4月20日~5月20日 ジュンク堂書店那覇店「榕樹書林創業40周年記念・古書展」


榕樹イベント2019年4月29日13時~田里修(『土地に見る琉球・沖縄の歴史』著者)×豊見山和行(琉球大学教授)
 2019年3月 田里修『土地に見る琉球・沖縄の歴史 田里修教授 講義録』榕樹書林〇今日まで司令部は東京から神奈川県にまたがって、横田基地がありますけども。それから空軍基地としては青森県の三沢基地がありますし、海軍については、横須賀基地、厚木基地、佐世保基地があります。海兵隊は岩国に残ったようですけども。厚木を省きますと、沖縄と何が違うかと言いますと、例えば三沢基地にしろ、横田基地にしろ、あるいは横須賀とか、佐世保にしろ、基本的に民有地はありません。基本的には国有地、昔から日本軍の基地があったようなところ。1972年から今日までアメリカ軍基地というのは日本本土にあるのは、基本的には国有地です。/私(田里修)が早稲田大学に入学したのは、1969年4月である。この年、沖縄問題研究会に入ったが、夏休み前に、顧問の岸本建男(後の名護市長)に連れられて行ったのが沖縄タイムス東京支局で、新崎盛暉氏の『ドキュメント沖縄闘争』の手伝いであった。仕事はタイムス紙の読者投書欄から、興味深い投書を選ぶ作業であったと記憶している。しかし、その際、我部政男氏や比屋根照夫氏(両氏とも、後の琉大教授)渡名喜明氏(当時、東大生)そしてタイムスの由井晶子氏と面識を得ることが出来た。2年生の頃、荻窪に玉城信光氏(医師)と松島朝義氏(陶芸家)のマンションで勉強会(離島社)を始めたが、3年生の頃、由井氏から渡名喜氏に『比嘉春潮全集』の索引作りの依頼があり、その手伝いをすることになった。これが沖縄についての勉強になった気がする。



2016年2月26日 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ「第33回 東恩納寛惇賞 贈呈式」祝賀会

写真左から村口彌生第一書房社長、富田詢一琉球新報社長、田里修沖縄大学教授「選考経過」、糸数兼治・貞子御夫妻

null

2016年2月26日 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ「第33回 東恩納寛惇賞 贈呈式」祝賀会


富田詢一琉球新報社長から賞状を受け取る糸数兼治氏(右)


糸数兼治氏「記念講演」

99
写真左から豊見山和行氏、田名真之氏、當眞嗣一氏

写真左から安里進沖縄県立博物館・美術館館長、金城功氏(第22回東恩納寛惇賞)、糸数兼治氏


玉城流翔節会の平良恵子さん、安里タマ子さん

写真右から嵩元政秀氏(第32回東恩納寛惇賞)、新城栄徳、照屋善彦氏(第24回東恩納寛惇賞)

写真左から玉木園子さん、漢那敬子さん、石垣繁氏、糸数兼治氏


写真左から金城正篤氏(第30回東恩納寛惇賞)、松島弘明氏、上里賢一氏

写真左から金城正篤氏、當眞嗣一氏、松島弘明氏、武石和美氏(榕樹書林)




写真左から野村直美さん、漢那敬子さん、豊見山和行氏

写真左から野村直美さん、糸数兼治氏、松島弘明氏、糸数貞子さん