Archives

You are currently viewing archive for March 2012
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
null
写真左からー末吉安允氏、與那嶺安彦氏、與那嶺氏の母と妻

3月14日ー昼、このスクラップを持ち歩いているとき、パレットくもじで長元氏に出会ったので見せた。

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02


Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02



諸見里耕三(通常は、耕司とー私のひいお爺さんです。朝進が、おじいさん。晋一が、父です。こんな記事が残ってるんですね。ありがとうございます。
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02

山本森之助【やまもと・もりのすけ】
生年: 明治10.4.2 (1877)
没年: 昭和3.12.19 (1928)
明治大正期の洋画家。長崎の料亭一力2代目当主の長男として生まれる。明治27(1894)年大阪で山内愚仙の下で洋画を学び翌年上京,天真道場などに通い東京美術学校(東京芸大)西洋画科選科に入学,32年卒業した。白馬会展に出品し,35年白馬会会員。33年から3年間図画教師として沖縄に赴任する。38年第10回白馬会展に出品した「暮れゆく島」で白馬会賞を受賞。40年の第1回文展では代表作となった「曲浦」(東京国立近代美術館蔵)で3等賞を,翌年の第2回展でも「濁らぬ水」で2等賞を受賞した。45年には,中沢弘光らと光風会を結成し,のち文展,帝展の審査員も務めた。 (→コトバンク/三輪英夫)

03/09: 嘉納辰彦

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02


okinawa・時代の記憶~「嘉納 辰彦」
1952年、那覇市生まれ。
東京写真専門学院卒業後、雑誌やメディアを中心に活動。 1989年・90年・94年と南米の沖縄移民の人々を訪ね取材し、那覇市・名古屋・各地で写真展『もうひとつのウチナー』を開催してきました。

03/07: 相川俊孝

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02

1929年ー来沖

相川俊孝 あいかわ-としたか

1889-1940 大正-昭和時代前期の詩人。
明治22年12月24日生まれ。室生犀星(むろう-さいせい)に刺激されて詩作をはじめ,大正9-12年ごろ「感情」や「詩聖」に作品を発表。13年佐藤春夫の序文を得,前衛風の詩をまとめた「万物昇天」を刊行した。昭和15年11月18日死去。52歳。石川県出身。第四高等学校中退。(→コトバンク)





Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02

写真上ー左から大田修氏、与儀達憲氏

2012年2月12日 『沖縄タイムス』「復帰40年うちなぁ時の旅ーコーラ瓶など数千本を集める南城市の収集家、大田修さんの『ビンの博物館』」