12/07:

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02


英国の推理作家アガサ=クリスティの作品に登場する名探偵エルキュール=ポアロが、優れた洞察力を持つ自身の頭脳を指していう言葉に「灰色の脳細胞」が
Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
 ☆コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

nullnullnull
2023年11月26日 ジュンク堂「東邦定写真集『ウチナ一ンチユの貌』沖縄タイムス社」出版記念ト一クイベント 出演:東邦定さん、ローゼル川田さん 司会:城間有さん/左から東邦定さん、翁長良明さん、ローゼル川田さん、城間有さん/左から森本浩平ジュンク堂店長 、大濱聡さん、翁長良明さん
nullnullnull<br />
大濱 聡さん/田場由美雄さん、ローゼル川田さん/大城 弘明さん、大濱 聡さん/森本浩平ジュンク堂店長 、翁長良明さん

null
大濱 聡 11-24■沖縄の軍事化に反対し、対話による平和の構築を世界へ発信する「11.23県民平和大集会」に中学時代の友人ら6人で参加。■登壇者の挨拶から――「ミサイルもシェルターもいらない。私たちが必要とするのは、平和で安心安全な社会だ」「まだ戦争は起こっていない。今なら変えられる」「核兵器で犠牲を強いられた広島で、なぜ軍拡を進める人が国会に送られているのか。平和は広島から崩れている。岸田首相にはっきり言う。戦争をするなら、地元でやれ」

nullnullnullnullnull
2023年11月『琉球』№97 琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947  
 下地ヒロユキ「表紙絵」/下地茜「琉球弧の軍事要塞化に抗する 宮古島 この島に生き続けるためー島外避難を前提とした島嶼部へのミサイル部隊配備」/しもじけいこ「宮古IN 宮古あるある!?あれこれ」/島袋マカト陽子「東京琉球館便り87 首里城大龍柱」/伊良波賢弥「焚字炉の葉書③とぅらじ山」

null
山城 明 11-20 うるま市宮城島池味

 くろねこの短語 2023年11月20日  (前略)どこかで統計とってないものだろうかと思ったら、東京新聞「こちら特報部」がやってくれました。「バラエティー番組で露出が増えた自衛隊 迫力ある映像、喜ぶタレント…そこに危うさが潜んでいないか」という特集を組んでくれたんだね。これは、グッジョブです。
「こちら特報部」のリポートによれば、「自衛隊が出演したバラエティーやワイドショー番組(報道除く)の数は、2021年度に36件、22年度14件。23年度は10月下旬までに16件と前年度を上回るペースだ。主な放映局は日テレ、フジテレビ、テレビ東京」なんだとか。やっぱり増えてたんだね。でもって、
「2021年、予算の大幅増額を目指し、防衛省がユーチューバーらに「厳しい安全保障環境」を説明する計画が報じられた。当時の岸信夫防衛相は記者会見で『インフルエンサーと呼ばれる方々に、まず理解をしていただけるような説明を行うことは重要だ』」とのたまったそうで、カズレーザーもそのひとりってことなんだね。そりゃあ、自衛隊から感謝状を貰うわけだ。
 つまり、テレビ局が自衛隊のプロパガンダに加担しているわけで、「たかがバラエティーに目くじら立てなくても」なんてタカくくっていると、あっという間に「新しい戦前」になっちゃいますよ。

nullnull null null
11月19日 那覇市民ギャラリー「第53回 沖縄新象展」/佐久本米子さん「相一景」/佐久本伸光さんファミリー、豊見山さん/平和通り

くろねこの短語 2023年11月18日  石川県知事の政治もすなるプロレスラー・馳君が講演会で東京オリンピック招致について、「当時の安倍晋三首相から『必ず勝ち取れ』『金はいくらでも出す。官房機密費もあるから』と告げられたと述べた。当時100人余りのIOC委員に対し、それぞれの選手時代などの写真をまとめた1冊20万円のアルバムを全員分、作成したと説明。『それを持って世界中を歩き回った』と話し、棒高跳びで活躍したセルゲイ・ブブカ氏らに渡したとした」
 なんて発言をして、すわ、またしても東京オリンピック絡みの贈賄事件が発覚か、と炎上したと思ったら、即行「誤解を与えかねない不適切な発言であり、全面的に撤回する」って腰砕けになっちまいました。「誤解を与えかねない不適切な発言」と言うなら、具体的にどこがどう誤解されたのか説明してもらいたいものだ。おそらく、発言は事実なんだろうね。ここからわかることは、ペテン師・シンゾーは官房機密費をまるで自分の財布のようにして使ってたってことだ。税金の私物化ですよ。(以下略)

null nullnull
11月17日 那覇市民ギャラリー「第53回 沖縄新象展」/佐久本伸光さん「作品」/安田淳夫さん「作品」/石原美智子さん「忘却のヴィーナス」/仲宗根市子さん「与那国、紡ぐ」

 くろねこの短語 2023年11月14日  いやあ、凄いよね。大阪万博のために補正予算で30億円も注ぎ込むってさ。メキシコをはじめとして5ケ国が万博撤退を表明し、あまつさえ350億円の木造の日除けが問題になっているってのに、さらに30億円もの税金を積み増すってんだから、筒井康隆じゃないけど「狂気の沙汰も金次第」ってところか。
 具体的に何に使われるかもさだかでない30億円の血税は、おそらく広告代理店が中抜きしてさしたる成果も上げることなくどこかへ消えちゃうんでしょうね。結局のところ、維新のやろうとしていることは、大阪万博を口実に、夢洲を再開発してカジノ特区にすることにある。そのためにもどんなに非難されようと「撤退」の二文字は封印するしかないんだよね。
 このままだと、2兆円の経済効果どころか、莫大なツケが回って、いずれは大阪の財政は逼迫することにもなりかねない。それを政官財が一体となって後押ししてるんだから、正気の沙汰ではありません。都知事選の公約通りに、世界都市博を断固として中止した青島幸男の英断こそが今、求められている。火中の栗を拾う意地悪ばあさんはいないものか。


11月13日 モノレール県庁駅前/パレットくもじ/ブールシール/中之橋

 くろねこの短語 2023年11月11日  セクハラ・細田君が、説明責任を果たすことなく逝っちまいました。これで統一教会(現世界平和統一家庭連合)との関係も闇の中で、自民党にはホッとしてる壺議員もいるんじゃないのか。・細田博之前衆院議長が死去 79歳 辞任直前に語っていたこと
 そんなことより、歩くヘイター・杉田汚水脈が、もはやデマと周知されている「在日特権」について、「(朝日は)差別に関わる利権や特権は存在しないと断言しました。しかし、実際には存在します」とツイッター(現X)に投稿したってね。「在日特権」はあの在特会ですらいまや否定しているってのに、どこまで調子こいてるんだろうね。
 前にも書いたけど、杉田汚水脈の差別言動ってのは、つむじが右に曲がり切った自民党のオヤジ連中が自らのダミーとして重宝しているからこそ許されているんだよね。(以下略)

nullnullnull
2023年11月8日一銀通り/1978年8月ー那覇市一銀通り久茂地小学校の向かいにあった琉球書院(琉球文化社)と青い海出版社の看板が見える。/2023年11月8日パレットくもじ/琉球新報社で左から米倉外昭さん、小那覇安剛さん、與那覇裕子さん

 三上 智恵 11月7日 ギョッとすることがありましたので共有します今日のガザは 明日の沖縄 この言葉を掲げて即時停戦と日本政府の戦争準備を止めるよう求める会見をノーモア沖縄戦の会は昨日行いました私はそこに編集も佳境なので参加できなかったのですがとんでもないことがあったようです記者会見している横にメディア向けの資料が置かれている場所がありますがそこに私たちの会見中戦闘服姿の自衛隊員が2人ズカズカと入ってきて資料を漁るように探していたということです
 記者クラブの部屋は報道人以外会見する当事者以外が勝手に出入りできる場所ではありません報道各社に共有してほしい資料もたくさん置かれていますが発表を控えているものも縛りがあるものもあり自由に出入りされたら困る場所なのに私たちの共同代表らが面食らって抗議する横で記者たちは特に反応がなかったと聞きましたということは自衛隊の広報部?とかずっと前から隊服で出入りするようになってる??
 私が局にいた頃ならそんな光景は絶対スルーされなかったはず軍隊が報道の中枢に土足で入り込む戦前のイメージ県庁記者クラブどうなってるんだろうマスコミ労協は状況を把握するべきではと思いました仲間が動画を撮ってるというので確認できたらまたお伝えします

 NHK 2023年11月6日 13時22分 ミサイルが飛来した有事の際、適切な避難につなげようと、東京都が指定する「緊急一時避難施設」を活用した初めての避難訓練が6日練馬区で行われました。訓練は、練馬区の都営地下鉄練馬駅の周辺や、区立平成つつじ公園など3か所が会場となり、60人の住民が参加しました。
☆練馬区といえば歌舞伎町時代に聞いた『ネリカン』(練鑑)を思い出す。ネットに東京少年鑑別所の俗称という。当時流行った練鑑ブルース「身から出ました 錆ゆえに 粋なポリ公に ぱくられて手錠かけられ 意見され 着いたところが 鑑別所・・・」。この歌の原曲が可愛いスーちゃん「お国の為とは 言いながら 人の嫌がる 軍隊に 志願で出てくる 馬鹿もいる 可愛いスーちゃんと 泣き別れ・・・」。海軍小唄(ズンドコ節)「汽車の窓から 手を握り 送ってくれた 人よりも ホームの蔭で 泣いていた 可愛いあの娘が 忘られぬ トコズンドコ ズンドコ・・・」。

nullnullnullnull
nullnullnullnull
11月3日 沖縄県立博物館・美術館「ア一ト市」/山川さやかさん/齋悠記さん/湖城磨李奈さん/つじのえみりさん

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

nullnull
10月30日 なるみ堂で昭和村グループ代表の新垣亮馬さん、翁長良明さん
nullnullnullnull
nullnullnullnull
10月29日 国際通り「空手の日記念演武祭」

null
null null
10月29日 よみたんまつり/孫二人サンシンで参加

 くろねこの短語 2023年10月26日 (前略)そんな身勝手な政治屋は、身内の不祥事にもいたって甘い。「新聞少年」と一瞬間違えそうになった山田太郎とかいう文部科学政務官が、不倫、買春行為をしていたって週刊文春が報じているんだが、なんと維新の馬場君が、「どういう行為が行われたかわからないが、そういった行為と職務上の能力とはまた土俵が違う」
「非行行為があった上で、それを上回る能力があれば私は(職務を)継続してもいいと思う」
 ってのたまったそうだ。維新の中には不法行為をした議員はゴロゴロいて、さながらならず者集団の様相を呈しているくらいだから、ここは自民党に救いの手を差し伸べて恩を売っておこうという寸法なのだろう。
 でも、この言い草が通るなら、ジャニー喜多川の性虐待だって許されちゃうことになりはしないか。それくらい、野放図な発言だと思うけどねえ。もっとも、そんな発言する本人が福祉法人乗っ取り疑惑で袋叩きにあってるんだから、何をかいわんやなのだけど。

FRIDAYデジタル2023-10-26 《2011年4月9日。統一教会ダミーの「世界戦略総合研究所」で講演する竹田恒泰さん。こういう背景をおさえてから、彼の言動を見ましょう》と写真付きで投稿があった。その団体が開催した講演会のタイトルは『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』と書かれ、竹田恒泰先生と大きく表記されている。数十人があつまる集合写真の真ん中に竹田氏は鎮座しているのだ。これが投稿されると竹田氏は《私は男系による皇位継承を確保するため、講演依頼があれば、各政党、各種政治団体、各種宗教法人などに講話しにいく》と憲法学者としてどこであろうと講演に行っていると、堂々と反論した。

泉 房穂(いずみ ふさほ)『参院徳島・高知で自民敗北』との速報。これで国民負担増に待ったをかけられるだろうか? マスコミは“与野党対決”などと言うが、そうではなく“国民への負担増か否か”が争点だったと思う。マスコミは国民の気持ちが全然わかっていない。国民は野党も支持はしていない・・・

null nullnullnull
2023年10月21日 那覇市民ギャラリー「沖縄旺玄会展」砂川恵光氏、その作品/市場本通り

 くろねこの短語 2023年10月21日 ヘタレ総理は、「増税メガネ」だの「増税クソメガネ」だのと笑われていることをよほど気にしているようで、なんと所得税減税の検討を与党幹部に指示しましたとさ。あくまでも「検討」というところがさすが「検討使」の面目躍如たるものがある。しかも、期限付きというのも、何とも煮え切らない。
 そもそも、所得税減税って低所得者層にとってはそれほどメリットがないんだよね。だからなんだろう、所得税を納めていない低所得者や高齢の非課税世帯には給付金で対応するんだとか。おそらく、世帯当たり3万円なんていうショボい話になるんでしょうね。
 給付金に関しては、立憲も「1世帯3万円の『インフレ手当』給付を柱とする緊急経済対策」なんてのを発表している。どいつもこいつもセコイというか、ち~せえなあってなもんです。

 「SmartFLASH」10/20(金) 「地獄に堕ちろ」関経連が消費税15~18%を提言…経団連19%主張に次ぐ日本人いじめ「関西だけでやっとけよ」/スーパーを視察して「野菜や肉は高くなってる」と語った岸田首相(10月16日、写真・時事通信)

null nullnull
2023年10月17日 那覇市民ギャラリー「具志弘樹作品展」/かつての絵看板師仲間の外間善幸さん、具志弘樹さん(右)
nullnull nullnull
2023年10月17日~22日 那覇市民ギャラリー「具志弘樹作品展」

くろねこの短語 2023年10月16日  統一教会(現世界平和統一家庭連合)と昵懇の防衛大臣、ピースロード木原君が長崎補選の応援に駆けつけて、「自衛隊の政治利用」とも思える演説をしたってね。
「自民党候補を応援していただくことが自衛隊ならびにそのご家族に対してのご苦労に報いることになる」海上自衛隊の基地がある佐世保での演説ということもあって、自衛隊を引き合いに出したんだろうが、防衛大臣って立場をまったく分かってないよね。網タイツのロスゴリ・稲田君が防衛大臣の時に、都議選の自民党候補の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」とやらかして発言撤回に追い込まれたことがあったけど、政治家として学習してないんだね。
 厳密に考えれば、この発言は、「政治的目的のために、政治的行為をしてはならない」と定められた自衛隊法に違反しているのは明らかだ。ただちに罷免ってのが正しいあり方なんだろが、おそらくロスゴリ稲田君のように発言撤回でお茶濁して終わるんでしょうね。臨時国会を前に、ヘタレ総理はさぞかし「余計なことを」と臍を噛んでいることだろう。

nullnullnullnull
10月15日午前 沖縄県立博物館・美術館「第52回 沖縄県芸術文化祭」/玉城ゆう子さん、とうか、ひより/東邦定さん、とうか、ひより

 「まいどなニュース」10-10 ウクライナ戦争や台湾情勢に世界の目が集まる中、中東では軍事的衝突により緊張が高まっている。パレスチナ自治区ガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスが10月7日早朝、イスラエルに向けて大量のロケット弾を打ち込み、パレスチナ武装勢力のメンバーたちがイスラエル領内に侵入した。軍事力で圧倒的優位に立つイスラエル軍もすぐさま反撃し、これまでのところ双方で1000人以上の市民らが犠牲となった。

 『読売新聞』10-10 子どもを自宅や車などに放置する行為を「虐待」として禁止しようと、埼玉県虐待禁止条例の改正案を提出していた自民党県議団は10日、改正案を取り下げると発表し、開会中の9月定例会での成立を断念した。

nullnullnullnull
10月8日昼 那覇大綱挽まつり・久茂地/那覇大綱挽まつり・国際通り
nullnullnullnull
国際通り/なるみ堂で左から米倉外昭さん、エクレレの照屋逸郎さん、酒膳眞栄田の真栄田貞子さん

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
2023年十月十日 10・10空襲から79年

null
10月7日 照〇 〇司

2月10日は、1963年(S.38)年、アジアアフリカ連帯会義で4・28沖縄デーが決議された記念日。27度線での海上大会もスタート。以来、57年。変わらぬ軍事基地の島。戦後70年を経て、そのリニューアル再編整備が強行され永久基地化が図られている。その4・28を日本独立の日として祝ったのが歴史オンチのアベだった。
しかし、世界は忘れてはないし、見ている。アメリカンファーストのトランプ、日米安保第一のアベ立憲主義、人権を知らない、金権第一の最悪コンビ会談次第で、日本は世界の笑いものになる。(T)

nullnull
〇犯罪王アル・カポネも真っ青、葉巻を銜えたルメー /勲一等旭日大綬章(佐藤栄作はアベの叔父)日本を空襲で焼き払い原爆投下にも関わった(1945年5月、原爆投下部隊である第509混成部隊が準備を終えて、鬼畜ルメーの部隊に移動してきた。)ルメー(フランス系)に勲一等旭日大綬章を贈った話はネット上に飛び交っているが今でも勲章を贈っていたことに疑問を持つ。
 ルメーは1945年に日本占領は「百年間続く」とほざいた。たしかに日本の現実はアメリカの属国と化している。『アメリカの属国で悪いか』という本も出て居直る性質の悪いのも居る。今年は敗戦70年。「敗戦後100年」は無いと思うが、そのアメリカ占領100年を目指そうとしているアベアソウ自公政権は辺野古新基地を粛々とつくり、嘗てルメーが言った米軍の日本占領は百年続くことを実現しようと試みる。大多数の日本国民もそれを支持している。(2015-1記)
 〇2001年1月 『マッカーサーの日本占領』世界文化社マッカーサーの日本 1945年8月ー1951年4月
1945年8月14日、日本は連合国に対し、ポツダム宣言を受諾した。日本を占領する連合国軍の最高司令官にはダグラス=マッカーサー元帥が任命された。占領行政がスムーズにいったのは、一つにその中枢神経が東京の都心に集中していたからである。もし、占領を司るこれらのセクションがはいる建物がなかったら、占領の性格そのものが大きくかわっていたことであろう。もともと米空軍は都心部の爆撃を避けるよう命令されていた。/ワンマン宰相・吉田茂ー反対者を罵倒するその姿は「ワンマン」の名にふさわしい。ただしそれができたのは、マッカーサーの権威を借りたからである。(袖井林二郎)


1944年10月10日「十・十空襲ー那覇の崩壊」アメリカ軍は、南西諸島全域に大空襲を敢行した。10・10空襲と呼ばれるこの空襲によって那覇市は一挙に炎上し壊滅した。空襲は10日の午前7時の第一次から午後3時45分までの第五次まで延べ9百機におよぶ大規模なものであった。第二次の那覇港攻撃に続いて正午をはさんでの第三次攻撃で垣花町が炎上し、第四次攻撃は那覇市街地に集中し、第五次は全機をあげて那覇攻撃に終始した。低空銃爆撃とともに、多数の焼夷弾を投下したため、市内各所に火災が生じ、それが翌朝まで燃えつづけ、全市域の90%が消失した。

罹災戸数は、15、648戸中11、440戸に及んだ。とくに西本町592戸、貸座敷689戸で、上之蔵町602戸、東町552戸、旭町275戸、久茂地町903戸で全焼、西新町は1、146戸のうち1,130戸が焼失、天妃町は371戸のうち370戸が焼失した。また軍民あわせて150隻の船舶が沈み、また交通機関の破壊をはじめ軍需物資、民需物資の被害は大きかった。住民の死傷者は、死者330、負傷者455であった。この空襲によって那覇市庁舎は焼失し、重要書類もことごとく灰となった。→『写真集・那覇百年のあゆみ』

2014年9月6日~10月29日 那覇市歴史博物館「那覇のまつりと10・10空襲」

「10・10空襲罹災地図」 赤色が被災した範囲

null







大濱 聡2019年12月11日ー■(記録用に)1944年12月11日、南風原村神里で弾薬を輸送中の列車が爆発、兵士や通学中の生徒ら200余人が死傷。
40年前、事故の真相を追う川端光善氏(地方公務員)を知り、目撃者や列車の運転士、乗車していた女生徒(一般人は乗車できなくなっていたが、生徒は黙認されていた)、遺体処理に当たった初年衛生兵などを探し当て番組を制作、スクープとして放送した。
■事故は、南部防衛に当たっていた武部隊が台湾防衛にまわされたため、中部から山部隊が移動中に起こった。当時は秘密裡に処理され、戦後も沖縄の戦史や本などにはほとんど書かれてなかった。事故を記録した唯一のものとして防衛庁史料を探し当てたが、それにはこう記されていた。
■「山兵団は列車輸送中、兵器、爆弾を爆発せしめ、莫大なる消耗をきたせり。10・10空襲により受ける被害に比較にならざる膨大なる被害にして、国軍創設以来初めての不祥事なり。これにより当軍の戦力が半減せりというも過言ならず」米軍の沖縄攻撃近しの情勢の中で、軍の焦りが見てとれる。


2019年11月17日『琉球新報』「石川和男さん」〇首里城炎上の当日は午前3時頃から7時頃まで、ウチの屋上から見ていました。直線距離約500メートルで崩れ落ちる「むむんだしーうどぅん」を眺めていましたが沖縄戦を連想しました。

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

 神無月は日本における旧暦10月の異称。今日では新暦10月の異称としても用いられる場合も多い。「神無」を「神が不在」と解釈するのは語源俗解である。→ウイキ
 沖縄県大阪事務所は前田所長、當間次長のとき(1980年)島根県ビルから大阪駅前第3ビルに移転してきた。だから梅田に行くと島根県事務所もよく寄るが、島根(出雲)はまだ行ったことがない。熊野は熊野本宮大社だけが残っている。1937年7月の『月刊琉球』に沖縄県総務部長の清水谷徹が「王仁三郎を捕ふ」というのを書き「元来、島根県は松江市は有力な大本教の地盤で、その大本教松江分院なるものが、また素晴らしく豪奢なものであった。面白いことには、その隣りが皮肉にも島根県警察部長官舎で、当時私が住んでいた訳である。」と述べている。私は最近、千田稔『華族総覧』講談社を愛読しているが、島根県・亀井家を見ると「王政復古以後、議定、神祇局副知事となり、同局判事に大国隆正を登用した。まさに津和野藩主主従が宗教行政を握ったかであり、廃仏毀釈で神道国教化政策を推進した。(略)亀井家では西周が亀井玆明の養育を担い、森林太郎も同世代として玆明と交流した。日清戦争が勃発すると、亀井玆明は祖先玆矩が琉球守として外征の大志を抱いたことに触発され、従軍写真家として中国に赴く。のちに『明治廿七八年戦役写真貼』を皇室に献本した」とある。
null null
出雲観光ガイド:縁結びの神・福の神として名高い「出雲大社(正式な読みはいづもおおやしろ)」は、日本最古の歴史書といわれる『古事記』にその創建の由縁が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社(きづきたいしゃ)と呼ばれていました。/ハワイ出雲大社はアメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市に鎮座する神社/出雲大社沖縄分社 所在地: 〒902-0061 沖縄県那覇市古島1丁目16−13

 島根大学・郷原すず:須佐神社周辺では、2002 年から「スサノオウォーキング」という
ウォーキングのイベントが同実行委員会により開催されており、2004 年にはコースに須佐
神社周辺も含む「出雲風土記スサノオのみち」が、「美しい日本の歩きたくなる道 500
選」に選ばれている。/2015年7月22日~8月31日 古代出雲歴史博物館「琉球王国ー東アジア交流の盛華」琉球王国のすべてが出雲に集結

nullnullnullnull null
10月1日 中之橋/那覇空港/ブックオフ/おもろまち駅/孫こうた

nullnullnull
9月29日 我が家の節目

nullnullnullnull
→動画「大阪エイサー祭り 2023」「NHK大阪」
nullnullnull
「第49回エイサー祭り」プログラム
nullnull
9月24日 がじまるエイサー広報部(大阪) ハイサイでーびる。めっちゃ久しぶりの投稿やいびんどぉさい。がじまるエイサー祭りが4年ぶりに帰って来ましたよぉ~。沖縄から千原エイサーがやって来ます。今年は熱中症対策で例年より2週間うしろにずらしました。お間違えのないように。ゆたさるぐとぅ、うにげぇさびら。/孫こうた参加

null
いいねうるま市 山城 明 · 9月24日 · おはよう御座います 今日も暑いです

豊里友行 今週の日曜日9月24日は、大阪の「第49回エイサー祭り」に千原エイサーの写真を撮りに行ってきます。めったに県外に出ることがない出不精な私ですが、がじまるの会・エイサー祭り実行委員会より昨年出版した写真録『千原エイサー』(2022年刊、沖縄書房)を見て写真展を開催依頼をいただく。ついでにエイサーとは別の別区画で「おきなわ」豊里友行写真展の大阪展も開催することになりました。ぜひ。エイサーを楽しみつつ、私の写真展も観に来ていただけると嬉しいです。

9月22日 沖縄タイムス 沖縄県浦添市の沖縄県浦添市の松本市長が新しく市内にできたホテルをPRするためSNSに投稿した動画の中で女性従業員をプールに誘う場面などがありました。タイトルは「市長が美女とホテルへ」 

nullnullnull
2023年9月『琉球』№68琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947◇後多田敦「歴史はしばしば韻を踏むー百年前の日本(大日本帝国)ー」/しもじけいこ「宮古IN コロナ明け?の島で」
nullnullnull
島袋マカト陽子「東京琉球館便り」/伊良波賢弥「焚字炉の葉書②天妃の門」/鈴木次郎「沖縄戦と詩・寒川哲人(名嘉座元司)」

nullnull
仲松 健雄 「敬老の日」の18日,東京沖縄県人会 川平朝清最高顧問(第7代会長)のカジマヤー祝いをホテルニューオータニ東京「鶴の間」で開催✨「鶴の間」は500名を超える参加者の祝福と熱気に包まれました❗️幕開け 「かぎやで風」東京琉球舞踊協会師匠の皆様/川平ファミリー、仲松 健雄さん

nullnullnullnull
9月17日 明日が敬老の日ということでユンタンの娘と孫の合作「お婆ちゃん」「爺ちゃん」の絵を持ってきたが、どう見てもお婆ちゃんが娘の年齢に見える。沖縄県立博物館・美術館で遊んでコープ、ジュンク堂(地下1階に駿河屋 那覇沖映通り店)

null
山城 明 ·9月15日 · うるま市南風原漁港から あちさんや〜海面がキラキラ輝いてますよ

nullnullnull
9月15日 平和通り傍の通り/沖縄県立博物館・美術館で左から宇佐美賢さん、山本正昭さん、翁長良明さん/那覇市市民文化財課で外間政明さん、課長兼博物館長の上原清実さん

null
大濱 聡 9月14日 ■Media literacyーー9.12にNHK沖縄が〈独自〉ネタとして報じた「〃有事の際の避難のあり方〃与那国島で検討状況伝える初の住民説明会」――最後は「有事が迫ってきているのではないかという不安が大きいです」でまとめていた。通常は賛否両論の意見を伝えるが、意図的なのか、深く考えずに一人だけにしたのか。■しかし、現場を取材していた三上智恵さん(映画監督)のFBで生々しい実情を知ることができた。以下、一部引用。→三上智恵 2023年9月13日 いよいよ万が一の時の全島避難の住民説明会が与那国島で開かれた

 くろねこの短語 2023年9月 8日 (金) 性加害者ジャニーの名前が冠のままでどこが「解体的手直し」だ!!&TV局はジャニーと深い関わりのあった制作局長やプロデューサーを事情聴取して、検証番組を作るべき!!
null nullnull
関連:岡留安則/1996年9月 『噂の眞相』/1997年9月 『噂の眞相』

null
いいねうるま市 山城 明 · 9月6日 · 涼しい風が吹いて気持ち良いですよ!


大濱 聡 ■本日(9.6)「悠仁さま17歳の誕生日」というニュースを伝えていた。ところで、拙著でいちばん古いのは17歳時(1965年・高校2年)の地元紙への投書である。前年に大ヒットしたのが西郷輝彦の「十七才のこの胸に」。よく口ずさんだ。沖縄出身の南沙織のデビュー曲は「17才(1971年)である。■その他、映画などでも「17才(歳)」を冠したものが多いのはなぜだろう。
新城栄徳◇私の17歳は東京一の繁華街、新宿歌舞伎町の大衆割烹「勇駒」で働いていた。その頃は若くてパワーもあった。20年ほど前、浅草寺初詣に行ったとき参拝者の列に入ったら全く身動きが取れなく離脱した。とにかく過密都市でのオリンピック開催は気が知れない。いずれにせよ静かな場所に憧れて京都に住み着いたのが1969年であったが、盆地だから夏は暑く、冬は底冷えに寒い。

null
9月5日 那覇市民ギャラリー「―表現する布染―平井真人YUGAFU2023」展

東洋経済オンライン ·9月5日 2025年4月に予定されている大阪・関西万博の開催に暗雲が立ち込めています。海外参加国のパビリオンの建設工事が大幅に遅れており、ゼネコン関係者も「手を出さないほうがいい」と冷ややかに見ています。

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
null
null
1984年1月 沖縄の総合月刊誌『青い海』129号 海勢頭豊「海のメロディー 海の子守歌」(挿画・中島イソ子)
null
1984年3月 沖縄の総合月刊誌『青い海』130号 海勢頭豊「海のメロディー 琉球讃歌」(挿画・中島イソ子)
null
1984年4月 沖縄の総合月刊誌『青い海』131号 海勢頭豊「海のメロディー 祈り」(挿画・中島イソ子)
null
1984年6月 沖縄の総合月刊誌『青い海』133号 海勢頭豊「海のメロディー はるかな南の海」(挿画・中島イソ子)

海勢頭豊 1943年沖縄県与那城町(現うるま市)平安座生まれ。1982年「さとうきびの花」がNHK「みんなのうた」で放送(歌・都はるみ)。1995年沖縄戦の実相を描いた映画『GAMA(ガマ)〜月桃の花』の音楽を担当。1996年7月〜9月「TBS・NEWS23」エンディングテーマに「月桃」が採用。映画や演劇など多くの音楽を手がけ、平和活動にも取り組んでいる。
nullnull
2019年2月 海勢頭豊『「琉球文明」の発見』藤原書店

null
2000年4月/前島にあった海勢頭豊氏の店で、左から新城栄徳、儀間比呂志氏、福地曠昭氏

null null
久高島の見えるポランの広場で中央に海勢頭豊氏、右に運天夫妻、比嘉清子さん、左へ喜納宏之氏、新城栄徳。海勢頭氏をのぞき、皆大坂の沖青友の会元メンバーである。/2016年7月15日 琉球新報本社/食堂「うちゆくい」「伊佐眞一さん出版祝賀会」左から大濱聡氏、上里佑子さん、海勢頭豊氏、我部政男氏
nullnullnull
ユーチューブ

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

nullnullnullnull
2023年7月 『ビジュアル日本の音楽の歴史②近世』(翁長良明所蔵の三線「志堅原比屋」)ゆまに書房
nullnullnullnull
9月2日 平和通り「古美術・なるみ堂」に遊びに行く。店主の翁長良明さんが世界の紙幣を調べていた。

nullnullnullnull
2023年8月 大濱聡『わが内なる沖縄、そして日本 ある放送人が見つめた昭和・平成史』(プロフィール写真・東邦定)ボ一ダ一インク/でいご印刷

nullnull null
8月30日 お盆ウークイ/8月28日 お盆ウンケ一

8月28日 くろねこの短語 コロナワクチンの有効性について、ブロック大王・河野君は「ワクチンの安全性は証明されている」ってどや顔して、ワクチン接種をやたら喧伝していたんだよね。だからなんだろう、ワクチンの副作用が原因で亡くなったひともいるって事実は、メディアでもタブーになっている。
 つまり、ワクチンの安全性も危険性も、実のところはわかってないってのが正直なところなんじゃないのか・・・と思ってたら、厚労省が「コロナワクチンの有効性や安全性の研究をこれからする。あと3年かかる」と発表しましたとさ。
 てことは、これまでのワクチン接種は壮大な人体実験だったってことになるんじゃないのか。これって、放射能汚染水の海洋放出にも繋がる手口だよね。最初は「安心・安全」を煽りに煽って、世間の注目が薄れたころにいろいろと問題が浮上するってわけだ。それにしても、いまさら「コロナワクチンの有効性や安全性の研究は。あと3年かかる」って、舐めとんのか!!

nullnull
奈良県で最初の鉄道が開業したまち・王寺町で、およそ1か月にわたり「鉄道とバス」「旅」などをテーマに様々なイベントをお届けする「鉄バスフェス月間」が開幕!もちろんNゲージ運転体験や子ども制服体験もある「鉄バスフェスティバル2023」も開催します。→王子町観光協会/8月26日、関西の孫こうた参加

» Read More

Category: 99-未分類
Posted by: ryubun02

麦門冬の書き込みが見える(岸秋正文庫所蔵)

null
null
1901年6月ー末吉安扶没
1912年2月ー柳田国男、伊波普猷より『古琉球』3冊寄贈される。
1913年4月ー沖縄県庁でこの程、筆耕に令し『中山世譜』の筆写をなさしめつつある。
1913年7月ー『沖縄教育』(親泊朝擢)桑村生「中山世譜」(1)

1913年8月ー『沖縄教育』(親泊朝擢)桑村生「中山世譜」(2)

1914年7月ー沖縄県知事より、伊波普猷、真境名安興ら沖縄県史編纂委員拝命

1915年1月ー沖縄県史編纂事務所が沖縄県庁より沖縄県立沖縄図書館に写される(真境名安興主任)


1917年7月15日ー『日本及日本人』709号□末吉麦門冬「十三七つに就いて」「雲助」「劫の虫より経水」(南方熊楠と関連)

1918年2月12日ー東京日本橋区本町三丁目博文館・南方熊楠殿、末吉安恭書簡「拝啓 先生の御執筆の十二支伝説は古今東西に渡りて御渉猟のこととて毎年面白く拝読いたし候(略)琉球にも馬に関する伝説、少なからず候み付、茲に小生の存知の分を記録に出でたるものは原文の侭、然らざるは、簡単に記述いたし候間、御採択なされ候はば幸甚に候。失礼には候へど、御ねがひいたし度きこと沢山これあり候につき御住所御知らせ下さるまじくや(略)」(『球陽』『琉球国旧記』引用)

1917年9月1日ー『日本及日本人』712号□末吉麦門冬「楽屋の泥亀汁」
1918年4月ー『日本及日本人』728号より、三田村鳶魚らによる「東海道中膝栗毛輪講」が連載される。
1818年6月1日ー『日本及日本人』732号□末吉麦門冬「支那のあやつり」「琉球の鬼餅」
1918年7月ー末吉麦門冬、南方熊楠に『球陽』贈る




» Read More