2016年2月 『月刊琉球』比嘉克博「神々の後裔たちー元祖志向の精神史ー」
2016年2月 『月刊琉球』№32 比嘉克博「神々の後裔たちー元祖志向の精神史ー」(1)
2016年3月 『月刊琉球』№33 比嘉克博「神々の後裔たちー元祖志向の精神史ー」(2)
2016年4月 『月刊琉球』№34 比嘉克博「神々の後裔たちー元祖志向の精神史ー」(3)

 大宜味朝徳の『南島』第4号(1933年)に上原美津子(沖縄日日新聞元記者)が清明祭と題して「琉球人は祖先崇拝の民族です」と書いている。琉球学の巨人・東恩納寛惇は祖先崇拝を「現在の殺風景な世態に寛容の情味を注ぎ込み、世界平和の基盤をつくるものとも云える」と書き、系図については「男系を本旨とし、女系には及んでいない。その欠点を補う」ものに内系図(編集本)があると記している。

先日、写真家の山田實氏から山田一門の山田有銘編集『霊前備忘録』(1930年)を借りた。前記の内系図の一種である。平姓家譜から説きおこし、新聞の死亡広告を貼り付けた系図補遺、拝所の読谷残波岬、屋敷や庭園、位牌、墓所などを図示、着色されビジュアルだ。實氏の父有登は医者で、兄の有勝は詩人。洋画家の有邦、社会福祉の有昴、社会運動家の有幹、教育者の有功などが山田一門から出ている。

漢那憲和の家系については那覇市歴史資料室が出している『那覇市史』「家譜資料(4)那覇・泊系」の人名索引で、憲和の父や祖父の経歴、昴氏であることが分かる。憲和の婿兄弟の神山政良の東氏では、昴氏が同門だという伝えもある。先日、中野利子さんと松居州子さん(憲和の孫)が見えられ同門の憲一郎作成「昴姓世系図」と「戸籍謄本」を恵まれた。これで憲和の母親の旧姓が玉那覇と分かる。





東恩納家系図

東恩納寛惇自筆履歴書


公的機関が作成した東恩納寛惇の経歴書

null
写真上右ー1901年1月4日東京神田小川町・写真館美影堂(中村董)で沖縄中学校の同級生たち前の右から東恩納寛惇、崎浜秀主、国吉真徳、伊波興旺、後列右から赤嶺武太、小嶺幸慶、与那覇政敷。

写真中ー福州において東恩納寛惇が発見した5代目祖先の墓碑。その右ー1901年5月13日熊本市下通町上村嘉久次郎・写真裏に「地上の友なる国吉真徳大兄へー寛惇」

写真下ー1933年12月に東恩納寛惇が安南および福建より持ち帰った三味線、昭和会館に寄贈した。(1)ヤマト、(2)琉球、(3)安南、(4)安南


1933年12月ー東恩納寛惇は一中時代の同級生の比嘉盛珍(元内務省土木技師)、島袋慶福(陸軍少尉)、漢那憲英(海外協会)、崎浜秀主(商校長)、糸数青盛(那覇市税務課)、及び旧友の照屋那覇市長、島袋二高女校長、志喜屋二中校長、胡屋一中校長、當間那覇市助役、城間恒淳、千原成悟、山田有登、古波倉博士、新嘉喜倫篤らの諸氏と、久米蔡氏堂に立ち寄り仲良くカメラに収まって後、波の上医院のよ平名さんの案内で那覇でも1,2位を争うという自慢のよ平名家の庭で談話に耽った。


nullnull
寛惇が『童景集』を瀬長佳奈と甥の鈴木亨に贈ったもの。



2013年1月11日『琉球新報』仲村顕「眠れる先人たちー東恩納寛惇」

『東恩納寛惇全集』第9巻(1981年8月刊) / 図版(昭和10年頃の肖像) / 凡例 / 医学論考 / 〔医方漫談-附沖縄名医列伝 / 東恩納寛惇先生の沖縄医学講演 / 高嶺徳明-琉球における全身麻酔外科手術の創始者 / 魏士哲の外科手術 / 医生教習所記念碑 / 医生教習所七十周年に寄す / 質問本草とその著者〕 / 評伝 / 〔伊江君を失う / 伊江君の事ども / 伊江朝助を偲ぶ / 池宮君の研究と三味線宝鑑の編著 / 三味線供養と池宮君-瑞泉楽宗の盛名も愈々不朽 / 伊波普猷君と「おもろ」 / 「おもろ」の父伊波君の研究態度を讃仰して「おもろ」新人諸君に一言す / 本居宜長に比す伊波氏の研究 / 伊波君の想出 / 伊波君の遺骨を故山に迎へよ / “甘蔗生さん” / 漢那さん / 金武良仁楽宗を憶う / 金婚式を迎えた金城清松 / 志喜屋孝信君を憶ふ / 島袋源七君を衷しむ / 教養の高い一市民-島袋全発君とその業績 / 高嶺明達君 / 故仲本政世君 / 昇 / 曙夢の想出 / 比嘉盛章君を憶ふ / 外間現篤 / 又吉康和君を那覇市長に推薦す / 噫、又吉康和君 / 揚守敬の書と永吉の壺 / 山里永吉君と博物館〕 / 書評 / 〔沖縄一千年史の覆刻にあたりて / 鳥居博士の“ある老学徒の手記”を読む / 琉球地理誌略を紹介す / 「琉球」を読む / 紙上曝書〕 / 序文 / 〔序(富名腰義珍「琉球拳法唐手」) / 序文(Bull,E.R「ペルリ提督前の文明指導者 伯徳令伝」) / インガンチャウ(Bull,E.R「ペルリ提督前の文明指導者伯徳令伝」) / 跋(三木 栄「日暹交通史」) / 序(冨原守清「琉球音楽考」) / 世礼氏工工四序・伊差川世瑞 / 世礼国男「声楽譜附工工四」 / 序・三木 / 栄「山田長政」 / 序(鳥羽正雄「城郭と文化」) / 序(真栄田勝男「琉球芝居物語」) / 序(池宮喜輝「琉球三味線宝鑑」) / 序にかえて(「島袋全発著作集」) / いづみの発刊に寄す(「拓殖大学図書館後援会「いづみ」) / 周藺両姓記事(糸嶺家伝)に題す / 序(中村孟順「声楽譜附湛水流工工四 全」) / 序(山内盛彬「琉球の音楽芸能史」) / 随筆 / 〔想出す人・物・事 / 故山点描 / わが目で見た沖縄 / 成長した沖縄 / この目で見た沖縄〕 / 解題 / 書誌 / 〔東恩納寛惇全集 付報9〕 / 南島文化史研究と家譜資料 / 古武士の情熱 / 東恩納先生と「思出草」 / 資料・・柳田國男書簡五通 / 中山詩文集(東恩納文庫所蔵文献紹介9)

1942年 鳥羽正雄『城郭と文化』(序文・東恩納寛惇)大東出版社 
沖縄の城 鳥羽正雄 城郭と文化 1942 名著出版
.
1954年1月 雑誌『おきなわ』長谷健「沖縄の友達」

写真左からー川平朝申、山之口貘、火野葦平、平良リヱ子、三ツ木幹人、長谷健
長谷健 はせ-けん
1904-1957 昭和時代の小説家,児童文学者。
明治37年10月17日生まれ。小学校教員をつとめながら小説をかき,昭和14年「あさくさの子供」で芥川賞受賞。また児童文学「春の童謡」などをかく。戦後,北原白秋をモデルにした「からたちの花」を発表。交通事故によるけががもとで昭和32年12月21日死去。53歳。福岡県出身。福岡師範卒。本名は藤田正俊。旧姓は堤。(コトバンク)


東恩納寛惇賞パーティで/写真左から、高良倉吉氏、新城栄徳、孫薇さん、大城立裕・美枝子御夫妻、三木健氏