るのか。例のタカ派石原東京知事も影が薄いがどうしているか。翌日の『沖縄タイムス』『琉球新報』にタカ派石原都知事が「『津波は天罰だ』」と発言したとある。テレビは本日からコマーシャルが流れている。

15日、『沖縄タイムス』は「核燃料が全露出」、『琉球新報』は「核燃料が完全露出」。新報・タイムスによれば、佐藤雄平・福島県知事が「東電・国は責任を持て」と強く要望したという。福島原発のメンテナンス会社社長の名嘉幸輝氏は伊是名村出身で「社員の疲労は限界だ」という。福島第一原発協力会社の社員・安田慶人氏も沖縄出身で地震のときは作業中で辛うじて非難したという。地震・津波から5日目だというのに食料、毛布、飲料水が届かない。届けるための車両のガソリンが無い。無い無いづくしでカン内閣の危機管理の無さここ極まるであった。そのくせ東電原発本社の対策本部は政治主導にしたという。

» Read More

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02


2011年3月11日『沖縄タイムス』「魚眼レンズー山田實さん、𤘩宮城昇の力量を再評価」

» Read More

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02

1933年12月ー東恩納寛惇は一中時代の同級生の比嘉盛珍(元内務省土木技師)、島袋慶福(陸軍少尉)、漢那憲英(海外協会)、崎浜秀主(商校長)、糸数青盛(那覇市税務課)、及び旧友の照屋那覇市長、島袋二高女校長、志喜屋二中校長、胡屋一中校長、當間那覇市助役、城間恒淳、千原成悟、山田有登、古波倉博士、新嘉喜倫篤らの諸氏と、久米蔡氏堂に立ち寄り仲良くカメラに収まって後、波の上医院のよ平名さんの案内で那覇でも1,2位を争うという自慢のよ平名家の庭で談話に耽った。


Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
nullnull
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
1997年1月ー神戸奄美研究会『キョラ』第2号


» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
null

null