Archives

You are currently viewing archive for May 2012
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02

嘉手納宗徳先生 著作・論文目録
1965年 『球陽』第1冊から4冊を球陽研究会から自費出版
1966年 『球陽』第5冊から7冊、附巻を球陽研究会から自費出版
      小葉田淳編『李朝実録琉球関係史料』を郷土史研究会から自費出版
1967年 『陳侃・使琉球録』(上・下)を筆写本で郷土史研究会から自費出版
       『夏子陽琉球録(上)杜天使冊封琉球真記奇観・張学礼使琉球記』を筆写本で郷土史研究会から自費出版
       『汪楫・使琉球雑録』を筆写本で郷土史研究会から自費出版
       陳侃が見た・琉球ー使琉球録からー(『沖縄タイムス』10月10日~23日 10回)
       使録に散見する芸能(『研究余滴』1号 郷土史研究会)
       時文用語集(1)~(3)(『研究余滴』3号~(3) 郷土史研究会)

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

浦崎春雄・美代子御夫妻

琉球国由来記による嶽名並に殿名の村呼称

九嶽
嶽名             地域        村呼称     備考

ガダノコ御嶽        西          ウガン     ウガン、クバムイと同体
八重の御イベ       西          八重大中   エーウフナカ(通称イビガナシー)
テラチ御嶽         西          マチュー 
ヲノコ御嶽          浜          ウフタキ 
中ノ御嶽          浜           ナカタキ
ハイノ御嶽          浜          ヘータキ  
シマイ御嶽          西          アナガー
アラバ御嶽         西
ヤカン御嶽         西           スイミチ

五殿
殿名             地域         村呼称     備考
八重ノ殿           西          エーヌ殿
泊リノ殿            西         トゥマイヌ殿   トゥマンナー殿ともいふ
安次冨ノ殿          西         アサトゥヌ殿   安次冨はアストと読む
垣奴殿            東          ガーチヌ殿 
浜奴殿            浜          アダンナヌ殿
ババノ殿(由来記にはない)

私は1983年、母の兄・玉寄貞夫が仲里秀雄元粟国村長と『粟国民謡集』を出すというので編集協力した。その過程で久茂地の浦崎春雄氏宅にも同行した。

1987年9月ー高阪薫『沖縄の祭祀ー事例と課題』三弥井書店
1988年4月、尼崎市の中沢章浩氏から高阪薫編の『沖縄の祭祀』が贈られてきた。以前に甲南大学地域文化研究会のメンバーが粟国の民俗調査に行くというので、那覇の浦崎春雄氏を紹介したことがある。本書の目次は第1章・渡名喜島「島直シ祭祀/第2章・粟国島ヤカンウユミ/第3章・八重山の豊年祭/第4章・シヌグとウンジャミ/調査活動年誌となっている。また、那覇市の国際通りで、夏休み家族で散策していた中沢氏親子にも偶然出会ったこともある。那覇市議会議会史の小渡清孝氏と尼崎の中沢宅(尼崎市常光寺1-18-10)を訪ねたこともある。尼崎には沖縄県人会兵庫県本部がある。

1991年12月 比嘉康雄『異界の神ヤガンの来訪「ヤガンウユミ・粟国島」』二ライ社
□浦崎春雄氏(68歳)の話では、ヤガンウユミは明治か大正ごろまでは連綿として続けられていたが、神職者不在などの理由でいったんとだえてしまった。祈願だけの行事は昭和7、8年ごろまでハナグシクヌルがおこなっていた。しかし、これもヌル没後とだえた。戦後になって祈願だけは区長などによって再びおこなうようになった。  

昭和23年ごろ、当時村長だった仲里秀雄氏の「ヤガンウユミを復活せよ」の命を受けて、そのころ役所に勤めていた浦崎春雄氏がヤガンウユミを覚えていた照喜名ウシさん、当時80代(ユナンサー家の娘)から数カ月にわたって祭祀の内容を聞き書きし、それを当時の神職者に教えて復活した。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null

null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
中村文雄氏の『語り継ぐ めーぎぃらま)・渡嘉敷村字前島』が発刊されました。沖縄の離島に関心のある方の必読本です。本代1000円、送料200円です。連絡先は〒901-3500渡嘉敷村字前島76番地 携帯090-8290-6361

慶良間3
2012年ー中村文雄『語り継ぐ めーぎぃらま)・渡嘉敷村字前島』大和印刷(大城盛和)東京都千代田区岩本町2-5-2 電話03-3863-3236

null
中村文雄氏
渡嘉敷村前島出身 1938年南洋群島トラック島生まれ4歳に引き揚げ前島で育つ。14歳に那覇市へ集団移住。定年後に無人島の故郷前島復興を目指し夫婦で再移住。<前島復興住民の会会長>


□2012年5月17日『沖縄タイムス』「前島に『有人島』の証しー出身者・中村さんが記録本出版」

null
null
島袋和幸『沖縄の軌跡』69号□東京都葛飾区四つ木4-18-10 電話03-3695-9276

島袋和幸『沖縄の軌跡』84号□東京都葛飾区四つ木4-18-10 電話03-3695-9276

» Read More

05/13: 事典

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
null
新城あけみの「欧州看護視察団」のベルギー土産である。□小便小僧(しょうべんこぞう)は、放尿する少年を模した像、噴水。 同様のものは世界各地に存在するが、ここでは起源とされているブリュッセルに設置されているものを中心に述べる。1619年にフラマン人彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)により製作された。現在設置されている像はレプリカであり、オリジナルの像は1960年代に紛失した。近くにかがんで放尿する小便少女の像もある。(→ウィキペディア)

05/12: 新垣孫一

Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
null

小学4年の頃、琉球史の手引きが新垣孫一の『琉球発祥史』(宮城久栄序文/新垣孫一氏は我が知念村が生んだ先輩で多趣味の人である。音楽、舞踊、狩猟、投網、図画、園芸、等何でも好きで上手である)や『系図のてびき』であった。知念村文化協会1993年発行の『斎場の杜』に新垣孫一が紹介されている。28歳で久高小学校校長、柳田國男との出会いで郷土研究。40歳で知念村村長、牛乳屋、散髪屋、銭湯まで営む今でいうところのマルチ人間だった。同誌には孫一との写真で尚裕夫妻、川平朝申らの写っているのもある。2001年2月、沖縄コレクター友の会の真喜志康徳氏と共に孫一の後継者とも云うべき新垣源勇氏宅を訪ねた。
null
写真左が新垣源勇氏、新城栄徳

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
1912年11月29日生まれ。首里当蔵出身。1938年、台北帝大附属医専卒。軍医として軍務に服した後、1945年、臺灣新竹州大湖陸軍病院長、1946年、帰沖、沖縄民政府医官。1950年、金武保養院長(サナトリウム)および琉球結核科学研究所所長。1952年、沖縄の結核実態調査に参加し、結核対策の基礎資料を作成した。琉球結核予防会設立に代表の一人として尽力。理事に就任。琉球政府社会局長として初めて結核患者本土送出療養制度を実現した。1960年、那覇市寄宮にて開業。1961年、那覇市医師会理事に就任以後、沖縄県医師会常任理事、副会長、代議員会議長を務めた。2011年1月15日死去。

伊豆見元俊
Category: 01-人物名鑑
Posted by: ryubun02
2012年3月18日『沖縄タイムス』30面「高江判決を問う(下)比屋根照夫さん『規制の網 戦前を想起』/31面「32軍壕問題で学習会ー鉄血勤皇隊師範隊として壕掘りをさせられた渡久山朝章さん(83)読谷村などが従軍慰安婦について証言した。」

null