null
1950年4月 『おきなわ』創刊号
null
1950年11月 仲井間宗裕『沖縄と人物』同刊行会「金井喜久子」
nullnull
1954年7月 金井喜久子『琉球の民謡』音楽之友社

川平朝建/金井喜久子
1944年3月20日午後6時「金井喜久子交響作品発表会 並びに琉球古典音楽と舞踊の夕」日比谷公会堂
1951年4月ー川平朝建『琉球歌謡集』
1951年7月ー川平朝建「最新那覇市地図」
1954年7月3日ー『沖縄新聞』川平朝建「辻街の追懐」①

1956年11月14日ー『琉球新報』「死亡広告ー川平朝建、療養中の処11月11日12時20分死去致しました。告別式は首里博物館入口自宅に於いて相営みます。  妻 川平イシヲ/母 川平オミト/長男 川平朝雄/次男 川平朝□/長女 友寄道子/孫 下地春男/孫 下地春次/妹 多嘉良カナ/妹 金井喜久子/親戚代表 川平朝敏/伊江朝幹/川平朝申/金井げん四郎/来間泰一/友人代表 当間清弘/小牧薫」

昭和59年4月ー金井喜久子『愛のトゥバルマーある歌姫の物語』



1954年7月 雑誌『おきなわ』崎濱秀明「意気蛸の如し」
1984年2月 崎濱秀明『蔡温全集』本邦書籍
null

2004年12月13日『琉球新報』崎浜秀明さん死去 沖縄法制史研究の第一人者
沖縄法制史研究の第一人者として、関係史料の収集などに尽力した崎浜秀明(さきはま・しゅうめい)氏が12日午前10時4分、脳卒中のため、東京都中野区南台5ノ23ノ19ノ自宅で死去した。92歳。国頭村出身。告別式は、17日午前11時から正午まで、杉並区梅里1ノ2ノ27、堀ノ内斎場で。喪主は長男秀一(ひでかず)氏。
崎浜氏は1912年生まれ。日大、中央大学などで法制史を学び、沖縄法制史研究の第一人者として研究に情熱を注いだ。一方で、法制史関係史料の収集と刊行にも傾注し、今日の沖縄法制史研究の基礎を築いた。沖縄文化協会顧問、沖縄国際大学南島文化研究所特別研究員なども務めた。92年には琉球新報社の東恩納寛惇賞を受賞した。


1950年11月 仲井間宗裕『沖縄と人物』同刊行会「仲村隆夫」
1951年4月 雑誌『おきなわ』仲村隆夫「山原から那覇まで」


1950年11月 仲井間宗裕・伊佐栄二『沖縄と人物』

1965年1月ー左から太田直治、比嘉良明、松本三益、喜久村絜秀。後列左から上地栄、宮原邦男

1994年7月15日 『おきなわの声』第175号 松本三益「比嘉良明氏を偲んで」


null
1950年4月 『おきなわ』創刊号①


1950年11月 仲井間宗裕『沖縄と人物』同刊行会「山川武正」




平成2年12月 山川武正『するがごとく しないがごとく』

写真ー山川武正

山川武正
1916年2月17日 国頭郡国頭村比地に生まれる
1929年4月  沖縄県師範学校本科入学
1934年4月  沖縄県師範学校専攻科入学
1935年8月  国頭郡謝花尋常高等小学校へ赴任
1939年3月  東京市千寿第七尋常小学校へ赴任
1941年3月  東京市芝区御高国民学校へ転任
1942年9月  東京文理科大学史学科入学
1946年9月  沖縄人連盟に所属
1947年8月  文部事務官拝命、学校教育局初等教育課
1951年7月  石川紀子と結婚
1958年7月  島根県教育委員会 社会教育課長
1960年12月 文部省管理局教育用品主任官補佐 
1966年4月  群馬県教育委員会教育次長
1979年4月  群馬県立歴史博物館初代館長