小西 誠 3-23 朝日新聞の、南西シフト態勢の重要な記事!
――奄美大島・宮古島・石垣島・沖縄島などへの対艦・対空ミサイル部隊配備と、その後の対中ミサイル軍拡競争の始まりを告げている!
――INF条約撤廃後の、対中の日米ミサイル軍拡競争は、高速滑空弾(ミサイル)を軸に、激しいミサイル軍拡競争の時代へと突入しようとしている。これは、対中の核戦争態勢づくりと誤って認識されているが、対中の東シナ海戦争態勢=「島嶼戦争」態勢づくりだ。
――今、始まっている、この南西シフト態勢下の恐るべきミサイル部隊配備を止めない限り、日米中のミサイル軍拡競争=東シナ海戦争態勢は止められない!*全国から、与那国島・石垣島・宮古島・沖縄島・奄美大島・種子島(馬毛島)への基地建設に抗議の声を広げよう!

 【AFP=時事】3/10 AFPの統計によると、新型コロナウイルスの感染による死者が中国で新たに17人報告され、世界全体の死者数は4011人に上った。新型コロナウイルスの感染は100か国以上に拡大。これまでに11万人以上の感染者が出ている。世界規模で人の移動が制限され、会議やスポーツイベントなどが中止に追い込まれている。

  斎藤 陽子(Walnut, California) 3-10 南カリフォルニアは気温20℃、温かい週明けの月曜日です。今日のニューヨーク株価は記録的な底値を付けているようですが、きょうは東京へ、小包を送るため郵便局へ行きましたら、先週末から香港を含む中国と韓国へは小包や郵便物が送れないので、一切香港、中国、韓国への郵便物は受け付けないとのことです。今のところ日本行きの飛行機は飛んでいますから(それでも乗客が極度に激減している様です)東京へ小包を送ることができました。新型コロナウィルスは深刻な状況を呈して、香港、中国、韓国を完全に孤立化し、鎖国状態にも似た状況が現実なのを感じます。何かと不安な世間ですが、現在我が家の庭に咲いている花々を掲載しますので、ご覧頂き心の癒しとして下さい。

3年物のベコニア/ムラサキ モクレン/ブラジリアン・ペパーツリー/水仙

 「くろねこの短語」2020年3月10日ー「緊急事態宣言」を容易にする改悪インフル特措法の13日成立に、立憲民主が合意したってね。こいつら正気か。国会の事前承認という条件についてもどこか煮え切らないのは、しょせんこいつらも目指す方向が自民と一緒ってことなんじゃないのか。

 「WEZZY」3-8新興大国の中産階級人口の激増や、外国旅行のハードルを下げる格安航空券や民泊の普及、ネットプラットフォームやSNSの進化という追い風を受けて、近年著しく成長する観光産業。その規模は今や、石油産業や自動車産業とも肩を並べるほどになった。国連世界観光機関UNWTOによれば、世界の10人に一人が直接、間接的に観光に関連する仕事に従事し、GDPも世界全体の10%(2017年)を占めている。環境フットプリントも大きく、地球温暖化の8%は同産業が原因と言われる。世界の外国旅行者数は14億人に達し、オーバーツーリズム問題も深刻化する今、このまま観光産業が暴走すれば、観光地だけではなく地球環境ももたないと懸念するのは、観光産業の専門家ステファン・ホデス氏(2016年に独立系シンクタンク「アムステルダム・イン・プログレス」を設立)だ。→ユイキヨミ

 「JIJI,COM]3/8(日) 新型コロナウイルス感染の広がりに安倍晋三首相が新たな対策を連発している。大規模イベント自粛や全国の小中高校などの休校要請に続き、5日には中韓両国などからの入国規制強化を表明。野党に「対応が後手に回った」と批判されていることを意識し、首相主導をアピールする狙いとみられるが、説明不足で現場の混乱も招いている。

 寺島実郎 3-8 「恐怖心が理性を越えていくと不安な社会心理が凄いことになって、それを背景にして、まさに我々が体験していることは『官邸主導の国難政治』に巻き込まれている。いま本当にやるべきことは検査であり、医療であり、いわゆる研究なんですよ、立ち向かっていかなければならない。ところが、文科省の現場もびっくりするような形で、全国の小・中・高を止めた。それによって周りに大きなハレーションを起こしている。経済的にも観光の時代ではないと凍りついている。マイナス成長になるんじゃないかという状況になってきている。本当ならそこに集中しなければならない。いつの間にか国の予算の何千億が休業補償に使われる。本当だったら、医療であり検査のところに集中して立ち向かっていかなければならない。(安倍政権のやっていることは)何かズレてきているていうことを我々はしっかり認識しなければならない。」

 「TBS NEWS」3-8 北海道は8日、新たに3人の感染を確認したと発表しました。感染が確認されたのは、北海道岩見沢市に住む無職の60代男性と70代女性、そして、旭川市の70代男性です。岩見沢市の男女は、濃厚接触があったということです。これで北海道内の感染者は合わせて101人となり、都道府県別では初めて100人を超えました。

 斎藤 陽子 (Walnut, California)3-8 スパーの酒売り場の、メキシコ製品コロナビールが、この新型コロナウィルス騒ぎで、37,5%も売り上げが落ちたとのことです、同じ名前の悲劇ここに有りです。まったりとした土曜日、庭を散策していると、植えてもいないのに、庭のあちこちから勢いよくオランダカイウ(カラーリリー)の葉が出て瞬く間に葉は繁り、大きなたっぷりとした白い花を咲かせてます。自然に生えた自生花は、まさしく自然が贈ってくれた素晴らしい花で、切り花で生けるときはその存在感に至福の時を感じます。

 オランダカイウはサトイモ科の一つで、南アフリカに主に分布している植物で、この属の植物に仏炎苞や葉が美しいものがあり観葉植物として栽培されるものがあります。園芸家からはカラー (calla) またはカラーリリー (calla lily) と呼ばれています。その真っ白い花はたまに花嫁さんの花束にも利用されることがあります。この自生のカラーリリー、夏が終わるまで素晴らしい花を次々と咲かせてくれます

 斎藤 陽子 (Walnut, California)3-8 新型コロナウィルス戒厳令中の日曜日、いかがお過ごしですか。一向に罹患者が少なくならない新型コロナウィルスですが、教育関係の友人から、最近の新聞切り抜きが送られてきました。小中高校の一斉休校が実施され、働くシングル・マザーや共稼ぎの家庭は子どもを誰が家庭で見るかが大きな問題になっていますが、新聞記事を読むと、日本の社会全体が子どをを独りで家内に放置することは当たり前と、容認してた前提の記事を掲載している新聞記事を読み唖然としております。昔流行っていた「鍵っ子」の文字を最近は余り見ないので、この辺は日本でも厳しくなったものかと思っていましたが、そうでもなく「鍵っ子」は今でも、当たり前に容認されている、日本社会を恐ろしく感じます。アメリカでは州ごとで法律が幾らか違いますが、大方はあまり変わりません、さて、カリフォルニア州では、一人12歳までの子どもを家内に放置された例として、過去の判例では育児放棄をしている家庭があるとし処罰されています。
 教師は警察や児童福祉課に通報する義務があり、隣人も通報しなければなりません。従って、幼な過ぎる子どもを1人で留守番させるとことは、犯罪と見なされる恐れがあります。アメリカでは一般に13歳になると、青少年として認められ、行動の責任が自分にあるようになりますが、それまでは常に親が保護する義務があります。13歳からベビーシッターができ、13歳以上の子どもが一緒に居れば、育児放棄とはみなされません。このため、13歳未満の子供だけで街を歩いていれば子供達は保護され、その親達には処罰が科せられます。
 ショッピングモールの子供の遊び場(例えば日本のデパートの屋上、おもちゃ売り場のプレイルームなど)ですら親がついてないと子供は警察に保護され、日本の様に子供が遊んでいる間に親が買い物をという訳には行かないのです。なお、車の中に短時間であろうとも12歳未満の子供を置き去りにしたり、子供だけで車に置いておくことも禁止されています。これらを発見した場合は、通報の義務も大人あり、誘拐等の犯罪防止と共に、親(保護者)による虐待問題もからんでいることも有ることを想定して厳しくもなるのです。大変なこの時期、皆さんどうかお気を付けてお過ごしください。

 『沖縄タイムス』3月8日 米軍嘉手納基地は5日までに、沖縄での新型コロナウイルスの感染例が少ないため、同基地内の学校は通常通り開校するとフェイスブックに掲載した。米国防総省教育本部からの新たな通知が出るまでは開校するという。2月28日に掲載された文書は「沖縄での感染例は少なく、嘉手納基地に対する脅威は低い」とした上で、手洗いや消毒などの感染防止を呼び掛けている。国防総省教育本部は「在日米軍と連携し、沖縄の学校は開いたままであるという決定が下された」としている。

 くろねこの短語」2020年3月8日ーニューヨーク州が新型コロナウイルス感染者急増で「非常事態宣言」を出した。てことは、ニューヨークからの観光客やビジネスマンは入国規制かけなくちゃいかんだろう。トランプのポチである初老の小学生・ペテン総理にはできやしないだろうけど、それよりもこれを利用して、「緊急事態宣言」を可能にするインフル特措法の改悪を声高に叫びまくるんだろうね。


 斎藤 陽子(Walnut, California) 3-7 南カリフォルニアは26℃ほどと暖かくなり、初春を迎え抱卵をしているのかアメリカではポピュラーな、体長30センチほどの中型の鳥、ブルージェイ Blue Jay (和名 アオカケス)が、餌を求めて、毎朝パティオのテーブルの、皿の中のパン屑を食べに、人なつっこくやって来ます。カケスは日本にも居る鳥ですが、色がちょっと違う様で、英名 Jayは「ジェイ、ジェイ」と聞こえる鳴き声に由来したブルージェイの名前を持つ鳥で、たまに猛禽類の鳴き声を真似て、危機を察っすると、この鳴き声を威嚇などに用いることもあるようで、日本のカケスと同じ鳴き方をします。ブルージェイはアメリカ、カナダ、メキシコと広くに分布し、多くの地域では渡りは行わないませんが、カナダに分布する個体群は冬になると南下することもあるといいます。
 人間との関係は適応力が強く、市街地等でも見かけられるため、人間にとって身近な鳥類です。頭頂部や背面、尾羽は鮮やかな青い羽毛で覆われて、頭部は黒く眼の周囲や喉は白色です。森林や農耕地・市街地などに生息し、ペアで縄張りを形成して生活しているといわれてます。雑食性で昆虫、節足動物、鳥類の卵や雛、果実、種子などを食べ、食物を貯蔵する習性は縄張り内の餌をなくすことで侵入者を減らす働きがあると考えられているといいます。繁殖は樹木の上に木の枝や草の茎、樹木の細い根などを組み合わせた巣を作り、建物の上に営巣することもあります。1腹2 - 6個の卵を産み抱卵は雌が行い、抱卵期間は16 - 18日とあります。幸福の青い鳥ブルージェイは毎朝えさ皿のパンくず目当てに、元気に裏庭のパティオにやって来ます。

 【ジュネーブ共同】3-7世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は6日、「インフルエンザのように夏になれば消滅すると考えるのは、間違いだ。現時点ではそのように考える根拠が見つかっていない」と強調。「ウイルスが自然に消えてくれると期待するのではなく、今こそウイルスと闘わなくてはならない」と述べた。→矢張り五輪中止か😰


 『東京新聞』3-6 麻生太郎財務相は6日の参院予算委員会で「お金を出してもマスクがない」と述べ、野党議員からの新型コロナウイルス対策強化に向けた2020年度予算案の組み替え要求を拒否した。高齢者に対する注意喚起のメッセージを促され「一言で言えばウイルス性の風邪。風邪と変わらない」と語り、冷静に対応するよう訴えた。国民民主党の矢田稚子氏は20年度予算案について「不要不急の予算が結構ある」と指摘し、新型コロナ対策に回すよう求めた。麻生氏は「不要とは思っていない」と反論。感染拡大防止は、19年度予算予備費を活用して10日に取りまとめる緊急対策第2弾で対応する考えを示した。/真栄里泰球ー高齢者に対する注意喚起のメッセージを促され「一言で言えばウイルス性の風邪。風邪と変わらない」麻生副総理、財務大臣の発言通りなら子どもたちは週明けから学校だしあんなこんな要請も解除だな。よかった。専門家に聞いた上ならいいけど。

 「くろねこの短語」2020年3月6日ーおいおい、それって、今かよ・・・中国、韓国からの入国規制のニュースを聞いて、誰もがそう突っ込みたくなったんじゃなかろうか。いまや新型コロナウイルスの猛威は世界的規模になってるんだよね。入国規制をするなら感染者を出したすべての国を対象にしなくては意味がないだろうに。これって、火事で家が全焼してから消火活動するようなものなんだね。そもそも、2週間の待機場所って言うけど、そんなのがあるならクルーザーの乗客を船内に閉じ込めておく必要なんてなかったってことだ。何でもかんでも付け焼刃で、その調子で「緊急事態宣言」のためにインフル特措法の改悪されちゃたまりませんよ。
 そんな状況にあって、国会では新型コロナウイルスだけでなく、桜疑惑の追及だって続いている。4日の参議院予算委員会では立憲民主のカリアゲ福山君が、ホテルニューオータニで開催された一般の宴会の明細を紹介。桜を見る会前夜祭がいかに優遇されているかを初老の小学生・ペテン総理に突きつけたんだね。泡を食ったペテン総理の慌てようったらありません。脛にキズ持つから、こんなしどろもどろになっちまうんだね。
 そして、こうしたホテル側の優遇を裏付けるような事実がまたひとつ浮上した。それは、天皇の「即位礼正殿の儀」に出席した外国元首をもてなすペテン夫妻主催の「夕食会」の予算についてだ。なんと「予算額を約2000万円上回る約1億6100万円で随意契約」していましたとさ。これだもの、800人を招待した前夜祭の総額が400万円という破格のダンピングってのも頷けるってものだ。
 メディアは新型コロナウイルス一色だけど、国会では桜疑惑以外にも、韓国の受験生に対する加計学園の差別だって問題になっている。なんでも、面接の段階で韓国からの受験生は全員ゼロ点で不合格だったんだとか。そもそも、加計学園が獣医学部を創設する時に、四国枠とか韓国からの留学生ってのはけっこう目玉だったはずなんだね。四国枠も入学者がほとんどいないようだし、ようするに100億円ともされる補助金が目当てだったんじゃなかったのかということが、改めて浮き彫りになってきてるんだね。その補助金は、今月の4日で終了してるとか。なんだ、やっぱり補助金詐欺か・・・ってなもんです。

 「飯塚真紀子」(在米、ロサンゼルスを拠点)3-6 新型コロナウイルスで死亡する日本人は最悪のシナリオでは57万人。 世界では、最悪6800万人が死亡。 そんな恐るべき数字を伝える報告書「COVID-19が世界のマクロ経済へ与えるインパクト:7つのシナリオ」が、3月2日(米国時間)、アメリカの著名シンクタンク「ブルッキングス研究所」のウェブサイトに掲載された。

 「ディリー」3-6 池田清彦氏は「唐突に中国からに渡航制限。春節の時は大歓迎と言っていたのにね。その時に制限しておけば、こんな惨状にならなかった」と時機を逸していると指摘。 「専門家に相談しないで、やってる感を出したいだけという独断政治をやめさせなければ、日本は不況に向けて真っ逆さまだよ」と憂えた。

 「テレ朝」3-6 700人以上が新型コロナウイルスに感染したダイヤモンド・プリンセス号と同じ運航会社のクルーズ船が集団感染の疑いでアメリカ西海岸の沖合で検査を受けています。このグランド・プリンセス号では先月の運航の際の乗客2人が感染し、このうち1人が死亡しました。現在は乗客2383人、乗員1100人で運航していますが、船内で少なくとも21人が感染の疑いがある症状を訴えています。先月の感染者と同じ時期に乗船していた人が今も約60人ほどいるため、5日にカリフォルニアの沖合に停泊する船へヘリコプターで検査キットが届けられました。検査対象は100人以内とみられ、6日に結果が出るまで客室から出られないということです。

 「Newsweek」3-6 (前略)アメリカには民間のインフルエンザ追跡サービスがある。登録ユーザーが毎週、インフルエンザの疑われる症状の有無を報告し、それに基づいて全国の流行状況を把握する。現在ではコロナウイルスについての質問も追加され、問題意識を高めている。SNSや機械学習、人工知能(AI)などを活用すれば、アウトブレイクを未然に防ぐチャンスが増えるかもしれない。
 パンデミックを完全に防ぐことは将来の課題だ。現在の私たちは、まだ新型ウイルスの感染拡大を防ぐのに必要な力を持ち合わせていない。それでも新たな感染症の出現に関与する重大な要因の特定や、発生地域での即応体制などについては格段の進歩を遂げてきた。新たな感染症がどこで、なぜ発生するのか。その点に対する理解を深め、共有していかない限り、いつかまた新型ウイルスが猛威を振るうことになる。その時になって驚き、目を覚ますのでは遅い。<本誌2020年2月18日号掲載>マーガレット・ハンバーグ(米科学振興協会理事長)、マーク・スモリンスキー(エンディング・パンデミックス代表)

2020年2月『月刊琉球』№73 琉球館〒903-0801 那覇市首里末吉町1-154-102 ☎098-943-6945/FAX098-943-6947

豊里友治「北谷浄水場のPFAS汚染を考える」/しもじけいこ「観光は水物と言うけれどー首里城火災、トンコレラ、新型コロナ、『観光立県』沖縄への逆風が吹き荒れている・・・」

島袋マカト陽子「東京琉球館便り64ー辺野古海域埋め立のて1工区は契約金約162億円で大成建設、五洋建設と國場組のJVと契約、と2018年の新聞にも報道されていた。2014年、予定価格内の55億2000万円で、大成建設が落札していることも。菅官房長官の息子が大成建設の社員で、パイプ役か・・・」/河合民子「蒼き狼、琉球へ行く②」
 
 「宮崎放送」3-5 男性は70代の妻と2人暮らしで、妻とともに先月20日から26日までアメリカ・ロサンゼルスに滞在。宮崎空港から帰宅する際にはタクシーを利用していました。移動の際にはマスクを着用し、帰宅後は発症まで自宅で過ごしていたということです。

 「朝日新聞」3-5  新型コロナウイルスによる米国での死者が4日、11人になった。米メディアによると、ワシントン州で10人にのぼり、カリフォルニア州でも初めての死者が出た。米国内では今月からウイルス検査対象が拡大され、感染者数は急増。少なくとも120人となっている。米メディアによると、4日はカリフォルニア州とワシントン州で1人ずつ新たな死者が確認された。カリフォルニア州知事は同日、非常事態宣言を発した。同州の死者は高齢で慢性疾患があったという。先月、サンフランシスコからメキシコへのクルーズ船旅行に参加していた。

  「くろねこの短語」2020年3月5日ー東京都が花見の宴会を控えろと呼びかけ、選抜高校野球は無観客かまたは中止を検討し始め、各種のイベントも軒並み中止の方向へと走りだし、なんでもかんでも自粛自粛自粛の同調圧力の風が吹きまくっている。そんな中で、休校しないという自治体がいくつか出てきたのは、なんだかホッとする。・<新型コロナ>「休校しない」広がる  栃木・茂木町 通常授業へ転換
 初老の小学生・ペテン総理が火事場泥棒的に狙っている「緊急事態宣言」を含めたインフル特措法の改悪が成立したら、そうはいかない。それどころか、強制力のある法律になるわけだから、休業補償だってそんなものは自己責任ってことになるし、ちょっと外を出歩こうものならそれだけで逮捕ってことにもなりかねない。政権への反対勢力を潰すための口実に使うことができるんだよね。しかも、勝手に法解釈を変更するわ、公文書を改竄するわ、統計数字を書き換えるわ、なによりも総理大臣が白昼堂々と嘘をつく、そんな政権に「緊急事態宣言」なんて特権を与えてごらんなさい。それこそ「なんとかに刃物」で、どんどん解釈や運用範囲が拡大されて、そのうちナチスの全権委任法みたいな状況になりかねません。ああ、それなのに、共産党以外の野党のなんと甘いこと。エダノンなんか「審議には協力する」って早々に戦闘意欲なくしちゃってるんだもの。「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が民主党政権時代に成立したものだから腰が引けちゃってるんだろうね。情けないったらありゃあしない。
●O・H ここへ来て、こんなところでボロを出す立憲民主党!って感じですか! 渋谷5000人デモで高校生がちゃんと反対を表明していたのとは大違い! これがほんの少しでも期待を寄せていた野党かと思うと情けなくなります!
●Y・H 火事場泥棒の片棒を担ぐとは、なんと申し上げて良いやら。
●O・Y民主~立憲、応援してきた方々が浮かぶ~!私達とはこれ程…感覚が違うのか!呼 呼 立憲民主は、ずーーっと自民党に催眠術をかけられているらしい。😪😞😵😔


null
雛祭りー写真は新聞掲載のものと違う別の写真

 「愛知ママの会」3-5 検事長の延長は勝手に解釈したのに(しかも定年の一週間前に😱)、国民の危機にイチャモンのような理由で特措法を適用しないって何なんですか⁉️この1〜2週間が山だといってもう一週間過ぎたが、特措法があるのに使っていない!

【政府→この赤文字はコロナに当てはまらないからできない。法律変えないとできない。】らしい。そんなイチャモンみたいな事言っている場合⁉️野党👉今の特措法を使えば明日にでも適用できる。唯一ないのは民間企業への「損失補填」変えるとしたらここだけで適用できる❗マスクも政府保有のもの、医療関係者中心にサッサと出してください。今日にもすぐできるはず❗

 『日刊ゲンダイ』3-4 5000億円もの対策費を決めたシンガポール。リー・シェンロン首相は安倍首相がしたような“精神論”のスピーチを、コロナ禍初期の2月8日に既に終えている。それも「私たちがどこにいるのか、これから先に何があるのか説明したい」と率直に話し、「いくつかの段階を予想している。起こり得る事態に対し、準備している」と将来のリスクにもしっかり触れている。パニックになる必要はない。戒厳令を出したり、家にとどまることは強要しません」などと早いタイミングで国民を安心させているのだ。グルメ三昧を優先して“やってる感”だけの対策本部を開いていた安倍首相とは大違いだ。首相は、中国からの渡航者を入国禁止にした際、『公衆衛生上の問題であり、民族や国籍の問題ではない』とスピーチし、華人社会で評価が高まりました」。
台湾では、先手先手で対策を打ち出す蔡英文総統の支持率がうなぎ上りだ。「武漢で原因不明の肺炎」と中国が発表した昨年12月31日に、台湾では注意喚起を行い、1月2日に専門家会議が招集されている。日本の厚労省がまだ「人から人への感染は低い」とのんきだった同15日には、感染者がゼロにもかかわらず新型コロナを「法定感染症」に指定。同24日にはマスク不足に対応して「輸出禁止」まで決めている。休校措置は旧正月(春節)休みから2週間延長して実施され、既に終了。現在は授業が再開されている。その結果、感染者は40人(2日現在)にとどまる。口先首相とは本気度がまるで違う。

 「KYODO」3-4 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大している問題で、山口県が4日、新たに1人の感染を発表、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を含め、国内の感染者が千人となった。死者は12人。
 
 「時事」3-4 日本精神科病院協会の山崎学会長はDPATは2月7日から活動を始め、防護服やマスクを着用して乗客らの診療に当たった。日本環境感染学会が船内を危険と判断したため、19日以降は船外からの電話相談に切り替えたという。山崎氏は乗客らの自室待機後の船内状況を、「乗員が配膳などの業務に当たったことで感染が広がり、安全なグリーンゾーンが危険なレッドゾーンに変わっていった」と分析。感染対策の統一的なマニュアルなどはなく、専門家が船内ルールを構築すべきだったとして、政府の対応を批判した。

 「沖縄タイムス」3-3 沖縄県内では2月20日を最後に、12日間新たな感染は確認されていない。これまでに県内で感染が確認されたのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が那覇寄港時に乗客を乗せたタクシー運転手2人、豊見城市の農業男性の計3人。

  「くろねこの短語」2020年3月3日ー(前略)そんな中、突っ込みどころの白眉が、なんてったって「緊急事態」を宣言するための法整備に言及したことだろう。北海道知事が「非常事態」ではなく敢えて「緊急事態」と叫んだのは、おそらくこのための露払いみたいなものだったんだね。北海道へのマスク配布はそのご褒美ってわけだ。新型コロナウイルスの蔓延が問題化した当初、元文科大臣の伊吹君が「緊急事態の一つの例。憲法改正の大きな実験台と考えた方がいい」ってほざいた通りになってきたってことだ。そもそも、新型コロナウイルスには、新型インフルエンザ等対策特別措置法で対処できるんだね。この法律に「等」という文言が入っているのは、こういう時のためだ。

 「リテラ」3-3 (前略)日本の官邸記者クラブは、たったの20分間しかセットされていない会見を「短すぎる!」「こんなものは受け入れられない」と突っぱねることもせず、挙げ句、打ち合わせにまで応じ、質問を求める記者に白い目を向ける有様。そして、まんまと安倍首相に「基本的に総理会見はそういうもの」と逃げ道を用意してしまったのだ。朝日や毎日新聞といったリベラル系メディアは会見を打ち切ったことを批判的に伝えたが、記者クラブとしてそれに加担しておいて、何を言っているのだろう。
 だが、目も当てられなかったのは、NHKだ。NHKは記者会見を生中継したが、会見後には「安倍首相にもっとも近い記者」とも呼ばれる政治部の岩田明子記者が解説者として登場し、安倍首相の主張を無批判に繰り返して代弁。これでは北朝鮮の報道と何も変わらない大本営発表だ。

 「フジテレビ」3-3 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための臨時休校などの影響で、神奈川・鎌倉市では、およそ300人の職員が仕事を休む見通しであることがわかった。

 「愛知ママの会」3-3 えー😳😳😳😳😳びっくり。いつの間にか若者がコロナ感染拡大した事になってるけど⁉️クルーズ船下船した人たちを公共交通機関で帰らせて、そこで仕事した職員もマスクもせず感染させたのは政府じゃん😳

 「目取真俊ブログ」3-2 コロナウィルス対策が問題となるなか、沖縄防衛局や機動隊は全員マスクをしているのに、どうして警備会社のテイケイは誰もマスクをしていないのか、と座り込み参加者の一人がマイクを手に疑問を発していた。このテイケイという警備会社は、前のアルソックと比べて動作の一々が軍隊調で、人間味が押し殺されている。マスクをしないのも会社の方針だろうが、こんな警備会社に勤めている労働者も大変だろう。

 「KYODO」3-2 安倍晋三首相が臨時休校を要請したのに合わせ、政府は学童保育の開所を都道府県に要請。2日の一斉休校の前日に急きょ空き教室開放の方針を明らかにした。泥縄式の対応とも言え、議論を呼びそうだ。

 舛添要一 政府は2700億円の予備費を使い、10日を目処に新型ウイルス緊急対応策を決定。国民生活安定緊急措置法を発動しメーカーにマスクを国に売るように命令、北海道に送る。それが今できるのなら、同じ手でなぜ全国民にも配給しないのか。台湾はそうしている。だから政策が後手後手だと批判しているのだ。

 「谷畑英吾」3-1 ウイルスの感染拡大の防止は、学校閉鎖だけで実現できるものではない。社会として面的に防衛しなければ、子どもたちだけを止めても、その一方で、経済活動も流通活動も人の移動も全面的に継続しているなかでは、どんどんウイルスはまん延していくだろう。「子どもたちの健康・安全を第一に考え」と言いながら、経済活動も流通活動も人の移動も許しているので、ウイルスのまん延は収まらない。それなのに、なぜ学校だけが閉鎖されるのか。それは自治体には言いやすいが、経済活動や流通活動を止めろと経団連に対しては言えないからではないのか。

 「くろねこの短語」2020年3月1日ー何かを期待していたわけではないけれど、それにしてもひどいものだった。何かって、初老の小学生・ペテン総理の新型コロナウイルス対策記者会見だ。一言で言えば、取り巻きの記者を前にした独演会で、それも役人が用意した作文をプロンプターでチラ見しながら読むだけなんだから、笑っちまう。さらに、記者の質問だって、事前に通告してあるから、これまた用意されたペーパーを読むだけ。記者を相手のとんだ三文芝居を演じてくれたわけだ。
 でもって、全国一斉休校の医学的根拠とか、PCR検査を拒否する理由とか、満員電車内の感染はどう考えてるのかとか、休業補償はあるのかとか・・・様々な課題については何も説明がないままなんだから、何が「私が決断した以上、私の責任において様々な課題に万全の対応を取る決意」だ。その言葉が出た瞬間、カミさんと一緒にテレビに向かって「オメーの存在がウイルスなんだよ」と叫んじまった。そして、最後は、江川紹子氏の「質問があります」の声を無視して、さっさっと記者会見は終了。思わず、我が家のドラ猫に、「馬鹿を相手の時じゃない」と呟いてみたのであった。
 〇山崎 雅弘 「首相が記者の質問に原稿を読んで答えている姿」の異様さは、ネット等で多少の予備知識を持つ人ならすぐ気づくが、NHKを信用して特に注意を払わず漫然と中継を見ただけの高齢者は、それが「おかしい」という事実すら気づかないだろう。そんな欺瞞的な構図に黙って加担する政治部記者たちの罪は重い。
 〇望月衣塑子 全国の小中高の休校を突如、要請しておきながら #安部首相 と #長谷川栄一広報官 によるあんなグダグダの台本通りの会見で終わらせるな。安部首相はもう一度、会見を開き、海外含め幅広い分野の記者からの質問受け、国民の疑問に真摯に答えるべきだ。あんな会見では、マスコミ不信を益々高めるだけだ 。

 tankobuID3-1 このようになった根本の原因は、中国から春節で大量に入国するのが分かっていながら、その時点で政府が中国からの入国を許可しなければ、こんなことにならなかったのでは。政治家さんの身を守るだけのお仕事はホント辞めてほしい。結局身を守るために空回りしているのが露呈してるな。クルーズ船での感染拡大、突然の休校要請、そして挙句の果ての有給休暇を取れと、全てが失敗だ。しかも現場も視察しないで良くここまで並べられたと呆れ感心する。
 higeID3-1 有給休暇への言及は労働者の権利の蹂躙に他ならない。一国の総理が、国難に際して、有給休暇で休みを取って、感染拡大防止に協力しろと命令出来得るものでもない。国民を守りたいのであれば、国庫から休業補償を出して、国民に感染拡大防止を呼び掛けることが本筋だ。行政府の長を立法府の長だと言ったり、肝心かなめなところで言い間違えるトンマな総理大臣。言い方、やり方の基本が分かっていないようだな。こんな総理大臣を輩出している自民党の責任問題になるなあ。こんな人材しかいないのかなあ?自民党?


青山恵昭 2020-2-24 大きな流れの中で、ここで立ち入って考えさせる一石を投じる議論ではないだろうか。