2012年7月ー本日の地元紙を見ると、粟国村長選挙で新城静喜氏が309票で再選されている。対抗馬の與那城弘明氏は275票。34票差で健闘していた。『サンデー毎日』7.22号にヤガン折目を取材した「沖縄県 粟国島 女が守る島の祭」(写真・文 裵昭)が載っている。同誌には写真家・山田實氏の姪・山田美保子も「ワイドショーの恋人」を連載。また佐野眞一「新 忘れられた日本人ー村岡伊平治」も連載されている。


2016年7月9日 那覇市の一角で右が裵昭さん、新城栄徳


2004年11月 梁石日『魂の流れゆく果て』(写真/裵昭)光文社/2005年9月 裵昭『不滅の「役人天国」』光文社
裵昭ペ・ソ
1956年福岡県生まれ。父が1世、母が2世。フォトジャーナリストとして「朝日新聞」「東京人」「週刊文春」「週刊新潮」などに、ラジオやテレビのドキュメンタリーにも参画している。日本の国際化をテーマとした作品を発表。『鎖国ニッポンが多民族国家になる日』で第28回平凡社準太陽賞を受賞。『段ボールハウスで見る夢』(中村智志 文)で第20回講談社ノンフィクション賞受賞。著書に『となりの神さま ニッポンにやってきた異国の神々の宗教現場』(扶桑社)など。福音館書店「母の友」で、職人と工房のシリーズを掲載。日本生まれ日本育ちの在日コリアン。『写真報告 関東大震災朝鮮人虐殺』(影書房)、共著に『魂の流れゆく果て』(文・梁石日、写真・ペ・ソ、光文社文庫)など多数。

2016年7月8日 那覇市の一角で



 「論座」2018-12-14 翁長雄治 那覇市議ー元ネトウヨ、故翁長知事の息子が語る沖縄の保守亡き父の後を追い政治家になった次男・雄治氏が発する沖縄保守から本土への異議/翁長 真実はネットにあり、マスコミにはないと信じてました。ところが、次第にネトウヨに疑問を抱くようになった。最大の転機は父がネットで叩(たた)かれたことです。
――いつごろですか?
翁長 2012年末に民主党政権から自民党の安倍晋三政権に代わった後、那覇市長だった父が東京で「普天間基地の県外移設、オスプレイ配備反対」の行動をしたのを境に、ネット上に「翁長の長女は中国の外交官と結婚」「次女は北京大学に入学」なんてデマがあふれました。あまりにアホっぽい作り話に、姉たちと笑っていましたけど。


『週刊新社会』
 三上 智恵2019-10-9 加害性に向き合わずそこはスルーして 被害者という特別枠に収まって何か声高に言っても それは人に届く力を持たないこのことをずっとずっと考えています 辛淑玉さんのようにパサリ、と蜘蛛の巣を切り落とすような優れた文章が書けるようになりたい