Archives

You are currently viewing archive for September 2018
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2003年8月1日設置。沖縄都市モノレール(湖城英知社長)


2018年8月現在
 ゆいレール那覇空港駅改札口に「万国津梁の民」と題するステンドグラスがある。儀間さんの版画を拡大したものだ。向かって左から琉舞とソテツ、進貢船、フェニックス(?)、右端にエイサーの太鼓を打ち鳴らす若者の姿も見える。儀間は沖縄市で盛んなエイサーがあるのは、モノレールがずっと沖縄市まで延びてほしいからだという。その沖縄市(コザ)に対して儀間さんは「エイサーは、歌も踊りも各地域それぞれ特色をもっているが、圧巻はなんといっても毎年旧盆にコザ市で催される『全島エイサーコンクール』だろう(1966年『版画風土記・沖縄』)。「コザには沖縄の政治、経済、文化が集約されている。なかでも、まわりが巨大な基地群をもち、その米軍へのサービス産業で栄えている町なのに島の人たちにしか用のない土着の文化が目立ちすぎるほど、根づいているのには一驚させられる」(1974年『沖縄』講談社)。そのエイサーのまち沖縄市の「第63回全島エイサーまつり」は、8月31日~9月2日に県内の青年会が一堂に集結し、代々受け継いできたエイサーを個性豊かに繰り広げる。むろん那覇でも8月に「那覇一万人のエイサー踊り隊」がある。


2005年1月 西銘圭蔵『国家を超えた思想 伊波普猷』(装幀・儀間比呂志/題字・増川白陽)ウィンかもがわ
1929年2月ー伊波普猷、山城亀雄飛行士が操縦する飛行機でロサンゼルス上空を飛ぶ。カリフォルニア各地を巡遊、宮城与徳、屋部憲伝らと交流。

沖縄歴史物語(右がハワイ版)
伊波普猷のよく知られた言説に「・・・さて、沖縄の帰属問題は、近く開かれる講和会議で決定されるが、沖縄人はそれまでに、それに関する希望を述べる自由を有するとしても、現在の世界情勢から推すと、自分の運命を自分で決定することの出来ない境遇におかれてゐることを知らなければならない。彼等はその子孫に対して斯くありたいと希望することは出来ても、斯くあるべしと命令すること出来ないはずだ。といふのは、廃藩置県後僅々七十年間における人心の変化を見ても、うなづかれよう。否、伝統さへも他の伝統にすげかへられることを覚悟しておく必要がある。すべては後に来たる者の意志にに委ねるほか道がない。それはともあれ、どんな政治の下に生活した時、沖縄人は幸福になれるかといふ問題は、沖縄史の範囲外にあるがゆゑに、それには一切触れないことにして、ここにはただ地球上で帝国主義が終わりを告げる時、沖縄人は『にが世』から開放されて、『あま世』を楽しみ十分にその個性を生かして、世界の文化に貢献することが出来る、との一言を附記して筆を擱く。」(1947年11月『沖縄歴史物語』沖縄青年同盟)がある。

<あま世>の言葉は、1933年1月15日、琉球新報主催「航空大ページェント」で瀬長島上空を関口飛行士操縦の複葉機から色白の美人・宮森美代子嬢がパラシュートで飛び降りる。それを万余の沖縄県民が見物という新報記事を東京で見た伊波が自身のロサンゼルス上空を飛んだ感動と重ね合わし「おもろ・飛行機」と題し「・・・紫の綾雲、おし分けて出ぢへたる、ふへの鳥の舞ひ、如何し来る鳥が、常世の大ぬしの御使者は有らにゃ、・・・大和世は物事変て、殊に工学のひろましや、珍しや算知らぬー沖縄御間切心一つならば、苦世す甘世なさめ。直り世は実に是からど始まる」とよんだことが初出である。

 儀間比呂志の「万国津梁の民」というのは、世界のウチナーンチュのイメージにも通じる。儀間版画の「ゆがふう」(世果報)は先の普猷の「甘世」にも通じるが、ミルクユガフー(弥勒世果報)とも言う弥勒信仰の一つで、理想的な世の出現を希うものだ。ウチナーの現実に即して言うならば「核も米軍基地もない平和で豊かなウチナー」、これに尽きる。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
儀間比呂志追悼シンポジウム  時間:14:00-17:00(開場13:30)
  登壇者:新川明氏(ジャーナリスト)、川満信一氏(詩人)、三木健氏(ジャーナリスト)、佐喜眞道夫氏(佐喜眞美術館館長)
  進 行:豊見山愛(展覧会担当学芸員)

写真左から川満信一氏、新川明氏、佐喜眞道夫氏、三木健氏/池原盛浩氏、田名真之館長


新川明氏

川満信一氏

三木健氏

佐喜眞道夫・佐喜眞美術館館長

儀間比呂志「沖縄人はみなスパイだ!」1979年



新城栄徳、高良勉氏/知念ウシさん

儀間比呂志「瀬長亀次郎像」/1970年9月 瀬長亀次郎『沖縄人民党ー闘いの二十五年』新日本出版社(装幀・儀間比呂志)→「不屈館」所蔵



沖縄県立博物館・美術館隣りの新都心公園では雨降りの中、玉城デニー応援集会があった。


2018年 岩波書店『世界』10月号 松元剛「魂の政治家が遺したものー翁長雄志知事と沖縄の尊厳ー」「翁長氏が石原裕次郎のカラオケを楽しんだことがある栄町のカフェバーで、宮里さんはしみじみ語った。『翁長雄志は住民本位の新しい政治を築こうとした庶民政治家だった。保守に軸足を置きながら、原点である栄町で市民の暮らしぶりを肌で感じ、イデオロギーを超える新しい沖縄の政治家像を思い描き、自らが何をなすべきかを考える礎にしていたように思う』。」/写真・高野孟氏と対談する宮里千里氏/左が玉城朋彦氏、宮里千里氏

2018年 岩波書店『世界』10月号 松元剛「魂の政治家が遺したものー翁長雄志知事と沖縄の尊厳ー」「ー上京した翁長氏は、親しいいとこで、法政大学の三期先輩の国吉真太郎さん(71)の下宿に入り浸った。読書家だった国吉さんの本棚をなめ回すように見ては、『これ借りる』と言ってかなりの冊数を借りていったー」/写真右端ー国吉真太郎氏(翁長雄志後援会会長)

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2018年9月12日~ 10月28日 沖縄県立博物館・美術館」「宮城健盛展」

 宮城健盛(みやぎ・けんせい1915-2001)はユーモア溢れる親しみやすい人物である一方、指導者としての功績は基より沖縄画壇に尽力した人物でした。独自の創作活動に対しては柔軟で真摯に挑み続け、型にはまらず、画風が変化し続けた稀な画家です。この宮城独特の作風はどこから来たのか。宮城の変遷をたどりながら、その全貌と絵画活動を紹介。


宮城健盛/表紙絵 1966年6月『今日の琉球』104号「ハーリー」



2004年9月 『新生美術』13号<特集・比嘉景常・島田寛平・南風原朝光・名渡山愛順・大城皓也・宮城健盛・安谷屋正義・新川唯盛・仲嶺康輝・山之端一博>


宮城健盛画伯、新城栄徳


2018年9月15日ーひより親子で「宮城健盛展」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02














2016年10月23日 国際通り「空手の日 記念演武祭」


» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2018年9月『広報あぐに』「粟国村教育委員会通信22号ーヤガンウユミ(ヤガン折目)を知ろう」
= 由来 =
その昔、島の北側の野厳原(ヤガンバル)で毎年6月(旧暦)になるとそこに居る荒ぶれたヤガンの神様に畑の作業にきた人々が目をえぐられたり、鼻をそがれたり、妊婦は流産させられたりしたそうです。
 困った島の人々は、沖縄本島北部の今帰仁城の王様に何とか治めて下さいとお願いに行きました。王は家来の平敷大主(へしきうふしゅ)にこの荒ぶれた神を治めるように命じました。
平敷大主はバーイ(千魚)、粟や酒(ミチ:ソテツの実を発酵させたお酒)を準備させ島のノロ(神人)達といっしょにその荒ぶれた神を野厳原から拝所のイビガナシーまで誘い出し、用意したバーイやお酒でもてなしました。 その後、ヤガンの神はイビガナシーに鎮まった。その後この荒ぶれた神様も島の人々に悪さをしなくなったそうです。 荒ぶれるヤガンの神様を鎮めた平敷大主を村の人々はイビガナシー隣のエーヌ殿の中に今帰仁神として祀った。
 それで、毎年旧暦の6月24日、25日、26日は、神を鎮める祭り「ヤガンウユミ」が行われてきました。 もともと「ヤガンウユミ」は、神を鎮める祭りでしたが、現代は、島の繁栄と人々の健康祈願が主のようです。


2018年5月 上間篤『中世の今帰仁とその勢力の風貌ー元朝に仕えたアラン人と攀安知ー』ボーダーインク
中世今帰仁の後期勢力を率いた武将攀安知〈ハン・アンチ〉とその勢力ゆかりの出土物や伝世史料といったものに、騎馬文化及びアラン人〈元史には主に阿速の名で登場〉ゆかりの性格を帯びた種々の文物が確認されるのはまことに興味深い限りである。本著の狙いとする所は、上に言及した文物史料を拠り所にして関連情報の洗い出しを図り、それに基づいて攀安知及び彼が率いた勢力の風貌を描くことにあるが、さらにかかる試みは中世今帰仁の歴史の謎に迫る誘い水にもなると考えられる。
 アラン人(アラン族、Alans)は、紀元後に北カフカスから黒海北岸地方を支配した遊牧騎馬民族。イラン系遊牧民族であるサルマタイを構成する部族のひとつ、ないしいくつかの総称。アラニ(Alani),アラウニ(Alauni),ハラニ(Halani)ともいう。 紀元後1世紀後半、文献記録においてアオルシ(アオルソイ)の名が消え、それに代わってアランという名の遊牧民が登場するようになる。このアランをサルマタイの一部と考える研究者が多く、中国史書の『後漢書』西域伝「奄蔡国、改名して阿蘭聊国」や、『魏略』西戎伝「奄蔡国、一名を阿蘭という」といった記述から、「奄蔡」をアオルシに、「阿蘭」をアランに比定することがある。考古学的には、黒海北岸における2世紀から4世紀の「後期サルマタイ文化」を、アランの文化と見なす見方もある。→ウィキ

» Read More