島袋慶福翁の筆跡

□1964年3月23日『琉球新報』石川正通「島袋慶福先生・恩師の若い日の面影ー31歳の陸軍少尉 島袋慶福先生に、明治43年(1910)の一年間、12歳の神村孝太郎、平良宗訓らの同級生といっしょに、愛の教育で、みっちり仕込まれた私たちのいまの、礼儀正しさと姿勢を崩さない端正さは、全く生徒愛の権化 島袋慶福先生のご薫陶の賜物だと種明かしの告白を聞いたら意外に思う人があるかも知れない・・・・」

null
(左)1982年3月、東京築地の松本三益氏の家の前で、左・新城栄徳、右・松本三益氏。撮影・松本ツルさん。/(右)島袋慶福翁


私と芝居との付き合いは粟国島で生まれた時からで、私の実家の近隣は首里士族の末裔だと称し集まり実家の隣に「首里福原」という集会所を造った。そこでは毎年旧正月に村芝居が上演され、私の父(新城三郎)も一度だけ「金細工」のモーサー役と二才踊りで出演、母方の伯父(玉寄貞夫)は「伊江島ハンドーグヮー」のカナーヒー役で二度も出演したと当時の記録にある。私の9歳のときには伯父が照屋林助、嘉手苅林昌を粟国に連れてきて民謡ショーを開いたという。


1972年11月 『石の声』№10 曹慶榮(新城栄徳)「試験管の中の人生」

2003年12月27日『沖縄タイムス』新城栄徳「うちなー書の森 人の網/孫以上に接した島袋慶福翁」


» Read More