2015年10月10日 松島弘明『遥かなる「満州」~父と母たちの昭和~』新星出版
沖縄満洲会

2004年1月24日ー『沖縄タイムス』新城栄徳「うちなー書の森・人の網ー『沖縄満州会』の周辺」

2010年8月11日、パレット市民劇場で沖縄満州会主催の「嗚呼 満蒙開拓団」(羽田澄子演出)を観た。ミニ講話として山田實、新城勝両氏の話があった。会場には琉球新報の宮城修、高良由加利の両記者や、玉城朋彦、松島弘明の諸氏も居た。映画は1931年の満州事変以後、日本政府の国策によって、中国大陸の旧満州、内蒙古に入植させられた日本人移民の開拓団約27万人、そのうち約8万数千人が、ソ連参戦、日本の敗戦によって、帰国できずに亡くなった。そこから「残留孤児」などの問題が生まれた。中国人の養父母らが孤児を育て、その後に帰国した孤児と養父母との交流ー。日中友好が如何に大事かを考えさせられる映画であった。

終わると名城政次郎氏が居られたので「先日の新聞記事は届いてますか」と聞くと届いていたと返事と同時に、劇場入口でパンフを配っている女性を「家内です」と紹介してくれた。名城氏の郁子夫人で、尚学院事務部長、沖縄満州会事務局(〒900-0012那覇市泊2-17-4那覇尚学院内 電話098-867-3515)を見ておられる。


パレット市民劇場で、左・名城政次郎氏、新城栄徳(撮影・松島弘明氏)



まんしゅうこく【満州国】
日本が満州事変によって占領した中国東北部(現在の黒竜江省・吉林省・遼寧省・内モンゴル自治区北東部)につくりあげた傀儡(かいらい)国家。1932年(昭和7),もと清朝の宣統帝溥儀(ふぎ)を執政に迎え(34年には皇帝),中華民国から分離させて建国。首都は新京(長春)。翌年熱河省も加えた。政府の要職には満州人を起用したが,事実上は日本人官吏および関東軍の指導下にあった。45年8月,日本の第二次世界大戦敗北とともに消滅。 →コトバンク








1936年5月ー関東軍防疫部(満州第七三一部隊)発足



2004年10月 立花隆『シベリア鎮魂歌ー香月泰男の世界』文藝春秋(山田實所蔵)


シベリア抑留の「慰労金」と銀杯を手にする山田實さん