Archives

You are currently viewing archive for October 2017
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02


作品と新城愛さんー2017年10月25日 牧志駅Foto spacc Reago「新城愛 写真展」  


2017年9月『ニッコールクラブ会報』第247号 「戦後沖縄写真界の明日ー山田實がニッコールクラブに託したものー」

2017年10月3日『沖縄タイムス』/1939年8月 那覇農園「全琉写真師会」

2017年10月22日『琉球新報』「山田實さん作品、モデルの孫に寄贈」/「山田實さん作品、モデルの子息一家」


2017年10月 『宮城ヨシ子写真集 Frame Out』ボーダーインク

2017年10月22日 tomari「宮城ヨシ子さん写真展 Frame Out」
Category: 03-所感
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp

ゴーヤー/フーチバーヨモギのこと。沖縄料理に欠かせない食材で、クセの強いヤギ汁などの料理のにおい消しとして利用するほか、沖縄そば、じゅーしー(雑炊)、菓子、お茶などにも使われている。 →「沖縄大百科」
Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
null
null
原爆ー1969年11月ー沖青友の会機関誌『石の声』第1号□[もしも沖縄で爆発したらこのようになる]□真栄田義秀「日本国憲法第九条」/「沖縄にあるB52は24メガトンの水爆を積むことができる(広島の1,200倍) もしも沖縄で爆発したらこのようになる。!▲150~570キロ以内の住民半分が即死し、生き残った人も4カ月以内にはほとんど死亡する。▲爆発にともなう地震津波がおしよせてくる。▲水や食物も多量の放射能を浴びて生き残っても奇型児や発育不能な人間が生まれてくる。▲北は奄美大島、鹿児島迄も被害は及ぶ。-沖縄の住民は今日も原爆をかかえて生活をしている。」


関連ー「核はこうして貯蔵されている<辺野古の核弾薬庫>」『週刊ポスト』1973年11月15日号「平野部の”70%„が米軍基地の沖縄」。アベ政治が辺野古に拘る一因か。

1971年5月 沖縄の雑誌『青い海』2号 「あるグループ 沖青友の会(大阪)」

null
null
1971年5月 沖縄の雑誌『青い海』第2号/1972年5月 青い海出版社『はだか沖縄 ジャンプ・イン<沖縄>青春広場』六月社書房

1971年4月 大阪市北区で あすの沖縄をつくる若い広場『青い海』創刊
青い海文芸/祖慶美佐江「母校のナンキンハゼ」、宮城清子「短歌」、平良寿美子「青春て何だ」、宮城敏夫「生きる、大城悦子「ささやかでも尊い想い出」」(何れも『石の声』転載)
null
null
沖青友の会機関誌『石の声』

 『石の声』10号は、1972年11月に発行されていて、新城栄徳、嘉陽宗博と新里金福の往復書簡が載っている。新里「沖縄も日本に復帰したのだから、沖縄人も日本人になる努力をしなければならないという説もあります。が、それは戦前、すでに破産した発想にすぎません。沖縄の人々は日本人の同化の努力のはてに、より収奪を強化され(ソテツ地獄)、文化的にも破壊され(方言撲滅運動)、そしてついに沖縄戦を迎えました。そして沖縄戦では<それでもお前らは日本人か>といわれて、日本人のあかしをたてる為に死地に沖縄人はおもむきました。つきるところ、沖縄人にとって、日本人になろうという努力は、自滅しかもたらさなかったのです」、嘉陽「沖縄と本土を往来し沖縄を理解したかのような口振りで<悲劇の島>とか<基地の島>とか、エトセトラのレポートを書いた大和人の知識人ち呼ばれるインテリゲンチャのなんと多いことよ。沖縄を食いものにする、沖縄をテコにして“日本を見つめよう”“己を問い直そう”等とほざく利用主義者の厚顔無恥(知)、エセ文化人を徹底的に糾弾する」、新城「僕らはこういうヤマトーの人間達をふやさぬためにも最後にはテロも辞さぬつもりですが、論には論で行った方が正当かと思われますので新里先輩の手でひとつよろしくお願いします」とある。

null
1963年6月30日『沖縄タイムス』「座談会・関西の住人 大いに語る」
 1971年9月のある日、私たち「沖青友の会」会員は女性3人、男性4人で機関誌『石の声』八号のガリを徹夜で切っていた。変色した1963年6月3.0日の『沖縄タイムス』3面にわたっての特集「関西の郷土地図」を転載し、主張に「沖縄の禁断の書『さまよへる琉球人』の封を自ら、はがしたように、われわれは自らの心のヤミを見据えよう」と記した。そして偶然のことだが、ガリ切り作業をやっていた嘉陽宗博(沖青友の会会長)の間借り先の、その小さな部屋の番地は、大阪市港区市岡元町で、戦前の関西沖縄県人会本部の近くの番地であった。
null
nullnull
 私は『石の声』八号への提言として「僕らは、今の県人会には、大いに不満の点がある。そこで僕らはユニークな機関を創造して行きたい。現時点で実用的なものは、関西沖縄ミニ・シンクタンクであろう」としていて消化不良的な用語を使っているが、要は各種の問題解決のための資料(経験)を蓄積し、すぐ活用できる沖縄青年の「資料センター」を創造していこうということである。 この「資料センター」の考え方が、この「琉文21」の出発点でありプロトタイプといえる。

 『石の声』九号に「沖青年譜」があるので沖青友の会の歩みを紹介する。1969年4月20日に大阪城公園にて50名参加して発足、会長・宮城晃で11月には『石の声』一号を出している。「沖縄子供の国」資金カンパや、女子高生刺傷事件の署名カンパ、1970年6月は仲宗根正順(マンガ家)さん捜しに取り組む。兄弟団体の三和同郷青友会(尼崎)、南風サークル(大正区)との六甲山登山やソフトボール大会で交流。また、映画「水俣病」、「沖縄列島」上映会にも参加した。

 1971年12月11日、沖青友の会会員9名が初めてのテレビカメラのライトを浴び、あがってしまいながらの「関西テレビ土曜イブニングショウ」の沖縄討論に参加。司会は、栗原玲児、上原「最近よく沖縄について語られているけれども、安易な気持ちで語ってもらいたくないですね」、喜納「沖縄が返還されても我々は沖縄解放の闘いを続ける」、三郎「沖縄人としての自立を踏まえて沖縄人としての思想を構築していく」、新城栄徳「沖縄は経済的に自立できるかということを考えた上でなければ沖縄を語る資格はないですね」というと、司会者が「語る資格はあるかないか別として、自分の話で恐縮だけれども沖縄に関する司会をするのは十三回目です」、紀美枝「自らのことも出来へん状態で沖縄に連帯、連帯とそんな簡単に言えるべきもんではない」、比嘉「私達は皆さんが沖縄のことに口に出す場合、日本の歴史の中から、どうして現在の沖縄ができたんか考えてから」などと発言した。

nullnull
1972年11月発行の沖青友の会機関誌『石の声』所載『青い海』の紹介。

» Read More

Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
 1972年11月、沖青友の会機関誌『石の声』10号を出して休刊した。この頃から、それぞれが結婚し、子育てに忙しく沖青友の会も役目を終える。1975年1月26日に、新たな関西沖縄青少年の集い「がじゅまるの会」(会長・玉城利則)発足。大阪沖縄会館での発会式には、青年会のOBということで私も参加した。9月には機関誌『がじゅまる』が創刊された。歴史はくりかえすという事であろうか。
nullnull
写真左上ー1969年4月20日ー大阪城公園で「沖青友の会」発足。機関誌『石の声』
写真左下ー1975年1月26日ー大阪沖縄会館で、がじゅまるの会発足。左端、新城栄徳(元沖青友の会)。
写真右上ー1996年12月7日/大阪・大正駅前「居酒屋ゆんた」で、左から金城勇(演劇「人類館」上演を実現させたい会)、息子、諸見里芳美(演劇「人類館」上演を実現させたい会)、仲間恵子(大阪人権博物館学芸員)、崎浜盛喜(奈良沖縄県人会副会長)、右端がゆんた主人の玉城利則(関西沖縄青少年の集い「がじゅまるの会」初代会長。1981年、『ハイサイおきなわ』編集人、発行人は嘉手川重義(現大阪沖縄県人会連合会長)と夫人、真ん中の女性はお客さん。撮影・新城栄徳/(下)1996年12月8日/大阪港区・池島保育園(近鉄の野茂英雄投手も同園出身)階上で、左より西平久子、西平守晴夫妻、娘、後に息子。撮影・新城栄徳


1975年9月ー関西沖縄青少年の集い・がじゅまるの会機関誌『がじゅまる』創刊号
null
null

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
コメントはメールにお願いします→shinjo8109@yahoo.co.jp








東京ディズニーリゾートから飛び出して来た、ミッキーマウスと仲間たち
10月7日ー市民演芸・民俗伝統芸能パレード

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
10-5

山田勉氏、ヒデ/那覇市歴史博物館ーヒデ、嘉数理紗さん

みずほ銀行横/沖縄県立博物館・美術館

沖縄県立博物館・美術館ー左から豊見山愛さん、ヒデ、玉那覇英人氏/ニシムイ

ヒデ、伊佐真一氏/ちらー小で沖縄そば

眞正陶房ー左から安里真尚氏、ヒデ、末吉安允氏/末吉陶房ー末吉安允氏、ヒデ

なるみ堂ーヒデ、翁長良明氏/壺屋

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

1979年 沖縄の雑誌『青い海』6月号 古堅実吉「沖縄社会大衆党に望む」
null
2017年10月19日ーあかみね政賢 選挙対策本部で左が古堅実吉氏/2014年12月24日は私も知人が居たので古堅実吉氏の隣りに座り込んだ。


2017年12月 『平和への道しるべⅡ』ハワイ捕虜沖縄出身戦没者慰霊祭実行委員会 古堅実吉「沖縄、ハワイの思い一つに」



2002年8月 古堅實吉『命かじり ー古堅実吉回想録』琉球新報社
〇古堅實吉、1929年7月5日ー国頭村安田で出生(父・宗道、母・カナ)。1944年4月ー沖縄師範学校入学。1945年7月ー金武の屋嘉捕虜収容所からハワイの捕虜収容所に送られる。1951年11月ー従兄弟の古堅宗光宅に同居し、親戚の古堅宗直が社長の上町精版印刷で働く。1952年4月ー関西大学法学部法律学科入学。1953年4月ー印刷会社をやめて、吹田市の沖縄県千里丘学生寮に入寮。

1953年6月 大田昌秀・外間守善編『沖縄健児隊』日本出版協同 古堅実吉「地下の友よ」
1953年11月ー沖縄県関西学生会結成に参加。執行委員。


1996年9月 『自治おきなわ』新城栄徳「関西におけるウチナーンチュの歩み(下)」

1955年3月19日ー米軍の土地強奪に反対する沖縄県関西学生会活動で帰省。立法院土地委員会を傍聴した。沖縄人民党の宮城倉啓、大城文進の世話で、米軍の警戒が厳しかった伊江島へ4月20日に潜入。野蛮な土地強奪を調査。4月13日、那覇の座り込み現場で阿波根昌鴻に会い、伊江島での写真の一部を届け、その日の全島軍用地地主大会に参加。4月17日まで沖縄各地の調査や資料集めに駆けまわり、写真や資料を大阪に持ち帰った。沖縄県学生会総会で米軍の伊江島土地接収の写真展示。その反響で大阪の県出身者、京大新聞、神戸大新聞、東京県学生会などから写真借用の申し込みが相次ぐ。5月1日、大阪の県人たちと一緒に「沖縄諸島日本復帰期成会」の旗を掲げて大阪市馬場町広場のメーデー大阪大会に参加。1955年9月ー吹田市の共産党事務所を訪ね日本共産党に入党。1956年3月ー関西大学法学部法律学科卒業。帰郷。


1956年1月1日『沖縄タイムス』「年賀広告ー3段目に上町精版印刷株式会社」

» Read More