〇1999年5月『琉文手帖』4号「1918年ーこの年 沖縄県内に流行性感冒(スペイン風邪)翌年1月までに1,433人が死亡」とあるが、1918年『衛生局年報』「流行性感冒」を引用した。これに加えて患者数は十万四千四百三十二人。なお全国の患者数は約一千九百二十三万二千六百七十五人にして全人口の三分の一に達せり。死亡者は二十万四千七百三十人。
 〇『琉球新報百年史』(1993年9月)の年表に「1918年11月、渡久地政瑚社長、流行性感冒で没」とある。これはスペインかぜのことで、金城清松『沖縄医学年表』(1976年4月)の1917年に「世界的のいわゆる『スペイン感冒』流行す」とある。
 〇スペインかぜ(英: 1918 flu pandemic, Spanish Flu、スペイン語:La pandemia de gripe de 1918、gran pandemia de gripe、gripe española)は、1918年から1919年にかけ全世界的に流行したインフルエンザの通称。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によるインフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては最上位のカテゴリー5に分類される。感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行した。 流行源はアメリカ(カンザス州の陸軍病院?)であるが、感染情報の初出がスペインであったため、この名で呼ばれる。一説によると、この大流行により多くの死者が出、徴兵できる成人男性が減ったため、大戦終結が早まったといわれている。 死亡者にアポリネール、クリムト、辰野金吾、島村抱月、大山捨松、村山塊多→ウイキ

 【AFP=時事】2020-3-28 米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の集計によると、米国の新型コロナウイルスの感染者は日本時間の28日午前6時50分時点で10万人を超えた。/「テレビ朝日」2020-3-27  新型コロナウイルスの感染が急速に広がっているアメリカで感染者が8万2404人となり、中国とイタリアを上回って世界で最も多くなりました。ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、世界の感染者数は52万6044人に上っています。



null
1971年9月 沖青友の会機関誌『石の声』8号への提言
 私は『石の声』八号への提言として「僕らは、今の県人会には、大いに不満の点がある。そこで僕らはユニークな機関を創造して行きたい。現時点で実用的なものは、関西沖縄ミニ・シンクタンクであろう」としていて消化不良的な用語を使っているが、要は各種の問題解決のための資料(経験)を蓄積し、すぐ活用できる沖縄青年の「資料センター」を創造していこうということである。 この「資料センター」の考え方が、この「琉文21」の出発点でありプロトタイプといえる。