沖縄コレクター友の会メンバーと宮里さん(新城栄徳撮影)


宮里朝光の本

null
2013年5月18日、南風原レストランで沖縄コレクター友の会例会


左から9番目に宮城源四郎(大宜味村字塩屋)の名がある。宮城保氏の父である。

沖縄コレクター友の会ー前列右から二人目ー宮城保氏



大阪は1923年に関東大震災を機に沖縄青年たちの赤琉会が結成された。それを母体にして24年に関西沖縄県人会(渡口精鴻会長)が結成された。28年には『(関西)沖縄県人住所案内』が発行された。1935年8月には大阪市西成区鶴見橋通り6ノ4の関西沖縄興信社から『関西沖縄興信名鑑」』が発刊された。同社の顧問、編集同人に豊川忠進、眞栄田勝朗、下地玄信、山城興善、翁長良孝、古波蔵太郎、比嘉繁雄、古波蔵加壽が居る。

本名鑑の序文「関西地方は大阪市を中心として我国産業都市の中心地であると共に又最大の経済都市である。就中大阪市は人口三百有余人を擁し近代的文化施設は施され世界第三位の大都市である。殊に関西地方を理想郷に求めて来阪する県民は其数実に5万人と註されて居る。学者、弁護士、医師、実業家、学生、労働者、紡績女工等ありて各方面に亘りて各々其の職業生線(ママ)に健闘しつつあるは刮目に値する。近時我が県民が各方面に著々として地位を確保し成功しつつあるは吾人の意を強うして祝福せざるを得ない。然るにいまだ県民の消息近況を知るに完全なる機関なきは甚だ遺憾とする所である。茲に於いて吾人は『関西沖縄興信名鑑』を上梓し県民の頒布状態並びに活動状態及び職業、居所を詳細に記述して県民諸氏の座右に供せんとす。幸いに本名鑑が県民多数の連絡機関と徒然の好伴侶として聊かなりとも裨益する所あらば幸甚である。」とする。


2014年1月30日 おもろまち


宮里朝光氏>(新城栄徳撮影)

null
馬姓家譜

1974年11月12日『那覇市史だより』第2号□小橋川秀義「家譜収集余話・・・馬姓家譜について・・・」
1986年7月 多和田真助『門中風土記』沖縄タイムス社□馬姓(小禄殿内)名門と呼ぶにふさわしい家柄ーP.126~130
2001年7月 宮里朝光監修『沖縄門中大事典』那覇出版社(仲程正吉編集)□馬姓(氏)ーP.218~220

翁長良明・沖縄コレクター友の会副会長
null
『オキナワグラフ』2008年2月号