「くろねこの短語」2019年11月15日ー(前略)さらに、安倍晋三後援会の収支報告書には「前夜祭」の記載がないことも報じたようで、これが事実なら政治資金規正法や公職選挙法に触れる可能性が出てくるから、ペテン総理にとっては万事休す。東京新聞社説は「この件で法令違反に問われるようなら、首相にはその座にとどまる資格があるのか。桜を見る会の中止で幕引きは許されない。疑惑解明の始まりにすぎない」と書いているが、とこまでマスコミが気合を入れて追求する覚悟があるか。けだし見ものではあります。
 ところで、事実上の日米FTAであるところの日米貿易協定承認案が、19日の衆議院本会議で採決されるってね。与野党の国対委員長会談で、日程合意したんだとさ。おいおい、採決の前にどれだけ審議したんだ。ていうか、ペテン総理は予算委員会をさぼりまくって、まともな説明は何もしていないだろうに、なんで野党は採決にゴーサインを出せるんだ。「桜を見る会」問題は、この採決を隠すためのスピンだという噂もネッでは流れている。それはちょいと的外れだと思うけど、これはこれ、それはそれだ。このままだと、日本の農業は壊滅状態になりますよ。食糧はすべてアメリカから買えという戦後スキームが、これで完成するってか・・・くそっ!!
〇時事、COM11月13日ー自民、立憲民主、国民民主3党の国対委員長は13日、国会内で会談し、日米貿易協定承認案を19日の衆院本会議で採決する日程で合意した。与党の賛成多数で可決、参院に送付される。与党は当初、週内の衆院通過を目指したが、円満な国会運営を重視し、野党に一定の配慮を示した。→「愛知ママの会」ーTPPより不利益と囁かれている、日米FTAを19日に衆院で通過させるんだそうです😱えーーー?!立憲、国民も採決に合意したの?😓/11月15日ー日米FTA交渉が桜を見る会に隠れているという話がありますが、野党がこの審議に応じたら最後は必ず強行採決されます。審議に応じないことが重要で、審議したらいくら抵抗しても無理なのは野党も分かっているはず。桜を見る会の糾弾を徹底して、日米交渉の審議日程合意を破棄すべきだと思います。

 「くろねこの短語」2019年11月14日ー「桜を見る会」が来年は中止ってんだが、これってドロボーが「もうやりません。だからなかったことに」って言ってるのと同じで、ようするに臭いものには蓋しただけなんだね。やってしまったことの後始末をどうつけるのか、つまりは責任の所在はどこにあるのか。そこをしっかりと検証するまでは、この問題は終わらない。そもそも、初老の小学生・ペテン総理は「支持者のとりまとめには関与していない」って答弁してたのに、安倍事務所が「桜を見る会」の案内状を送ってたんだから、虚偽答弁の疑いだってある。顔も頭も貧相な官房長官・ガースも、当初は「全く問題ない」って言い放っていたんだから、それを突然中止にした説明責任ってのが当然あるんだね。
 ガースは「長年慣行で行っているものは見直すとの考え方だ」ってコメントしているようだけど、「桜を見る会」の私物化はけっして長年の慣行なんかではなくて、ペテン政権ならではの驕りがそうさせたんだよね。共産党の志位君が「これからのメディアの報道姿勢が試される」とツイートしているけど、まさにおっしゃる通り。「来年は中止」の一言ですべてをウヤムヤにさせないために、いまこそジャーナリズムとしての誇りと矜持を見せてみやがれ、ってなもんです。

 『朝日新聞』11月14日ー東京都千代田区のJR東京駅・丸の内駅前広場で14日夜、大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。主催者の男性はマイクを持ち「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、巨大な神殿が建てられた」と訴えた。

 【琉球新報電子版】11月14日ー【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は14日午前、海上埋め立て工事を続けた。海上から辺野古崎東側の「K8」護岸に積み上げられた土砂をショベルカーがダンプカーに積み変える作業や、「K4」護岸でクレーン車が砕石を移動させる作業が確認できた。

「くろねこの短語」2019年11月13日ー「語るに落ちる」とはこのことか。土建政治の自民党幹事長・二階君が、「桜を見る会」に初老の小学生・ペテン総理の地元支持者が大量に招待されていることを問われて、こんなコメントしやがりました。「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然のことだ」「(招待客枠の割り当ては)あったって別にいい。何か問題があるか」税金を使って支持者を「お・も・て・な・し」することの是非が問われているのに開き直りやがって、なんて野郎だ。つまり、「公金による買収」を認めているわけで、単に暴言として済まされる話ではありません。
 で、「桜を見る会」が私物化されているカラクリがどんどん暴露されているんだが、ペテン総理の事務所では、なんと参加募集の案内を出していたってね。そもそも、「桜を見る会」ってのは、「各界の功労者をねぎらう」ためのもので、参加者は招待されこそすれ、募集されるもんじゃない。この1点でアウトだろう。「桜を見る会」では飲食が供されるから、後援会に募集をかけていたってことは、明らかに公職選挙法違反で、内閣総辞職に値する。かつて、ドリル小渕が、観劇ツアーでクビになったけど、公金を使っての供応となれば、それよりも数段悪質だ。「桜を見る会」問題は、ひょっとするとペテン政権崩壊に繋がるアリの一穴になるかも・・・って妄想も楽しい水曜の朝である。

 「くろねこの短語」2019年11月12日ー(前略)・青木理氏、安倍首相の国会でのヤジに「あえて言えばネトウヨ的。非常に低劣」こういう論陣を真っ先にはらなくちゃいけないのが、社会の木鐸たる新聞であるはずなのだ。本来なら、1面トップでもいいくらいのペテン総理の発言なんだからね。で、この野次を飛ばされたのが元TBSキャスターで舌足らずの杉尾君なんだが、この質疑の中で極めて重要な事実を指摘している。こんな具合です。「まさか一国の総理大臣のあなたが個々のニュースや報道内容をめぐって、現場のデスクやキャップに電話で直接注文をつける、こんなことしてないですよね」「このニュースを流せ、この論調はおかしい、どうして報道しなかったんだ、こういう電話をしています。はっきり申し上げておきます」
 ほとんどのメディアがこの発言をスルーしているんだが、「共産党」という野次同様に、ていうかそれ以上にこちらの方が問題が多いはずなんだね。なんてったって、報道内容に総理大臣が介入してるってんだから、事実だとしたらこの国の「報道の自由」そのものが崩壊していることを意味するわけで、TV各局は何らかのステートメンツを発表するべきなんじゃないのか。報道しなければ、それがどれだけ重大な事実だとしても、なかったことになっちまうわけで、よもやそんなことを目論んでのスルーじゃないでしょうねえ。  最後に、池袋暴走事件の高級官僚が、今日にも書類送検されるとか。ここまで逮捕もせずにきたところから察するに、不起訴処分ってことも十分に考えられる。厳罰を求める署名の重さを、司法がどう判断するか。それ次第で、三権分立の矜持が問われることになるだろう。


 「ハーバー・ビジネス」11月11日ー2013~16年に「桜を見る会」に招待されたことを投稿する世界戦略総合研究所事務局次長小林幸司氏のFACEBOOK、14年には菅義偉官房長官と記念写真に納まる。

 「くろねこの短語」2019年11月11日ー「桜を見る会」の常軌を逸した“私物化”の実態が、止まるところを知らずに拡散中で、その実態を知れば知しるほど税金を使った支援者への「お・も・て・なし(買収行為)」という観が深まる雨の月曜の朝である。
・安倍首相主催「桜を見る会」で後援会関係者をおもてなし。許されない公金の私物化・「安倍首相 桜を見る会に地元後援会大量招待で大盤振る舞い」ケタ外れの有権者買収 前夜祭 貸切バス17台 無料で樽酒やアルコール、オードブル、お菓子やお土産…ネットに参加者の声多数!
 それにしても、ここまでタガが外れた「桜を見る会」を、マスコミは「功労者」との親睦会というイメージで報道し続けていたんだよね。ここ数年は、やたら吉本の芸人が招待されて、なんか胡散臭いなあと一般大衆労働者諸君は薄々感じていたのに、マスコミは官邸のプロパガンダを垂れ流すだけ。
 初老の小学生・ペテン総理の後援会なんか、ホテルの宴会場を借り切って「前夜祭」なんてのまで開いていたことを、おそらくマスコミは知っていたのだろう。もし知らないとしたら、それは自らの無能さを証明するようなものだ。
 で、この「前夜祭」なんだが、「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」と銘打たれていて、もしペテン総理からその資金が出ていたなら、政治資金収支報告書に記載する義務があるんだよね。もし記載されていないなら、公職選挙法違反ってことになる。ワイドショーにとっては格好のネタのはずなんだが、芸能界の有象無象も大量に招待されているから、おそらくスルーするに違いない。へたに突っつくと自分たちにも火の粉が降りかかりますからね。ここは、野党の体たらくをしょっちゅうdisっている新聞に、久しく耳にしない調査報道というやつを是非とも期待今日この頃なのだ。官邸にキン玉握られた新聞には、できやしないだろけど・・・!

『東京新聞』2019-4-16/自民党の井上信治・衆院議員(東京25区選出)に「桜を見る会」


 「リテラ」11月10日ー本日、天皇の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」がおこなわれ、日の丸の小旗が振られる沿道とともにオープンカーに乗った天皇・皇后の姿をテレビが大々的に生中継。お祝いムード一色に染め上げられた。だが、このパレードが3分の1を過ぎたあたり、落ち着いた公共建築物がつづくコース沿いに、屋上から〈天皇陛下のご即位をお祝い申し上げます〉という垂れ幕をデカデカと吊り下げていた建物があった。ほかでもない、自民党本部だ。今回、あらたにパレードのコースが変更され自民党本部前を通過したのだが、天皇・皇后が通り過ぎる目の前に、安倍自民党はこの巨大なメッセージを掲げたのだ。/「リテラ」11月11日ー安倍首相は天皇・皇后の即位パレードを政権PRの場にしただけではなく、まるで自分も主人公であるかのように、自分の顔を沿道の国民に拝ませてやると言わんばかりに窓を開け、車の中から手を振ったのである。しかも、安倍首相のみならず、白バイのあとをつけた菅義偉官房長官までもが窓を開けていた。つまり、安倍官邸自体が、皇族きどり、いや、もはや“天皇きどり”で即位パレードをおこなったのだ。

 「くろねこの短語」2019年11月10日ー初老の小学生・ペテン総理主催の「桜を見る会」が税金を使った支援者への供応じゃないかと指摘されたからなのか、「桜を見る会」関連のSNS投稿が続々削除されてるってね。相当にやましいところがあるんでしょうね。・桜を見る会関係のSNS投稿記事が続々削除(笑)それはともかく、英語民間試験なんだが、ベネッセの関わりがいろいろ取り沙汰され、文科省の役人が関連団体に天下りしていたなんてことも発覚している。もちろん、英語民間試験の仕掛け人である下村君との抜き差しならない関係も囁かれている。
 そんな中にあって、またひとり怪しげな人物が登場した。なんと、楽天の三木谷君だ。なんでも、英語民間試験導入を推し進めるため、「官邸の産業競争力会議、文科省の有識者会議をリードし、文科省を動かした」んだとか。ところが、加計学園のポチ・萩生田君の「身の丈」発言によって頓挫しちまったもんだから、憤懣やるかたないほどに落胆しているんだとか。「楽天の三木谷が落胆」って、洒落にもなりません。三木谷君が旗振り役となって設置された「英語民間試験の導入を前提とした協議会」のメンバーは「英語試験業者だらけ」だったそうだから、そもそもからして教育ビジネスという新たな利権を手にするための制度だったってことなんだね。政治家、教育関係業者、IT企業が手を組んだ英語民間試験の胡散臭さにいち早く気づいたのが受験生自身だっというが、このスキャンダルの唯一の救いなのではなかろうか。


ママの会・愛知11月10日ー「安倍晋三後援会 桜を見る会の前夜祭」←嫌味で前夜祭と表現してるかと思いきや、本当に前夜祭でした。そこに呼ばれた歌手の方のブログで様子がよくわかります。安倍首相の後援会御一行、その規模の大きさに驚き😳。各界の功労者を呼んでいるという事ですが、安倍さんの地元の後援会には、850人も功労者がいるのですか。山口から来るならせっかくだから前泊でおもてなし?やってる事はこれはまさに個人の後援会行事ですよ。これは国費です。私達の税金です。


2019年11月7日~12月18日 立命館大学国際平和ミュージアム「上野誠版画展」 
2017年11月に立命館大学国際平和ミュージアムで「儀間比呂志版画展ー沖縄への思いー」が開かれたが、その儀間版画に多大な影響を与えたのが反戦・平和の木版画家・上野誠である。
 〇日本版画協会理事上野誠は4月13日午後3時15分肝硬変のため千葉県松戸市の東葛クリニックで死去した。享年70。1909(明治42)年6月7日長野県長野市に生まれ、29年長野中学校を卒業、東京美術学校に入学したが、32年に中退、木版画の制作を始めケーテ・コルヴィッツに私淑した。37年国画会第12回展の「石炭を運ぶ人」をはじめ、戦前は国画会版画部に出品した。→東京文化財研究所


1日~12月25日 那覇市歴史博物館「琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料」
〇2019年2月に、 『琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料研究』(思文閣出版 京都市左京区田中関田町2番地7)が刊行されました。掲載された史料には王国時代の船や首里・那覇の様子が描かれ、当時の街並みを知ることができます。今回の企画展では、掲載された絵画史料の一部を展示し、戦前の写真史料とともに、往時の首里・那覇の街の様子を紹介。 
〇2019年11月9日『沖縄タイムス』ー沖縄県の那覇市歴史博物館で開催中の「琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料」では、首里城を管理する沖縄美ら島財団所蔵の資料を展示している。首里城火災後、入館者が増加。倉成多郎主任学芸員(48)は「難を逃れ、受け継がれている歴史の重みを感じてほしい」と呼び掛けた。12月25日まで。


 T-11-4安倍内閣の背景 

 ママの会@愛知11月9日ーこの桜を見る会は国費で開催ですよね。首相の地元の後援会800人、特別ご招待とは。これって言ってみればばいしゅ…(咳)M、Eー共産党の参議院議員・田村智子さんの「桜を見る会」への追及が素晴らしかった!今後にも注目したい。
それにしても来年の予算が5700万?山口県から安倍後援会の人たちなど800人も前乗りして、ホテルで安倍夫妻と一緒に前夜祭?それも毎年の恒例行事?翌日は貸切バス17台で新宿御苑に行き、入り口で安倍氏と記念撮影。
 セキュリティの関係で詳しいことは答弁を控えさせていただくって?バスの中で秘書がみんなの入場券を回収し、まとめて受付を済ませ、入場用のリボンをもらってきて配り、手荷物検査は一切なしと、参加した後援会の男性会員。なーにがセキュリティだよ!なーにがテロ対策にお金がかかって5700万は妥当ですだ!税金使って後援会のお疲れさん会。どこの府省の推薦で、どんな功労が認められてのご招待なの?安倍さん、苦し紛れに「地元自治会やPTA会長など、功労のある方が、たまたま後援会の人とダブることもある」って苦し紛れすぎるし、そんなんで招待してたら、どんだけ人数膨れ上がるよ?18000人でも多すぎるのに。これはとことん追求してもらいたいよ、田村さん!頑張ってー!!

 「くろねこの短語」2019年11月8日ー(前略)昨日の衆院憲法審査会で、共産党の赤嶺君がこんなコメントしているんだが、まさに「異論を表明化させない」ペテン政権への痛烈なカウンターバンチになっとります。「最近は表現の自由への政府の介入など看過できない事態も起きている」「憲法を変えるのではなく、憲法原則に反する現実を変えることこそ求められている」。削除された経団連会長の意見ってのは、さほど過激な内容でないし、そもそも初老の小学生・ペテン総理のお仲間でもあるのに、こんな些細な異論ですら潰しにかかるってことは、それだけペテン政権の独裁主義的体質が露骨になってきた証拠だろう。これこそ、まさに「看過できない事態」そのものに違いない。最後に、千葉県知事・森田健作が、「おれは無能だ!」とばかりに実に哀れな記者会見をしてくれた。コップ持つ手が震えちゃったりして、ちいさえなあ。


2019年11月『月刊琉球』№71琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947
 しもじけいこ「宮古IN 大丈夫?この島」/島袋マカト陽子「東京琉球館便り 61」/与那嶺功「沖縄振興ー『明治維新150年』を問う 大東亜・植民政策・ナショナリズム⑭」


2019年11月 平敷武蕉『修羅と豊饒ー沖縄文学の深層を照らす』コールサック社☆沖縄のアイデンティティーのことを「ウチナーのことはウチナーンチュしか分からない」「ウチナーのことはウチナーンチュに任せなさい」、という言い方でなされることもある。日本政府が、沖縄に寄り添うとうそぶきつつ、沖縄をだまし、食い物にし、様々な悪さしかしていない歴史をふまえた言葉であることは分かる。だが、先述したように、本土人の中にも沖縄に寄り添い、痛みをもって「沖縄問題」に取り組んでいる人々は居る。逆にウチナーンチュのなかにも辺野古埋め立てに賛成し、そこに利権を見出そうとする勢力はいる。/〇平敷氏の批評する姿勢は、たとえ大家であっても新人であっても決して手を緩めることなく作品に向きあって、沖縄文学の優れた試みであるか否かを内面に問いながら記述していく、純粋な批評精神に貫かれている。(鈴木比佐雄「解説」より)
関連〇「琉球朝日放送」11月6日ー6日午後4時半過ぎ、外務省を訪れた宜野湾市議たち。9月に可決した辺野古促進を求める意見書を手渡しました。要請では、いろいろ試行錯誤しながら可決した意見書だとした上で、「政府は普天間基地の辺野古移設を積極的に働きかけてほしい」と話したということです。

 日本は増税を推進する党を選挙で与党にしておきながら、選挙直後の世論調査で7割近い国民が増税反対と答えるような国である。こんな奇妙で滑稽な光景があるだろうか。(はたけやま みちのり)

2019年11月3日

10時半ー「南風原文化センター開館30周年-こんなモノからあの人までー」左から2人目、平良次子さん

11時半ー壺屋やちむん通り祭り/新栄通り

13時ー我が母校・前島小学校の運動会/息子・娘の母校・泊小学校の運動会

14時ー沖縄県立博物館・美術館で旧大聖禅寺鐘をつく。右ー沖縄県立博物館・美術館の外間一先さん

 

「くろねこの短語」2019年11月7日ー(前略)事の発端は、野党議員が加計学園疑獄における「10/21萩生田副長官ご発言概要」を取上げたことで、この文書には加計学園のポチ・萩生田君の「官邸は絶対やると言っている」という発言が書かれているんだね。萩生田君はこの文書を否定しているんだが、だったら「誰が書いたんだ」と野党議員が追及したら、なんとまあ、ペテン総理が「あなたがつくったんじゃないの」と野次を飛ばしやがりました。(略)もう、壊れちゃってるとしか言い様がありません。こんなのがトップに居座ってちゃ、国会は成立しません。でもって、この場面は、夕方のニュースでは、各局ともカット。あたかもペテン総理がまともに答弁しているかのようなシーンしか流さないんだから、こちらもまた「馬鹿丸出し」なんだね。なんてったって、テレビ朝日なんか、タレントの覚醒剤とアスリートの大麻がトップニュースてすから。
 そんなペテン総理が醜態を晒す中、世界に向けて日本の馬鹿丸出しを発信してくれたのが、オーストリア日本大使館だ。なんと、「政府に批判的な動画」や「東電福島第一原発事故をモチーフにした作品」が含まれているからという理由で、ウィーンで開催中の芸術展への公認を取り消したってね。
 なんでも、自民党の国会議員からも「反日じゃないか」という照会があったそうで、世界から見ればこういうのを検閲と言います。国家権力に批判的な表現をすべて「反日」として排除することが日常的になりつつあることに、一般大衆労働者諸君はもっと敏感にならないと、いつか来た道を再び歩くことになりますよ。

 「くろねこの短語」2019年11月6日ー加計学園のポチ・萩生田君の「身の丈」発言でとりあえずは導入が頓挫した英語民間試験について、立憲のエダノンがこんなコメントをしたってね。「なぜ、こんなおかしな制度を作ることになったのか。私の承知する限りでは、一番の原動力になったのは、(教育再生実行会議のメンバーだった)下村(博文)元文部科学大臣ではないかと思っている。下村元大臣が(英語民間試験を)導入しようとしたいきさつ、これが一番本質的な問題ではないか」この指摘は、まったくもって正しい。
 そもそもが塾経営者という教育ビジネスのドンみたいな存在だった下村君こそが、英語民間試験の元締めであることは自明のことで、この問題の核心に迫るにはこの男の国会招致が絶対に必要なんだね。田崎スシローが、「受験生は約50万人2回やれば100万人分の莫大な金が英検やベネッセ等の6団体に入る。そしてその団体ごとに政治家がいる…最初2団体だったのが6団体に増えたのは、それぞれに政治家が付いてるから」とTV番組で口をすべらせたのは、暗に下村君を名指ししたようなものなのだ。

愛知ー この入試民間試験の件、映画🎥や小説📖もビックリ、、さらに絵に描いたような癒着が見えてきました。加計学園もベネッセも岡山。福武財団の役員名簿にはしっかり両者が名を連ねていました。ちなみに進研ゼミでおなじみ、ベネッセの前身(私達が子どもの頃は)は福武書店ですね。これで萩生田氏が加計学園問題の疑惑のキーマンだったにも関わらず、何故わざわざ文科大臣に任命したのかが見えてくるのでは…。文科省からベネッセ内法人への天下り、そしてベネッセの入試民間試験の独り占め状態を見ると、、色々進めたい人にとっては一番スムーズに阿吽の呼吸で色々突破できる最適な人事だったのではないでしょうか?任命したのはあの方。子どもの教育📝が、権力者や大企業の利権の食い物にされるのを見過ごして良いのでしょうか?絶対廃止でしょう。2014年の下村文科大臣の時からこの入試改革の話が持ち上がってることから、そこから人とお金の動きをメディアの方々、しっかり追及お願いします!


 「くろねこの短語」2019年11月3日ー(前略)興醒めだったのが初老の小学生・ペテン総理があつかましくも表彰式に連なっていたことだ。感動のセレモニーを台無しにしやがって、なんて野郎だ!!ペテン総理とくれば、統一教会とズブズブの関係であることはよく知られている。そんなんだから、側近にも統一教会と深いかかわりを持つ者が少なくない。ゲッペルス気取りの世耕君もそんな仲間のひとりとしてよく名前が上がるんだが、青山学院の教授がそのことをツイートしたら、削除要請もなしに突然、名誉毀損だって訴えましたとさ。ゲッペルス気取りの世耕君と統一教会との関係については、統一教会の学生組織である原理研究会
OBじゃないかという噂が、10年くらい前からあるんだね。でも、そうした噂に対して、断固抗議したなんて話は聞いたことがない。ああ、それなのに、いまになって名誉毀損のスラップ訴訟とは、つまりは政権やそれに連なる政治家への批判は弾圧してやるってことなんじゃないの・・と妄想したくもなろうというものだ。
 そもそも、統一教会に関連してるって指摘されることが名誉毀損って、そんなに統一教会は怪しい団体だって言ってるようなもんなんじゃないのか・・・事実、怪しいんだけど・・・おっと、これは個人の妄想ですよ。そんな怪しげな(?)団体に、ペテン総理とその内閣が深く関わっているんだよね。閣僚の中には、統一教会がらみがゴロゴロいますからね。ペテン政権がカルト内閣と揶揄されるのもむべなるかな、ってなもんです。日本会議との関係はいろいろ取り沙汰されるけど、統一教会については一部を除いてほとんどのマスコミは報道しないんだね。韓国をやたらdisるペテン総理とその内閣が、実は韓国由来のカルト集団とズフズブの関係ってのは、報道する価値が大いにあるネタだろうに、おそらく知られちゃまずい歴史的事実ってのがそこには潜んでいるんでしょう・・・おっと、これも妄想ということで、お後がよろしいようで。最後に、米軍のパイロットが、日本の上空で戦闘機の「ながら操縦」してたってね。そりゃあ、事故が頻発するわけだ。こういうのを本当の脅威と言う。北のミサイルどころじゃありませんよ、ったく。

11-3 今日は「ぶんかのひ」で、相も変わらず新聞テレビでは秋の叙勲を話題にしている。

〇犯罪王アル・カポネも真っ青、葉巻を銜えたルメー /勲一等旭日大綬章(佐藤栄作はアベの叔父)
沖縄の新聞報道によると、日本に居る米軍幹部に日本政府は「日本を護ってくれて有難う」という意味なのか勲章を贈っているという。かつて日本を空襲で焼き払ったルメーに勲一等旭日大綬章を贈った話はネット上に飛び交っているが今でも勲章を贈っていたことに疑問を持つ。ルメーは1945年に日本占領は「百年間続く」とほざいた。たしかに日本の現実はアメリカの属国と化している。『アメリカの属国で悪いか』という本も出て居直る性質の悪いのも居る。今年は敗戦70年。「敗戦後100年」は無いと思うが、そのアメリカ占領100年を目指そうとしている安倍麻生自公政権は辺野古新基地をつくり、嘗てルメーが言った米軍の日本占領は百年続くことを実現しようと試みる。大多数の日本国民もそれを支持している。(2015-1記)

真栄里泰山11-2 首里城 炎上 焼失文化財も400点以上か衝撃からまだ茫然自失の思いでいる。第22代当主尚裕さんが苦労して保存継承してきた王冠はじめ王衣装などの那覇市への寄贈交渉を担当した者としていたたまれずにすぐに那覇市歴史博物館に確認し無事だと聞いてホッとした次第。首里城復興事業が今年の2月に完成しすぐに見に行ったのも慰めではあるが、県民がすぐに起ち上がり、県も復帰50年までには再建と国に要請したがこれまでのように基地問題と絡ませずに沖縄振興の原点に立ち戻って頑張っていただきたい。是非実現を期待する。

〇沖縄県の首里城復元の要請に、台風や水害で災害復旧に多額の予算が必要な地域があり今後、政党の中からは『人命より再建が優先か』など疑問の声も出るだろう。尤もで、いつ出来るか分からない莫大な建設費の辺野古新基地は即中止だ。アベ政権延命に利用されないように「21世紀に入ってから導入されたIT技術を駆使し、ソフトウェアによる3D構造解析技術と3Dプリンターによるシミュレーション検証、CNC加工機による成果」も取り入れたサグラダ・ファミリア(ウィキ)なみにゆっくりと、復元してもらいたいものだ。/『沖縄タイムス』11月6日【東京】政府は6日午前、首相官邸で焼失首里城の再建に向けた関係閣僚会議を開いた。安倍晋三首相は「一日も早く復元できるよう必要な財源も含め、政府として責任を持って全力で取り組む」と述べ、早期の再建に取り組むよう指示した。自民党沖縄振興調査会(小渕優子会長)は6日、火災で焼失した首里城正殿などを視察した。小渕氏は視察後、首里城再建に向けた予算に関し、従来の沖縄関係予算とは別枠で確保する可能性に言及。

  「くろねこの短語」2019年11月2日ー(前略)話変わって、加計学園のポチ・萩生田君の身の程知らずな「身の丈」発言のおかげで、英語民間試験の実施が正式に延期となった。延期じゃなくて中止だろうと突っ込み入れたくなるところだけど、それにしても「何をいまさら」ってなもんです。「何をいまさら」とくれば、マラソンと競歩の札幌開催も同じですね。ぼったくりバーのチーママ・小池君が「やってる感」満々でごねてみせたのはあくまでもポーズなんだね。IOCの決定ってのは、それが最終なんだから、どうやったって覆ることがないのは誰もがわかってたんだからね。
 IOCの強権に対してどうだこうだってメディアは騒いでいるけど、そもそもは「温暖な気候」「アンダーコントロール」と大嘘こいてオリンピックを誘致したのが間違いだったんだよね。その責任は誰が取るのか。そこをしっかりと検証することこそが必要なのに、メディアはそうした責任に言及することはほとんどない。



『しんぶん赤旗』11月2日ー真夏の開催見直しを「IOCは立候補都市に対して五輪開催を7月15日から8月31日までに限定しています。巨額の放映権料を払う米テレビ局の意向に従って、米国のプロスポーツと日程が重ならないようにしているからです。」

 S-首里城が炎上消滅した日に、いち早く個人的に、首里城復興募金活動を行っている人が現れていますが、本来こういう活動は沖縄県が公的に行うものと思います。炎上したその日と言う行動も納得できません。/Y-このような悲しい出来事を悪事に利用する方もいると思うので、気を付けたいものです。それも踏まえた上で、沖縄県はしっかりと再建に関して取り組みを行なっていくことを考えていると思います。

今日(11月1日)の新聞には、「(再建に向けて)県と政府、対立封印」との大きな見出し。デニー知事は昨夜のうちに東京に行き、今日、菅官房長官に再建への支援を要請している。悪い予感が現実にならなければいいのだが。→チョイさんの沖縄日記/S-そうそう、復元のための特別予算をつける代わりに辺野古容認を迫る、なんていう最悪のシナリオになりませんよう。


 「日本テレビ」10-20-安倍総理大臣は台風19号によって甚大な被害が出た長野県の被災地を視察し、予備費など5000億円を活用して被災者支援に充てる考えを示しました。

『琉球新報』11月1日ー【東京】31日の首里城焼失を受け、政府内では再建に向けた検討が加速している。内閣府によると、焼失前の首里城の復元にかかった総事業費は1986~2018年度の33年間で約240億円に上る。再建には相当の期間と費用がかかることも予想される。沖縄観光の面でも首里城の存在は大きいため、政府関係者は「絶対に復元させないといけない」と話し、早期再建に意欲を示している。



 『朝日新聞』10月18日ー台風19号で地下部分が浸水した川崎市市民ミュージアム(同市中原区)で、地下にある所蔵品を収めた九つの収蔵庫すべてが浸水被害を受けていたことが明らかになった。18日、市が会見で発表した。〇真栄里泰球ー川崎市民ミュージアムといえば日本で最初のアニメーション作家下川凹天の遺品なんか収蔵してるところだと思うけど大丈夫なんだろうか。

  「くろねこの短語」2019年11月1日ー(前略)御用ジャーナリストや御用評論家は、「野党の取材能力が劣化したから、週刊誌のネタだけで国会質問している」てなことをのたまってくれちゃうが、なんのことはないジャーナリズムの調査報道能力こそが劣化してるんだよね。新聞・TVは恥ずかしいと思わないのかねえ。・ 公選法違反で辞任・河井法相と安倍首相の密接関係…それでも安倍の「任命責任」は口だけ、田崎史郎と宮根誠司は安倍擁護
 でもって、ペテン総理のピンチとなると決まって飛んでくるのが北の飛翔体(ミサイル)で、昨日も法務大臣辞任という絶妙のタイミングで発射されました。7月にミサイルが発射された時は、ゴルフにうつつを抜かして、「北の脅威」なんてすっかり忘却の彼方だったのに、今回はわざわざ記者を集めて「北朝鮮が短距離弾道ミサイルと判断されるものを発射いたしました。我が国と地域の平和と安全を脅かすものであり、強く非難いたします」だとさ。 ピンチになったら飛翔体・・・バッカじゃなかろか!!。