島袋百恵・画「仲吉良光」

1912年ー大隈重信を囲む早稲田大学沖縄県人会

中央の大隈重信の左が仲吉良光、右二人目が尚秀。その後ろが新崎盛珍


1937年9月 『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社「嘉手川重利」


前列右から池宮城積宝、山口全恭、渡久地政憑、野村安茂 後列右から末吉麦門冬、嘉手川重利、当真嗣合、屋嘉宗恭、仲吉良光

仲吉良光 なかよし-りょうこう
1887-1974 大正-昭和時代のジャーナリスト,政治家。
明治20年5月23日生まれ。大正4年創刊の「沖縄朝日新聞」編集長。アメリカでの邦字紙記者などをへて,昭和15年首里市長となる。戦後,沖縄諸島日本復帰期成会を結成,「沖縄復帰の父」といわれた。昭和49年3月1日死去。86歳。沖縄県出身。早大卒。著作に「沖縄祖国復帰運動記」など。→コトバンク


那覇市識名にある仲吉家の墓2015-9-21
null
「仲吉良光関係文書」那覇市歴史博物館所蔵