発行所・戦争と平和を考える詩の会□〒143-0016大田区大森北1-23-11 甲田四郎(電話03-3761-8454

麦朝夫「年月日」□津波にも耐える民よ/平成も二七(にな)え年号/五三(ゴーサイン)と目暗ますライトの下/純な新人たちで血まつり 粋な米軍と集団で/さっさと沖縄の海などえぐって差し出し/泣けるヤス国目ざし また演れば どうなるか/どう日々が 肉片となって吹っ飛ぶか

堀場清子「ひとごと民主主義 わがことの民主主義」□(略)小笠原諸島の赤珊瑚を/中国の密漁船が根こそぎしても/海上保安庁は 一隻しか巡視船を出さなかった/辺野古の海には 五隻の巡視船が居座る (略)沖縄の痛みを わが痛みとし/フクシマの痛みを わが痛みとし/ヒロシマ・ナガサキの痛みを わが痛みとし/戦争で無駄に殺傷された万人の怨念を わが怨みとし/格差社会に潰される子供の貧困へ 手を差し伸べねば/わがことの民主主義には 到り着けない

芝憲子「きょうの空模様ー能天気予報士」□南方海上で台風五五号が発生しました/目の中でジローさんが「おちます おちます」/台風は進路を北に取り/オールオキナワからオールジャパン/オール地球に発達するもようです/九〇〇ミリオバアで 大型 強力 お茶をのみます/スーパー台風 海上も会議場も大荒れ/辺野古の工事を吹き飛ばし 戦争法案を吹き飛ばし /日米両政府に大きな損害をあたえるでしょう/それではきょうも何か良いことがありますように/偏向のNHKが御見送りしました わたしのクビもこれで飛びます オキナワの二新聞社どうか拾ってください

金 水善「クレオパトラの泪」□(略)青くて 美しい地球の上/人類の歴史に/黒い線で/くっきりと/《意に反して 従軍慰安婦にさせられた乙女たちがいた》と刻みこまれた

ゆきなかすみお「理路不整然社会」□昨年十二月の総選挙、自民党は24%の得票で77%の議席を獲得。/70%以上の国民は自民党に投票していない!/いわば、死票の山が今の衆議院、参議院。/アホらし屋のカネが鳴ーる!

江部俊夫「右折は禁止です」□(略)どこかの国は喜んで/一緒に戦争ごっこをしています/その先にはゴッコではない/死が待っています

東京/2016年6月 『いのちの籠』第33号 発行所・戦争と平和を考える詩の会


発行所・戦争と平和を考える詩の会□〒143-0016大田区大森北1-23-11 甲田四郎(電話03-3761-8454
おだじろう□夜陰に・・1945年夏の炎暑のかなたに見えはじめた鮮やかな吾らが夜明の光は次第にぼかされ無惨にかき消され真逆に回転する歯車にタミクサはまき込まれ喉笛はヒューヒューゴッホゴッホ無意味な音声だけを発しそれでもまだまだ生きているぞ核分裂と無差別爆撃血みどろの荒野を彷徨った人々の子孫はまだまだだ忍び寄る毒塗りの鏃を見極め紫炎に曝せ!!!!!

堀場清子□棄てる・・春の夕暮れ/幻か 満開のさくら浮きでる /風土ゆたかな この島国に生い育って/ 棄てる/<国>はつねに 民を棄てる

若松丈太郎□十歳の夏まで戦争だった・・国家も宗教も思想もひとがつくりだしたもの/いのちを軽んずる国家や宗教や思想を/強制する権利がだれにあるというのか/そんな国家や宗教や思想を承認できるだろうか

寺沢京子□メディアの役割とは?・・最近よく「中立な報道を!」という言葉を耳にしますが、「中立」の判断は誰がするのでしょうか?中立かどうか論じるよりも、何よりも「事実」を報道してほしいと思います。バーチェットのように、現地に入り自身の目や耳で得た事実を報道してもらいたいのです。権力から独立し、一人ひとりの個人が尊重される社会を求める、市民の視点に立った報道を!と心から願っています。

◆<平和の俳句-東京新聞->
「沖縄の怒り」ではない 私の怒り
2016年7月28日 蜂須賀かおる(39) 愛知県津島市
 <いとうせいこう>つい「沖縄の怒り」と人ごとにしてしまう。報道も私たちも。しかし、共鳴の中にあるのは「私の怒り」なのだ。分断されない感情。