2014年5月1日『琉球新報』「山城賢孝さん(元・沖縄の雑誌『青い海』出版社社長、万葉研究家)21日午後10時31分、腎不全のため兵庫県尼崎市の病院で死去。79歳。伊江村出身。」

null
1996年12月ー沖縄県大阪事務所で左から山城賢孝氏、新城栄徳、玉城要成沖縄県大阪事務所所長

null

null



山城賢孝(沖縄の雑誌『青い海』前代表)「あまたある店頭に並ぶ雑誌の中 わがつくりたるは殊にまばゆし」






大城敬人「賢孝さんを語る・同僚」







平山良明「語る会開催経過と語り・お礼」


元『青い海』関係者の島尻雅彦氏、嘉納辰彦氏、当山忠氏


島尻雅彦氏と久美さん(新城栄徳の従妹)

 千原渉ー簡単に言えば「この良き日に大伴旅人さまの邸宅に集いて歌を詠む宴を開くのであるが、開会にあたってひとこと言っておく。中国でも梅はよく歌に詠まれているが、我々も彼らにならって梅の歌を詠もうではないか、諸君!」ということ。安倍は中国を嫌って「日本籍」の文献から元号を作りたかった筈なのだが、無教養なためにザンネンなことになってしまった。集まった貴族たち(渡来人)は、ルーツたる中国や朝鮮の文化にならって「おれらも梅の歌を作ろうぜ!」と、嬉々として宴会開会の辞としたのである。『令和』は「于時初春令月 氣淑風和」から採ったと言うのであるが、その部分って「時あたかも春の初めの『令』(定めた)月で空気もよく風も『和』らいでいて」ってだけで、話の途中の言葉の端くれに過ぎず、元号にするような意味はまるでない。

添付の写真(左の頁)が安倍と菅が言った万葉集の「梅の歌の部の前書き」である。

 「くろねこの短語」2019年4月2日ー日本会議の意を汲んで国書からと意気込んではみたものの、元をたどれば漢籍に由来があるというなんともお粗末な元号祭りではありました。それにしても、初老の小学生・ペテン総理が新元号の説明にしゃしゃり出てくる姿は、さながら皇室を利用した政治ショーの趣があって、なかなかに香ばしいものだった。本来なら、そこにフォーカスして新元号を語るメディアがあってもよさそうなものなのに、みんなお祭り気分ではしゃいでるんだからお話になりません。
そんな状況に思想家の内田樹がこんな具合に皮肉ってます。「自身の政治思想を宣布する機会を、改元という全国民的な行事に絡めたことは、公人として節度を欠いた。新元号の制定意図に過剰に政治的なものを感じた国民は、元号を使わなくなるだろう」「朝から晩まで特定政党の総裁と幹部がメディアに露出するのは作為を感じる。元号は天皇制に深くかかわる文化的装置で、最大限の注意をもて扱うべきデリケートな問題」さらに、「仕組まれた政治ショーに踊らされて大騒ぎ。見識を疑う」と手厳しくメディアを批判している。ごもっとも。
誰かが「まるで所信表明演説」とペテン総理の会見を評していたが、気分は「民にご託宣」だったんじゃないのか。ホント、「何様のつもり」なんでしょうねえ。そんな改元祭りの日に、なんと外務省は元号から西暦に統一するんだとさ。ペテン総理の談話の仰々しさが、いかに茶番かってことだ。
そんなことより、共産党の宮本岳志君が参議院議員を辞職して、無所属で大阪12区補欠選挙に出馬するそうだ。これって、野党共闘に本気で取り組む気配のない立憲民主や国民民主に対する痛烈なアピールだろう。共産党の覚悟に応えられないようでは、立憲民主に明日はない。